たびかんの無料会員登録をテスト中です。便利な機能を無料でご利用頂けます。 無料会員登録ログイン
ホーム > たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さん(60代前半・男性・大阪府)
口コミ投稿数 246件
画像投稿数 1158件
読者 7人
HP・ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kaizokuzasikibuta
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第52回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第18回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第14回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
自己紹介
 女は愛嬌、男も愛嬌 (*^_^*)

 大きなことは出来ませんが小さいことも苦手です。
ちゃらんぽらんで、いいかげんで、ナマケモノ、意志薄弱・・・

自分を見つめなおすってコワイ (^^♪
 せめて明るさだけは、しっかりキープ。

 車、バイク、ヨットで近畿周辺をウロウロしています。

(●^o^●)

たんぽぽ1001さんのいち押し観光スポット(9件中 1-4件を表示)


京都御苑 京都御所
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

南紀勝浦温泉
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

あべのハルカス
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

富田林寺内町
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

たんぽぽ1001さんの投稿画像(1158件中 1-8件を表示)


たんぽぽ1001さんの口コミ(246件中 1-5件を表示)

鍵屋の辻史跡公園の口コミ
2017年04月26日に投稿されました。
駐車場側から入ると池がある。 鍵屋ノ辻の碑 歴史を感じますが読めない 待ち伏せした茶屋
駐車場、看板の注意事項を読んでください うっそうとした公園内 資料館入り口
 日本三大仇討の場である伊賀越鍵屋辻。そこに公園がある。
 三大仇討ちとは何か知らないので調べてみたら、忠臣蔵、曽我兄弟の仇討、そしてここ荒木又右衛門の鍵屋の辻の決闘とのことだった。

 どんな話かというと、1630年7月21日夜、19歳の備前藩士が同僚の17歳の藩士を殺害して逃走。

 藩主が逃走先を探索した結果、江戸の直参旗本にかくまわれていたことが判明。身柄の引き渡しを求めたが、断られ事件は大名と旗本の対決となってしまった。

 仇討免状を与えられた被害者の兄は、全国を逃げ回る仇を探していたが、奈良から江戸へ落ち延びようとしている情報を入手。

 兄は、荒木又衛門(柳生十兵衛光厳の弟子で新陰流の使い手)の応援を得て、茶屋萬家で待ち伏せし、見事仇を取る。

 無茶苦茶簡単な説明で恐縮至極。

 しかし当時のスマホも無線も無い時代、仇の逃走経路に関する情報はどのように伝わったのであろうか?

 そうか、ここは忍びの里 伊賀。この事件の裏には忍者の暗躍があり、それによって情報がもたらされたのではなかろうか・・・。

 そんなわけで、この公園には伊賀越資料館というのもあって入館料は200円。資料館の裏には討ち取った仇の首を洗ったという「首洗いの池」があって何やら気色が悪い。
 館内撮影禁止です。

 静かで、うっそうとした感じの公園であるが、色々想像すると面白い。

 公園の西側に無料駐車場がある。ただし、黄色い枠内は社会福祉関係車両のみなので注意したい。

 注意しなかった私が、それに気づいたのは帰る時だった・・・。
道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村の口コミ
2017年04月24日に投稿されました。
4名が参考になると回答
入口で待つこと10分ほど・・・ 広い駐車場が用意されているのですが・・・ 駅の向かい側は茶畑
 新しい道の駅が次々とオープン。

 京都唯一の村に新しく出来た。オープン早々で、やはりお客さんが多く、平日なのに少し並ばないと駐車場に入れなかった。

 道の駅の表には茶畑があり、途中の道も風光明媚でドライブが楽しい。

 駅の建物に入ると向かって右端がコンビニ風になっている。
 真ん中が物産店。左奥にレストランがあった。

 レストランの前には入店待ちの列。

 店の表には詳しいメニューは無く、看板には1000円以上の定食と1000円以下の定食が、それぞれ一つづつ写真で展示されていた。
 見た目は美味しそうだが、行列が苦手なので食事はまたの機会とした。

 ここから10キロほどで伊賀上野市なので、上野城などと組み合わせて訪れるのが良いと思います。

 
せんなん里海公園の口コミ
2017年04月06日に投稿されました。
10名が参考になると回答
駐車場前の海岸 ビーチバレーコート ビーチバレー場 ビーチバレー場
トイレの一つ 人工磯浜 人工磯浜 公園
 せんなん里海公園は、南海電車の箱作駅と淡輪駅にまたがる広い公園だ。
 車だと旧国道26号の淡輪口交差点または箱作小学校前交差点から海の方へ入っていく。

 どちらから行っても正面に駐車場料金所があって係員が常駐している。

 今回はバイクで立ち寄って料金所前で停止し、料金はいくらかなと看板を見ていると係り員の方が「バイクは無料です」と言ってくれたので、そのまま進入した。

 車の駐車場所は多く用意されているがバイク置き場は2か所。しかし十分な広さが用意されていた。


 長く続く浜にはビーチバレー場、海水浴場、潮干狩り場、遊具のある公園、人口磯浜と並んでいる。
 人口磯浜は石がゴロゴロしていて親子連れが網を持って何かを採っている姿があった。

 ビーチバレー場としての知名度が高く、立派な競技場もあった。

 フリーワイハイも設備されていてサービスは充分。

 公園内の道路は南北に繋がっているが、7,8月の海水浴シーズンは通り抜けが禁止されているようなので気をつけたい。

 子供連れで遊ぶもよし、海を眺めてのんびり時間を過ごすのにも適した公園という印象を受けた。
道の駅 みさきの口コミ
2017年04月06日に投稿されました。
11名が参考になると回答
全体として白で統一されている感じ。 展望塔 駐車場 駅に入る交差点
展望塔からの景色 駅の裏からの眺望 建物入口付近 建物の裏
 第二阪和国道が、ついに和歌山まで繋がった。

 今まで、府県境を越える最も不便な部分だけが未完成だったので早く開通することを祈っていたが、ようやくこの日を迎えることができ、さらに新しい道の駅も完成した。

 オープン当初の日曜日に行ってみたら「みさきIC」が大渋滞。その状況を一目見ただけで諦めて通過した。

 次は平日にスクーターで行った。

 この道の駅の入り口は、一旦一般道路に出て入る構造になっている。
 なんと、平日にもかかわらず、駅入り口道路は車の列!

 幸い道幅は普通以上に広かったのでバイクは何の問題もなく側方通過して駐車場内へ入ることができた。

 バイク置き場は駐車場突き当りの左側にあって十数台は置けるスペースが確保されていた。

 建物は綺麗で内部も明るい。

 レストラン奥のドアを開けるとスロープがあり、登っていくと可愛らしい展望塔がある。
 中は狭く数人入ると満員となる。

 しかし、正面には大阪湾、左手にはみさき公園の観覧車などが望見出来て、好天の日は良い景色が眺められる。

 ここで見知らぬ男性から話しかけられる。「私は和歌山から来たけど、この道路の開通のおかげで17分でここまで来れました」とのこと。大阪にも和歌山市にも便利になったようだ。

 物産販売所は買い物客であふれていたのでお買い物はしなかった。

 休憩所にはテーブルと椅子があるほか、壁際に畳敷きの休憩場所があり、これが新鮮な感じを受けた。

 休憩所では、なぜかソフトクリームを食べてる人が多かった。今度来たときは食べてみよう・・・。
道の駅 くしがきの里の口コミ
2017年04月05日に投稿されました。
10名が参考になると回答
バイキングレストランがこの奥にあります〜 大漁旗が・・・いっぱい
 大阪府の和泉市から和歌山県かつらぎ町へ至る国道480号は別名「酷道」と呼ばれるほど酷い山越え道でした。

 それが何と! バイパスとトンネルでほぼ直線で結ばれたのです。

 そのついで?で道の駅も出来ました。

 これは行かなくちゃ!! 

 大阪側から挑みました。

 なんと反対車線(和歌山から大阪)は大渋滞。

 長いトンネル以外は車の列ができていました。


「大阪側から来て良かったなあ〜」などと言いながら、道の駅の前に到着。

 ここも和歌山側からの車が列をなしている。

 道の駅に入ったものの空きスペースが無い。

 何とか車をとめて歩いてみるが、物産店の品物の目玉商品は売り切れ。

 バイキングレストランも店内に待ってる人の列。

 オープンに合わせてか泉南の漁師さんたちが生きた魚を展示して、ふれあいコーナーを開催してくれていた。

 チヌやエイなどが泳いでいる中に腹を上に向けて死んでる魚も・・・・。
 でも、子供たちは珍しいのか喜んでる。

 凄まじい混みように退散。

 少し落ち着いた頃にもう一度訪れてみたいと思いました。

 

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP