全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 茨城・水戸で「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催!自然そのものをアート空間に

茨城・水戸で「チームラボ 偕楽園 光の祭」開催!自然そのものをアート空間に




水戸の偕楽園で、チームラボによるアート展「チームラボ 偕楽園 光の祭」が開催されます。開催期間は2月13日(土)~3月21日(日)まで。120年以上の歴史のある『水戸の梅のまつり』に合わせての期間限定開催となります。 ぜひ、この機会に偕楽園の梅と光のアートを見に足を運んでみてはいかがでしょうか?

手掛けたプロジェクトが米TIME誌が選ぶ「世界で最も素晴らしい場所」にも選ばれるなど、世界でも評価の高いチームラボ。今回は注目のアート展「チームラボ 偕楽園 光の祭」についてご紹介します。



梅の名所・偕楽園 光のアート空間に



偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつ。国の史跡及び名勝に指定された江戸後期(1842年)の池泉回遊式庭園で、梅の名所としても知られています。

庭園には約100品種、3,000本の梅が植えられているだけでなく、様々な品種があるので、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたって梅を見ることができるのが魅力です。 また、梅以外にもツツジやモミジなど四季折々の景色を楽しむことができます。



アート集団・チームラボは、そんな偕楽園を舞台にデジタルアートの演出で『人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間』に変えるのだそう。

チームラボは、アートプロジェクト「Digitized Nature」を行っており、非物質的であるデジタルテクノロジーによって、偕楽園の自然を破壊することなく自然そのものをアート空間に変貌させるといいます。梅の庭園がどんな姿に演出されるのか、ぜひこの目で見ておきたいですね。




期間中は様々なイベントも楽しめる

『水戸の梅まつり』は、偕楽園と弘道館の2箇所で開催されます。屋台も毎年出ているので、昼間は梅を見ながらピクニック、夜は偕楽園で光のアートを堪能するなど一日中楽しめそうですね。


「GO OUT PARK in 水戸の梅まつり」


また、期間中の土曜・日曜・祝日には、水戸市内や偕楽園周辺エリアで、アウトドア雑誌「GO OUT」とコラボレーションした野外イベント「GO OUT PARK in 水戸の梅まつり」をはじめ、「An early bird catches the UME」と題した朝マルシェなどが行われる予定。

イベント期間中、県内初となる2階建てバス(天井はなく、1階は窓を開けて換気)「スカイバス」を使った水戸市内観光周遊バスも運行される予定です。 「チームラボ 偕楽園 光の祭」とともに、水戸で開催される各種イベントもチェックしてみてください♪


「水戸市内観光周遊スカイバス」


新型コロナウィルス感染症対策について

入場前の検温にて37.5℃以上の発熱のある方、風邪症状がある方や体調に不安がある方、2週間以内に発熱・咳などの症状があった方につきましては、入場をご遠慮くださいませ。

2週間以内に外国から帰国、または渡航履歴のある方、および該当者と濃厚接触がある方につきましても入場できませんのでご注意ください。 また、入場される際は、マスク着用、手洗い・手指の消毒、ソーシャルディスタンスの徹底をお願いします。

【チームラボ 偕楽園 光の祭 概要】
会場:偕楽園
開催期間:2021年2月13日~2021年3月21日
開催時間:18:00~20:30 (最終入場20:00)
チケット料金:大人1,500円、中高校生800円、小学生以下無料(※1月中旬から販売開始)
公式ホームページ:https://www.teamlab.art/jp/...

【水戸梅まつり詳細】
会場:偕楽園、弘道館
開園時間:6:00~17:00(第125回梅まつり期間中)
料  金:大人300円、小人150円、満70歳以上150円

※梅まつり期間中毎日、18:00~20:30に「水戸の梅まつり チームラボ 偕楽園 光の祭」開催のため、偕楽園本園の開園時間が変更されています。

また、「光の祭」に入園する際は、17:00に一度退園し、18:00に再度入園する必要があるほか、「光の祭」入場料が別途必要です。

詳細は下記公式ホームページをご参照ください。
https://www.mitokoumon.com/...


こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top