無料会員登録ログイン
ホーム > 第69回口コミ付写真コンテスト結果発表
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表
金賞
大洗磯前神社・神磯の鳥居
あるぱ7216さんのクチコミ
2016年01月12日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
115名が参考になると回答
朝ぼらけの神磯の鳥居 神磯の鳥居の真正面に昇る朝日。新年の新しいパワーを頂きました。 魅入るほどの絶景!!!オレンジ色の海の輝きが導いてくれるようです 高さ15mの二の鳥居。階段を上れば大洗磯前神社です
茅の輪を潜り大洗磯前神社「拝殿」を参拝します 是非参拝して頂きたい「茨城県指定有形文化財」”萱ぶきの本殿”
 大洗磯前神社の道路を挟んだ岩場の海岸は、大国主命(大己貴命)が国造りを行うため、”境内前方の岬の岩礁に降臨された”と言われ、現在はこの海岸に、「神磯の鳥居」が鎮座した神聖な場所とされています。
 そんな「神磯の鳥居」は、鳥居越しに美しい朝日を見る事ができるスポットとして有名ですが、特に正月とその前後日は、「神磯の鳥居」の真正面から朝日が昇りますので、日の出前の海が刻々と明るくなって行き、朝日が昇る迄の間は、動く自然の名画、「風景窓画」とされているそうです。

 特に元旦は、宮司以下の神職が初日の出を奉拝する神事が執われますので、蟻の這い出でる隙間も無いほど混み合います(1,000人以上とされてますが・・。)が、最近はパワースポットとして名が知れて来た事もあり、「神磯の鳥居」と海と朝日が重なる様を愛でて、神聖なパワーを頂こうとされる方も見受けられます。


 正月前後の日の出は6:48頃で(以後日の出時刻は早くなります)す。
 6時前の「神磯の鳥居」の海上正面は、少し明るくなりかけていましたが、すでにカメラマンが神磯の鳥居の前を陣取っていました(気合いが違うと言うか・・・。)。


 徐々に海上が明るくなると同時に観光客も集まって来ましたが、皆さんが日の出を待っている感じが伝わります。そして海上から太陽が昇ると同時に、一斉に感嘆の声が上がったのは感動的でした。
 今までに日の出を愛でに日本各地をアチコチ訪れましたが、本当に、何度見ても、素晴らしい・・・・。

 正面に神磯の鳥居があるためか、新春から素晴らしいパワーを頂いているように思えますが、神磯の鳥居の中から太陽が見える位置は、写真撮影に大変な人だかりになってます。
 誰もが”そんな「神磯の鳥居」を撮りたい”と思うは当然と思いますが、それにしてもスゴイ混み様で・・・。
 
 しかし正月の前後日も、神磯の鳥居の正面付近から太陽は昇るので、正月から少し期間をずらせば、落ち着いて神磯の鳥居と日の出写真を撮れるのでは・・・。
 などと思いながら、何とか!!何とか!!!人だかりに入ってパチリ。
 やはりそうは言っても、正月の神磯の鳥居の方が、より価値があるような感じがしました。

 太陽が昇るにつれ観光客も帰って行きますが、神磯の鳥居は「大洗磯前神社」の境内の中の一部ですので、本来の大洗磯前神社の詣で方は、神磯の鳥居の南西側にある、県道を跨いだ巨大な“一の鳥居”を潜り、そして”神磯の鳥居”を詣でた後、“二の鳥居”を潜った階段を登った先にある神社を詣でます。

 二の鳥居や階段は海に面していますので、この時も背後は朝日が昇る、輝いた太平洋の絶景を愛でながらの参拝になりました。


 階段を登りきった所にある鳥居からも、朝日から洩れるオレンジ色の光の道が望め、その絶景は観光客も思わず感嘆し、足を止めて見入ってらっしゃる程でした。

 ”随神門”を潜って境内に入り、さらに”茅の輪”を潜って不浄を祓い拝殿を参拝しますが、大半の観光客は拝殿のみを参拝して帰って行きますが、実は拝殿の裏側には、拝殿と共に「茨城県指定有形文化財」に指定されている萱ぶきの本殿がありますので、是非訪れて頂きたいと思います。
 茨城県内でも初詣客数は上位の神社ですが、それほど大きな神社では有りませんし、海に”ゆかり”がある「磯前神社」は、是非海も堪能しながら参拝されると良いかと思います。

〇アクセス〜
・鹿島臨海鉄道大洗鹿島線:大洗駅より2.5km。バス便あり
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銀賞
伊勢神宮
チョーわるおやじさんのクチコミ
2016年01月10日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
341名が参考になると回答
1/元日 ≪大鳥居≫周辺と『宇治橋』を渡る参拝の方達を…!!! 1/元日 『手水舎』で、身を清める参拝の方達を…!!! 1/元日 『五十鈴川』の澄んだ清らかな流れを…!!! 1/元日 『第2鳥居』に向かう参道を…!!!
1/元日 階段の下、斜めから〖正宮〗を仰ぎ見ました…!!! 1/元日 『神札授与所』でお札を授かる人達を…!!! 1/元日 参道の脇...名残りの“もみじ”が照り映えていました…!!! 1/元日 『宇治橋』から『五十鈴川』に欄干の影が映っていました…!!!
初詣で…!!!

❝伊勢神宮❞に≪お詣り≫しました。
  新しい年を迎える我家の恒例行事です。

2016年 元日(金) 天候:晴れ

 暖かい新年を迎えました!!
息子たちと、お正月のお祝い儀式を済ませ…伊勢路へと向かいました。。。

 今年は交通規制や渋滞もなく〜・〜昼前に❝伊勢神宮❞
に着きました。
 神宮周辺は、例年の如く...人・人・人で賑っています。
私達夫婦は❛おはらい通り❜で降ろしてもらい、息子たちは駐車場に…『大鳥居』前で待ち合わせです。

 駐車場は比較的空いていたとの事でいた。

家族揃って❛お伊勢さん❜詣で...です〜・〜

 『大鳥居』で拝礼し、『宇治橋』に(右側通行)です
「ちなみに、『外宮』は(左側通行)です。」

 神苑の玉砂利参道の右端を通ります〜・〜
  (中央は神様の通り道と言われています)

古札を納め...『手水舎』で身を清め〜・〜『五十鈴川』の清い流れに手を浸し、清らかな気持ちで参拝に向かいます。
 ある人は…五円硬貨を紐で束ね、澄んだ冷たい水で洗い清めておられました。
 「きっとお賽銭として納められるだと思います」

 参道には多くの人達が〖正宮〗に向かい歩んでいます。
  (外国の方達も多く参拝に訪れておられます)
『神楽殿』を拝礼し、参道を進みます〜・〜
 
 〖正宮〗に上る石畳の階段に辿り着きます。。。
階段の下、斜めから〖正宮〗を仰ぎ見、そして参拝する人波を撮影…「これから先の撮影はNGです」

 私達は、階段の中央を進みます(大変混んでいます)
両側は早く進みます...が、毎年…中央から参拝します。

 『日頃のご加護に感謝の意を込めて拝礼!!』
  (二拝 二拍手 一拝)しました。

 参拝を済ませ、参道を戻ります〜・〜
狄聖ゼ与所瓩如塋〔陝佞函垳鯆粍汰瓦里札》を拝受し帰路につきます。・。
 途中…参道の脇に‘名残り’の“もみじ”が陽に照り紅く染まっていました。

 神苑の参道を進み、宇治橋の袂にある『鳥居』から
〖正宮〗に向かい拝礼。・。
 『五十鈴川』に映る宇治橋の欄干の影を眺めながら橋を渡り終えます…。
 『大鳥居』をくぐり、再び拝礼!!!

今年も良い年であります様にと願い…家族揃って雑踏の
“おかげ横丁”に足を運びました(*^。^*)

※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銅賞
釣石神社
ジョン一郎さんのクチコミ
2016年01月11日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
142名が参考になると回答
初詣に行った石巻市北上町の釣石神社。
新北上川の北岸を河口に向かって走ると到着します。

夫婦円満・子孫繁栄・縁結びのご利益があるとされていますが、最も有名なのは合格祈願です。
落ちそうで落ちない御神体の巨石がしめ縄で釣りあげられている様がこの神社の名前の由来らしいのですが、1978年の宮城県沖地震でも落ちなかったことから受験の神様として有名になったようです。
2011年の東日本大震災にも耐え抜いたので、さらなるご利益も期待できそうに感じますね。

ネットの情報を見てここに訪れたのですが、実際行ってみると御神体の巨石は思っていたよりもずっと大きくて迫力がありました。
落ちそうな巨石が男性の神様、下にある巨石が女性の神様で対になっていて、下の巨石には絵馬が一周巻かれていました。

階段を上ってお堂へ向かいます。この階段がとにかく急でして、体力に自信のない方は手すりを利用してゆっくりと上ったほうが良いと思います。
途中、東日本大震災の津波浸水深の表示がありました。こんな高さまで津波が来たのかと驚かされました。
下にあった社務所や鳥居は流されたそうで、社務所は現在新築中でした。

急な階段を上りきると落ちそうな巨石の真上あたりに行くことができます。危険なので巨石の上に立つことはできませんが、そこから見える北上川河口とその先の太平洋の景色が綺麗でした。

緩やかになった階段を上るとお堂があります。小さなお堂ですが御祈祷も行なっていました。
受験を控えた方は行ってみるのはいかがでしょうか。パワーのありそうな神社です。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銅賞
円成寺
たんぽぽ1001さんのクチコミ
2016年01月03日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
136名が参考になると回答
本殿 多宝塔 春日堂・白山堂 拝殿
桜門 庭園の鯉 長い正月休み中だった食堂 護摩堂
 奈良県庁の前から国道369号を北へ向かう。途中からは山中を走っており、信号も殆ど無い。
 約10キロ、車で約20分で駐車場へ到着する。

 駐車場は未舗装で無料。
 横断歩道を渡ると左手に食堂があるが、何と12月末から1月末まで休みと書いてある。
 こんな長い正月休みのお店は初めて!

 さて、お寺に向かうと目の前に美しい庭園が開け、立派な鯉が遊弋している。

 数段の階段を登ると、受付が合って拝観料大人400円を納める。受付の年配女性は丁寧に拝観の仕方や、建物の説明をしてくれる。

 境内に入ると、すぐ右手に多宝塔があり、ガラスで仕切られた入り口の奥に、国宝の大日如来坐像が優しいお顔で鎮座されている。
 光の反射で中が見えにくいので、お寺さんは紙製の箱眼鏡みたいなのを用意してくれており、それで覗くと如来様のお姿が良く見える。

 境内左手を見ると本堂。中へ入ると乗用文化財の御本尊様。重要文化財の四天王や県指定文化財などが並んでおられる。

 本堂正面には重要文化財の桜門。さらに奥へ進むと、右手に拝殿。左にはこれまた国宝の鎮守社 春日堂がある。

 こじんまりした境内は、まさに宝の山だった。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
観光スポットカンタン検索(例:神戸市 動物園)
ひらがなでも検索できます。(例:すかいつりー)
たびかん無料会員に登録する
すでに会員の方はこちらから
キャンペーン結果

PAGE TOP