全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 新『名古屋テレビ塔』グランドオープン!エンターテイメント施設も入り名古屋のランドマークに!

新『名古屋テレビ塔』グランドオープン!エンターテイメント施設も入り名古屋のランドマークに!



明日グランドオープンを迎える名古屋テレビ塔(9月17日撮影)

昨年より耐震工事を進めていた名古屋テレビ塔が2020年9月18日にグランドオープンします。 名古屋の中心地にそびえたつテレビ塔は、今までの外観は残しながらもホテルやレストラン、エンターテインメント施設を兼ね備えた観光施設へと生まれ変わりました。

名古屋の文化と観光のシンボルへ。新しくなった施設の見どころをご紹介します。


生まれ変わった「名古屋テレビ塔」とは

名古屋の中心地・栄、久屋大通公園に立つテレビ塔は日本で最初に完成した電波塔。高さ180m、メタリックの見た目はそのままに施設を一新しオープンします。コンセプトは「MIRAI TOWER」。塔体のライトアップをバージョンアップし、「春夏秋冬」の季節ごとに変化する照明と映像で演出します。栄の夜の景観もさらに美しくなりそうです。

おすすめは、地上90mの「スカイデッキ」。展望台の天井と腰壁にはミラーを設置し、公園の美しい緑や景観がミラーに映し出され、これまでになかった新しい情景を楽しむことができます。 また、360度全方位に映し出される映像装置が設置され、映像と音響で演出するプロジェクションマッピングが栄の景観とともに訪れる人を魅了します。展望料金は大人(高校生以上)900円、小人400円。

地上100mの屋上「スカイバルコニー」も開放。都会のやすらぎ空間としてアーバンアウトドアが体感できるなど、さまざまな活用が期待されます。 そして、これまでの階段は屋内1階から始まっていましたが、開業以来初、地上から展望台まで一本でつながる410段の屋外階段を併設。美しい景観と爽やかな風を感じながらスカイバルコニーまで一気に登ることができます。



ホテルやレストランなど注目の施設が出店

1階から5階には、レストランなどさまざまな店舗が出店します。 ビールを片手に地元サッカーチーム名古屋グランパスの試合も観戦できる「HUB GRAMPUS PUB」や、10月1日オープン予定のパークを一望しながらオープンキッチンからの料理を楽しめる「lily(リリィ)」、東海三県の旬の食材を使った人気のフレンチ「glycine(グリシーヌ)」も出店。

さらにはVRや360°映像などのインタラクティブコンテンツが楽しめる体験型施設「スピードXR(仮称)」。ワークスペース、カフェラウンジ、会議室、配信スタジオなどに利用できる「The Tower Lounge CASHIME(タワーラウンジカシメ)」も。全9店舗の個性的なお店が出迎えてくれます。

また4階から5階には「THE TOWER HOTEL NAGOYA」が入り、10月1日にオープン予定です。東海地方の作家によるアート&クラフトを用いたインテリアや照明は一室ごとに異なるものを採用。ヒサヤオオドオリパークを一望できるモダンな空間で、日常では味わえない特別な宿泊が楽しめそうです。

テレビ塔公式ホームページの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.nagoya-tv-tower.co.jp/


ホテルやレストラン、エンターテインメント施設まで入ったこれまでにない新しいテレビ塔。名古屋・栄の文化と観光の拠点になることが期待されます。ぜひ名古屋へ訪れる際は、足を運んでみてください。


(2020年9月17日 木曜日  たびかん編集部)


こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top