無料会員登録ログイン
ホーム > 観光スポットの新着口コミ100件
観光スポットの新着口コミ100件
口コミをジャンルで絞り込む(複数チェックを入れることができます)
お食事
口コミを都道府県で絞り込む 口コミを点数で絞り込む
(100件中 1-10 件を表示)
12345678910
 

滝畑四十八滝
たんぽぽ1001さんのクチコミ
2017年10月17日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
5名が参考になると回答
駐車場入り口 河原を歩いて光滝へ 川を渡る石積み 光滝
荒滝 荒滝 荒滝への案内板 荒滝荒駐車場入り口の案内板
大阪は田舎だ。
 大阪市の外れから小一時間で山に入り、キャンプ場があり、滝が落ち、携帯の電波が届かなくなった。

 国道170号を南下し河内長野市に入って、山手に向かうと滝畑ダムがある。

 このダムは一級河川大和川水系石川の洪水調節、河内長野市と富田林市の上水道水源確保、灌漑用水の確保を目的として昭和48年着工、昭和57年3月に完成したものである。

 ここから細い山道に入るとすぐに光滝寺キャンプ場がある。周辺の駐車場はここだけで、もう少し山に入った所にある荒滝キャンプ場駐車場は光滝寺駐車場が満杯になった時しかゲートが開かない。

 駐車料金は軽四、普通車ともに1000円、バイク200円、他に環境協力金200円が必要になる。キャンプ場にはバンガローもあって8人までで8000円の利用料金。

 駐車場に入ると美味しそうな焼肉の香りが漂ってきた。見ると数組の人たちがBBQ。

 駐車場から奥に進み、川に沿って上流に向かう。この奥に滝があるらしい。川の水量は少ないものの、場所によっては5メートル前後の幅になっている。これを渡らないと奥に進めない。しかし、誰かが石を積み並べて歩けるようにしてくれてあった。

 ところが、ゴツゴツした石は安定が悪いし石の上を水が流れているのもあった。
 細心の注意を払って渡る。あと少し・・・グラっときた。次の瞬間、運動神経が発達していた過去がある私は対岸に向かってジャンプした。降りたところの石は安定が悪かった。

 右膝から下の部分と、右の靴はびしょぬれになった。歩くたびに右足の靴からはグチャ、グチャと音が鳴る。やがて目の前に光線が差し込み、その奥に白い滝が現れた。

 素晴らしい!この光滝が滝畑では一番大きな滝。

 次の滝はどこだ? ところが周囲を見渡すと、ここが終点で上に行く道は無かった。

 駐車場へ戻り、山道(61号線)を600メートルほど進む。この道は和歌山県のかつらぎ町へ繋がっているが、運転に自信と裏付けが無い人は走らない方が良いような道。

 荒滝駐車場の入り口は鉄のゲートで閉鎖されている。最初に書いたが、ここは光滝駐車場が満杯になった時だけ開く。

 ゲートから奥へ進むと案内板通りに10分くらいで荒滝に到着する。道は舗装された林道で勾配も殆ど無く楽に歩けた。

 小さな「荒滝」の看板と、マムシ注意の看板があって、ここから再び河原の道になる。今更濡れても平気だが、ここの水量は少ないので軽やかに歩く・・・けど右足からは相変わらずグチャグチャと音がする(-_-;)


 河原は相変わらずゴロゴロした石だらけで歩きにくいが、滝の音が聞こえてきて緩いカーブを曲がると目の前に荒滝が現れた。静けさの中に白く浮き上がる滝。大きくはないが美しい。幸いマムシには遭遇しなかった。

 美味しい空気(若干焼肉の香りもするが・・・)と美しい景色を満喫して帰路につく。

 濡れたズボンは冷たく、右の靴からは雫が・・・・。

 キャンプ場周辺には大小様々な滝があります。しっかり楽しみたい方は歩きやすい服装で、濡れても大丈夫な靴を履いて、お弁当を持って気合を入れて滝探しをしてください。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
たんぽぽ1001さんにありがとうコメントを贈ってください
  
幻の五新鉄道
たんぽぽ1001さんのクチコミ
2017年10月16日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
4名が参考になると回答
国道24号の北側部分 国道24号の南側部分 古い町並みの中に架かる高架 吉野川手前の部分
 紀伊半島縦断鉄道が着工されたのは昭和12年のことでした。
 奈良県五條市から十津川村を経て和歌山県新宮市へ抜けるコースは近畿の屋根と呼ばれる険しい紀伊山地をぶち抜く鉄道で、その工事は想像を絶する厳しいものになったと思います。

 しかし、太平洋戦争で中断、戦後一部の路盤工事が完成したものの国鉄再建のゴタゴタで工事は再び中断され一部はバス専用道路として利用されました。

 もし、完成していれば十津川温泉郷へ楽に行けたのではないかと思いますが、本来の鉄道敷設の目的は切り出した材木の運搬だったそうです。

       ★

 国道24号の五條市役所付近を走っていますと、道路の両側に分断された高架が見えます。

 いずれもアーチ型の美しい高架ですが、これが幻の五新鉄道の名残ということです。
 コンクリートのアーチ型になっているのは戦時の資材不足が原因ということですが、そのおかげでこの様な形になったのは皮肉なものです。

 国道の北側は短い構造物があるだけですが、南側は古い町並みが残っている地区を通り、吉野川まで続いています。

 他にも完成したものの、一度も使われなかったトンネルがあちこちに残っているそうです。
 
 町中の部分はアパートがあったりし、高架の下は車が置かれたり物干場として使われていたりして管理関係はどうなってるのかわからない状況でした。

 この付近の道路は狭く東から西への一方通行規制で駐車場もありません。

 しかし、道沿いには五條市まちなみ伝承館やジオラマ工房などがあって、歩いてゆっくり散策するのが良さそうです。
 疲れたら、もう一度国道に出ますと、南側の五新線高架のすぐ西側に金剛の湯という温泉があります。日帰りで数回利用したことがありますが、肌がツルツルになる泉質で気持ちが良かった思い出があります。

 
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
たんぽぽ1001さんにありがとうコメントを贈ってください
  
道の駅 アグリの郷 栗東
こまどりさんのクチコミ
2017年10月15日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
5名が参考になると回答
日曜日の夕方です 新幹線×コスモスは午前中が順光かも かわいい模型の新幹線と通過予想情報 沖縄へちま。ナーベーラー
ドクターイエローのグッズコーナー
新幹線の線路のすぐそばに立つ道の駅『アグリの郷 栗東』。
なんと、日本で唯一の“新幹線が見える道の駅”なのだそうです。

建物の線路側にはレストランがあり、のぞみやひかりが目の前を走るのを眺めながら食事やお茶を楽しめます。モーニング、前回の投稿よりちょっと値上げしてました(^_^;)

点検用の黄色い新幹線、ドクターイエローも見られるとPRされていて、入り口のところに小さな模型の線路と通過予想時間のチラシが…!
ダイヤは非公開と聞いていましたが、こんな情報も出回っているんですね。人気のほどが伺えます。
店内には一面黄色い、新幹線グッズのコーナーもありました。

ここでの収穫は沖縄へちま。味噌煮にするとトロンとしておいしいんです♪
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
こまどりさんにありがとうコメントを贈ってください
  
野田町コスモス園
こまどりさんのクチコミ
2017年10月15日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
1名が参考になると回答
きれいに色分けされてる畑も。 朝のうちは新幹線方向は逆光 これは市内の別の休耕田。ここは新幹線が近い!
毎年、町内の休耕田を利用して作られる野田町のコスモス畑、今年は交差点に近いとても分かりやすい所でした。
10月15日にイベント開催とのことでしたが、あいにくの雨…どうなるのかなと気になりながら行けずじまい。

画像は数日前の様子で、折しもコスモスは満開でした(o^^o)
ピンクだけ、白だけと色分けされている畑もちゃんとあるので写真映えします!

今年の場所は新幹線の線路が見える場所。私が訪れた朝9時台は逆光になってしまいましたが、昼以降なら新幹線とコスモスの共演が撮れそうな感じでした。
タイミングが良ければ、ドクターイエローも走りますよ♪

気になる駐車ですが、皆さん路肩に停めておられました。ただし、駐禁の表示が出ている道もあったので、お越しの際は気をつけて見てみてくださいね。
チョーわるおやじさんからのコメント [2017-10-15 23:47:51]
「こまどり」さん・・・今晩は!
今年も綺麗に咲いるようですね。
生憎の天候続きで今年は行けそうにありません。
    残念です!
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
こまどりさんにありがとうコメントを贈ってください
  
父島
あるぱ7216さんのクチコミ
2017年10月14日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
5名が参考になると回答
太平洋と兄島。父島と兄島との海峡は、美しいサンゴや魚たちが見れるダイビングやシュノーケルスポットです。 白砂のビーチが美しい小港海岸。余りにもの美しさに、我慢できなくなり泳ぎたくなるビーチです。 南からの風を感じながらビーチでマッタリ。島時間を堪能できました。 注*水族館ではありません。兄島瀬戸でのシュノーケルツアーにておさかな畑。
美しい海にきれいな空気。汚れを知らない大自然の夕陽は、本当に素晴らしい・・・。 度肝を抜かれた高角砲。今でもそのままで残されています 島民の貴重なタンパク源となっていたアオウミガメの刺身。ここでしか食べる事が出来ない逸品です。 おがさわら丸出港時は、数十隻のクルーザーやボートが見送ってくれます。感動の島離れになります。
 東京竹芝桟橋から約1,000辧
 週1〜2便出港するフェリー「おがさわら丸」で24時間で到着する父島は、船でしか行く事が出来ない亜熱帯の島です。
 
 小笠原国立公園および世界自然遺産に登録されている父島は、「オガサワラ〇〇〇」と言う名前を冠した、固有動物や固有植物の宝庫で、各所に美しいビーチや、太平洋戦争時の砲台や基地の遺構、クジラやイルカなどのウオッチングなど、陸と海を合わせて堪能できる、自然散策をするにはオススメの美しい島です。
 
 
 父島内は起伏があるので、レンタカーやレンタバイクでの移動が望ましいですが、その中で一番のお勧めビーチと言われているのが「小港海岸」で、三方を崖に囲まれた先に、いかにも“南の島の海”のような白砂のビーチがあります。
 しかし、父島の中心から離れているので、少々行きにくいですが、逆に観光客も少なく、白砂の上で波の音を聴いているだけで心地よくマッタリと楽しめました。

 そんな美しい海を眺めていると、我慢できなくなり海にドボン!!!
  
 透明な海水に白砂が光り輝き、魚も寄って来るし、そんなビーチを貸し切り状態で楽しめたので、最高の感動の海水浴が出来ました。

 
 境浦海岸も白砂が広がる美しいビーチですが、ここは太平洋戦争中、「濱江丸(ひんこうまる)」と言う魚雷攻撃を受けた船が、今でも座礁したまま放置されています。

 カヤックで接近すると、赤さびが目立ち、幽霊船のようなボロボロで不気味さが際立ちます。
 濱江丸のすぐ側の海底を見ると、濱江丸のものと思われる「イカリ」や「アンカー」が沈んでおり、それにサンゴが群生してました。
 
 この場所は濱江丸を住み家にしている魚がいるので、シュノーケルポイントになってますが、なんだか幽霊でも出てきそうでちょっと不気味。しかし戦跡ファンにはタマラナイ場所かもしれません。
 
 父島や母島内には、アチコチで太平洋戦争時の戦跡遺構が今も残っており、特に夜明山は小笠原で一番規模が大きく、壕や発電所跡、トーチカや高角砲が今でも残っています。
 特に度肝を抜かれたのが高角砲ですが、今でも砲弾が出てきそうで不気味です。

 墜落した米軍の「B-29」と思われる戦闘機の残骸もありましたが、そう言った戦跡ツアーも興味深いです。
 
 父島で一番標高が高い「中央山」には展望台があり、父島の大海原を遠望できます。
 兄島を望む展望台も、海峡を挟み亜熱帯の森等を望めますがと、その奥に広がる真っ青な太平洋の景色は、南から吹く風も相まって、本当に心が透くような大絶景が望めますのでオススメです。  

 周りは父島の亜熱帯の森と、その向こうに見渡す限りの太平洋の大海原。
 
「絶海の孤島にいるんだ・・・。」

 と言う事を改めて感じる事が出来ます。
 人工物なんて何もない大自然を堪能できるのが、まさに小笠原父島ならでは、だと思います。

  
 海のツアーもオススメで、ダイビングやシュノーケル、クジラやイルカウオッチングツアーなどがあります。
 ほぼ通年イルカやクジラは見る事が出来るそうなので、海のツアーは外せませんし、ウオッチングツアー中でも、サンゴが美しい兄島瀬戸など、船長オススメの場所で、シュノーケルが出来る時間もあったりと、色々と楽しめます。
 色とりどりのサンゴやお魚畑など、まるで竜宮城に来たかのような(竜宮城は行ったことないですが・笑)その美しい海は、まさに感動の世界で、余りにもの美しさに、人生観が変わるかもしれません(笑)

 父島の食堂に入ると、ウミガメ(アオウミガメ)の料理がメニューにありますが、日本でもココだけでしか食べれない、ウミガメの刺身やウミガメ雑炊などがメニューにあります。

 通常ウミガメ漁は禁止ですが、実は小笠原では、古くからウミガメが食用にされてきた文化を、無くさない意味と、島民のタンパク源摂取の意味合いもあり、頭数を制限して漁が認められ、提供されています。
 刺身は一切れ250円もする高価なものでしたが、食べるとどこか猪肉???(獣肉)のような味わいがしました。
 是非ここでしか賞味できない味を、堪能して頂ければと思います。
 
 小笠原ではフラダンスが盛んで、小笠原の女性のほとんどはフラダンスを習い、東京都無形民族文化財である「日本式??フラダンス」は、島の祭りや「おがさわら丸」が入出港する日は、港などで踊られます。

 また小笠原は高校が無いので、中学校を卒業すると、ほとんどが東京への進学や就職で島を離れますが、その時歌われる唄が「大切なもの」と言う唄で、「また父島に戻ってきた時は、フラを踊りましょう」と言う意味合いの歌詞が含まれています。
 
 きっと3月の「おがさわら丸」出港時は、涙にくれる船出になるのかもしれません。
 そんな週1〜2便しかない「おがさわら丸」の出港時の、盛大な見送り風景は感動的です。

 岸壁には民宿やペンションのおじさんおばさん、子供たち、ツアーのガイドさん、お巡りさん、観光客、みんなが見送りにきます。 

 「おがさわら丸」が岸壁を離れると、大小数十隻のクルーザーやボートが一斉に船の周りを並走します。
 そして一隻ずつクルーザーやボートから海へダイブし、手を振って「おがさわら丸」を見送ってくれます。

 最後の一隻がダイブし、手を振って見送ってくれるまで、デッキに集まった乗船客は歓声を上げて見つめていますが、父島ならではの見送りは感動的で、是非デッキでその光景を眺めて頂きたいと思います。

 父島が離れて行くほどに、少々寂しくなりますが、山にビーチに戦跡に大自然などを堪能できる父島は、日本国内でありながら非常に行きにくい島ですが、美しい大自然に会いに、また行きたくなる素晴らしい島でした。


アクセス〜
・東京竹芝桟橋より週1〜2便出航の「おがさわら丸」で所要24時間。
※往復2船舶と父島3停泊後竹芝桟橋へ。
※通常の一航海で最低計5泊6日間要します。
たんぽぽ1001さんからのコメント [2017-10-15 15:06:51]
行ってみたいけど、5泊六日は厳しいですね。今でも船便しかないのですね。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
あるぱ7216さんにありがとうコメントを贈ってください
  
道の駅 十文字
ジョン一郎さんのクチコミ
2017年10月14日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
4名が参考になると回答
産直コーナー レストラン
横手やきそば 横手たこやき
横手市の「道の駅 十文字」は国道13号と342号が交差する市街地にあります。
愛称は「まめでらが〜」、当地の言葉で「元気ですか」という意味らしいです。
コンビニもありレストランも19時まで開いているので、秋田に行くとよく利用する道の駅です。

産直コーナーは商品がとにかく豊富で開店時間から賑わっていて、夕方に行くと棚がスカスカ状態です。
なのでここに買い物に行くなら早い時間のほうが良いでしょう。

なぜかビリケンさんが置いてあり、足を撫でると御利益があるそうなんですね。

レストランはフードコートのようになっていて、十文字ラーメンの「ふるさとの味 三平」、「横手焼きそば 福龍」などご当地のグルメが味わえます。
今回はB級グルメで有名な横手やきそばを食べてみることにしました。
福龍さんは横手やきそば四天王にも選ばれたお店。確実に美味しいでしょう。

ストレート麺に甘めのウスターソースで味付け、目玉焼きと福神漬がのった横手やきそば。横手に来るとなぜか無性に食べたくなることがあります。
ホルモンが入ったりとバリエーションがありますが、私は肉と目玉焼きの元祖のが一番好きです。
「横手たこやき」も追加で注文しました。皮が厚く羽根つきのたこ焼きです。これは通常のたこ焼きの方が好みかなって思いました。
次行ったら十文字ラーメンを食べたいです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
ジョン一郎さんにありがとうコメントを贈ってください
  
松山空港
山敬さんのクチコミ
2017年10月13日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
3名が参考になると回答
 今年から、1階到着ロビーに「蛇口をひねればみかんジュース」が設置されました。
それに伴って2008年度から毎月第3日曜日に開催されていた「ポンジュース蛇口」の設置と無料試飲イベントは終了しちゃいましたが、面白いので是非遊びに来てほしいと思います。
外の送迎タラップからが程よい時間間隔で飛行機の離着陸が見れて爽快な気分です。
ちょっとしたゲームコーナーでは伊予鉄の路面電車の運転を追体験できるゲームもあります(電車でGO!)
お土産コーナーの試食巡りもまた楽しからずや(笑)
俳句を投句できるスペースもあり、様々な年代に愛媛の魅力を感じて頂けるつくりになっていると感じます。
山敬さんからのコメント [2017-10-15 14:16:46]
わわわ 常連さん大御所二人からのメッセージ、感謝いたします。沖縄には棚田なんてないのでとても新鮮です(*^。^*) また棚田の風景投稿させていただきますね☆
チョーわるおやじさんからのコメント [2017-10-15 10:57:50]
山敬さん・・・今日は!!

コメント内容で間違いをしています。
誤:三味線・正:三線ですよね(~_~;)
   失礼しました。。。
たんぽぽ1001さんからのコメント [2017-10-14 17:14:42]
コメントありがとうございました。沖縄ご出身なんですね。娘も沖縄ファンで三線やってます。(^◇^)
チョーわるおやじさんからのコメント [2017-10-14 12:01:18]
山敬さん・・・今日は!!
❝下赤阪の棚田❞へのコメント拝見しました。
愛媛に『堂の坂棚田』がある事を知りました。
10/21(土)のキャンドルコンサートには行けません(笑)...が、❝棚田❞の景色と、月明かりの中で三味線を弾かれている演奏風景を是非とも投稿して下さい。
  楽しみにしています!
追記
貴方の家族(子供たち)と、旅を楽しまれている写真・・・いつも微笑ましく拝見しております。(*^。^*)
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
山敬さんにありがとうコメントを贈ってください
  
円照寺【兵庫県】
チョーわるおやじさんのクチコミ
2017年10月13日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
5名が参考になると回答
9/23 【本堂】を囲むように咲き誇る季節の花々を…!!! 9/23 『正門』の入口付近に咲く“萩の花”....と、白の“彼岸花”を…!!! 9/23 参道の道筋を彩る・・・黄色と白の“彼岸花”を…!!! 9/23 “花の寺”の境内に咲く“彼岸花”...を…!!!
9/23 白い“彼岸花”を包み込むように咲く“萩の花”…!!! 9/23 赤・白・黄色の“彼岸花”が咲く参道を・・・!!! 9/23 白壁の袂に咲く“酔芙蓉”の花たち...を…!!! 9/23 参道の道筋に咲き誇る“萩の花”...と、彩りを添える白い“彼岸花”を…!!!
 花の寺❝円照寺❞へ!!

ぶら〜...と、出掛けてみました。・。・。

9月23日(土・祝日) 天候:晴れ

 山陽自動車道を走り[加古川北IC]でおります。

県道43号線を進み∼・∼長閑な田園風景が広がる道路をナビを頼りに車を走らせます。

 田んぼの向こうに集落が見えて来ました。

車一台がようやく通れる道(農道)を進み∼・∼そして、
白壁に囲まれた❛お寺❜・・・❝円照寺❞に辿り着く事が出来ました。

 
 駐車場は、❛お寺❜から少し先の公会堂広場...です。

こじんまりとした❛お寺❜の境内・・・そして、【本堂】
の周りには季節の花々が所狭しと咲き誇っていました。

此処の❛お寺❜を知ったのは「かみさん」が、9月の中旬…NHKで放映されたのをメモに書き留めていた様です。

 ❛お寺❜は四季折々の花々が咲き、加古川の“花の寺”として知られている様で、各地から多くの人達が拝観に来られるそうです。

 〖正門〗を入り∼・∼目にとまったのは色鮮やかな黄色の“彼岸花”です(@_@)

 黄色の“彼岸花”を見るのは初めての私です...が、数日前にはピンク色の“彼岸花”...も、咲いていた様です。

 参拝を済ませ境内を巡ります∼・∼9月の初旬から下旬にかけて5色(ピンク色・紫色・白色・黄色・深赤)の珍しい“彼岸花”が順を追って境内を彩るそうです。

 私達が出会えたのは・・・黄色と白色そして深紅の3色でした。

 【本堂】を囲むように季節の花々が咲き競い、獻霈皚瓩版鯤姫茲い砲蓮ΑΑΩ畫庵罎惑鮨Г法午後からは淡い
ピンク色に染まり、夕方には酔ったように紅色に変化する“酔芙蓉”が爽やかな秋空に向かって咲いていました。

また、薄紅色の可憐な“萩の花”が参道の道筋に彩りを添えています。

 参道を少し奥に進むと、白い“彼岸花”が咲き、花を包み込むように“萩の花”が可愛く咲いていました。

   境内は数分で一巡り出来ます!

