全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 奈良県観光スポット » 安倍文殊院

安倍文殊院

安倍文殊院
10
〒633-0054
奈良県桜井市安倍山
周辺情報を地図で確認
あべもんじゅいん
安倍文殊院

大化の改新(645年)に創建された日本最古に属する寺院。

本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩で、日本最大(7m)・快慶作の国宝。

また、陰陽師で知られる安倍晴明所縁の寺院でもある。

画像提供:チョーわるおやじ様
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(9件) クリックすると大きく表示されます

3/28 高台〜“桜”の雲海...と、奈良の盆地を望む絶景を・・・!!!
3/28 高台〜今年の干支〈戌〉を描いた❝安倍文殊院❞名物の『ジャンボ花絵』...と、・・・!!!
3/28 『鐘楼』...と、❛葛の葉稲荷❜につづく華やかな鳥居の参道を・・・!!!
3/28 石灯篭が立ち並ぶ参道を彩る“桜”の花々...と、・・・!!!
3/28 水鏡に映える≪金閣浮御堂≫と、“さくら”・・・そして、周りを縁どる“桜”の花々を・・・!!!
3/28 薄紅色の“枝垂れ桜”...と、【本堂】を・・・!!!
3/28 『表山門』〜参道をひとつ曲がった・・・【本堂】へと続く“桜”の花回廊を・・・!!!
3/28 『表山門』から覗き観た・・・桜咲く参道と、下馬石の大胆な刻字に驚かされます・・・!!!
▼ 次の8件を表示

みんなのクチコミ(1件)

9〜10点 1
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
10
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(1件中 1-1件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
21名が参考になると回答しています
チョーわるおやじさんのクチコミ
2018年04月09日に投稿されました。
3/28 『表山門』から覗き観た・・・桜咲く参道と、下馬石の大胆な刻字に驚かされます・・・!!!
3/28 『表山門』〜参道をひとつ曲がった・・・【本堂】へと続く“桜”の花回廊を・・・!!!
3/28 薄紅色の“枝垂れ桜”...と、【本堂】を・・・!!!
3/28 水鏡に映える≪金閣浮御堂≫と、“さくら”・・・そして、周りを縁どる“桜”の花々を・・・!!!
3/28 石灯篭が立ち並ぶ参道を彩る“桜”の花々...と、・・・!!!
3/28 『鐘楼』...と、❛葛の葉稲荷❜につづく華やかな鳥居の参道を・・・!!!
3/28 高台〜今年の干支〈戌〉を描いた❝安倍文殊院❞名物の『ジャンボ花絵』...と、・・・!!!
3/28 高台〜“桜”の雲海...と、奈良の盆地を望む絶景を・・・!!!
“桜”咲く奈良の寺院

〖陰陽師・安倍清明〗の生誕・所縁の地❝安倍文殊院❞を、訪ねました。・。

3月28日(水) 天候:晴れ

「3人寄れば文殊の知恵」の格言で知られる❝文殊菩薩❞を御本尊とする寺院です。

 境内は24時間【本堂】への参拝が自由に出来る様に...と、
『表山門』を閉じた事がないそうです。・。

『表山門』〜【本堂】・・・そして、≪金閣浮御堂≫へと続く参道周辺には500本にも及ぶ爛愁瓮ぅ茱轡劉瓩痢蛤”が咲き誇る“春景色”が広がっていました。

    手水舎で身を浄め【本堂】に参拝します。

 そして、境内を散策...です∼・∼❛文殊池❜に浮かぶ美しい造形美の≪金閣浮御堂≫が水鏡に映し出され、池の堤を囲むように咲く“桜”も朝日に照り映え水面にも彩りを添えていました。

早朝の“桜”を愛でに来られた方が1~2名と、私達・・・そして、大きな三脚と、脚立を持ったカメラマン風の方1人が境内の“春景色”を存分に楽しんでいました。

爽やかな朝の空気と、優しい陽ざしを浴びながら“桜花爛漫”の境内と、❛文殊池❜のほとりを‘のんびり’...と、散策します。

 静かな境内・・・何処からともなく読経が聴こえてきます。

❛文殊池❜のほとりを進み∼・∼少し急な階段を上って行くと『安倍清明堂』が佇む高台へと辿り着きます。
  〔魔除け、方位除けの御利益があるとされています〕
また、この高台は〚『安倍清明〛が、天文観察をした地...でもあるそうです。・。・。

その高台から眺める景色・・・眼下には境内に咲き誇る“桜”の雲海が迫り、遠くに目をやる...と、奈良盆地が・・・そして、大和三山の1つ『耳成山』をも一望できる絶景が広がっていました。

 高台の真下の広場を覗き込むと❝安倍文殊院❞名物・・・干支のジャンボ花絵がパンジーの花々で描かれていました。

今年は〈戌年〉です・・・よって、2匹の犬が向かい合っている花絵...でした。

 高台から降り、境内を再散策∼・∼参拝(拝観)の人たちが多くなってきました。・。・。
  拝観受付も始まり、境内は俄かに賑いはじめました。

【本堂】裏手から《鐘楼》の横をとおり、少し小高い丘の上・・・朱い鳥居が立ち並ぶ『葛の葉稲荷』に❝金運❞の御利益があります様に...と、お参りしてきました。

❝安倍文殊院❞には国宝の〖渡海文殊菩薩群像〗をはじめ、重要文化財や特別史跡・古墳等々・・・そして、陰陽道の秘宝の数々を集めた≪金閣浮御堂≫など、歴史的にも貴重な見どころが溢れている寺院...です。

そして、季節の花々・・・“桜”はもとより、“ボケの花”や“つつじ”
“コスモス”たちも季節毎に彩りを添えている様でした(*^。^*)

拝観料:国宝文殊菩薩像(お抹茶・お菓子付き)
     大人/700円・子供/500円(小学生)
     金閣浮御堂霊宝館(七まいりおさめ札・お守り付き)
     大人/700円・子供/500円(小学生)
     2か所共通拝観券・大人/1,200円・子供/800円
拝観時間:9:00〜17:00
〔境内及び本堂参拝は年中無料開放されています〕
駐車場:500円/台

交通手段
❝安倍文殊院❞HPの交通案内を参考にして下さい。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
チョーわるおやじさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
安倍文殊院のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

しょうりんじ
聖林寺(クチコミ2件)
〒633-0042 奈良県桜井市下692
8.5点
安倍文殊院からの距離:約1.6km
ふじわらきゅうせき
藤原宮跡(クチコミ4件)
〒634-0072 奈良県橿原市醍醐町
9.3点
安倍文殊院からの距離:約3.2km
あすかみずおちいせき
飛鳥水落遺跡(クチコミ2件)
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥
7点
安倍文殊院からの距離:約3.4km
ちょうけいざんあすかでら
鳥形山 飛鳥寺(クチコミ8件)
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村大字飛鳥682
8.6点
安倍文殊院からの距離:約3.4km
はしはかこふん
箸墓古墳(クチコミ2件)
〒633-0072 奈良県桜井市箸中
7点
安倍文殊院からの距離:約4km
もとやくしじあと
本薬師寺跡(クチコミ3件)
〒634-0033 奈良県橿原市城殿町
9.7点
安倍文殊院からの距離:約4km
おふさかんのん
おふさ観音(クチコミ2件)
〒634-0075 奈良県橿原市小房町小房町6-22
9点
安倍文殊院からの距離:約4.1km
近くのスポット一覧はこちら
「安倍文殊院からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光写真から奈良県のスポットをチェック!
〒639-2318 奈良県御所市森脇432
9/23 あぜ道に咲く❝彼岸花❞(2)…!!!
15回いいね
〒633-0421 奈良県宇陀市室生78
仁王門
158回いいね
〒639-0252 奈良県香芝市穴虫
最初の岩に立つとこんな風景
17回いいね
〒633-0313 奈良県宇陀市室生滝谷348
6/22 ≪滝谷花しょうぶ園≫散策の途中〜・・・!!!(3)
19回いいね
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町猿沢49
うどん屋・・・
8回いいね
〒636-0923 奈良県生駒郡平群町信貴山
境内4
10回いいね
さらに観光写真から奈良県のスポットを探す
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
奈良県 二上山
GAYOSHIさんのクチコミ
奈良県と大阪府を隔てる、雄岳と雌岳が寄り添う形をした山「二上山(にじょうざん)」。 香芝市の『千股池(ちまたいけ)』では、お彼岸の前後になると、二上山...(続きを読む)
奈良県 おふさ観音
ユウタさんのクチコミ
夏場に風鈴祭りがあります。 お寺一面に風鈴だらけ。 奥に軽食が食べれる場所があります。 そこにも色々な風鈴があり楽しめます。 駐車場はお寺の前と少し遠...(続きを読む)
奈良県 當麻寺
チョーわるおやじさんのクチコミ
❝當麻寺❞の〖中の坊庭園・〔香藕園〔こうぐうえん〕〗に、季節を彩る草花を愛でに出掛けました。 6月27日(水) 天候:晴れ  ...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ひでひでさん(男性)の旅エピソード
川浦温泉にある混浴に、彼女と行ってきました。二人とも初めての混浴でしたが、何事も経験ということで(笑) 露天風呂に着くと男性の方が1名と、40代(?)くらいのご夫婦が入浴されていました。皆、マナーを守り湯舟にはタオルをつけず温泉を楽しんでました。共用の脱衣所でしたが、他に誰もいなかったのでひとまず安心。ただ、脱衣所はガラス張...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top