無料会員登録ログイン
ホーム > ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さん(40代前半・男性・岩手県)
口コミ投稿数 114件
画像投稿数 986件
読者 5人
HP・ブログ
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
記念すべき第100回口コミ付写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第94回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第93回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第92回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第88回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第86回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第85回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第83回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第80回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第77回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第76回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第73回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第71回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第70回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第68回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第67回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第66回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第65回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第64回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第63回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第58回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第57回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第47回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第46回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第44回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第43回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第41回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第35回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第28回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第25回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第24回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第23回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第21回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第16回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第13回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
自己紹介
東日本を走る・撮る・食べる!

道の駅巡りをしながら観光地とグルメも楽しんでいます。

東北の良さを伝えていけたらと思っております。

ジョン一郎さんのいち押し観光スポット(24件中 1-4件を表示)


世界谷地
ジョン一郎さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

尻屋崎・尻屋埼灯台
ジョン一郎さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

川原毛地獄
ジョン一郎さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

大観密寺・仙台大観音
ジョン一郎さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

ジョン一郎さんの投稿画像(986件中 1-8件を表示)


ジョン一郎さんの口コミ(114件中 1-5件を表示)

道の駅 十文字の口コミ
2017年10月14日に投稿されました。
1名が参考になると回答
産直コーナー レストラン
横手やきそば 横手たこやき
横手市の「道の駅 十文字」は国道13号と342号が交差する市街地にあります。
愛称は「まめでらが〜」、当地の言葉で「元気ですか」という意味らしいです。
コンビニもありレストランも19時まで開いているので、秋田に行くとよく利用する道の駅です。

産直コーナーは商品がとにかく豊富で開店時間から賑わっていて、夕方に行くと棚がスカスカ状態です。
なのでここに買い物に行くなら早い時間のほうが良いでしょう。

なぜかビリケンさんが置いてあり、足を撫でると御利益があるそうなんですね。

レストランはフードコートのようになっていて、十文字ラーメンの「ふるさとの味 三平」、「横手焼きそば 福龍」などご当地のグルメが味わえます。
今回はB級グルメで有名な横手やきそばを食べてみることにしました。
福龍さんは横手やきそば四天王にも選ばれたお店。確実に美味しいでしょう。

ストレート麺に甘めのウスターソースで味付け、目玉焼きと福神漬がのった横手やきそば。横手に来るとなぜか無性に食べたくなることがあります。
ホルモンが入ったりとバリエーションがありますが、私は肉と目玉焼きの元祖のが一番好きです。
「横手たこやき」も追加で注文しました。皮が厚く羽根つきのたこ焼きです。これは通常のたこ焼きの方が好みかなって思いました。
次行ったら十文字ラーメンを食べたいです。
やくらいガーデンの口コミ
2017年10月08日に投稿されました。
5名が参考になると回答
7月にも訪れた加美町の「やくらいガーデン」の「ふるるの丘」が見頃を迎えたと宮城の新聞記事を見まして、9月後半に再度行ってきました。

7月にはラベンダーメインで、このガーデンの一番の見所のふるるの丘は何も咲いていない状態でした。
時期やタイミングを逃すと700円の入園料も高く感じてしまう人もいると思いますが、9月のこの時期はガーデンの最盛期、誰もが満足できるのではないでしょうか。
ふるるの丘を観ようと多くの人が訪れていました。

ガーデンに入って前半は夏のバラ園やラベンダー畑がメインなので、秋は何も咲いてませんでした。
所々にカボチャの置物やハロウィンの装飾がされていて、秋モードになっているようです。

8つのテーマで構成されているガーデンの奥の方へ進んで行くと、丘の上に建つチャペルの前に黄色とオレンジの「キバナコスモス」が咲いていました。
チャペルの丘を越えると皆が目指すふるるの丘です。
広い花畑に色とりどりの花が咲いていました。パンフレットの写真と比べると、今年は赤い色がずいぶんと多いようでした。毎年植える花が変わるのでしょうか。

花畑の中には鐘のある展望台がありますのでそこを目指しました。
ふるるの丘には舗装された道も通っているので、ベビーカーやお年寄りでも安心して歩くことができると思います。
花畑に囲まれた展望台からの景色もとても良かったです。
ここからチャペルや薬莱山をバックに記念撮影する人も多いようでした。
秋の風が気持ち良い、ふるるの丘全部を見渡せる展望台から景色を楽しんだ後は入り口のガーデンプラザへと戻りました。
総面積15万平方メートルもある広いガーデンですから、往復するだけでもちょっとした運動になると思います。
ガーデンプラザではソフトクリームやランチバイキングも食べれますし、花の香りに包まれたショップでお土産を選ぶのも楽しいですよ。
最後に近くの温泉で汗を流して帰るのも良いと思いますよ。

次は春のガーデンを見に来てみたいなと思いました。


アクセス  JR古川駅から山形県尾花沢市に向かう国道347号を経由して、車で約40分。

入園料 大人700円、子供200円
営業期間 4月中旬〜11月末日
営業時間 10:00〜17:00
感覚ミュージアムの口コミ
2017年09月27日に投稿されました。
10名が参考になると回答
大崎市の「感覚ミュージアム」は人間の感覚をテーマにした体感型美術館。
ただ見るだけではなく、視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚を使って楽しめます。ただし、味覚だけはカフェで味わうので別料金です。

アクセスは東北自動車道古川ICより車で約15分、電車なら陸羽東線岩出山駅から徒歩約7分。

入館料は大人500円、高校生300円、小中学生250円。
開館時間 9:30〜17:00、休館日は毎週月曜日となってます。

いかにも美術館といった美しい建物です。屋上に上がると周辺や広場を見渡せます。
池(カスケードトラバース)からは時折ミストが噴き出します。

建物の中に入り受付でチケットを購入。その先にはショップやカフェ、写真展示がされています。
まずはダイアローグゾーン(身体感覚空間)。ここまでは写真撮影OKだそうです。
ここで一番に目を引くのは直径3.2mの車輪に付いた台に寝てペダルを漕ぎ壁に線を描く「サークル・ン・サークル」です。
どうしても周りから注目を浴びるので、ちょっと恥ずかしくて私はできませんでした。
小さな引き出しが1000個ほどある「市民ギャラリー」では登録すれば誰でも作品を展示することができ、引き出しを開ければ自由に鑑賞できますよ。

トラバースゾーンのゲートの先は写真撮影禁止です。
全面鏡張りの「エアートラバース」や自分の体の形に光ファイバーを押し出す「ライト3Dスカルプチャー」などインスタ映えしそうな作品も多いだけに撮影できないのはほんと残念。この辺は緩和してもらえないでしょうかね。

最後はモノローグゾーン(瞑想空間)。
水の中にいるように感じる「ウォーターガーデン」、ハート型のドームの中にある水のないお風呂「ハートドーム」など、瞑想空間だけあってとても落ち着いた作品が多いゾーンでした。
ただ私にはちょっと難しいのもあって、???と思うものもありました。芸術感覚が豊かな人なら楽しめるのかな?

道の駅 津山の口コミ
2017年09月19日に投稿されました。
10名が参考になると回答
ときめき野菜、もくもくハウス もくもくハウス内 もくもくランド 物産館
お食事処「木里口」 もくもく丼 仙台麩黒蜜きなこソフトクリーム
登米市津山町の国道45号の「道の駅 津山」。
特産の津山杉からとった愛称は「もくもくランド」でクラフトショップもあります。

まずはクラフトショップ「もくもくハウス」と産直「ときめき野菜」のある長い建物に入りました。
広い館内では木で作った家具・おもちゃ・食器なんかが多く売られていました。

この道の駅は敷地内に川が流れ、複数の建物と遊具広場や公園などで構成されてます。建物も遊具も木製で、木と緑に囲まれた道の駅です。
私が行った時のような雨天では建物間の移動がちょっと不便で天気の良い日に行きたい場所です。
面白い形の建物で、前に訪れた時に建築士の友人がここのデザインをとても気に入っていたのを覚えています。

食事処「木里口」で昼食、これが今回の目的でもありました。
登米市のB級グルメ「油麩丼」、それをこの道の駅では「もくもく丼」と命名してあります。
棒状の小麦粉グルテンを油で揚げて輪切りにした油麩。それを卵でとじてカツ丼のようにした丼メニューです。
見た目も味もカツ丼、でも肉を使ってないのに食べたような満足感が得られますよ。

物産館に移動してデザートにしました。ここでも油麩を使ったご当地なソフトが、「仙台麩黒蜜きなこソフトクリーム」。
カップに入ったソフトに黒蜜・きな粉・油麩をトッピングしたここでしか食べられないメニューです。
油麩自体には味がないので、食感を楽しむ感じでしたね。

物産館内にはクラフト体験館もあって、私が行った日には親子クラフト教室が開催されてました。木とふれ合い家族で楽しむ道の駅なんだなと思いました。
碁石海岸の口コミ
2017年09月12日に投稿されました。
14名が参考になると回答
雷岩と乱曝谷 千代島 灯台 碁石岬
碁石海岸レストハウス 大船渡さんまらーめん 穴通磯
大船渡市の三陸復興国立公園「碁石海岸」。

東北自動車道一関ICから車で約90分、花巻ICから約80分かかります。
レストハウスのある駐車場の周りには「世界の椿館」や「市立博物館」など見所の多い場所です。

レストハウスから海に向かって遊歩道を少し歩くと「雷岩」と「乱曝谷」に到着します。
三陸海岸を代表する荒々しい景色。雷岩は洞穴に打ち付ける波が雷鳴のような音を響かせるスポットです。
しかしこの日は波も穏やかでその音を聞くことはできませんでした。

海岸沿いの遊歩道を南に向かって歩いてみました。
松林の中を歩きながら、碁石海岸最大の島「千代島」、気仙大工の技術で作った東屋、そして白い灯台が建つ末崎半島の先端「碁石岬」へと到着。
展望台に降りればこれまで松の木や岩で見えなかった景色が大きく開けて、遠くの海岸や太平洋を広く見渡せます。

レストハウスに戻って昼食にしました。
三陸の海の幸を使った海鮮丼も魅力ですが、ここで食べてもらいたいのは「大船渡さんまらーめん」です。
大船渡さんまらーめんは大船渡市内の数店舗で食べることができるご当地グルメです。
大船渡に水揚げされたサンマを使用していて、見た目も味も各店違ったオリジナルのラーメンです。どのお店で食べても700円とお得な値段。
その中でもここ碁石海岸レストハウスのサンマラーメンはインパクトがあります。
サンマ味醂干しが1匹のったワカメ入りラーメンなんです。これには食べ方があって、初めての方には店員さんが教えてくれますよ。

まずはスープを一口。醤油味のスープでした。
次にサンマをほぐしながら麺を食べます。味醂干しにはやっぱりご飯と言うことで、ご飯もちょっとだけ付いてきます。
サンマの味がスープにも染みて行き、最初に飲んだスープと別の味に。美味い、これには感心しました。

最後に碁石海岸のもう一つの有名スポット「穴通磯」に向かいました。
レストハウスからちょっと遠いので車で移動です。
駐車場に車を停めて階段を下りること約5分、穴通磯が見える高台に到着です。
開いた三つの穴は海水の浸食が作った自然の造形美。これは見応えがあります。
遠くに見えるのは大船渡の市街地とそれを守る湾口防波堤。震災前とはほとんど変わっていない碁石海岸の景色だけど、数年前に見たこの景色には津波で破壊されて湾口防波堤は無くなっていたんです。
それが今出来上がっているのを見て、なんか安心しました。

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP