全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 群馬県観光スポット » みどり市内観光スポット » 小中大滝

小中大滝

小中大滝
10
〒376-0308
群馬県みどり市東町小中
周辺情報を地図で確認
こなかおおたき
小中大滝
関連検索:
大滝 かけ橋 清流 冬季

雄大な自然の中にあり、壮大なスケールを誇る滝。

階段式つり橋「けさかけ橋」からの眺望が素晴らしい。

春にはカタクリの群生、ヤシオツツジ、シャクナゲなどが見頃に。秋の紅葉も人気。

画像提供:あるぱ7216様
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(8件) クリックすると大きく表示されます

小中大滝公園内の清流では、至る所で氷の芸術を見る事が出来ました。それにしても美しい水と氷です
帰路も「けさかけ橋」を渡り(登り)ます。アウトドア好きには、タマリマセンでしたが(笑
巨大な氷柱。比較するものが無く分かりにくいですが、高さ10mはあるとされる氷柱だそうです
小中大滝の中段部分。冬季に限り、滝が良く見えますが、水量が少ないのが残念
小中大滝の滝壺部分。氷瀑が、より寒さを引き立たせています
超急坂の階段がある「けさかけ橋」。高所恐怖症で無くても、スリル満点です
不思議な空間のトンネルを抜けると、名物「けさかけ橋」を渡ります
山々に囲まれた小中大滝公園自然公園。清流と雪が絶景に華を添えます

みんなのクチコミ(1件)

9〜10点 1
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
10
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(1件中 1-1件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
あるぱ7216さんのクチコミ
2019年02月14日に投稿されました。
山々に囲まれた小中大滝公園自然公園。清流と雪が絶景に華を添えます
不思議な空間のトンネルを抜けると、名物「けさかけ橋」を渡ります
超急坂の階段がある「けさかけ橋」。高所恐怖症で無くても、スリル満点です
小中大滝の滝壺部分。氷瀑が、より寒さを引き立たせています
小中大滝の中段部分。冬季に限り、滝が良く見えますが、水量が少ないのが残念
巨大な氷柱。比較するものが無く分かりにくいですが、高さ10mはあるとされる氷柱だそうです
帰路も「けさかけ橋」を渡り(登り)ます。アウトドア好きには、タマリマセンでしたが(笑
小中大滝公園内の清流では、至る所で氷の芸術を見る事が出来ました。それにしても美しい水と氷です
 小中大滝は「しょうちゅうだい滝」ではなく、「こなかおお滝」と読みます。

 周りを山々に囲まれた「小中大滝自然公園」の中に小中大滝はありますが、本当に素晴らしい大自然の中にありますので、そこに居るだけで深呼吸したくなるほどです。

 今冬は雪が少なく、自然公園の積雪は10cmくらいでしょうか?
 美しい清流が流れ、そのせせらぎも、鳥のさえずりも心地よく、この大自然に、より華を添えているような気もします。

 ところで、小中大滝は自然公園の駐車場から300mほど離れてますので、散策路を歩く必要がありますが、小さな山を超えるため、まずは急坂を登り、そしてトンネルがありました。
 とても不思議な空間で、なんとも言えない雰囲がありましたが、トンネルを抜けると、「けさかけ橋」という吊り橋が見えます。

 実はこの「けさかけ橋」は、小中大滝と共に有名なスポットとして知られ、吊り橋なのに急な階段があり、その斜度は最大44%だそうで、上から見るとほとんど「ストン」と落ちるような感覚です。
 余りにも急坂ですので、手摺りを持たないと歩けないかもしれません。

 恐る恐る階段を下ると、右手側の奥に、目指す小中大滝が見えて来ました。

 数段に分かれた高さ98mの大滝で見ごたえありますが、吊り橋なので揺れますので、滝の撮影は、吊り橋を渡り終えてからが良いかもしれません。
 

 小中大滝を囲むように遊歩道が整備されており、観瀑台は、大きな石の上に作られていました。

 滝の流れる音が心地良くて、しばらくこの場所で佇んでいたくなります。

 小中大滝は、新緑時期は雪解け水が多く迫力あるそうで、また紅葉時期も素晴らしいですが、木々の葉が茂ると、葉で滝が隠れてしまうので、滝が見えにくくなります。
 冬季は水量が少ないとは言え、滝の半分以上は凍っていますので、そんな氷柱を愛でるのも良いかもしれませんし、滝の全貌を愛でるのは、やはり冬季に限ります。

 冬季でも、パラパラと観光客は訪れます。
 観瀑台までいらっしゃり、同じように大自然と滝の流れる音を聞きながら佇んでいると、

「本当に居心地が良いですねぇ〜」
 と、自然に話しが弾みました。その後も、
「どこから来ましたか?」

 など、会話が弾みましたが、それほど居心地よい場所が、小中大滝の観瀑台かもしれません。


 小中大滝に満足して、「けさかけ橋」を渡り、駐車場まで戻りました。
 朝晩はかなり冷え込むのでしょう。美しい清流には、氷の芸術が出来上がっていました。

 大自然の中の小中大滝は、訪れるだけで癒される場所ですし、夏季は美しい清流で水遊び客が居たりと、より賑わうそうです。
 カワガラスと言う、清流にしか住まない野鳥もいましたので、滝だけでなく、色んな自然も一緒に堪能して頂けたらと思います。

〇アクセスなど
・群馬県みどり市国道122号線の小中交差点(群馬県みどり市大間々〜栃木県日光市足尾町間)を西側(県道268号線)に約10
※途中の集落から、片側が崖の一車線の細道になります。冬季はスタッドレスタイヤ装着必要
・わたらせ渓谷鉄道小中駅より、徒歩120分
・小中大滝自然公園は、トイレはありますが、売店など一切ありません。携帯電は圏外です
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
あるぱ7216さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
小中大滝のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

みちのえきとみひろびじゅつかん
道の駅 富弘美術館(クチコミ14件)
〒376-0302 群馬県みどり市東町草木86
8.9点
小中大滝からの距離:約5.5km
きゅうはなわしょうがっこうきねんかん
旧花輪小学校記念館(クチコミ0件)
〒376-0307 群馬県みどり市東町花輪191
0点
小中大滝からの距離:約7.2km
みずぬまえきおんせんせんたーせせらぎのゆ
水沼駅温泉センターせせらぎの湯(クチコミ1件)
〒376-0141 群馬県桐生市黒保根町水沼120-1
7点
小中大滝からの距離:約10.5km
あしおどうざんかんこう
足尾銅山観光(クチコミ11件)
〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞9-2
7点
小中大滝からの距離:約11.4km
みちのえきくろほね・やまびこ
道の駅 くろほね・やまびこ(クチコミ2件)
〒376-0144 群馬県桐生市黒保根町下田沢91-4
6.5点
小中大滝からの距離:約11.5km
とりいとうげ(あかぎやま)
鳥居峠(赤城山)(クチコミ0件)
〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山3
0点
小中大滝からの距離:約12.9km
かくまんぶち
覚満淵(クチコミ0件)
〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山
0点
小中大滝からの距離:約13km
近くのスポット一覧はこちら
「小中大滝からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光写真から群馬県のスポットをチェック!
〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山ほか 桐生市・渋川市・沼田市・利根郡昭和村
赤城大沼
19回いいね
〒379-1313 群馬県利根郡みなかみ町月夜野2936
遺跡として復元住居が並ぶ
4回いいね
〒378-0042 群馬県沼田市西倉内町594
11回いいね
〒374-0005 群馬県館林市花山町3278
少し高台から見下ろす
15回いいね
〒371-0246 群馬県前橋市柏倉町2471-7
2013年春
75回いいね
〒378-0411 群馬県利根郡片品村戸倉ほか周辺
雪化粧
39回いいね
さらに観光写真から群馬県のスポットを探す
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
群馬県 こんにゃくパーク
チャイさんのクチコミ
みなさん、こんにゃくと寒天の違いはご存知ですか?こんにゃくパークでは、こんにゃくを製造している工場を上から見下ろして見学し、こんにゃくについて学ぶこと...(続きを読む)
群馬県 草津温泉
sasanohaさんのクチコミ
電車からバスの乗り換えは、ちょっと不便さは感じますが、バスターミナルもあり、軽井沢行きのバスもありました。バスから、おりてちょっと坂道を行くと、有名な...(続きを読む)
群馬県 道の駅 月夜野矢瀬親水公園
PIKさんのクチコミ
上毛高原駅から徒歩10分圏内にある非常にアクセスの良い公園です。 中には子どもも遊べる親水エリアや大きな芝生エリアもあり、のんびり過ごせる空間です。 ま...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
tukinoさん(女性)の旅エピソード
初めての場所に一人旅をしたときは、いつもひまでMDが欠かせないのですが、電池切れする前はどきどきします。一回新幹線に乗り遅れてしまい、急きょ電車と定期バスに乗り換えられたときは本当にお金を多めに持ってきて良かったなと思いました。
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top