国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 「道の駅 ちちぶ」は秩父グルメとお土産品はここ一か所でまかなえる素晴らしい道の駅

「道の駅 ちちぶ」は秩父グルメとお土産品はここ一か所でまかなえる素晴らしい道の駅




2022年6月後半の口コミキャンペーン当選者様発表

2022年6月後半の優秀な口コミは!

場んでっと様が投稿してくださった道の駅 ちちぶです!

埼玉県秩父市の国道140号添いにあるこちらの道の駅は、秩父のそばや特産品などの販売の他、秩父の郷土料理が味わえるレストラン、そして自由に持ち帰りもできる安全な無料飲水施「ちちぶの水」など、秩父市の魅力が沢山集まっている場所です。

今回、野菜を購入するため午前中に同施設を訪れた場んでっと様。果たして館内の様子はどうだったのでしょうか?さっそく口コミを見てみましょう。


場んでっと様の道の駅 ちちぶの口コミ

地元産のお野菜が新鮮で量が多くてお安い。他の道の駅よりも安い。スーパーよりも安い。わざわざ買いに行った。

■概要
秩父ブランドの集大成が揃う道の駅。
グルメ、お土産、休憩などに大人気。
武甲山の地下水を水源とする水道水「ちちぶの水」には連日多くの水くみ者が訪れる。
(水道水をこんなに出しっぱなしにして大丈夫かと心配になる)

■感想

道の駅は営業前から活気があった。

キッチンカーの麺処青野が出店しており、朝らーめんする人でにぎわっているのだ。
青野は寄居町に1号店があって、道の駅ちちぶは2号店になる。
小雨が降ってる中でもラーメンすすってるのでみんな根性がある(飲食コーナーは屋根付きの屋外)。


<開店前からラーメン客が大勢いる>



<秩父のホットスナック>


道の駅の営業まで時間があるので雨宿りを兼ねてミニ遊園地コーナーのベンチで休憩していたら水タンクを10個ぐらい積んだバンが登場して「ちちぶの水」をざぶざぶ汲んでいくのが見えた。


<ノスタルジックなミニ遊園地>

なんだなんだ。
湧き水か。
とても興味がわく。
どう見ても飲食業者らしい人たちがざぶざぶ汲んでいく。
何人もやってきてひっきりなし。


<美味しい秩父の水。無料。業者っぽい人がタンク10個ぐらい詰めてく。>


どれどれ。
汲んで飲んでみたら癖がなくて飲みやすい。
冷たくて美味しい水だ。

どんな由来があるのかと看板を読むと、
水道水だそうだ。

武甲山の地下水を利用した水道水で、無尽蔵のようにざばざばかけ流し状態だ。
水道代はどうなってるんだろうかと心配になった。

道の駅が営業開始になったと同時にらーめん食べてた人達が店内に流れ込んでいく。
野菜や土産物を買う人たちでいっぱい。
一日の最後に買うんじゃないんだ。
朝一で買うんだとびっくり。


<道の駅にいかばその土地のブランディングが学べる>



<ランチ営業なので朝ごはんはない>


野菜が安い。
農家が好き勝手に値段付けしてて値段も量もピンからキリまである。
自分に合った分量と値段の野菜を調べるのにブースをいくつもハシゴする。
少量がいいのか、大量がいいのか、ワンコインがいいのか、大容量でそこそこのお値段がいいのか。
野菜を買うのが楽しい。
paypayにも対応している。


<野菜が安い。各生産者が談合してない。同じ種類の野菜でも値段がバラバラだ>



<色あせたコーナーも風情がある>


秩父グルメとお土産品はここ一か所でまかなえる。
素晴らしい道の駅だ。

地下水を無料で開放していたり、野菜が安かったりと有益な情報ありがとうございました!道の駅 ちちぶは定休日はありませんが、稀に臨時休業していることがありますので、心配な方は下記公式ページをご確認くださいませ。

道の駅 ちちぶ
住所:埼玉県秩父市大宮4625
TEL:0494-21-2266
営業時間:9:30~17:30
公式HP:https://www.michinoeki-network.jp/chichibu/


優秀な口コミに選ばれた場んでっと様にはamazonギフト券1000円分をお贈り致します。
また、抽選で選ばれた4名様です。

ここりんこ様

おかえる様

あっくんパパ様

H.R様

口コミの投稿ありがとうございました!
amazonギフト券1000円分をお贈り致します。

次回の口コミキャンペーン当選者の発表予定は2022年7月26日となります!
沢山のお写真、口コミをお待ちしております!


※今回の口コミキャンペーンは2022年6月16日〜6月30日までに口コミを投稿していただいた会員の方が対象となります。
※諸事情によりキャンペーン結果の発表が遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます

こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top