国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 徳島県観光スポット » 鳴門市内観光スポット » 大鳴門橋

大鳴門橋

大鳴門橋

みんなの投稿画像(10件) クリックすると大きく表示されます

▼ 次の8件を表示

おおなるときょう
大鳴門橋
周辺情報を地図で確認
〒772-0000
徳島県鳴門市鳴門町地先
関連検索:
渦潮 大鳴門橋

鳴門海峡に架かる全長1629メートルの橋。

「渦の道」と呼ばれる海上遊歩道がある。

【その他キーワード】多柱基礎構造 国道28号 神戸淡路鳴門自動車道 鳴門大橋 なるとおおはし
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの口コミ(50件)

9〜10点 18
7〜8点 25
5〜6点 5
3〜4点 2
1〜2点 0
平均点
7.9
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
口コミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(50件中 1-3件を表示)
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
109名が参考になると回答しています
mimikoさんの口コミ
2019年02月18日に投稿されました。
徳島県鳴門市の大毛島孫崎と兵庫県淡路島門崎を結ぶ吊橋。本州四国連絡橋の1つ。全長 1629m,主塔高 144.38m。 1985年開通、1998年に明石海峡大橋が開通し,本州と四国が神戸淡路鳴門自動車道で結ばれたことで有名です。

徳島への所用があり三宮から高速バスに乗り「神戸淡路鳴門自動車道」を通り徳島へ。
チケットは徳島駅まで購入していたのですが、大鳴門橋を渡って瀬戸内海を見ているうちに「せっかくなので途中下車して鳴門海峡を楽しもう」と思い立ったのです。

バス停の名前は忘れてしまいましたが、大鳴門橋を渡り切ったすぐのバス停で下車。階段を下りて見ると、何やら色々と観光施設がありました。
施設の方から情報収集して、とりあえず近辺を散策。大鳴門橋が一番見えるところかなと思い、「鳴門山展望台」に上ってみました。

何とこの展望台、入場料がいりますが、山をエレベーターで昇るんです。その昇りきったところが展望台!
エレベーターも屋根や壁が透明のドームになっていて、見晴らし抜群!
天気にも恵まれ、もちろん展望台からの眺めも素晴らしいの一言でした。

余談になりますが、展望台で高価な望遠レンズと三脚で撮影している多くの人たちと遭遇。
この距離から渦潮の写真を撮るのだろうと見ていたのですが、レンズの方向は大鳴門橋ではありません。
不思議に思ってその人たちに聞いてみると、何と渡り鳥を撮影しているとのこと。
皆さん必死で空を眺めていたので、それ以上のことは聞けませんでしたが、大鳴門橋を前にしながら、不思議な光景でした。

ただ残念ながら、今回の訪問はあくまでも急に思いついた途中下車。
時間もなかったので、「大鳴門橋遊歩道渦の道」に立ち寄る時間もなく、また渦潮が出来る時間も合わず、見ずじまい。(涙)
結局展望台で遠くから大鳴門橋を眺めただけで、渦潮のかけらも見ていません。

その後路線バスで徳島駅へ向かうわけですが、鉄女を自認している私のこと、このままバスで徳島駅へ向かうのは情けない!
という訳で、バスもJR鳴門駅近くのバス停で途中下車!
その後JR鳴門駅から鳴門線で徳島駅へ向かったのでした。

でも次回は絶対に渦潮を見たい。再訪を誓う私でした。
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
mimikoさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
386名が参考になると回答しています
キョンピングカーさんの口コミ
2010年11月18日に投稿されました。
鳴門の渦潮を橋の上から見学できるようになっています。もちろん、渦潮の見られる時間帯に合わせなければ、渦潮を見ることはできませんが、渦潮が見られなくても、十分に展望を楽しむことができます。長い橋を歩いていると、所々、床がガラス張りになっていて、真下に海を見下ろすことができます。これがまたスリル満点で子どもたちは大喜びでした。
ここは何度か訪れたことがありますが、元日にも行ったことがあります。初日の出を橋の上から見るイベントも行っているそうですが、我が家は寝坊をして間に合いませんでした。でも、元日らしく、お正月イベントとして、入り口でくじ引きなどをやっていて、新年早々、いろいろなプレゼントをもらい大満足でした。
次回こそは、初日の出イベントに参加したいと思います。
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
兵庫県在住の男性の方からのコメント [2010-11-19 15:27:26]
【たびかん編集部】
投稿ありがとうございます。
「徳島県立渦の道」という観光スポットも登録しておりますので、是非そちらも合わせてご覧くださいませ〜。

キョンピングカーさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
あなたはこの口コミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
326名が参考になると回答しています
たんぽぽ1001さんの口コミ
2010年10月12日に投稿されました。
どれい船
大鳴門橋、それは私にとっては悪夢を呼び起こす名前となっている。
 2年前の日記・・・・・

『小豆島から淡路島の福良港に向う。その前に最大の難所「鳴門海峡」がある。
 橋の下は折からの大潮で白く泡立つ鳴門渦潮が我々の行く手を阻んでいた。

 私は舵を握りながら連れ潮に乗って勇躍渦潮へ突っ込んでいく。

 本来ならば、鳴門海峡は潮止まりを狙って、大鳴門橋の真ん中の少し右を通るのが当たり前。この時は轟々と流れる最中。橋の左を狙ったのが大失敗。
 白く泡立ちながら流れる急流の中を流されていく。

「大丈夫か。深度計では浅いぞ。知ってて走ってるんだろな」

と艇長。

「え、いや。このコースは初めて・・・」

「浅いぞ、測深器表示、5メートル、2.5メートル!!!」

 渦巻く急潮の合間に黒い岩が見える。

「うわ〜当たる〜〜〜」

一瞬、目を閉じる。死んだと思った。

 なんとか岩には当たらなかったものの、いきなり船は斜めに傾ぐ。当て舵を切る。しかし船は私がいくら舵を切っても関係なく流される。
 大橋の向こうにいる漁船に向かって怒涛のように進むというか流されてる。全く舵が効かない。

 まずい・・・このままでは衝突か・・・思った瞬間に舵輪にかかる力が抜け舵が効いた。渦潮を抜けた。冷や汗で背中が濡れている。』

 一つ間違えば乗員全員が渦に引き込まれてしまっていただろう。

 大鳴門橋は、車では何度も行ってるが、海から、それも渦潮の中へ突っ込んだのは初めてだった。
 なぜ、先にちゃんと海図をチェックしなかったのかと悔やまれる。

 もし、ヨットで行かれる人があれば、出来たら潮止まりの時間に、橋脚の真ん中を通航されることをお勧めします。
※この観光スポットの感想口コミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
兵庫県在住の男性の方からのコメント [2011-06-16 14:47:53]
面白かった・・・と言えば不謹慎かもしれませんが、読んでいて少しハラハラしました。

たんぽぽ1001さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
大鳴門橋のすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

うずのみち
渦の道(口コミ21件)
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
8.4点
大鳴門橋からの距離:約0.8km
みちのえきうずしお
道の駅 うずしお(口コミ9件)
〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
8.7点
大鳴門橋からの距離:約0.9km
えすかひるなると
エスカヒル鳴門(口コミ6件)
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65-1 鳴門公園内
5.7点
大鳴門橋からの距離:約1km
おおなるときょうかきょうきねんかんえでぃ
大鳴門橋架橋記念館エディ(口コミ3件)
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65 鳴門公園内
7.7点
大鳴門橋からの距離:約1km
おおつかこくさいびじゅつかん
大塚国際美術館(口コミ25件)
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
9点
大鳴門橋からの距離:約1.3km
うずしおかんちょうせん
うずしお観潮船(口コミ0件)
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園亀浦観光港
0点
大鳴門橋からの距離:約2.6km
近くのスポット一覧はこちら
「大鳴門橋からの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
徳島県 祖谷のかずら橋
たんぽぽ1001さんの口コミ
 随分前になるけど、ここも訪れたことがありました。  ヨットクラブの冬の行事です。寒い時期は「温泉旅行」ということでマイクロバスでの陸上クルージング...(続きを読む)
徳島県 Jパワー&よんでんWaンダーランド
はるさんの口コミ
広い芝生があり、その芝はふわふわで、小さな子ども連れでも安心して遊ばせられる🎶 花も芝もよく手入れされている。
徳島県 渦の道
たんぽぽ1001さんの口コミ
 四国と淡路島を結ぶ大鳴門橋。鳴門側の橋の下には「渦の道」がある。  海上450メートルまで延びた遊歩道は、所々ガラス張りになっていて45メートル下...(続きを読む)
最新の口コミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
むさしずくさん(女性)の旅エピソード
先日、旦那の突発的な発案で家族で草津に行きました。 息子2歳と娘0歳がいるんですが、息子は必ず車酔いで吐きます。 案の定、途中のSAで吐いた服を洗うはめに。 まぁ、それは予想していて替えの服を沢山持って行ってました。 草津に到着して、露天風呂に入りました。 私と娘、旦那と息子ペアです。 温泉に入ってから息子のオムツを渡し忘...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top