無料会員登録ログイン
ホーム > Grenzeさんのページ
Grenzeさんのページ
Grenzeさん(30代前半・女性・神奈川県)
口コミ投稿数 73件
画像投稿数 442件
読者 9人
HP・ブログ
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第94回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第93回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第73回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第61回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第37回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第36回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第20回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第19回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第11回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第5回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
自己紹介
皆さんのクチコミや旅行記を参考にしながら次はどこに行こうかな〜と考えるのが楽しみのひとつです♪

私にとって旅の醍醐味は・・・
,修療效呂覆蕕任呂糧味しい食事
⇔浩茲任靴出来ない新しい(珍しい)経験
F常生活を離れてリラックス&ワクワクできること
ですかね!!

ちょっとしたお出かけ先や観光地などのスポットのレビューを少しずつ書いていきたいと思います。
旅行先や立ち寄りスポット選びのキッカケにしてもらえると嬉しいです☆

Grenzeさんのいち押し観光スポット(33件中 1-4件を表示)


名古屋市農業センターdelaふぁーむ
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

町田ぼたん園
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

館林市つつじが岡公園
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

大涌谷
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

Grenzeさんの投稿画像(442件中 1-8件を表示)


Grenzeさんの口コミ(73件中 1-5件を表示)

館林市つつじが岡公園の口コミ
2017年05月05日に投稿されました。
21名が参考になると回答
名称「躑躅ヶ岡」漢字むずかしい・・・ 入口すぐ。色とりどりのツツジが現れて驚き 中はツツジで出来た迷路のよう 休憩できるスポットも所々にあります
少し高台から見下ろす 池もありました 東屋の陰から キリシマツツジ古木群
今年5月2日に行ってきました。連休の合間の平日で、混雑もほどほど良いタイミングだったと思います。
つつじの開花状況によって入園料が変わるということで、今年は4月14日まで無料、15〜20日は310円、4月21日からは620円になっていました。
最大料金になってからしばらく経つので、ある程度見頃は迎えきってしまったかな?と心配していましたが、とても綺麗なツツジを見ることができました。
全部で50品種以上と種類が多いので見頃も前後するのですね。枯れてしまった株もありましたが、ちょうど見頃のものも多く大満足でした。足元に散った沢山の花びらもまた絨毯のようで綺麗だったり。もちろんまだまだ蕾で今後開花を迎える株も残っていたので、GW後半以降に訪れる方も十分にお花を楽しめると思います。

1時間半ほどかけて園内をぐるっと一周してまわりました。見頃の時期は売店なども多く出ているようで、地元の名産品など試食を出して接客して賑わっていました。園内に食堂もあります。

普段はあまり見ることのない珍しい種類のツツジもあって、ひとつひとつ名前を確認しながら愛でてきました。桜や梅、花菖蒲、紫陽花などその他の草木も見られるようでしたが、ここは圧倒的にツツジの時期に行くべきでしょうね。
また機会があれば訪れたいと思いました。
町田ぼたん園の口コミ
2017年04月30日に投稿されました。
38名が参考になると回答
絞り系のぼたん「島錦」 変わった「ゴーギャン」というアメリカ品種 これも背の高い「島錦」 やっぱり赤が牡丹”らしい”
町田ぼたん園で見られる品種(看板) 春になって牡丹以外の花もいろいろ咲いていました 藤棚の日陰は休憩スポット おまけ:園のすぐそばに立派な菜の花畑があります
招待券をいただけたので、家族でぼたん園に行ってきました。今年の有料開園期間(ぼたんの見頃)は4/15(土)〜5/7(日)の3週間です。町田市のホームページを見たところ、ぼたんの開花が例年よりも遅れ気味で4/26(水)あたりが本格的な見頃になりそう、とあったので4/28(金)に。平日でゴールデンウィーク連休直前でしたが、たくさんの人で賑わって混み入っていました。

園で見られる牡丹のいくつか代表的なものが看板に出ていたので写真を撮ってきましたがましたが、これはほんのひと握り。330種もの牡丹が揃っているというのですから、ひと株ひと株様々な表情を見せてくれて本当に飽きません。日本品種が多いですが、外来のオシャレ(笑)な花もたくさんありました。ひと株ごとに丁寧に品種の表示がしてあるんでわかりやすく楽しめます。
種類も違えば開花・見頃も少しずつずれるので、時期をずらして何度か顔を出してみるのも良いかと思います。チケットの半券持参で再入場は割引(500→300円)になるそうです。

お昼に売店でお蕎麦を食べました。これが意外と(失礼…)美味しい!たぶん地元の七国山で採れた蕎麦を使用しているのでは?(近くの直売所で売られていたので)
その他にもお団子やクレープなどの甘味も売っていました。

春になり、本当に色々な草木が花を咲かせるようになりました。新緑も青々としていて清々しいです。天気も良く、とても気持ちの良い散策になりました。

おまけ:園の入口から2〜3分歩いたところに素敵な菜の花畑が広がっています。ちょっと足をのばしてみるのもおススメです。
名古屋市農業センターdelaふぁーむの口コミ
2017年03月14日に投稿されました。
52名が参考になると回答
様々な種類の枝垂れ梅の咲く梅園 すっかり満開の梅も センター内で咲く梅は12種 立派に枝垂れています
白いお花の木は五分咲き以下が多かった 垂れた枝にびっしりと花をつけます きれいに整備されていました 少し濃い色のお花も可愛い
3月7日、とても有名な枝垂れ梅の梅園を見に行ってきました。2月23日から「しだれ梅まつり」開催中でした。
園内の掲示によるとこの日で「七分咲き」とのことでしたが、種類によっては完全にもう満開のものもあり、まだ三分咲きかなという寂しいものもあり...見頃としては丁度良いタイミングだったと思っています。
ピンクの花の木が特に元気に咲いていました。白いお花の木はもう少し先が見ごろかな?

園内に咲く枝垂れ梅は全部で12種類。枝垂れ梅に限って言えば、こんなに様々な種類が合わせて700本も集まって咲く場所は全国でも有数なのだとか。
途中、突然の雨・あられに降られてびっくりしましたが、食堂などのある建物に逃げ込んで事なきを得ました。野菜直売所や屋内展示を見て雨をやりすごし、改めて雨に濡れた梅の花を観賞に。

梅まつり開催期間中は来場者も特に多く、平日でしたが駐車場に入るのに時間がかかりました。周辺は軽い渋滞。
まつり期間中は普段は無料の駐車場が有料(普通車・500円)になるのでご注意を。園への入場は無料です。

屋台も多数出ていて、地元の名物などいろいろ楽しめます。名古屋コーチン入り「殿様コロッケ」なるものを買って食べました。揚げたてアツアツでうまー!でした。
大道芸のパフォーマンスイベントなども行っていて終始賑わっていましたよ。
仙石原すすき草原の口コミ
2017年02月15日に投稿されました。
27名が参考になると回答
箱根の仙石原です。
新世紀エヴァンゲリオンの舞台、第三新東京市のあの(!)仙石原です(すみません、行ってから知りました...)。

東京から箱根方面へ向かう特急ロマンスカーの車内に「仙石原」と書いた一面ススキの風景ポスターが貼ってありました。とてもキレイで、観光の予定には入れていなかったもののチャンスがあれば見てみたいなぁ〜と思っていました。

主目的のひとつ「箱根ガラスの森美術館」がここ仙石原にあり、バスで向かう途中に運良くススキ草原と出会うことができました。私の撮影では美しさがあまり伝わらないのが残念です...。

訪れたのは昨年の11月半ば頃です。10月から11月上旬には土・日・祝日限定で「仙石すすきバス」とやらが運行されていたそう。私が乗っていたのは普通の路線バスですが、「仙石高原」のバス停からはたくさんの乗客が乗り込んでいました。
大涌谷の口コミ
2017年02月15日に投稿されました。
72名が参考になると回答
箱根ロープウェイより。突然現れた噴煙に驚き! ロープウェイ内より 白煙がモックモクあがってました 駅を降りると広がる絶景!そしてニオイが...
名物「黒たまご」のモニュメント ベンチもかわいい「黒たまご」型 駐車場付近からは芦ノ湖方面の景色も。晴れたら富士山も見えます!
箱根の名所・大涌谷です。箱根火山の中央火口丘「冠ヶ岳」の斜面にあり、箱根火山最大規模の噴気地帯です。

今回は箱根ロープウェイを利用して早雲山方面からアクセスしました。ゴンドラが山の斜面をどんどん登っていく中、強羅の町並みや相模湾の絶景、周囲の紅葉風景(秋だったので)に気を取られていると、山を登りきる手前あたりで突然大涌谷がその姿を現し、立ちのぼる白い噴煙の迫力に一同おどろき「おおっ〜!」と声が上がりました。

2015年5月に気象庁が箱根火山の噴火警戒レベルを2に引き上げてから、箱根ロープウェイの早雲山〜姥子間の運休と、周辺への立ち入り規制を強化していました。昨年(2016年)7月には立ち入り規制が一部解除され、私たちの訪れた11月には多くの観光客で賑わいを見せていました。

ゴツゴツの岩山にもくもく白煙がたちこめる風景は、他ではなかなか味わえない迫力。そして、硫黄?硫化水素?のにおいが強烈でした。
本来はもっと噴煙地近くまで行ける「自然研究路」もあるのですが、ここはまだ通行止め。大涌谷湖尻自然探勝歩道や周辺のハイキングコースも立入禁止状態が続いています。火山特有の植物なども多いのですが、またの機会にと諦めました。

大涌谷の名物と言えば、地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」。せっかくだから食べてみたいなと思っていたのに、どこを探しても5個入り・500円の販売しかないんです...バラ売りはしていないそう。夫婦2人での旅行だったので卵5つは。。。となり、今回は断念いたしました。残念!
「くろたまご館」というところに黒たまご関連グッズやお土産はたくさん売られています!

まだまだ火山活動による規制が多く、見られない箇所もあり残念な部分もありましたが、訪問客の安全を第一に考えて制約の多い中、駅やお店や博物館の方々も暖かく迎えてくれる場所でした。機会があればまたゆっくりと訪れてみたいと思いました。

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP