全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 新観光名所になる予感?!「旧東海道金谷坂石畳」2020年7月後半の口コミキャンペーン当選者様発表

新観光名所になる予感?!「旧東海道金谷坂石畳」2020年7月後半の口コミキャンペーン当選者様発表

2020年8月2日  たびかん編集部  

2020年7月後半の優秀な口コミは!

場んでっと様が投稿してくださった旧東海道金谷坂石畳です!

江戸時代、この金谷坂は雨が降った際に滑る山道だったため、歩きやすいよう約720mも山石を敷き詰めて石畳の道を造ったそうです。 その後、明治以降に舗装され面影は失われていましたが、町おこし事業により約7万1000個の「山石」を敷いた430mの石畳が復元されました。

今回、場んでっと様がこの場所を訪れ、とてもユニークな口コミを投稿してくださいました。一度ここを訪れたことがある人も、この口コミを読めば旧東海道金谷坂石畳の印象がまた違ってくるかもしれません。それではどうぞご覧ください。



場んでっと様の旧東海道金谷坂石畳の口コミ

























JR金谷駅を出ると客待ちタクシーの行列である。
きょろきょろ見回すと観光案内板があり、「旧街道石畳」の看板を発見するであろう。
矢印に従い進むべし。


■概要
旧東海道の石畳を地元住民達が汗と努力により整備しまくって新観光名所に盛り上げようと頑張っている。
旅人がここを訪れるとき、新時代の神と歴史の幕開けを見るであろう。

■感想
歴史が作られていく過程が見える希有な場所。
期待以上だった。
街道の石畳は箱根の杉林の中にもたくさんあり、珍しい物ではない。

ここ、金谷坂石畳が特筆すべきは交通の良さがまず第一に挙げられる。
駅チカ。めちゃ近い。
第二に、石畳沿いに「茶屋」と「すべらず地蔵」という新規名物までも力業で誕生させてしまったところにある。

茶屋、レストラン、食事処などは分かる。
しかし受験にご利益がある神を誕生させるとは聞いたことがない。
誕生したばかりで恐らくは実績はゼロ。
にもかかわらず絵馬がかかっている。
はて、地蔵に絵馬を奉納する文化があっただろうか。
色々と疑問は浮かぶが丁寧にお堂も作られてるしタマも入ってるようだ。
いったいどこのなんのタマが入ってるのだろうか。
謎が謎を呼ぶ。
きっと正体が分からないうちになんとなく「本物」になっていくのであろう。


旧東海道金谷坂石畳の歴史は、今まさに走り出したところなのである。


■感想2
石畳を上りきると牧之原大茶園と諏訪原城址がある。
複合観光地としてポイントが高い。
島田市の民はなかなか計算ができる。
(しかし知名度がまだまだで茶屋が実は和式ではなく洋式であることも知られてはいない。頑張れ茶屋)

読んでいてとても楽しい口コミありがとうございました。「歴史が作られていく過程が見える希有な場所」とは上手い表現ですね。10年後、20年後、この場所がどのようになっていくのか楽しみです。

優秀な口コミに選ばれた場んでっと様にはamazonギフト券1000円分をお贈り致します。
また、抽選で選ばれた4名様です。

たんぽぽ1001様

おかえる様

チョーわるおやじ様

PIK様

口コミの投稿ありがとうございました!
amazonギフト券1000円分をお贈り致します。

次回の口コミキャンペーン当選者の発表予定は2020年8月17日となります!
沢山のお写真、口コミをお待ちしております!


※今回の口コミキャンペーンは2020年7月16日〜7月31日までに口コミを投稿していただいた会員の方が対象となります。

こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top