国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 北海道観光スポット » 石狩郡内観光スポット » 当別町の菜の花畑

当別町の菜の花畑

当別町の菜の花畑

みんなの投稿画像(4件)


とうべつちょうのなのはなばたけ
当別町の菜の花畑
周辺情報を地図で確認
〒061-0213
北海道石狩郡当別町

東裏地区などを中心に、菜種油用の菜の花畑が広がる。

花の見頃は例年5月中旬〜6月上旬ごろ。

道道沿いに黄色い花がじゅうたんのように一面に広がる様子が見られる。

画像提供:masakari様
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの口コミ(2件)

9〜10点 1
7〜8点 1
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
9
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
口コミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(2件中 1-2件を表示)
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
39名が参考になると回答しています
ケンヒライさんの口コミ
2023年05月15日に投稿されました。
菜の花が一面に広がる光景
とても素晴く、こんなに近場で眺める事がで来てとても
うれしい~限りでした。
そよ風吹く菜の花がゆらゆら揺れる…ちょっとした事も また良ですね???? ????
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
ケンヒライさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
119名が参考になると回答しています
masakariさんの口コミ
2021年06月08日に投稿されました。
当別町の農業地帯の一角に、菜の花畑が広がっている部分があります。広くて平らですがすがしい感じです。
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
masakariさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
当別町の菜の花畑のすべての口コミはこちら

近くの観光スポット

ほくおうのかぜみちのえきとうべつ
北欧の風 道の駅 とうべつ(口コミ0件)
〒061-3773 北海道石狩郡当別町当別太774-11
0点
当別町の菜の花畑からの距離:約9.8km
ゆめこうぼうとんでんふぁーむ
夢工房トンデンファーム(口コミ3件)
〒069-0805 北海道江別市元野幌968-5
9.3点
当別町の菜の花畑からの距離:約11.2km
のっぽろぱーきんぐえりあ
野幌パーキングエリア(上り・下り)(口コミ3件)
〒069-0832 北海道江別市西野幌 道央自動車道内
6点
当別町の菜の花畑からの距離:約13.4km
もえれぬまこうえん
モエレ沼公園(口コミ16件)
〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
8.8点
当別町の菜の花畑からの距離:約13.8km
さっぽろさとらんど
サッポロさとらんど(口コミ24件)
〒007-0880 北海道札幌市東区丘珠町584-2
8.6点
当別町の菜の花畑からの距離:約15.3km
とだきねんぼちこうえん
戸田記念墓地公園(口コミ0件)
〒061-3523 北海道石狩市厚田区望来327
0点
当別町の菜の花畑からの距離:約16.4km
ひゃくねんきねんとう
【立入禁止中】百年記念塔(口コミ8件)
〒004-0006 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2 野幌森林公園内
7.6点
当別町の菜の花畑からの距離:約16.7km
近くのスポット一覧はこちら
「当別町の菜の花畑からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
北海道観光スポットの最新の口コミ
北海道 函館山・函館山ロープウェイ
masakariさんの口コミ
ロープウェイで登れますが、麓から登山も可能です。 夜はとても混み合います。でもあの独特のくびれのある形の夜景は、絶品だと思います。
北海道 朱鞠内湖
masakariさんの口コミ
大きな人造湖ですが、入り組んだ岸、北欧風な風景がすばらしいです。キャンプ場も素敵でした。
北海道 道の駅 くろまつない
masakariさんの口コミ
綺麗な道の駅です。 パンやピザが人気ですが、早く売り切れてしまいます。 午後に行ったら、ほぼすべて売り切れ。
最新の口コミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ハイジドードー電柱マンさん(男性)の旅エピソード
懐かしい友人の、昔のエピソードです。僕らは未公認の旅のサークルを大学内に作っていました。基本は行きたいものが行きたい場所に一人旅をする。これが基本でした。 皆バイト代を旅費に当てていました。このサークルの中に気のいい益男(仮名)がいました。ある晩みんなで彼の部屋で安酒を飲んでいた時でした。益男が声を幾分落として話し始めたの...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top