国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 愛媛県観光スポット » 松山市内観光スポット » 道後温泉

道後温泉

道後温泉

みんなの投稿画像(56件) クリックすると大きく表示されます

メロディを奏でるカラクリ時計
温泉街を繋ぐ坊ちゃん列車
火の鳥コラボラッピングアート
道後公園から眺める松山城
プロジェクションマッピング
階段途中から温泉街を見下ろす
道後八幡を目指す
▼ 次の8件を表示

どうごおんせん
道後温泉
周辺情報を地図で確認
〒790-0842
愛媛県松山市道後湯之町

古くからの歴史を持つ日本屈指の温泉街。現在は本館が保存修理工事をしており、夜間プロジェクションマッピングを楽しむことができる。工事を終えるのは令和6年12月を予定している。

画像提供:PIK様

【その他キーワード】日本三古湯 坊っちゃん 夏目漱石
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの口コミ(103件)

9〜10点 45
7〜8点 42
5〜6点 15
3〜4点 0
1〜2点 1
平均点
8.2
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
口コミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(103件中 1-3件を表示)
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
45名が参考になると回答しています
PIKさんの口コミ
2020年08月15日に投稿されました。
道後八幡を目指す
階段途中から温泉街を見下ろす
プロジェクションマッピング
道後公園から眺める松山城
火の鳥コラボラッピングアート
温泉街を繋ぐ坊ちゃん列車
メロディを奏でるカラクリ時計
人生初の四国旅行。
旅のスタートは道後温泉から。
令和6年末までの予定で保存修理工事が行われる道後温泉本館から、古くから残る街並みや歴史を堪能しました。

不死鳥とも呼ばれた火の鳥が、
生まれ変わろうとする道後温泉本館とコラボということで、
巨大なラッピングアートから夜はプロジェクションマッピングと、
歴史と現代アートとのコラボも今だからこその楽しみ方です!

初日はあいにくの天気ではありましたが
2日目の朝には雨もあがり、伊佐爾波神社や道後公園、空の散歩道と、
とにかく坂や階段をたくさん歩きました!

国の重要文化財に指定される伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)は、
下から階段を見上げるとその高さに躊躇してしまいます。。
せっかくなのでと135段の階段をのぼり、のぼり切ったところで下を見下ろすと足がすくみます。。
行かれる際には覚悟を・・笑

伊佐爾波神社の八幡造は、
日本三大八幡造の一つとされており、階段をのぼるだけの価値があります。

道後温泉は全体的に古き良き街並みが残り、
道後温泉本館以外にも、坊ちゃん列車から駅舎のレトロな外観、ガス灯やポストに至るまで、
昔の風景をイメージしながら、ノスタルジックな気分に浸れる空間でとても好きです。

温泉に癒されながら、
タイムスリップしたような雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか!?
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
PIKさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
44名が参考になると回答しています
山敬さんの口コミ
2020年02月27日に投稿されました。
ただいま絶賛工事中!
 今は、1894年当時の正面入口だった北側入口が復活して、夏目漱石らが入っていた当時に想いを馳せることが出来る貴重な機会です。工事期間中も観光客に楽しんでもらえるよう、手塚プロダクションとコラボし、手塚治虫のライフワーク作品「火の鳥」をフィーチャーしたイベントも始まっています。外周には聖徳太子も湯治に訪れたマンガも描かれています(だじゃれが多いのは賛否別れる所!?)是非見にきて確かめて頂けたら助かります(?)
復活した北側入口の2階部分には、保存修理工事をへて再生する道後温泉と重ねて、火の鳥のオブジェが設置。2mあるそうです。
道後温泉発見者の神様が踊ったとされている岩も、覗き窓から視れる造りになっております。
 それにしても、なんといっても一番の魅力は、日本の公衆浴場として初めて、国の重要文化財に指定されながら、博物館化せずに現役の公衆浴場として営業を続けているところで平成21年(2009)に発行されたミシュランでも、三つ星を獲得しているそうです(掲示板より)(笑)
別館として飛鳥乃湯泉や椿の湯もあり、インスタ映えする外観ですよ☆
道後温泉の今を観にきて下さい

ちなみに道後商店街にある、某コンビニの看板ネオンサインの一部が点かないのは、その下に燕の巣があったから、です。ここもついでに観にきてみては?(マニアックだな?)
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
山敬さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
100名が参考になると回答しています
mimikoさんの口コミ
2019年03月05日に投稿されました。
道後温泉は、愛媛県松山市に湧出する温泉であり、日本三古湯の一といわれています

その温泉街の中心は「道後温泉本館」という温泉共同浴場。
1994年に国の重要文化財として指定された。共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定されたという、まさに町のシンボル的存在!

以前、テレビニュースで、この道後温泉本館が
「耐震化も含めて補修工事に入る、その期間は営業を休む」と知り
その前にぜひ行って見ておきたい と思い、急ぎ訪れてみました。
結局その後
「工事はするが、改修工事期間中は部分的な閉館にとどめて営業を継続し、観光客の減少を抑える」
と知ったのですが。
急ぐ必要はなかったけれど、こんなことがないとなかなか行く機会もないから、まあよしとします。

率直な感想は、「まあいわゆる町の温泉街と似たり寄ったり」です。
「道後温泉本館」は一言で言うと銭湯ですが、歴史を感じる重厚さというか、格式というかを感じました。

そして、何と言っても映画「千と千尋の神隠し」に登場する「湯婆婆の経営する銭湯」を思い浮かべたのは、私だけではないと思いますよ。
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
山敬さんからのコメント [2019-03-12 23:11:31]
mimikoさん ようきたぞなもし 松山へ(俳句の街だけに) オンセナートも満喫できましたでしょうか?(笑)

mimikoさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
道後温泉のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

どうごおんせんほんかん ぼっちゃんのま
道後温泉本館 坊っちゃんの間(口コミ3件)
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6 道後温泉本館内
7.3点
道後温泉からの距離:約0km
どうごこうえん(ゆづきじょうあと)
道後公園(湯築城跡)(口コミ8件)
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園
7.3点
道後温泉からの距離:約0.4km
せきびじゅつかん
セキ美術館(口コミ2件)
〒790-0848 愛媛県松山市道後喜多町4-42
7.5点
道後温泉からの距離:約0.5km
いしてじ
石手寺(口コミ14件)
〒790-0852 愛媛県松山市石手2-9-21
7.4点
道後温泉からの距離:約1km
まつやまじょう
松山城(口コミ38件)
〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1 城山公園内
8.3点
道後温泉からの距離:約2.1km
えひめけんちょうほんかん
愛媛県庁本館(口コミ4件)
〒790-0001 愛媛県松山市一番町4-4-2
6.3点
道後温泉からの距離:約2.3km
近くのスポット一覧はこちら
「道後温泉からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
愛媛県 雪輪の滝
山敬さんの口コミ
キャニオニングスポット、滑床渓谷の宇和島にある、日本の滝100選にも選ばれた雪輪の滝。 天然のウォータースライダーが楽しめます。夏は最高です。 紅葉のシ...(続きを読む)
愛媛県 愛媛県美術館
山敬さんの口コミ
 用事があり、松山に 行った際に立ち寄りました。 三密を避けた形での展示方法がとられており、安心安全にゆっくりゆったりした時間を過ごすことが出来ました。...(続きを読む)
愛媛県 亀ヶ池温泉
山敬さんの口コミ
伊方町の高低差の激しい坂道を降りるとポツンと亀が池温泉。強風注意と併記された看板に沿って坂道を下っていくとすぐにあります。 看板の通り、軽の車だったせ...(続きを読む)
最新の口コミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ぶきこさん(女性)の旅エピソード
当時2歳半の娘が、ディズニーランドデビューをした時のこと。 事前にガイド本などを見て、どのアトラクションに行くか楽しみにしていた娘は、怖がったりぐずったりせず、満喫していました。 お目当てのひとつ、ミニーちゃんの家に並んだ時もおとなしく待っていたのですが、いざ順番が来て家の中に入れるとなったら、立ち止り動かないのです。 後ろ...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top