全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 京都府観光スポット » 長岡天満宮

長岡天満宮

長岡天満宮
10
〒617-0824
京都府長岡京市天神2-15-13
周辺情報を地図で確認
ながおかてんまんぐう
長岡天満宮

ご祭神は菅原道真公。地元の人々からは「天神さん」と呼ばれ親しまれている。

八条ヶ池の中堤両側の樹齢百数十年のキリシマツツジは有名。

画像提供:チョーわるおやじ様

【その他キーワード】 霧島つつじ 回遊式庭園 紅葉庭園 錦景園
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(8件) クリックすると大きく表示されます

4/27 真っ赤な“霧島つつじ”...と、『六角舎』…!!!
4/27 池の辺から〔回廊〕の東筋を彩る“霧島つつじ”と、≪八条ヶ池≫に架かる『水上橋』を…!!!
4/27 池の畔に咲く真っ赤な“霧島つつじ”と、湖畔に浮かぶ『錦水亭』を…!!!
4/27 池の辺から…中堤〔回廊〕の西筋を彩る“霧島つつじ”を…!!!
4/27 〖大鳥居〗の袂から、東筋の〔回廊〕を眺めた景色・・・!!!
4/27 ❛太鼓橋❜の袂から…咲き誇る“つつじ”と対岸の『錦水亭』を…!!!
4/27 中堤〔回廊〕の【社殿】側から眺めた“つつじ”と、〖大鳥居〗を…!!!
4/27 中堤〔回廊〕に、真っ赤な壁となって咲き誇る“霧島つつじ”を…!!!

みんなのクチコミ(1件)

9〜10点 1
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
10
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(1件中 1-1件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
40名が参考になると回答しています
チョーわるおやじさんのクチコミ
2017年05月08日に投稿されました。
4/27 中堤〔回廊〕に、真っ赤な壁となって咲き誇る“霧島つつじ”を…!!!
4/27 中堤〔回廊〕の【社殿】側から眺めた“つつじ”と、〖大鳥居〗を…!!!
4/27 ❛太鼓橋❜の袂から…咲き誇る“つつじ”と対岸の『錦水亭』を…!!!
4/27 〖大鳥居〗の袂から、東筋の〔回廊〕を眺めた景色・・・!!!
4/27 池の辺から…中堤〔回廊〕の西筋を彩る“霧島つつじ”を…!!!
4/27 池の畔に咲く真っ赤な“霧島つつじ”と、湖畔に浮かぶ『錦水亭』を…!!!
4/27 池の辺から〔回廊〕の東筋を彩る“霧島つつじ”と、≪八条ヶ池≫に架かる『水上橋』を…!!!
4/27 真っ赤な“霧島つつじ”...と、『六角舎』…!!!
池の中堤〔回廊〕に咲き誇る“霧島つつじ”を愛でに!!

 ❝長岡天満宮❞に出掛けました。。。

4月27日(木) 天候:晴れ時々曇り

 聳え立つ正面の❛大鳥居❜をくぐる...と、目の前に広がる景色に一瞬立ち止り、誰もが感嘆の声を発しています!!

 ≪八条ヶ池≫に架かる中堤〔回廊〕の両脇に高さ2mを超える…樹齢130年ともいわれる“霧島つつじ”が隙間なく咲き誇り、そそり立った真っ赤な“花”の壁が出来ていました。

     圧巻の景色...です!!

 豊かな池を二分する中堤〔回廊〕は、参道として使われており、中程には太鼓橋(石橋)が架かり、周囲の景観を一層引き立てています。

 ≪八条ヶ池≫の周りには“つつじ”の花々が咲き、若葉
の“もみじ”も風に揺れ、水辺には牴崗坡瓩咲く時期を待っているかのようでした。

 〔回廊〕や畔から眺める景色も趣があり、数寄屋造りの料亭犇喊緜皚瓩湖畔に浮かぶように建ち並び、京都らしい風情を醸し出していました。

 犇喊緜皚瓩蓮◆凪’料理で有名な料亭のようです。

“つつじ”の〔回廊〕を進み∼・∼池に架かる迷路のような水上橋を渡って行くと❛六角舎(休憩所)❜があります。
 そこで寛ぎ、多くの人達が行き交う“花”の〔回廊〕を眺めながら‘ゆったり’...と、した時を過ごせます。

 境内には入ると屋台が軒を連ねていました。
そして、❛お社❜の境内には少々ミスマッチなトルコ料理のお店があり、異な感じもしました...が、かえって新鮮な感じも、受けました。(笑)
 又、境内の竹林で獲れた、朝掘り❛筍❜も、直売されていました...が、少し値が張る様なので断念しました。

 ❝長岡天満宮❞では、四季折々『冬の“寒梅”〜春の
“桜”と“霧島つつじ”...と、“新緑”の季節を楽しみ
初夏〜“花菖蒲”、“杜若”、“紫陽花”∼・∼そして、“蓮の花”へと移り変わり、秋の“紅葉”』...と、1年を通して草花を愛でることが出来るようです。。。

拝観の人達は、時間と共に徐々に増えて来ました! 

“花”の〔回廊〕は、三筋あります...が、どの筋も混み合い、行き交うのも大変な様相になって来ました。

 私達は、早朝からの拝観でした。・。・。

おかげで、‘ゆっくり’愛でる事がました・・・早起きは
『三文の徳』だね...と、「かみさん」が、嬉しそうに申しておりました(*^。^*)

拝観料:無料(自由な時間に拝観出来ます)
    但し、祈祷(有料)を受ける場合・9:00∼17:00
駐車場:第1P 最初40分(無料)以降30分毎に100円/台
    第2P 30分毎に100円/台(1日最大600円)
    その他、周辺にコインPが、数ヶ所あります。

アクセス:阪急電鉄 京都線「長岡天神」下車5分
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
あっくんパパさんからのコメント [2017-05-11 22:38:02]
チョーわるおやじさんこんにちは!
つつじってこんなに咲くものなんですね!
葉っぱがぜんぜん見えないくらいにお花が咲いているのは初めてみました。
こちらにもつつじの有名なお寺があるのでぜひ来年は私も撮影に行ってみたいものです。

チョーわるおやじさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
長岡天満宮のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

こうみょうじ
光明寺 【京都府長岡京市】(クチコミ3件)
〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1
8.7点
長岡天満宮からの距離:約2km
てんのうざん
天王山(クチコミ5件)
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎
7.2点
長岡天満宮からの距離:約2.5km
さんとりーやまさきじょうりゅうしょ
サントリー山崎蒸溜所(クチコミ13件)
〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
8.4点
長岡天満宮からの距離:約3.5km
かつらがわぱーきんぐえりあ
桂川パーキングエリア(上り・下り)(クチコミ5件)
〒601-8204 京都府京都市南区久世東土川町 名神高速道路内
6.4点
長岡天満宮からの距離:約3.9km
にしやまよしみねでら
西山 善峰寺(クチコミ1件)
〒610-1133 京都府京都市西京区大原野小塩町1372
10点
長岡天満宮からの距離:約4.2km
いわしみずはちまんぐう
石清水八幡宮(クチコミ7件)
〒614-8005 京都府八幡市八幡高坊30
7.7点
長岡天満宮からの距離:約4.9km
おおはらのじんじゃ
大原野神社(クチコミ1件)
〒610-1153 京都府京都市西京区大原野南春日町1152
10点
長岡天満宮からの距離:約5km
近くのスポット一覧はこちら
「長岡天満宮からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
こちらの観光スポットもチェック!
大徳寺

〒603-8231 京都府京都...
9.1点
(クチコミ10件)
圓光寺

〒606-8147 京都府京都...
7点
(クチコミ1件)
野宮神社

〒616-8393 京都府京都...
7.5点
(クチコミ6件)
六道珍皇寺

〒605-0811 京都府京都...
7.4点
(クチコミ5件)
宇治橋

〒611-0021 京都府宇治...
7.7点
(クチコミ6件)
嵯峨野トロッコ列車

〒616-8373 京都府京都...
8.8点
(クチコミ23件)
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
京都府 醍醐寺
チョーわるおやじさんのクチコミ
 晩秋の京都❝醍醐寺❞を訪ねました!! 11月21日(水) 天候:晴れ時々曇り  この秋を締め括る“紅葉”の鑑賞を❝醍醐寺❞で......(続きを読む)
京都府 西山 善峰寺
チョーわるおやじさんのクチコミ
“秋明菊”を愛でに!! 京都 西山❝善峯寺❞に出掛けました。。。 10月10日(火) 天候:晴れ 四季折々の花々で彩られる山寺の境内に楚々と...(続きを読む)
京都府 かやぶきの里
チョーわるおやじさんのクチコミ
 日本の原風景が色濃く残る山里。。。 京都 美山町の❝かやぶきの里❞ を訪ねました! 10月8日(日) 天候:晴れ  長閑な田園風景が広...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ひげこんさん(男性)の旅エピソード
どんなことを書こうかな? 種子島へ言ったときのこと? そう、かれこれ30年以上も前です 私は一人旅でした。金もなくヒッチハイクに先々でのアルバイトでの旅。 どうしても種子島へ行きたくて船に乗って上陸。ユースホステルに泊まることに。その日は旅行者も少なく、男女7人(男3、女4)でした。女性の一人が誕生日とのこと。彼女には内緒で6人でこっそり...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top