たびかんの無料会員登録をテスト中です。便利な機能を無料でご利用頂けます。 無料会員登録ログイン
ホーム > Grenzeさんのページ
Grenzeさんのページ
Grenzeさん(30代前半・女性・神奈川県)
口コミ投稿数 71件
画像投稿数 426件
読者 9人
HP・ブログ
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第94回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第93回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第73回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第61回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第37回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第36回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第20回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第19回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第11回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第5回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
自己紹介
皆さんのクチコミや旅行記を参考にしながら次はどこに行こうかな〜と考えるのが楽しみのひとつです♪

私にとって旅の醍醐味は・・・
,修療效呂覆蕕任呂糧味しい食事
⇔浩茲任靴出来ない新しい(珍しい)経験
F常生活を離れてリラックス&ワクワクできること
ですかね!!

ちょっとしたお出かけ先や観光地などのスポットのレビューを少しずつ書いていきたいと思います。
旅行先や立ち寄りスポット選びのキッカケにしてもらえると嬉しいです☆

Grenzeさんのいち押し観光スポット(30件中 1-4件を表示)


大涌谷
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

仙石原すすき草原
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

小田原城天守閣
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

入田ヤナギ林菜の花まつり
Grenzeさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

Grenzeさんの投稿画像(426件中 1-8件を表示)


Grenzeさんの口コミ(71件中 1-5件を表示)

名古屋市農業センターdelaふぁーむの口コミ
2017年03月14日に投稿されました。
26名が参考になると回答
様々な種類の枝垂れ梅の咲く梅園 すっかり満開の梅も センター内で咲く梅は12種 立派に枝垂れています
白いお花の木は五分咲き以下が多かった 垂れた枝にびっしりと花をつけます きれいに整備されていました 少し濃い色のお花も可愛い
3月7日、とても有名な枝垂れ梅の梅園を見に行ってきました。2月23日から「しだれ梅まつり」開催中でした。
園内の掲示によるとこの日で「七分咲き」とのことでしたが、種類によっては完全にもう満開のものもあり、まだ三分咲きかなという寂しいものもあり...見頃としては丁度良いタイミングだったと思っています。
ピンクの花の木が特に元気に咲いていました。白いお花の木はもう少し先が見ごろかな?

園内に咲く枝垂れ梅は全部で12種類。枝垂れ梅に限って言えば、こんなに様々な種類が合わせて700本も集まって咲く場所は全国でも有数なのだとか。
途中、突然の雨・あられに降られてびっくりしましたが、食堂などのある建物に逃げ込んで事なきを得ました。野菜直売所や屋内展示を見て雨をやりすごし、改めて雨に濡れた梅の花を観賞に。

梅まつり開催期間中は来場者も特に多く、平日でしたが駐車場に入るのに時間がかかりました。周辺は軽い渋滞。
まつり期間中は普段は無料の駐車場が有料(普通車・500円)になるのでご注意を。園への入場は無料です。

屋台も多数出ていて、地元の名物などいろいろ楽しめます。名古屋コーチン入り「殿様コロッケ」なるものを買って食べました。揚げたてアツアツでうまー!でした。
大道芸のパフォーマンスイベントなども行っていて終始賑わっていましたよ。
仙石原すすき草原の口コミ
2017年02月15日に投稿されました。
15名が参考になると回答
箱根の仙石原です。
新世紀エヴァンゲリオンの舞台、第三新東京市のあの(!)仙石原です(すみません、行ってから知りました...)。

東京から箱根方面へ向かう特急ロマンスカーの車内に「仙石原」と書いた一面ススキの風景ポスターが貼ってありました。とてもキレイで、観光の予定には入れていなかったもののチャンスがあれば見てみたいなぁ〜と思っていました。

主目的のひとつ「箱根ガラスの森美術館」がここ仙石原にあり、バスで向かう途中に運良くススキ草原と出会うことができました。私の撮影では美しさがあまり伝わらないのが残念です...。

訪れたのは昨年の11月半ば頃です。10月から11月上旬には土・日・祝日限定で「仙石すすきバス」とやらが運行されていたそう。私が乗っていたのは普通の路線バスですが、「仙石高原」のバス停からはたくさんの乗客が乗り込んでいました。
大涌谷の口コミ
2017年02月15日に投稿されました。
41名が参考になると回答
箱根ロープウェイより。突然現れた噴煙に驚き! ロープウェイ内より 白煙がモックモクあがってました 駅を降りると広がる絶景!そしてニオイが...
名物「黒たまご」のモニュメント ベンチもかわいい「黒たまご」型 駐車場付近からは芦ノ湖方面の景色も。晴れたら富士山も見えます!
箱根の名所・大涌谷です。箱根火山の中央火口丘「冠ヶ岳」の斜面にあり、箱根火山最大規模の噴気地帯です。

今回は箱根ロープウェイを利用して早雲山方面からアクセスしました。ゴンドラが山の斜面をどんどん登っていく中、強羅の町並みや相模湾の絶景、周囲の紅葉風景(秋だったので)に気を取られていると、山を登りきる手前あたりで突然大涌谷がその姿を現し、立ちのぼる白い噴煙の迫力に一同おどろき「おおっ〜!」と声が上がりました。

2015年5月に気象庁が箱根火山の噴火警戒レベルを2に引き上げてから、箱根ロープウェイの早雲山〜姥子間の運休と、周辺への立ち入り規制を強化していました。昨年(2016年)7月には立ち入り規制が一部解除され、私たちの訪れた11月には多くの観光客で賑わいを見せていました。

ゴツゴツの岩山にもくもく白煙がたちこめる風景は、他ではなかなか味わえない迫力。そして、硫黄?硫化水素?のにおいが強烈でした。
本来はもっと噴煙地近くまで行ける「自然研究路」もあるのですが、ここはまだ通行止め。大涌谷湖尻自然探勝歩道や周辺のハイキングコースも立入禁止状態が続いています。火山特有の植物なども多いのですが、またの機会にと諦めました。

大涌谷の名物と言えば、地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」。せっかくだから食べてみたいなと思っていたのに、どこを探しても5個入り・500円の販売しかないんです...バラ売りはしていないそう。夫婦2人での旅行だったので卵5つは。。。となり、今回は断念いたしました。残念!
「くろたまご館」というところに黒たまご関連グッズやお土産はたくさん売られています!

まだまだ火山活動による規制が多く、見られない箇所もあり残念な部分もありましたが、訪問客の安全を第一に考えて制約の多い中、駅やお店や博物館の方々も暖かく迎えてくれる場所でした。機会があればまたゆっくりと訪れてみたいと思いました。
小田原城天守閣の口コミ
2017年01月31日に投稿されました。
41名が参考になると回答
天守閣 天守閣すぐ傍で菊花展 小田原城菊花展 天守閣を見上げる
甲冑姿の撮影コーナー 天守閣からの眺め 大黒柱「将軍柱」の太さと同じ大きさのロゴマーク
昨年(2016年)5月に天守閣が「平成の大改修」を終えてリニューアルオープンした小田原城へ行ってきました。11月前半、菊花展開催中の平日でした。紅葉にはまだ少し早かったようです。

小田原北条氏が5代にわたって拠点とした難攻不落の城として有名ですが、外観の改修だけでなく常設展示の内容も全面的に一新されて、その歴史や特徴、魅力を存分に楽しめるようになっていました。北条氏にまつわるエピソードをオリジナルのドラマ映像にして上映したりと、工夫が多くて見ていて飽きません。

最上階のフロアには江戸時代の天守の一部が再現されていて、摩利支天像の安置所が、伝統工法で作られているなど興味深いものが色々。
写真にも撮った「平成の大改修」のロゴは、45cmの八角形をしています。なんとすぐ後ろに写る地階から最上階までを貫く八角形の大黒柱「将軍柱」を模ったものなんだとか。

最上階はぐるっと360度を囲む展望デッキになっていて、周囲の眺望もなかなか素晴らしいです。石垣山一夜城も見ることができました。

改修後で話題だったこともあってか、平日でもたくさんの観光客で賑わっていました。でもじっくり楽しめましたよ。
箱根美術館の口コミ
2016年11月15日に投稿されました。
43名が参考になると回答
入口 庭園へ 苔庭 神仙郷
11月9日、紅葉を見に箱根へ。
小田原方面から箱根登山電車に乗って終点の「強羅」駅で下車。美術館にいちばん近い駅はそのままケーブルカーに乗り継いで2番目の駅「公園上」駅で、降りたら目の前に看板が見えますが、強羅駅の周辺にはお土産屋さんなども多く、「強羅公園」を横目に歩いても10分ほどの距離なので周辺の紅葉を愛でながら散策して辿り着きました。(急勾配の坂道があるので足に自身のない方はケーブルカーで移動が便利そうです)

美術館ですが紅葉の見ごろに人気ということで期待して訪ねたところ、展示室はもちろんありますが国登録記念物の庭園が実に見事で、なるほど皆さんこの庭園目当てで四季を楽しみに来るのだなと納得。
特に130種類もの苔の鮮やかな緑と紅葉の赤のコントラストがとても美しい「苔庭」の景色が気に入りました。
お庭を眺めながら季節のお菓子と抹茶をいただける茶室もあり、寄っている方も。
皆さん足を止めて写真撮影に夢中。平日でもそこそこ人が多かったので休日には大変な賑わいになるのだろうと思います。

受付そばの係りの方の話によれば、紅葉はこのあとまだまだ赤くなると。今はまだ緑色の葉もいくらか残っているけれど、一枚残らずもっと真っ赤になるのだそうです。タイミングが少し早かったか...残念なような、でもこの日も十分素敵な紅葉を堪能しました。

展示室は青い瓦が特徴的な中国風の建物の本館と、小さめの別館に分かれてました。(※中では写真を撮らなかったので庭の写真ばかりになってしまいましたが)
数多くの“日本のやきもの”が展示されていました。古くは縄文時代の土器から、江戸時代の日本陶磁器まで。

他の季節にもまた訪れてみたいと思う場所でした。

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP