全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 「GoToトラベル」と「高知観光リカバリーキャンペーン」を併用して高知へ行こう

「GoToトラベル」と「高知観光リカバリーキャンペーン」を併用して高知へ行こう

2020年9月10日  たびかん編集部  


(画像は高知観光リカバリーキャンペーン公式HPより)

高知県では、GoToトラベルキャンペーンと併用できる「高知観光リカバリーキャンペーン(交通費用助成事業)」を始めています。このキャンペーンでは、高知県内の宿泊施設へ宿泊された方を対象に、旅行費のうち交通費(1旅行当たり)が1人(台)最大で5,000円キャッシュバックされます。

高知へのお出かけに興味がある方、目的が決まって無いけれど「どこか旅行へ行きたい」と考えている方、このチャンスを活用してはいかがでしょうか。



高知観光リカバリーキャンペーンの概要について

高知観光リカバリーキャンペーンは、期間中(2020年7月22日〜2021年2月28日)に、高知県内の対象施設に宿泊された県内外の誰もが対象となります。先着112,000人(台)の予定で、予算に達した時点でキャンペーンは終了となります。

交通費(1人当たり)
・発地から高知までのメイン交通(往復)が対象です。
(航空機・鉄道・高速バス・観光バス・貸し切りバス・フェリー・周遊バス・定期船)

車(1台当たり)
・居住地の最寄りのインターチェンジから高知県までの間、高速道路を利用した往復料金、レンタカーのリース料、タクシーの運賃が対象です。

例えば、自家用車等で高速道路を利用した場合であれば、1台当たりの高速道路利用料金が対象となり、交通費用が5,000円に満たない場合は、その実費が交付されます。

GoToトラベルキャンペーンと併用すれば、旅行代金の最大35%がオフ、旅行代金の15%相当の「地域共通クーポン」が付与され、加えて、高知観光リカバリーキャンペーンで交通費のキャッシュバックがあります。


観光・みどころ・おすすめスポット

高知で名前が知られている人物と言えば、戦国・江戸時代であれば「長宗我部元親・山内一豊」。幕末から維新の時代は「ジョン万次郎・板垣退助・中岡慎太郎」などではないでしょうか。そして、今も子どもから大人までみんなに愛され続けている高知を代表する歴史上人物と言えば「坂本龍馬」です。

高知には、坂本竜馬の魅力に出会えるスポットたくさんあります。例えば、坂本龍馬の歴史が分かる「龍馬の生まれたまち記念館」、日本で初めて実在した人物の名前がついた郵便局「龍馬郵便局」、大きな坂本龍馬像がある「桂浜」、2018年にオープンした「坂本龍馬記念館」などがあり、龍馬ゆかりの地を巡りながら高知観光をすることができます。


高知観光 絶対に外せない定番スポット

観光スポットでは、名城「高知城」は外せません。本丸の建造物群がほぼ完全なまま現存するお城は、全国でも「高知城」しかありません。 お城には、無料で案内してくれる地元のガイドボランティアがおられます。地元ガイドならではの見どころや情報、このお城でしか見られない貴重な遺構など土佐弁を交えて案内してくれます。

そして、高知城と合わせて、立ち寄って欲しいのが、城のそばにある「高知城歴史博物館」です。こちらでは実物資料にこだわっており、国宝・重要文化財を含む「本物」を常時入れ替えて展示。土佐の歴史・美術や高知城の見どころを分かりやすく紹介しています。


あたたかな県民性と食文化のある高知県

高知と言えば「カツオのたたき」が有名で、全国一のカツオの消費量を誇ります。カツオ以外にも豊かな食文化を持つ高知県は、県民にとっては当たり前のように食卓に並ぶ食材も、他県民からは珍しく思う食材もあります。

高知の食文化に触れたいと思うなら、300年以上の歴史を持つ土佐の街路市「日曜市」がおすすめです。日曜市は、高知のお城下 追手筋(おうてすじ)で約1キロにわたり開催され、四季折々の旬の食材(リュウキュウ、イタドリなど)、干物や花、日用品などバラエティ豊かな品が販売されます。日曜市では、お店の人とのやりとり、地元の言葉で話すおじちゃん、おばちゃんにほっこりします。

そして、四国の中で最も広い高知県は市内だけでなく、日本最後の清流と言われている四万十川や室戸岬など、海と山に触れ合える自然豊かな観光スポットもあります。お得なキャンペーン期間中に高知の歴史や魅力、伝統や文化など、その土地の新たな魅力を感じに訪れてみませんか。

詳細は、下記の高知リカバリーキャンペーン公式サイトをご覧ください。

高知リカバリーキャンペーン公式サイト
https://kochi-experience.jp/recovery/index.html


(2020年9月10日 木曜日  たびかん編集部)


こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top