たびかんの無料会員登録をテスト中です。便利な機能を無料でご利用頂けます。 無料会員登録ログイン
ホーム > チョーわるおやじさんのページ
チョーわるおやじさんのページ
チョーわるおやじさん(70代前半・男性・兵庫県)
口コミ投稿数 280件
画像投稿数 2171件
読者 8人
HP・ブログ
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第94回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第93回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第92回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第88回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第86回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第85回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第83回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第80回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第77回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第76回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第75回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第71回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第70回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第68回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第67回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第66回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第65回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第64回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第63回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第62回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第61回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第59回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第58回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第57回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第55回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第54回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第53回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第52回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第50回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第49回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第48回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第47回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第46回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第45回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第44回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第43回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第42回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第41回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第40回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第39回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第38回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第37回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第36回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第35回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第34回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第32回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第31回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第30回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第29回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第28回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第26回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第25回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第24回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第23回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第21回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第20回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第19回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第18回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第16回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第15回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
第14回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第13回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
自己紹介
慌てず...急がず“スローライフ”の日々を過ごしています。
 まだまだ❝頑張って❞四季折々の景色を撮り続けます。。。

チョーわるおやじさんのいち押し観光スポット(246件中 1-4件を表示)


立雲峡
チョーわるおやじさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

東寺
チョーわるおやじさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

水仙の丘
チョーわるおやじさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

城南宮
チョーわるおやじさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

チョーわるおやじさんの投稿画像(2171件中 1-8件を表示)


チョーわるおやじさんの口コミ(280件中 1-5件を表示)

立雲峡の口コミ
2017年04月24日に投稿されました。
2名が参考になると回答
4/13 但馬の吉野とも謳われている❝立雲峡❞の“桜”を…!!! 4/13 ❛展望ブース❜から望む…桜咲く天空の城【竹田城跡】を、望遠で…!!! 4/13 散策路〜“春”の陽に照り映える“桜並木”を…!!! 4/13 “山桜”が咲く・・・散策路(山道)から…!!!
4/13 苔むした奇石や巨岩の間を縫うようにつづく❛展望台❜への散策路(山道)を…!!! 4/13 〈第2展望台〉に向かう“桜”咲く散策路(山道)から…!!! 4/13 “桜”...と、天空の城【竹田城跡】を〈第2展望台〉付近から…!!! 4/13 天空の城【竹田城跡】を望む❛雲海❜撮影のスポットから…!!!
 “桜”咲く但馬路を訪ねました。・。

但馬の吉野とも呼ばれている❝立雲峡❞を、散策です!!

4月13日(木) 天候:晴れ

 見上げる山肌には“ソメイヨシノ”や“山桜”の花が咲き誇り、その中には老いた数多くの“桜”も見受けられました。・。・。
 又、山の斜面には苔むした奇石や巨石が数多く点在していました。

 折しも“桜まつり”が催されており、地元の方達と思われる人々が集い、咲き誇った“桜”の下でブルーシートを広げ“春の宴”を楽しんでおられました。

 駐車場の端っこには、小さな屋台があり、爐でん瓩筬爐燭馨討瓩修靴董△酒も販売されていました。

 車を降りて…すぐの処に、天空の城【竹田城跡】が望める展望ブースがあり(狭い範囲です)“桜”と、天空の城を交互に眺めながら贅沢な時を過ごす事が出来ます。

 私達は、雲海に浮かぶ天空の城【竹田城跡】を撮る絶景スポット〈第3〜第1展望台〉を目出して“桜”咲く急な散策路(山道)を、進みました。・。・。

 〈第2展望台〉の少し上まで・・・約20分あまり歩き続けました...が、私の足は限界を超えていました。
   
    《ギブアップ》...です!!

あと、20分ほど登ると〈第1展望台〉なのです...が、無理でした。

「かみさん」は独りで登って行きました。(元気です!)

 道端の岩に腰掛け、一息・・・そこから眺める景色は、素晴らしいものでした。・。・。
 正面に望む【竹田城跡】にも“桜”の花が綺麗に咲いているのが観えます。
 そこに広がる❛雲海❜の景色を想像しながら・・・暫く眺めていました。

     絶景...です!!

 重いカメラを車に置き、手軽なミラーレスでの写真を数枚カメラに収めました。
   雰囲気だけです...が、画像を投稿しています。

〈第2展望台〉からの眺め・・・“桜”の季節は、咲き誇る花々が視界を妨げる場所があります...が、ひな壇(3段)が設けられ、後方から撮影が出来る様に配慮が成されていました。

 大きな三脚と、リュックを背負って、暗い山道をライトの明りを頼りに登る∼・∼私には雲海の写真を撮るのは少々無理があるのでは...と、思いました(^0_0^)

「かみさん」と、合流∼・∼戻りの散策路(山道)から眺める景色、“ソメイヨシノ”と“山桜”そして、山野の木々が上手く調和し、自然の山ならではの“桜”を愛でる事が出来ました。

 “桜まつり”が繰り広げられている広場に着き、ベンチに腰掛け温かい缶コーヒー飲み・・・‘ほっ’と、一息…疲れたれた身体を癒しました。・。・。

 自然に囲まれた❝立雲峡❞の“花見”と、絶景を十分楽しむ事が出来ました(*^。^*)

❝立雲峡❞桜まつり
期間:3月26日(日)〜4月15日(土)
   今年は終わりました。
駐車場:桜まつり期間中は300円/普通車
    期間以外は無料開放です。

※ トイレ、休憩施設(ベンチ)は駐車場に設置されてい  ます。(展望台にはありません)

足もとは、かなり悪いです。(スニーカ等で!)

東寺の口コミ
2017年04月21日に投稿されました。
5名が参考になると回答
4/9 妖艶に照らし出された❝不二桜(八重紅 しだれ桜❞と、佇む❛五重塔❜を…!!! 4/9 水面に映る幻想的で美しい❛五重塔❜...と、“夜桜”を…!!! 4/9 『ひょうたん池』の水面に揺れる桜色の彩り...と、静かに佇む〖金堂〗を…!!! 4/9 明りに照り映える“夜桜”と、聳える❛五重塔❜と…!!!
4/9 大輪の“紅しだれ桜”...と、夜空に浮かび上がる❝不二桜❞を…!!! 4/9 凛と聳える❛五重塔❜と、天上の‘月’を…!!! 4/9 明りに照らされた“桜”の雲海に浮かぶ❛五重塔❜を…!!! 4/9 戻りの『茶屋』〜彩色豊かな〚京都タワー〛が聳え立っていました…!!!
 ❝夜桜❞を愛でに!!

京都・【東寺】に出掛けました。・。・。

4月9日(日) 天候:晴れ時々曇り

 【東寺】に着いたのは、午後6時前でした。
夕暮れの6時30分からの開門です...が、大宮通〔東大門〕の土塀に面した歩道には…凄まじい数の拝観者が並んでおられました。

 但し、車での拝観は優遇?されていました。
『慶賀門』の横手から順次、境内奥へと誘導されます。
 途中、係員の方に駐車料と、拝観料(人数分)を納め
『本坊』近くに案内され、駐車!!

 カメラと三脚を持って、境内を進んで行きました。

   (三脚の持ち込みOKです)

 桜色に染まる境内は、妖艶な雰囲気を醸し出していました。・。・。

 先ず目に入るのは❝不二桜❞樹齢130年・高さ13m・枝張10mと、謳われている“八重紅 しだれ桜”です!!

 明りに照り映える圧巻の姿に感嘆の声が上がり、美しい光景に見惚れ、多くの人が立ち尽くされていました。

  「神秘的で、妖艶な佇まい...です!!」

少し歩き『ひょうたん池』周りの“夜桜”を眺めながらの散策です。

 『ひょうたん池』の畔からは、逆さ❛五重塔❜と、明りに照る“桜”が爐修萇瓩僕匹譴覆ら水面に映し出されていました。
 水面に映る❛五重塔❜を 撮ろう...と、撮影スポットには順番を待つ人の列が出来ていました。

  「私も、同じく列に(^0_0^)」...です。

 拝観者の数は増々多くなってきました・・・外国の方達も多く、外国語が混ざり合った散策路を❛五重塔❜辺りまで歩みを進めます。・。

 池の畔から、揺れる桜色の水面と、池を挟んで“桜”越しに観え佇む〖金堂〗の姿が、心を和ませてくれました。

 空を見上げる...と、❛五重塔❜の真上に‘月’が顔を覗かせていました。

    雰囲気は“最高潮”...です!!

 桜色に染まる境内を‘ゆっくり’と、花見三昧!!
  「かみさん」も、ご満悦の様子...です。

〖金堂〗前に進み、上段から眺める景色…明りに照らされた“桜”の雲海に浮かび上がる❛五重塔❜を観る事が出来ました。

 この場所も多くの方達が、明媚な風景をカメラに収めようと、三脚の列が出来ていました。

〖金堂〗の横には『講堂』が佇み、国宝の❛立体曼荼羅❜
が、春季特別公開(昼間)で、内部の拝観は可能になっていました。
   但し、夜間は外からの拝観になります。

     「撮影はNGです」

 華やかに咲き誇る“夜桜見物”を満喫出来ました。
出入口近くにある『茶屋』で休憩です。
 毛氈が敷かれた床几に腰掛け、温かいお茶を美味しく頂きました。・。・。

 見上げると、明りに照る“桜”の先に犁都タワー瓩美しい彩色で聳え立っていました。

“桜”の季節が過ぎ、初夏にかけて『ひょうたん池』の畔には“サツキ”の花々が咲き、池越しに眺める❛五重塔❜と相まって、美しい庭園風景が観られるそうです。

 その頃(初夏)に・・・再び、訪ねよう...と、思っています(*^。^*)

拝観(通年):8:30〜17:00(16:30受付終了)
         年中無休です。
ライトアップ日時:〔3/18〜4/16・6:30〜22:00〕
          今年は終わりました。

拝観料(金堂・講堂):大人/500円・高校生/400円
           小学生/300円
  ※ 特別拝観等は、【東寺】のHPで検索して下さい。
駐車場(普通車):600円/2hr(毎月21日は使用不可です)

交通機関:近鉄電車 東寺駅下車徒歩10分
     市バス 【東寺】東大門前下車(すぐです)

水仙の丘の口コミ
2017年04月12日に投稿されました。
9名が参考になると回答
4/2 咲き誇る“ラッパ水仙”の花園を…!!! 4/2 青い空...と、“ラッパ水仙”の花園...と、〔あずまや〕を…!!! 4/2 手作りのオブジェ(木製の飛行機)...と、“ラッパ水仙”の花園を…!!! 4/2 ❝水仙の丘❞で、くるくる...と、まわる・・・手作りの❛かざぐるま❜と…!!!
4/2 午後のひと時・・・❝水仙の丘❞で“春”を楽しむ人たち...を…!!! 4/2 花園で遊ぶ小さな女の子(1歳6か月だ、そうです)と、お母さん...を…!!! 4/2 “ラッパ水仙”の袂で“春”を演出する❛つくし❜たち...を…!!! 4/2 “雪柳”の花に包まれ、❛甘夏❜を‘ついばむ’仲良しの“めじろ”たちを…!!!
❀あわじ花へんろ❀・“花の札所” 第48番

 ❝水仙の丘❞を、訪ねてみました!!

4月2日(日) 天候:晴れ

 神戸淡路鳴門自動車道〔津名一宮IC〕から約10分あまりで❝水仙の丘❞に着きます。。。

 道端の広場(車、10台程の余地です)に車をとめ、園路を進みます∼・∼眺望の良い丘陵地に黄色と白の“ラッパ水仙”が、咲き誇っていました。・。・。

 地域の方が、果樹園であった場所に、分球・移植を繰り返し、現在では約40aの土地に10万本もの“ラッパ水仙”が植えられているそうです(@_@)

 園の管理者が、訪れる人達に声をかけられ、管理小屋の横にある『展望デッキ』から眺めて行きなさい...と、優しく話されていました。

『展望デッキ』から5m程の距離にある木の枝には、野鳥が集う巣箱や餌台が置かれ、園内で実った❛甘夏❜を餌台に置いてありました。
 それを目当てに、集まって来た爐瓩犬蹲瓩燭舛、美味しそうに❛甘夏❜を‘ついばんで’いる姿を目の前で見る事が出来ます・・・(よく慣れています...ョ!)

 可愛い姿と‘しぐさ’に“春”を感じ、‘ほっこり’と、させてくれます(^0_0^)

 少し急な坂道を下り、花園にある散策路から観る花々は手入れが行き届いており、綺麗に咲いた“ラッパ水仙”が訪れる人たちを和ませ、楽しませていました。

散策路の途中に《あずまや》があり、その中には雑記帳が備え付けてあり、様々...な、『口コミ』や『想い出話』が、書き綴られていました。・。・。

    日曜の午後...です!!

家族連れや、若いカップル...が、“春”を楽しまれている様です。
 もちろん・・・私達と同年代の方々も多く、狷やか瓩肪名个靴覆ら∼・∼散策路を闊歩されていました。

 散策路を進み、下の広場に辿り着きます。・。

ベンチが置かれ、記念撮影も出来るように、様々なオブジェが並んでいました。
 また、昔懐かしい竹馬や数種類の遊び道具も揃えてありました。・。・。
   管理者の手作り...だ、そうです!!

 “ラッパ水仙”の見頃はピークを少し過ぎていました...が、“雪やなぎ”や“ミツマタ”の花が咲き・・・そして、裾野には❛つくし❜が顔を覗かせ、訪れる人たちに“春”を楽しませていました。

 ガーデンパラソルの中で、暫く休憩...です。

“春”の陽ざしが心地よく、花園を照らしています。

管理者の方...曰く、あと数日で全て刈取るのですよ...と、言われていました。
 3〜4年毎に耕し、分球して・・・翌年に植え付けをされる様です。(大変な作業の様です)

 広場には、≪協力金≫の箱が備えてありました。

すべて無料の花園...です!!
 いつまでも美しい花園と、野鳥の楽園が続く様に...と、「かみさん」がワンコイン(500円)を入れていました(^0_0^)

 メジャーな花園ではありません...が、私達はこの季節に時々訪ねています。

 帰り道∼・∼❀あわじ花へんろ❀を全て巡ってみたいな〜...と、「かみさん」が呟いていました(*^。^*)

アクセス
車の場合:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮IC前を右折∼・∼県道66号線〜88号線『多賀・(信号)』の交差点を左折∼・∼『香りの公園』・『淡路文化会館』から約300mで❝水仙の丘❞です。

バス利用の場合:淡路交通バス 西浦・一宮線『伊弉諾神社前』下車・・・徒歩で、10分あまり...です。

入園料・駐車場:無料です。
    飲食物の持ち込みはOKです。
    但し、塵は各自で!!
トイレ:ありません。
    よって、徒歩5分程の所『淡路文化会館』まで。

城南宮の口コミ
2017年04月05日に投稿されました。
8名が参考になると回答
3/22 散り染める“惜梅”の❛春の山❜を…!!! 3/22 昨日来の雨に濡れた・・・神苑...と、‘花びら’を…!!! 3/22 木枝の影に、染め映す“梅”の‘花びら’...と、…!!! 3/22 名残りの“枝垂れ梅”...と、苑を染める‘花びら’を…!!!
3/22 “落ち椿”...と、色褪せた“惜梅”の❛春の山❜を…!!! 3/22 木洩れ日...と、“落ち椿”が彩る・・・・❛春の山❜を…!!! 3/22 ≪遣水の小川≫に、零れ落ちた“椿”...と、…!!! 3/22 〔歌碑〕の袂に...寄り添う“落ち椿”を…!!!
“梅”の花が、散りゆく様を惜しみながら眺め観る!!
 ❝惜梅(せきばい)❞を愛でに出掛けました。

3月22日(水) 天候:晴れ

 雨の翌日です・・・≪城南宮≫の神苑は、雨にうたれ、散り染めた“梅”の‘花びら’が、苔むした“春の山”に風情ある景色を描いていました。

 見頃を過ぎた苑内は、訪れる人も少なく‘ゆっくり’...と、散策出来ます。

 朝の光が優しくつつむ神苑・・・数日前(3/9)に訪ねた際には、美しく咲き誇った満開の“枝垂れ梅”を、多くの人達が感嘆の声をあげながら“観梅”を、楽しんでおられました!!

 私・・・今年は、早春の≪城南宮≫を二度も訪ね、趣のある風情を楽しむ事が出来ました。・。・。

 神苑入口から“春の山”そして、❛平安の庭❜にかけて見頃を迎えた“椿”の回廊がつづいています。

 “椿”の回廊を進んで行くと∼・∼木洩れ日が差す山肌に猴遒祖忰瓩“春の山”を、美しく染め上げていました。

 昨日来の雨で、多くの“花”が落ちた様です!!

 足をとめ、眺めた観た山肌に、美しく描かれた絵の様に
猴遒祖忰...が、点々...と、広がっていました。

      素晴らし景観です!!

 そして、“椿”の花が咲き誇る回廊を❛平安の庭❜へと、足を運びます。・。・。

 庭園にある❛遣水の小川❜に猴遒祖忰瓩、流れ∼・∼留まり、小川の辺に、彩りを添えていました。

  粋な、“椿”の散り際を‘パチリ’と、一枚・・・
     撮りました!!

小川の辺にある『あずまや』で、暫く休憩...です。

 すぐ傍の庭には〔歌碑〕があり・・・その袂に寄り添うように“椿”の花が、零れ落ちていました。・。

❛平安の庭❜を、通り抜け∼・∼参道を挟んで『室町の庭』へと・・・進みます。

 苑内を‘ゆっくり’...と、散策し∼・∼そして、家路へと・・・車を走らせました。。。

 早春に咲く“梅”三昧の日々を堪能する事...が、出来ました。。。(*^。^*)

御津自然観察公園「世界の梅公園」の口コミ
2017年03月30日に投稿されました。
18名が参考になると回答
3/15 ❝世界の梅公園❞で、ひと際目立った・・・“枝垂れ梅”...と、…!!! 3/15 “梅”の園に佇む・・・異国の建物『尋梅館』と、聳え立つ『唐梅閣』...を、…!!! 3/15 『獅子吼亭(ししくてい)』の隙間から覗き見た・・・内海に並ぶ〔牡蠣の筏〕...と、“紅梅”を…!!! 3/15 青い空に聳え・・・佇む『唐梅閣』と、“梅の花”たち...を、…!!!
3/15 陽光に眩しく煌めく“梅の花”...を…!!! 3/15 夕日のスポットから“梅の花”と、瀬戸の内海...を…!!! 3/15 “菜の花”と、“梅の花”そして、『尋梅館』...と、…!!! 3/15 『色見巌展望台』から眺めた瀬戸の内海に浮かぶ島々...を…!!!
 青い空と、瀬戸の内海を眺めながら。・。

異国情緒あふれる❝世界の梅公園❞を、散策しました。

3月15日(水) 天候:晴れ

 綾部山梅林に隣接する・・・風光明媚な自然公園の一角に位置する❛梅公園❜...です!!
 
 車から降りると∼・∼眼下に広がる瀬戸の内海に浮かぶ島々...と、潮風に乗って“梅”の香りが∼・∼押し寄せて来ます。・。・。

 散策路を歩いて行く...と、異国の建造物が目に入り、異次元の地に迷い込んだ...かの、様でした(@_@)

鮮やかな黄色の“菜の花”や、満開の“紅梅”、“白梅”が咲き誇る花回廊を進んで行くと、小さな泉の‘ほとり’に∼・∼ひと際目立ち、綺麗に咲いた“枝垂れ梅”が、訪れる人々を出迎えていました。

 公園の中央には、中国の建物『尋梅館(じんばいかん)』があり、1階が展示室・2階が展望室と、なっており、
“梅”の起源と、“梅”の一生と、歴史が記されたコーナーが設けられていました。

 園内には、『日本・中国・台湾・韓国』など、世界の“梅”、約350品種が、植えられているそうです。

 少し起伏のある散策路を“梅の花”と、瀬戸の島々を交互に眺めながら「かみさん」...と、二人で‘ゆっくり’歩いて行きます。

 途中、〈あずまや風〉の建物『獅子吼亭(ししくてい)』の隙間から覗き見た内海に牴顔擇糧記瓩、水面に並ぶ景色と、垂れ下がる“紅梅”も一緒に・・・!!
‘パチリ’...と、1枚。・。

 何処を観ても、絵になる景色ばかり...です。。。

公園の頂きには、趣のある建物『唐梅閣(とうばいかく)』が、聳え立ち、中国梅林の中心的な建物として、永遠に続いて行く象徴として、この名称『唐梅閣』と、なったそうです...が、私には良く解かりませんでした!!

高台から眺める大パノラマの景色を、満喫し、散策路を戻ります。・。・。

 春の陽ざしを感じながら、歩いていると∼・∼道端に咲く“紅梅”が、眩く煌めき・・・美しい姿を私達に見せつけていました。。。

   散策路を、進みます・・・!!

芝生広場の小高い処に設置された展望台『色見巌展望台』
に上り、眺める景色...も、絶景に値します。
 遠く霞む、四国や小豆島・・・そして、家島群島・赤穂御崎も、一望できます。・。・。

 素晴らしい景色...と、異国の“梅”とも出会う事ができました。

 戻り道∼・∼ふと見ると、同年代と思われる方が、三脚に望遠のレンズを携えて遠くを眺めておられました。
 聞いてみると、夕日を撮りに来られた...とか。。。
  時計を見ると3時過ぎ...です。
  「サンセットの時刻は6時頃です」

彼、曰く・・・この場所が、一番の夕日スポットだ、そうで・・・早くから場所を確保されている様でした。
   大変なご苦労...です!!

 私も後ろにまわり、彼と同じ構図で‘パチリ’...と、
1枚・・・撮らせて頂きました。

 戻り道、“菜の花”と、“梅の花”そして、『尋梅館』を背景に‘パチリ’...と、1枚撮り、❝世界の梅公園❞を、後にしました(*^。^*)

追伸
帰りに、チョッと寄り道『道の駅 みつ』に立寄り、鉢植の“花”を買って帰りました。

   今日も、元気に咲いています!!

観梅期間:2月11日(土)〜3月25日(土)まで。
       (今年は終わりました)
入園料:一般(高校生以上)400円/人
      (小・中学生)200円/人
駐車場:普通自動車・500円/台
    二輪車(バイク)・200円/台

※整備はされていますが、足元の悪い所もあります。
 スニーカ等での散策がベター...です。


たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP