無料会員登録ログイン
ホーム > あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さん(非表示・男性・北海道)
口コミ投稿数 106件
画像投稿数 741件
読者 7人
HP・ブログ
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第94回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第93回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第92回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第88回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第86回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第85回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第83回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第80回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第77回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第76回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第75回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第73回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第71回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第70回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第68回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第67回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第66回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第65回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第64回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第63回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第62回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第61回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第59回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第58回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第57回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第55回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第54回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第53回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第52回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第50回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第49回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第48回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第47回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第46回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第45回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第44回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第43回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第42回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第41回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第40回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第39回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第38回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第37回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第36回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第35回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第34回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第32回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第31回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第30回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第29回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第28回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第26回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第25回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第24回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第21回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第20回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第19回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第18回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第16回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第15回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第14回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第13回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第12回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第11回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第10回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第8回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第6回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第5回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
自己紹介
 こんにちは(嬉)
 旅行大好き「あるぱ7216」です。
 旅行好きが高じて、今では在り来たりな観光地は物足りなくなり、特別な時期に特別な風景を見に行きたくなりました。
 そこで見た超景色。今でも忘れられないものは沢山あります

あるぱ7216さんのいち押し観光スポット(11件中 1-4件を表示)


プユニ岬展望台
あるぱ7216さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

象の鼻 【北海道】
あるぱ7216さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

三の沼
あるぱ7216さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

キンムトー(湯沼)
あるぱ7216さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

あるぱ7216さんの投稿画像(741件中 1-8件を表示)


あるぱ7216さんの口コミ(106件中 1-5件を表示)

安芸灘とびしま海道の口コミ
2017年06月15日に投稿されました。
5名が参考になると回答
真っ青な瀬戸内海に映える安芸灘大橋。大橋は海と絶景に花を添えます(白崎園にて) 真っ青な海に映える島々と船舶。 空と海の青の共演。蒲刈大橋より ミカン畑(手前)の向こうに豊浜大橋を望む
絶景が望める歴史の見える丘展望台 日本の渚100選の「県民の浜」。海水浴に早い時期は貸し切りで堪能できました。 是非次回は挑戦したい、カヤックでの島めぐり!!楽しそうな・・。 絶景のとびしま海道を堪能できる豊浜大橋。サイクリングも羨ましい・・・。
 広島県呉市川尻町から、下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島など計7つの島が架橋され、愛媛県の岡村島までを結ぶ、約30劼痢屬箸咾靴浤て察廚蓮美しい瀬戸内海と島々、瀬戸内海を行き来する船舶を、ゆっくりマッタリ望む事が出来る海道です。

 本州と四国を結んでいる訳では無いため、折り返して呉市に戻るか、岡村島や途中の島からフェリーなどで本州か四国に渡る必要があるため、「しまなみ海道」のように、それほど交通量が多くなく、ゆっくり観光できるのが魅力です。

 とびしま海道は、最初に「安芸灘大橋」を渡る必要がありますが、安芸灘大橋のみ有料(自転車等は無料)で、その他の架橋は無料で通行できます。

 安芸灘大橋を渡ると、すぐに白崎園など、安芸灘大橋などを望める高台の休憩所があります。
 青い瀬戸内海や島々を望めますし、また「とびしま海道」の島々は、ミカンの産地でもあるので、青空市場で驚くほど格安でミカンが売られていました。


 「とびしま海道」に来たら、何と言っても存分に海を眺めたいですが、道は海岸線近くを通っている所が多く、防波堤が低いので、海を間近に見る事が出来ますが、車ではスピードが速すぎて、海を十分に愛でる事が出来ず、もったいない感じがします。
 しかし、ほぼ全ての島には展望台があるので、まず最初にどこを観光するか迷えば、展望台を第一の観光目的地にするとよいかもしれません。

 どの展望台も車で近くまで行けますし、高台から瀬戸内海と島々、行き来する船舶などの絶景を望む事が出来ますし、どの展望台も甲乙つけがたい景色でした。
 そもそも、とびしま海道を始め、周辺は瀬戸内海国立公園に指定されているので、景色は抜群です。

 またそれぞれの島を結ぶ橋は歩道が設置されているので、どの橋も歩いて渡る事が出来ますが、中でも上蒲刈島と豊島を結ぶ「豊島大橋」は、とびしま海道の中で一番高い位置から、瀬戸内海や島々や、遠く本州側と四国側の両方を望む事が出来ますし、西日本最高峰の「石鎚山」も、かすかに望む事が出来ました。

 海風を感じながら、行き来する船舶を見るのは至福ですし、単に車で通過するにはもったいないので、ぜひ歩いて橋を渡られるのもオススメです。

 海もきれいですが、砂浜も美しく、「日本の渚・百選」に選ばれた「県民の浜」は、海水浴以外に、キャンプ場や温泉施設、カヤックなどのマリンスポーツが楽しめる施設がありますし、白砂の砂浜は、青い海とマッチして絵になります。
 打ち寄せる波が穏やかな砂浜は、その音を聞くだけでマッタリできますし、大きなヤシの木は、南国の気分を味わう事が出来ました。
 カヤックで海を堪能されてる方が居ましたが、かなり羨ましく思いました(笑)


 今回は夕陽を見る事が出来ませんでしたが、アチコチに夕陽スポットがありますし、これから夏になると、「夜光虫」と言う、打ち寄せる波の振動などで、自ら発光するプランクトンを観察する事が出来ます。
 綺麗な海で無ければ見る事が出来ない、不思議な生物観察も出来ますし、そのような観察会イベントも開催されています。

 大崎下島の御手洗と大長、大崎上島の木江、岡村島の集落は、昔ながらの街並みが残っているので、ゆっくり散策出来ますし、それらの地区では色んなイベントも開催されてます。

 また沢山のチャリダー(自転車で旅行される方)とすれ違いましたが、やはりこのような美しい島を自転車で走るのは最高ですので、機会があれば挑戦したくなります。

 これから夏に向かい、アウトドアシーズンに入りますが、観光にキャンプにサイクリングに釣りに、とびしま海道は打ってつけのエリアですので、参考にして頂けたらと思います。


○安芸灘大橋は、指定された売店などで1,000円以上購入されると、復路が無料になるキャンペーンを開催中でした(期間未定)。HPなどを参考にされると詳細が載っています。
・JR山陽本線広島駅、JR呉線新広駅・呉駅よりバス便あり。
・瀬戸内の各港より船便あり
アレイからすこじま公園の口コミ
2017年05月29日に投稿されました。
17名が参考になると回答
バスを降りてすぐ、2艦の潜水艦と護衛艦が見え感激!!(感激は私だけではないハズ) 潜水艦・護衛艦・空母の、それぞれの艦橋 潜水艦と空母。さすがに空母は大きいです 4艦の潜水艦の艦橋(迫力ありますが、どことなく不気味な気もします)
巨大な潜水艦の艦橋(隊員と比べるとその大きさが分かります) 美しく積まれた花崗岩の護岸(土木遺産)と、かつて潜水艦の魚雷などの揚げ下しをしたとされるクレーン。人間と比べると大きさが分かります。 護衛艦の主砲 干潮時は浜に降りて波打ち際で遊ぶ事も出来ますし、美しく積まれた花崗岩の護岸(土木遺産)の観察も出来ます。
 JR呉駅からバスで10分ほどのところにある「アレイからすこじま公園」は、護岸に遊歩道が整備された小さな公園で、国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる迫力の公園です。

 バスを降りてすぐの海に、数艦の潜水艦がイカリを下し、浮かんでいました。

 ”潜水艦”と言うと、それほど大きなイメージはありませんでしたが、訓練か何かで隊員が潜水艦の上に行った時、隊員と艦橋との大きさを比べると、艦橋はかなり大きく、水中下はその何倍もあるので、潜水艦はその姿は見せなくても、かなり巨大な艦と言うのが想像できます。

 先程の隊員が潜水艦の中に入り、しばらくするとエンジンが作動したので、

「もしかしたら潜水艦が動くのか??」

 と思いましたが、30分してもイカリを上げる様子もなく、排水とエンジン音が聞こえるのみで、動く気配が無く諦めましたが、ココはそう言う事が目視で分かるほど、間近に潜水艦を見る事が出来る場所なのです。

 「アレイからすこじま公園」は、それほど大きな公園ではありませんが、当時造られた、きれいに積まれた花崗岩の護岸や、かつて魚雷などの揚げ下げに利用されたクレーン、魚雷などが保管されたとされる、レンガ造りの倉庫群があるので、当時軍港であった様子が偲ばれます。
 また護岸などは、土木学会選奨土木遺産に認定されてますので、観察される事をおススメします。

 また潜水艦に限らず、空母や護衛艦なども停泊してましたので、迫力ある艦を一度に見る事が出来ますし、護衛艦や空母に隊員が作業などしている様子も見えます。
 護衛艦の主砲も見えるので、双眼鏡などを持参されると、良いかと思います。


 特筆すべきは、

「日曜日の艦艇一般公開」

 と言うのが、毎週日曜日に開催されており、事前予約で護衛艦内の見学・案内をして頂く事が出来ます。
 コンピューター制御された艦内は、説明して頂くと、護衛艦の能力や性能の高さが伺えますし、何よりも、誰でも立ち入る事が出来ない場所に、立ち入る事が出来るのが魅力です。

「主砲は発射することはあるのか?」

 との質問にもスムーズに回答があり、また弾丸の説明など、詳しく説明して頂くなど、見学や質問のやり取りをしていると、あっと言う間に時間が過ぎます。

 お子さんに限らず、特に男性観光客の真剣な表情は印象的でした(私もですが・笑)。


 「アレイからすこじま公園」は、立ち入り禁止区域があり、厳しく立ち入り制限されてますが、「日曜日の艦艇一般公開」に参加すると、特別にその中に入り、潜水艦や護衛艦に最接近できますので、日時を合わせ、事前申し込みをされる事をおススメします。

 ちなみに、「アレイからすこじま」と言うのは、当時ココにあった”烏小島(からすこじま)”という島の名称と、英語の小道(アレイ)をくっつけて名付けた名前だそうです。

 
〇アクセスなど
・ 呉探訪ループバスまたは広電バス、昭和町経由、音戸倉橋方面「潜水隊前」バス停下車スグ
・広島呉道路(クレアライン)呉ICから約10分。無料駐車場有
・JR呉線呉駅より徒歩2.5
・アレイからすこじま公園(8時〜20時まで)と、日曜日の艦艇一般公開(詳細はHP参照)は共に無料
・公衆トイレ、コンビニ有り

※日曜日の艦艇一般公開は、厳しく写真撮影や掲載が制限され、機材持ち込み不可の場合もあるとの事です。
相川のぼたん桜の口コミ
2017年05月13日に投稿されました。
18名が参考になると回答
朝霧が一気に晴れ、その瞬間朝日がボタンザクラを照らしました 目に見えて朝霧が晴れ、素晴らしい里山絶景が広がってきました 魅せられるほど美しい里山絶景 朝霧が晴れると、澄み切った青空が美しい絶景に花を添えます
萌え出るような里山に魅せられて ボタンザクラ共演。その背後に相川の集落があります 羨ましい散歩道 まだ朝霧残る山々と相川の里
 大子町相川地区の水田には沢山のボタンザクラ植えられており、ゴールデンウイークの頃に見頃を迎えます。

 相川地区でボタンザクラが咲く頃は、田の水引や田植えの頃と重なるので、開花がその作業の目安になっているそうです。
 昨夕に雨が降り、その影響で朝から濃霧が立ち込めていましたが、太陽が昇ると瞬く間に濃霧が晴れ、新緑が萌え出るような山々とボタンザクラ、そして水が引かれた田に、その景色が写り込みます。


「さっきまで真っ白で何も見えなかったのに・・・。」

 と思いましたが、濃霧が晴れると、こんな世界があるなんて思いも寄りませんでしたし、それはそれは長閑な美しい景色が広がりました。

 太陽の光がボタンザクラに当たり、まだ暗い里山をバックにボタンザクラが輝いて咲きます。
 それがうまい具合に水鏡になった水田に映る様も美しいですが、それは朝日が当たる早朝にしか見る事が出来ない、見惚れてしまうほどの美しさでした。

 目に見えて朝霧が晴れ、里山も徐々に現れて来ますが、残った朝霧の白色も水鏡の田に写り、これはこれで綺麗です。

 朝霧が晴れると快晴に。
 美しい景色に青空が更に”花を添え”、そこにいるだけで心が躍るような感じがしました。

 早朝からカエルと昆虫の大合唱が聞こえていますが、さらに鳥の”さえずり”も加わり、それに負けじと聞こえてきます。
 そしてウグイスの鳴き声も響き渡ります。

 美しい景色に大合唱、きれいな空に美味しい空気!!!本当に来てよかったと思います。

 大子町のHPには、相川のボタンザクラの開花状況が随時載せられているので、早朝にも関わらず数人のカメラマンが撮影していますが、埼玉県や東京都など車のナンバーも目立ち、結構知られている名所だと思いました。

 7時頃になる、農家の方が草刈り作業を行われたり、トラクタ―に乗車し、代掻き作業などを始められる姿が目立ってきました。
 このボタンザクラの開花が、相川地区の農家の方の農作業の目安になっている!!!
 と聞きましたが、まさにそうなのかもしれません。


 ゴールデンウイークでもあるので、相川を訪れる観光客の姿も目立ってきました。
 と言っても、大半が県道や農道からボタンザクラを眺めたり、少々散歩する程度で、それほど混み合うことはありませでしたので、本当にユックリノンビリ散策出来ました。
 まさに穴場の名所??かもしれません。

 また地元の方が、ボタンザクラの下を散歩や作業に出かけられる姿も目立ってきましたが、自然の大合唱を聞きながら、こんな美しい里山で散歩できるなんて羨ましいですが、是非弁当などを持参し、ゆっくり滞在したくなる場所ですので、参考にして頂けたらと思います。


〇アクセス〜
・国道461号線から県道158号線スグ
・JR水郡線常陸大子駅より西へ10
・付近にトイレや売店、ごみ箱などはありません。また駐車場もありません。
・農耕車両優先(重要)です。農作業の邪魔にならないよう駐車をお願いします
常陸風土記の丘の口コミ
2017年04月28日に投稿されました。
19名が参考になると回答
駐車場からスグの高台からの眺め。シダレザクラが園内を染めます シダレザクラのトンネルを潜ると、はしゃぐ声が聞こえそうです アチコチで写真撮影が行われるほど、きれいなシダレザクラのトンネルが続きます 満開のシダレザクラの下でくつろぐ観光客。ゆっくりマッタリ出来るのも、常陸風土記の丘の魅力です。
美しすぎるシダレザクラ並木 超ローアングルからの撮影 無料拝観できる”かやぶき”の会津民家とソメイヨシノ 会津民家の縁側で、ウグイスの声を聴きながら、散るソメイヨシノを愛でながら、マッタリできます。
 常陸風土記の丘の園内は、散策路が設けられた庭園の様な「水際公園」に、アスレチックがある子供広場、「かやぶき」の古民家が移築された「会津民家」、石のモニュメント、獅子頭展望台など、園内は大変広く、見所満載なユックリ散策できる公園です。

 その中で水際公園は、サクラやツツジ・アジサイ・ハス・ユリ・あやめなどが植えられており、花を観賞するにも良い公園ですが、やはりソメイヨシノ(4月上旬頃)・シダレザクラ(4月中旬頃)・ボタンザクラ(4月下旬頃)が順に咲いていく4月は、特に観光客で賑わいます。

 その中でシダレザクラは、ソメイヨシノよりピンク色が濃く、水際公園の散策路の両側に植えられており、サクラのトンネルを潜りながら散策が出来るので、茨城県内でも有数のサクラの人気名所です。

 混み合う駐車場をからスグに、園内を見下ろす高台に出ますが、一面シダレザクラが満開で、その圧巻な眺めに、観光客の皆さんは最初にココで写真を撮るほどです。
 そして高台から架かる橋からは、シダレザクラを間近に、そして上から愛でる事が出来るので、撮影するのも困難なほど混み合いますが、人気が出るのも頷けます。

 散策路も写真撮影客で混み合いますが、これほど美しいサクラのトンネルを潜れば、その気持ちは分かります。

 しかし、散策路を少し外れれば、弁当を持参し、楽しそうに座ってサクラを愛でてらっしゃる観光客の方もいました。

 混み合う・・・。

 と散々書きましたが、散策路はそうでも、散策路から外れれば結構マッタリ過ごせます。
(花壇などを除き、散策路を外れても、草地などは問題は無いとの事)

 水際公園の名の通り、中央に池がある庭園風な公園ですが、その雰囲気がこの公園の良さを醸し出しているのでしょう。

 石のモニュメントや獅子頭展望台なども一見の価値があり、また「会津民家」は、宅内も自由に見学できます。

 本物のかやぶき民家を移築してある「古民家」ですが、定期的に”かや”も葺き替えて保存してあるそうで、屋根(かやぶき)も美しく、また宅内には囲炉裏があり、梁などは黒光りして重厚さを感じさせます。

 縁側に座ると、そこから見える山々やハス池などの自然風景が広がっており落ち着けます。
 遠くウグイスも鳴くので風情があり、落ち着いて過ごす事が出来ましたが、何より観光客が余り来ないので、しばらく縁側で座ってられます。


「ここでお茶でも飲みたいね〜〜」

 と嫁さんは言いましたが、そもそも”縁側”と言う物がある民家が少なくなってる現在の民家で、結構貴重な体験??が出来るかもしれません。


 常陸風土記の丘には、鹿の子遺跡にまつわる展示や竪穴式住居を復元した有料ゾーンがありますが、無料ゾーンだけでもかなり堪能できるので、今回は時間的に入場はしませんでしたが、ココは次回のお楽しみにしたいと思います。

 ”南部の曲屋(まがりや)”を利用した食事処や売店もありますので、日本の歴史ある民家に、花々や史跡など、色んな物を見たりを感じたりしながら楽しめますし、また様々なイベントや、藍染やそば打ち体験もできますので、常陸風土記の丘は、ぜひ時間を取って来場して頂けたらと思います。

〇アクセスなど〜
・JR常磐線石岡駅から 関鉄グリーンバス「林」経由「柿岡車庫」行「村上」下車。徒歩15分
・無料駐車場有
般若院の口コミ
2017年04月13日に投稿されました。
46名が参考になると回答
威風堂々の迫力。エドヒガンシダレザクラと般若院本殿 樹齢450年と言われるシダレザクラは、所々垂木で支えられています。 般若院のガラス窓に映るシダレザクラ。訪れた観光客も結構魅入る美しさ??でした。 特別に拝観させていただいた、般若院内部のガラス窓からのシダレザクラ。
陽光に映えるシダレザクラ ライトアップにシダレザクラが映えて来ました。格子にも映えます 妖しくまでも美しく夜空に浮かび上がる ライトアップされ、威風堂々に聳えるように咲く
 龍ヶ崎市内にある般若院には、樹齢450年とも言われる、エドヒガンザクラのシダレザクラがあります。

 エドヒガンザクラであるため、ソメイヨシノより1週間くらい前に満開になるので、開花に注意する必要がありますが、シダレザクラが開花する頃は、龍ヶ崎市のHPにも紹介されるため賑わいます。

 龍ヶ崎市のHPを参照に般若院を訪れると、マイカーは龍ヶ崎市役所などに駐車するよう案内があり(無料)、そこから1匱緤發と、般若院の参道があります。
 参道の奥に本殿がありますが、シダレザクラは本殿の背後にあるので、後ろに回ると、薄いピンク色の花を咲かせたエドヒガンシダレザクラが小山のように、威風堂々と咲いていました。


 案内板には、高さ10m以上、幹回り5mの大木で、県の天然記念物に指定されている1本桜で、さらに枝張りが東西約15m、南北約22mもあり、本殿に負けないくらいの大きさ、存在感を放っていました。

 シダレザクラの周囲は歩道が整備されていますので、どの角度からも愛でる事や写真撮影が可能で、何よりも枝張りが凄いので、間近でソメイヨシノより小さな花びらをした、エドヒガンザクラの可憐な花が確認できます。

 また般若院の縁側からもシダレザクラを見る事が出来るので(住職不在など、立ち入る事が出来ない場合在り)、少し高い位置から愛でる事が出来ましたし、また般若院の大きなガラス窓に映るシダレザクラも素敵で、本物のシダレザクラと、ガラス窓に映ったシダレザクラを愛でたり写真撮影する方もいらっしゃいました。

 これは必見です。

 また龍ヶ崎市と般若院の計らいで、毎年2日間だけライトアップされます。

 だいたい18時からライトが照射されますが、その時間は空がまだ明るいので、それほどシダレザクラは映えませんが、暗くなるほどにシダレザクラは美しく、また妖しい雰囲気も醸し出しながら映えて来ました。

 暗くなるほどに、昼間とは打って変わった美しさのシダレザクラは風情があり、間近で見上げると、かなり堂々とした姿を見る事が出来ました。

 生憎般若院の雨戸が閉められ、ライトアップされたガラス窓に映るシダレザクラは撮れませんでしたが、般若院の屋根や光が漏れる格子窓をバックに、それはそれで綺麗なシダレザクラを愛でる事が出来ました。

 サクラは満開時期が短いため、都度HPなどで確認が必要ですが、一見の価値がある般若院のシダレザクラは、是非一度愛でに行かれる事をおススメします。
 また常時観光客が訪れていましたが、それでも数十人ほどの観光客数で、結構自由にゆっくり愛でる事が出来ました。
 まだまだあまり知られていない穴場かもしれません。



〇アクセス〜
・関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から徒歩で15分
・車は龍ケ崎市役所駐車場へ
・ライトアップは、土日を中心に2日間行われますが、特に発表はありません。市役所に問い合わせられた方が確実です。

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP