たびかんの無料会員登録をテスト中です。便利な機能を無料でご利用頂けます。 無料会員登録ログイン
ホーム > 第68回口コミ付写真コンテスト結果発表
第68回口コミ付写真コンテスト結果発表
金賞
舞子公園
チョーわるおやじさんのクチコミ
2015年12月27日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
118名が参考になると回答
12/7 ≪明石海峡大橋≫の『主塔』を染める西日を…!!! 12/7 瀬戸の海…大型船と沈む夕日を…!!! 12/7 ❝だるま夕日❞…!!! 12/7 瀬戸の《落日》…!!!
12/7 “夕焼け空”…!!! 12/7 夕暮れの❝舞子公園❞から…!!! 12/7 ❝舞子公園❞の“イルミネーション”を…!!! 12/7 夜化粧の≪パールブリッジ≫と、虹色に揺らめく❛明石海峡❜の水面…!!!
 瀬戸内の夕日、夕焼け、夕景の絶景スポット!!!
     ❝舞子公園❞に。。。

世界一の吊り橋≪明石海峡大橋≫を間近に観られ、数々の歴史的建造物もあり、県外からも多くの観光客が訪れる公園です。

12月7日(月) 天候:晴れ

 秋から冬(早春)にかけて、❝舞子公園❞から瀬戸の海に沈む夕日を観る事が出来ます。

当日は風もなく瀬戸の夕凪の時間帯…今年最後の夕日を観ようと「かみさん」と二人で立寄りました。

公園の海辺で釣りを楽しむ人、ジョガーの人達、犬を連れて散歩する人達と、すれ違いながらの散策です…。
 カメラを持った人の姿も多くみられます。
‘黄昏時’海辺の公園は憩いの場となっている様です。

❛舞子プロムナード❜の近く、西に傾きかけた太陽が
橋脚の隙間から光り煌めくのを眺めながら〜・〜
夕日のスポットに…。
 
 カメラをセット…橋桁と海の間に沈みゆく太陽(夕日)を撮るポジションづくりです。

 大砲の様な大筒のレンズを携えた、セミプロ?と思われる方が私に話かけてこられました。・。
 「今日は、‘ひょっと’して❝だるま夕日❞が観れるかも...と、少し興奮気味に言われました。
 カメラ設定や方向を伝授され、セッティングは万全です(^0_0^)
 上空を見上げると、少し薄雲がかかっています...が、西の空は雲一つない快晴です…私達も奇跡?を信じて…その時を待ちました。
 沈みかけた太陽の下を大型船が航行します〜・〜船が行き過ぎ…数秒して…海面が黄金色に盛り上がり❝だるま❞の形になりました(^.^)/~
 ≪感激です!!!!≫
年に数回しか観る事が出来ない❝だるま夕日❞です。・。
 私も、「かみさん」も初めてです!!

 その後、数秒で瀬戸の海に静かに沈んで行きました。
《落日》です。。。

「かみさん」も興奮気味で、セミプロ?の方と握手!!
今年、最後と決めて臨んだ夕日撮影…本当に爛薀奪ー瓩任靴拭・。・。

 持参のポット…暖かいcoffeeを一杯…一息つきました。

空全体が“あかね色”に染まった美しい夕焼けを眺めながら、海辺を散策〜・〜
 
 公園内の❝イルミネーション❞が煌めき始め
≪明石海峡大橋・パールブリッジ≫のケーブルにライトが灯りかけました。・。
 夜釣りをされている❛電気ウキ(ケミホタル)❜の赤い
爐い咾牒瓩米阿...と、上空を飛ぶ飛行機の航跡も...が、絵になります。

 ≪明石海峡大橋≫の“ライトアップ”…夕暮れから、
毎時00分に虹色の照明にかわり、その灯りが水面に揺らめいて…美しく、幻想的な光景が ❛明石海峡❜の海を彩ります。。。

 今日は最高です…好い日になりました(*^。^*)

追記
入園は無料です。
但し、舞子海上プロムナード・孫文記念館・橋の博物館は有料です…「詳細は、舞子公園HPで」
駐車場(有料):3か所あります。
遊歩道(散策道)は、すべてバリアフリーです。
※公園内でのバーベキュー・花火等はNGです。(ゴミも持ち帰りましょう)
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銀賞
SENDAI光のページェント
ジョン一郎さんのクチコミ
2015年12月22日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
152名が参考になると回答
光のページェントは定禅寺通りのケヤキ並木にLEDを取り付け点灯させる毎年12月恒例のイルミネーションイベントです。

会場となる市街地はたいへん混み合うので、マイカーで乗り入れるのは避けて地下鉄などを利用して向かうほうが良いと思います。
私は地下鉄を使い勾当台公園駅で降りました。ちょうどこの辺りからイルミネーションが始まります。

今年の開催期間は12月6日〜31日まで。時間は17:30〜23:00までとなっています。

早めに行ったので買い物やお茶を楽しんで17:30の点灯時間を待ちました。
すっかり暗くなり街明かりが灯る時刻、一斉にケヤキ並木のイルミネーションが点灯されました。
定禅寺通りが温かみのあるオレンジの光に包まれます。

並木は道路の両脇と中央分離帯歩道にあり、特に中央分離帯歩道は両脇をイルミネーションに囲まれて歩くことができるので人気のようです。
数か所に銅像が立てられていて、イルミネーションの灯りで見ると昼間とはまた違った趣がありますね。

並木道の他にも期間限定でサンタさんが運転するページェントカーや勾当台公園の国内最大級のツリー・「auツリー」、「かほピョンファンタジーパーク」などのイルミネーションが華やかに点灯されてます。

屋台も多数出店されてるはずでしたが、私が行ったのはオープンの前日で残念な思いをしてきました。
勾当台公園で開催される「野外ラーメン堂」という今年初開催のイベントもあったので期待していたのですが。

クリスマスから年末にかけてこれからさらに混み合うイベントです。恋人や友人と行けば盛り上がること間違いなしですね。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銅賞
鎌倉山 【栃木県】
あるぱ7216さんのクチコミ
2015年12月26日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
145名が参考になると回答
凛とした朝の那珂川から朝靄が発生。 朝ぼらけの里山と那珂川の朝霧 徐々に明るくなる朝と、オレンジ色に染まって行く朝霧 雲海に埋め尽くされた里山と日の出前。(日の出の絶景が待たれます)
熱気球も絶景に花を添えてくれました(熱気球!!羨ましい・・。)
 鎌倉山は標高200m余りの、それほど高い山ではありませんが、車で山頂まで行く事が出来て、茂木町の里山と那珂川が見降ろせる景勝地になっている山です。
 そんな鎌倉山は、特に10〜12月のよく晴れた日の朝は沢山の観光客で賑わいます。


 日の出前、頬に当たる空気がひんやりと感じ、既に秋や冬の訪れを感じさせますが、頂上は日の出前の早朝にも関わらず50人位の観光客が日の出を待っていました。

 山頂から里山を見降ろすと、那珂川からどんどん朝霧が湧き立っているのが見えます。
 よく晴れた日の朝は「放射冷却現象」で気温が下がるので、目に見えて朝霧が湧き立ち、里山を含めた那珂川の河岸段丘は、瞬く間に朝霧で埋め尽くされて行きました。

 その朝霧で埋め尽くされた絶景は、まるで雲海の上にいるようで、微風に煽られるほどに生き物のように動き、みなさん全員がその姿に魅せられていました。
 何より徐々に明るくなる空から漏れた光が、少しずつ雲海をオレンジやピンク色に染め始め、さらに雲海から突き出た山が、雲海の海の島の様に顔を出している姿も絵になります。

 そして太陽が昇ると、観光客から一斉に歓声の声が上がると同時に、それはそれは美しい景色が目の前に広がりました。
 日の出の前後は、雲海は特に鮮やかなピンクやオレンジ色に染まり、それが生き物の様に動くので、その姿は面白く飽きる事がありませんでした。
 また山頂から雲海までの距離が近いので、迫力ある雲海が見れるのも、鎌倉山の雲海絶景の特徴だと思います。
 遠く熱気球が飛んできました。
 雲海に染まる里山を、空から熱気球で見るとは贅沢ですが、この雲海絶景に花を添えている感じがします。


 全国各地で雲海を見る事が出来る名所は有りますが、この鎌倉山は場所的にも行きやすく、まさにオススメの景勝地と思います。
 
 しばらくその雲海に見ほれていましたが、日の出から1時間余りたつと、瞬く間に雲海が消えて行きました。

 気温が上がったからか風が吹いたからか分かりませんが、あの大量の雲海が瞬く間に消えるのも不思議ですが、まさに秋のここでしか見る事が出来ない自然現象と美しい景色に、大満足な鎌倉山でした。

○アクセス〜
・真岡鉄道茂木駅よりデマンドタクシー(要予約)ふるさとセンター茂木泊後、鎌倉山山頂まで1km。
・10月上旬の日の出5:30頃。その後少しずつ日の出時間は遅くなります。
・鎌倉山山頂に20台くらい無料駐車場有。
・雲海は自然現象のため、毎日発生するとは限りませんが、翌朝晴れの日は、発生率が高いとの事です。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
銅賞
花見小路通
こまどりさんのクチコミ
2015年12月30日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
130名が参考になると回答
分かりやすい看板ですね 年末の花見小路 だんごの提灯が灯った夕暮れの小路
昼間は観光客と配送のトラックで押すな押すなの大混雑。
道端には、以前なかった新しい看板があちこちに立てられていました。舞妓さんに触ったり、自撮り棒を使ったり…と、ちょっと困ったさんの観光客が多いとか。でもこの看板があれば、言葉の説明がなくてもバッチリ伝わりそう!

数時間後、夕食を終えてお店から出てきた頃にはすっかり日も落ちていました。
普段ならちょうど芸舞妓さんたちが行き交う頃ですが、暮れともなるともうお座敷は少ないそうで、小路も静まり返っていました。きっと次に賑わうのは、年始の始業式。みんな黒紋付の正装に稲穂のかんざしで揃えて、華やかに祇園の一年が始まるとのことです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
観光スポットカンタン検索(例:神戸市 動物園)
ひらがなでも検索できます。(例:すかいつりー)
たびかん無料会員に登録する
すでに会員の方はこちらから
キャンペーン結果

PAGE TOP