無料会員登録ログイン
ホーム > たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さん(60代前半・男性・大阪府)
口コミ投稿数 300件
画像投稿数 1486件
読者 8人
HP・ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kaizokuzasikibuta
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
記念すべき第100回口コミ付写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第52回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第18回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第14回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
自己紹介
 女は愛嬌、男も愛嬌 (*^_^*)

 大きなことは出来ませんが小さいことも苦手です。
ちゃらんぽらんで、いいかげんで、ナマケモノ、意志薄弱・・・

自分を見つめなおすってコワイ (^^♪
 せめて明るさだけは、しっかりキープ。

 車、バイク、ヨットで近畿周辺をウロウロしています。

(●^o^●)

たんぽぽ1001さんのいち押し観光スポット(13件中 1-4件を表示)


京都迎賓館
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

旧堺燈台
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

西宮神社 西宮えびす
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

桂離宮
たんぽぽ1001さんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

たんぽぽ1001さんの投稿画像(1486件中 1-8件を表示)


たんぽぽ1001さんの口コミ(300件中 1-5件を表示)

滝畑四十八滝の口コミ
2017年10月17日に投稿されました。
1名が参考になると回答
駐車場入り口 河原を歩いて光滝へ 川を渡る石積み 光滝
荒滝 荒滝 荒滝への案内板 荒滝荒駐車場入り口の案内板
大阪は田舎だ。
 大阪市の外れから小一時間で山に入り、キャンプ場があり、滝が落ち、携帯の電波が届かなくなった。

 国道170号を南下し河内長野市に入って、山手に向かうと滝畑ダムがある。

 このダムは一級河川大和川水系石川の洪水調節、河内長野市と富田林市の上水道水源確保、灌漑用水の確保を目的として昭和48年着工、昭和57年3月に完成したものである。

 ここから細い山道に入るとすぐに光滝寺キャンプ場がある。周辺の駐車場はここだけで、もう少し山に入った所にある荒滝キャンプ場駐車場は光滝寺駐車場が満杯になった時しかゲートが開かない。

 駐車料金は軽四、普通車ともに1000円、バイク200円、他に環境協力金200円が必要になる。キャンプ場にはバンガローもあって8人までで8000円の利用料金。

 駐車場に入ると美味しそうな焼肉の香りが漂ってきた。見ると数組の人たちがBBQ。

 駐車場から奥に進み、川に沿って上流に向かう。この奥に滝があるらしい。川の水量は少ないものの、場所によっては5メートル前後の幅になっている。これを渡らないと奥に進めない。しかし、誰かが石を積み並べて歩けるようにしてくれてあった。

 ところが、ゴツゴツした石は安定が悪いし石の上を水が流れているのもあった。
 細心の注意を払って渡る。あと少し・・・グラっときた。次の瞬間、運動神経が発達していた過去がある私は対岸に向かってジャンプした。降りたところの石は安定が悪かった。

 右膝から下の部分と、右の靴はびしょぬれになった。歩くたびに右足の靴からはグチャ、グチャと音が鳴る。やがて目の前に光線が差し込み、その奥に白い滝が現れた。

 素晴らしい!この光滝が滝畑では一番大きな滝。

 次の滝はどこだ? ところが周囲を見渡すと、ここが終点で上に行く道は無かった。

 駐車場へ戻り、山道(61号線)を600メートルほど進む。この道は和歌山県のかつらぎ町へ繋がっているが、運転に自信と裏付けが無い人は走らない方が良いような道。

 荒滝駐車場の入り口は鉄のゲートで閉鎖されている。最初に書いたが、ここは光滝駐車場が満杯になった時だけ開く。

 ゲートから奥へ進むと案内板通りに10分くらいで荒滝に到着する。道は舗装された林道で勾配も殆ど無く楽に歩けた。

 小さな「荒滝」の看板と、マムシ注意の看板があって、ここから再び河原の道になる。今更濡れても平気だが、ここの水量は少ないので軽やかに歩く・・・けど右足からは相変わらずグチャグチャと音がする(-_-;)


 河原は相変わらずゴロゴロした石だらけで歩きにくいが、滝の音が聞こえてきて緩いカーブを曲がると目の前に荒滝が現れた。静けさの中に白く浮き上がる滝。大きくはないが美しい。幸いマムシには遭遇しなかった。

 美味しい空気(若干焼肉の香りもするが・・・)と美しい景色を満喫して帰路につく。

 濡れたズボンは冷たく、右の靴からは雫が・・・・。

 キャンプ場周辺には大小様々な滝があります。しっかり楽しみたい方は歩きやすい服装で、濡れても大丈夫な靴を履いて、お弁当を持って気合を入れて滝探しをしてください。
幻の五新鉄道の口コミ
2017年10月16日に投稿されました。
1名が参考になると回答
国道24号の北側部分 国道24号の南側部分 古い町並みの中に架かる高架 吉野川手前の部分
 紀伊半島縦断鉄道が着工されたのは昭和12年のことでした。
 奈良県五條市から十津川村を経て和歌山県新宮市へ抜けるコースは近畿の屋根と呼ばれる険しい紀伊山地をぶち抜く鉄道で、その工事は想像を絶する厳しいものになったと思います。

 しかし、太平洋戦争で中断、戦後一部の路盤工事が完成したものの国鉄再建のゴタゴタで工事は再び中断され一部はバス専用道路として利用されました。

 もし、完成していれば十津川温泉郷へ楽に行けたのではないかと思いますが、本来の鉄道敷設の目的は切り出した材木の運搬だったそうです。

       ★

 国道24号の五條市役所付近を走っていますと、道路の両側に分断された高架が見えます。

 いずれもアーチ型の美しい高架ですが、これが幻の五新鉄道の名残ということです。
 コンクリートのアーチ型になっているのは戦時の資材不足が原因ということですが、そのおかげでこの様な形になったのは皮肉なものです。

 国道の北側は短い構造物があるだけですが、南側は古い町並みが残っている地区を通り、吉野川まで続いています。

 他にも完成したものの、一度も使われなかったトンネルがあちこちに残っているそうです。
 
 町中の部分はアパートがあったりし、高架の下は車が置かれたり物干場として使われていたりして管理関係はどうなってるのかわからない状況でした。

 この付近の道路は狭く東から西への一方通行規制で駐車場もありません。

 しかし、道沿いには五條市まちなみ伝承館やジオラマ工房などがあって、歩いてゆっくり散策するのが良さそうです。
 疲れたら、もう一度国道に出ますと、南側の五新線高架のすぐ西側に金剛の湯という温泉があります。日帰りで数回利用したことがありますが、肌がツルツルになる泉質で気持ちが良かった思い出があります。

 
いこらも〜る泉佐野の口コミ
2017年10月05日に投稿されました。
5名が参考になると回答
大きな遊具スペース 店内 車も売ってます レストラン街
屋上駐車場からのカートレーター ジオラマ ジオラマ ジオラマ
 駐車場は広い、もちろん館内も広く様々な店舗が入っている。通路も広くとってあり歩きやすい。

 子供を遊ばせるスペースも大きなものがあります。

 レストラン街も充実していて人気がある店は平日だというのに名前を書いて順番待ちをしなければなりませんでした。

 館内全体に綺麗に手入れされ、トイレ等も気持ちよく利用出来ました。

 休憩用の椅子も適度に配置されて疲れたら座れる場所が多くあって助かります。

          ★

 今日は「ジオラマで見る懐かしの昭和」と題する 南条 亮氏の作品が2階特設会場で展示されていて興味深く拝見させていただきました。

 11月5日までと書いてありますが、情報によると常設展示となるかも? 是非そうして欲しいと思いました。

 
下赤阪の棚田の口コミ
2017年10月03日に投稿されました。
6名が参考になると回答
赤坂城跡 公園休憩場と駐車場 遊歩道から棚田を見る 棚田
棚田 ひび割れ、ガードレールの無い道 遊歩道と中学校 案内板
 あれ?こんな所が観光地??

 そう思ったのは、ここが自分の生誕地にほど近い場所で何回も普通に通行していた道路のすぐ近くだったからです。
 謂わば見慣れた風景の場所なのです。

 しかし、観光スポットと言われて改めて見に行ってみました。
 場所は少し分かりにくいです。千早赤坂村立中学校の裏山ですが車で行くには大変。

 農道そのもので道幅は狭く離合不可能な山道が続いています。場所によっては道路にヒビが入り、ガードレールさえ無い所もあります。
 なお、2トン車以上は通行禁止です。

 この崖、崩れないだろうか、前から車がきませんように〜と祈りながら走りました。

 中学校の裏は下赤坂城跡があり、10台程度の駐車場と公園があります。
 この公園から棚田が見渡せます。

 小雨に煙る山肌に棚田が張り付いていました。
 棚田とは、水平に20メートル進んだら1メートル高くなる勾配地にあるという条件があるらしいですが、全く知りませんでした。

 時期は実りの秋。一部稲刈りが終わった田んぼもありました。
 
安乗岬灯台の口コミ
2017年10月02日に投稿されました。
5名が参考になると回答
灯台前の広場 東屋風の休憩所があります 太平洋 資料館
休憩所・カフェ 資料館展示の昔の安乗灯台
 的矢湾入口の灯台。伊勢志摩には何度も旅行してますが、何故か安乗岬には来ていませんでしたので、是非寄ってみようと岬に向かう一本道を走りました。道幅は広いとは言えませんが、狭いと感じることもなく走りやすい印象でした。

 無料の駐車場は広くはありませんでしたが、上手に並べたら普通車なら20台くらいは置けるように見えました。

 駐車場から灯台へ向かうと、右側に灯台資料館があり、左には休憩所兼カフェがあり、その真ん中に広い緑の広場。さらにその向こうには広い太平洋が広がっています。

 青い空、白い雲、緑の芝生という素晴らしいロケーションで、ここに立つ白亜の灯台はさぞ素晴らしいだろうと近寄ってみますと・・・・・

「工事中立ち入り禁止」

 の看板があって、近寄れないばかりか、灯台も周囲に足場が組まれていてその姿は見ることが出来ませんでした。

 仕方なく資料館へ行き、灯台の歴史や特徴などをお勉強して帰りました。

 どなたか工事が終わってから行って綺麗な写真をお願いします。

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP