全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 大阪府観光スポット » 大阪市内観光スポット » 大阪鶴橋市場

大阪鶴橋市場

大阪鶴橋市場
8.2
〒544-0031
大阪府大阪市生野区鶴橋1周辺
周辺情報を地図で確認
おおさかつるはしいちば
大阪鶴橋市場

近鉄鶴橋駅周辺にある巨大な市場。

韓国食材や焼肉店などが多く集まる国際色強い市場。

画像提供:たんぽぽ1001様

【その他キーワード】 鮮魚 乾物 まぐろ 塩干物 野菜 果物 昆布 かつを
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(7件) クリックすると大きく表示されます

チヂミ♪ 外はパリッと&中はもちもち(^ ^)
色の洪水(^ ^)
布の問屋さんの通り
活気にあふれてます♪
商店街入り口
東小橋商店街
鶴橋商店街

みんなのクチコミ(25件)

9〜10点 10
7〜8点 11
5〜6点 4
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
8.2
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(25件中 1-3件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
135名が参考になると回答しています
こまどりさんのクチコミ
2015年05月24日に投稿されました。
活気にあふれてます♪
布の問屋さんの通り
色の洪水(^ ^)
チヂミ♪ 外はパリッと&中はもちもち(^ ^)
久しぶりにキムチを漬けたくなって、初めて鶴橋へ唐辛子の買い出しに出掛けました。
規模は小さいながらもソウルや釜山の市場を彷彿とさせる密集した市場の活気! 日本にいることを忘れそうなミラクルな世界でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ある通りには真っ赤なキムチや韓国の変わった野菜、アンコウなどのテカテカした魚が並び…
別の通りに入ると布の問屋のカラフルな色の洪水。テンションが上がりっぱなしでした(^o^)/

焼きたてのチヂミと並んでおすすめなのが、同じように目の前の鉄板で焼かれている甘いお焼き、ホットック。ホットクとかいろいろな表記があるみたいです。パンケーキのようで中にジュワッと黒蜜が仕込まれていて、韓国で初めて食べてから忘れられなかった味。

1枚200円で、冷凍もできると聞いてお土産に買って帰りました。温めは、軽く解凍してから油を引かないフライパンで外側をカリッと仕上げると主人に大好評でした♪ 友人たちの中にもこれのファンがいたので、今度はまた買い出しに行くことになりそうですε=ε=┌(^ ^)┘

《アクセス》
JR鶴橋駅を降りたら、すぐそこでした。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
こまどりさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
122名が参考になると回答しています
たんぽぽ1001さんのクチコミ
2013年03月15日に投稿されました。
鶴橋商店街
東小橋商店街
商店街入り口
 JR大阪環状線の電車が鶴橋駅に到着し、ドアが開くと焼肉の美味しそうな香りだけでなく、夕刻なら煙までも漂い込んでくることがあり、思わず焼肉でビールでも・・・と電車から降りたくなってしまう。

 最新の煙を処理する焼肉店もあるが、昔ながらのカンテキ(七厘)を使って炭で焼くスタイルの店もある。
 客は上着を脱いでビニール袋に入れて臭いがつかないようにして食べて呑む。

 客が多い時は煙で周囲が見えなくなるほどだが、こうして焼くのが美味しいように思う。

 町全体は細街路が入り組んでいるような形で形成され一方通行路が多い。その中に鶴橋本通商店街や東小橋商店街などがあり、様々な商店が軒を並べている。
 見て歩くのも面白いが、私のような方向音痴は迷子にならないように気をつけなければならない。

 一帯は東西に走る千日前通と南北の疎開道路、西側のJR環状線に挟まれて南に伸びる地域で所謂コリアタウン。
 南隣のJR桃谷駅まで続く町へキムチを買いに行ったことも何度かある。各お店によって味も異なり自分好みのキムチを見つけたら、そこばかり行く。

 疎開道路とは、戦時中に爆撃の延焼を抑えたり非難するための道路として造られたもの。昔は「猪飼野」と呼ばれていた地域もあって、私が子供の頃、迷子になって土地の老婆に道を尋ねても日本語が返ってこなかったのを記憶している。

 当時に比べたら格段に綺麗な町になっているし、大阪の食を代表する場所。

 商店街そのものは狭い通路で結ばれている。JR鶴橋駅から商店街へ入ると、人二人が並んで歩くのが精一杯という程度の細道が続く。
 
 その道が十字路でまた左右に続く。まるで迷路。
焼肉店が多いのは近鉄鶴橋駅前の通り。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
たんぽぽ1001さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
166名が参考になると回答しています
ゆっきぃ&グラッドさんのクチコミ
2009年10月29日に投稿されました。
駅に着くだけで焼肉のにおいが漂っています。改札を出れば韓国のキムチなどが売ってるお店や焼肉店がたくさんあります!商店街の中にはちぢみの美味しいお店があり色んな具が入っています。服も安くで売っていたりするので見て回るのも楽しいと思います。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
ゆっきぃ&グラッドさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
大阪鶴橋市場のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

なにわのみやあとこうえん
難波宮跡公園(クチコミ5件)
〒540-0006 大阪府大阪市中央区大手前4
4.6点
大阪鶴橋市場からの距離:約1.8km
ぴーすおおさかおおさかこくさいへいわせんたー
ピースおおさか 大阪国際平和センター(クチコミ1件)
〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城2-1
7点
大阪鶴橋市場からの距離:約1.8km
してんのうじ
四天王寺(クチコミ4件)
〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1‐11‐18
8.5点
大阪鶴橋市場からの距離:約1.9km
おおさかじょうこうえん
大阪城公園(クチコミ47件)
〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城
7.9点
大阪鶴橋市場からの距離:約2.1km
おおさかれきしはくぶつかん
大阪歴史博物館(クチコミ9件)
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
8.6点
大阪鶴橋市場からの距離:約2.1km
えぬえいちけーおおさかほうそうきょくびーけーぷらざ
NHK大阪放送局 BKプラザ(クチコミ11件)
〒540-8501 大阪府大阪市中央区大手前4-1-20
6.9点
大阪鶴橋市場からの距離:約2.2km
くろもんいちば
黒門市場(クチコミ9件)
〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋2-3-2
6点
大阪鶴橋市場からの距離:約2.2km
近くのスポット一覧はこちら
「大阪鶴橋市場からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光写真から大阪府のスポットをチェック!
〒542-0084 大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-13
動かへんと思てた?
6回いいね
〒547-0045 大阪府大阪市平野区平野上町1-7
本堂
5回いいね
〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東
串カツ店が並んでいます。
4回いいね
〒594-0083 大阪府和泉市池上町
展示物
48回いいね
〒554-0001 大阪府大阪市此花区高見1-2-53
下水処理の説明
24回いいね
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1
太陽の塔
4回いいね
さらに観光写真から大阪府のスポットを探す
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
大阪府 古市古墳群
たんぽぽ1001さんのクチコミ
 雨の予報が外れたのか、曇り空で時々薄日が差す空模様だった。  運動不足なので散歩に出たら、急にお日様が顔を出す。しばらく歩いたけど暑い・・・あっさ...(続きを読む)
大阪府 岸和田カンカンベイサイドモール
たんぽぽ1001さんのクチコミ
 天気予報は曇りと雨マークだが、朝から晴れ渡り強風だけが吹きまくっている。(2019.9.23)  昼前には、せっかくの青空がもったいなく思えて外出した。  ...(続きを読む)
大阪府 誉田八幡宮
たんぽぽ1001さんのクチコミ
 今年も祭りの日が来た。 誉田のダンジリは4台だけ。  しかし、そもそもダンジリの始まりは誉田神社とかいう話も聞いたことがある。  今年は孫と一緒に宮入だけを見てきた。
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ponta552000さん(男性)の旅エピソード
一月に北海道ニセコスキー場へ行った時のことです。 米子発羽田経由新千歳空港行きのはずが、羽田空港雪のため米子空港発の飛行機が大幅に遅れてしまい、新千歳に着いたのが七時間遅れてしまいました、しかし旅行社のご厚意によりタクシーでニセコまで送ってもらいました。 そしてそのホテルのレストランは閉店時間を遅らせて私たちを待っていてくだ...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top