休憩の施設でお茶(自前です)を飲み、花々を眺めながら‘ゆっくり’...と、した時を過ごせます。

【本堂】の中に入り、ご住職と歓談されている姿も見受けられ、地域の人達が集う場所であるかの様でした。

   長閑な田園地帯にある“花の寺”

 また‘ぶら〜’と、訪ねて見たくなる…温かい感じの
❛お寺❜でした(*^。^*)

追記
駐車場:公会堂前の広場です。
    無料です(普通車10台程駐車出来ます)
拝観料:無料です…(6:00∼18:00)

※ 集落の道幅は狭く交互通行は難しそうです。
  注意して通行して下さい。


※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
チョーわるおやじさんにありがとうコメントを贈ってください
  
葉祥明 阿蘇高原 絵本美術館
ノブブンさんのクチコミ
2017年10月11日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
6名が参考になると回答
葉祥明阿蘇高原絵本美術館 1 葉祥明阿蘇高原絵本美術館 2 葉祥明阿蘇高原絵本美術館 3 葉祥明阿蘇高原絵本美術館 4
葉祥明阿蘇高原絵本美術館 5 ブルービー 1 ブルービー 2
阿蘇周辺を観光して回った途中に寄ってみました。

阿蘇山周辺の道路は、まだまだ復旧途中で交互通行の個所があり、シーズン中なんかだとけっこう渋滞しそうです。


美術館の建物は、小さいです。

寄った時は、絵本の原画と阿蘇の四季の写真の展示をしてありました。

それから、写真を撮りながら散歩してみました。

今の時期は、気持ちいい時間がすごせそうです。


ブルービーは、シーズン終盤でしたが二匹来ていて、撮る事が出来ました。

自然を楽しむのはいつでも良さそうですが、ブルービーを見るならば、4月から9月くらいの間がいいそうです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
ノブブンさんにありがとうコメントを贈ってください
  
道の駅 あいとうマーガレットステーション
coniさんのクチコミ
2017年10月09日に投稿されました。
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
5名が参考になると回答
名物のジェラート 直売所 あけび 珍食材と食べ方説明
栗ごはん 毛袋 赤こんにゃく ジェラート売り場
10月の3連休に3日ともどこも行かないのはどーよ?と嫁からココへ行くと上司命令で。
過去に何度も行ったけど、うろ覚えなのでカーナビセット。田舎の幹線道路沿いだけど、地元民でも記憶だけじゃ行けないレベル。でも到着すると相変わらずの他府県ナンバー車だらけの人気。
外では予約制の芋掘りや、道の反対側では満開のコスモス園に人がいっぱい。フリマもやってたけど、ウチ夫婦はお目当てのチョー有名なジェラート売り場へまっしぐら。Raptyの看板があがった売り場へ行くと、まず自動券売機でジェラートの大きさ/個数のチケットを買う。ウチ夫婦はおこちゃまサイズ1個で十分なので300円1個買って列に並ぶ。秋は芋味とか色々あるけど「絞りたてミルク味」で購入して表のテーブルへ。1個を嫁と交互に食ったが、ジェラートってこんなに滑らかだったっけ?納得の味だが、途中で気づいて写メ撮ったので食いかけでスマソ。
まずはジェラート売り場がいつもの大混雑する前に目的を果たしたので、後はゆっくり見て周ることに。
入っただけでアロマの香りが満ちてる建物は可愛いポプリや雑貨の店だが、20数年前にココで買ったレモンバーム1苗を庭のプランターに植えたら、花から種がこぼれてプランターの外にもどんどん繁殖して庭中レモンバームだらけになり、刈り取るまで数年は庭がずっとレモンの香りしてたのを思い出す。
直売所の建物に移動すると普通の旬野菜も並ぶが、なんじゃこりゃ?の見たことも無い野菜もイッパイ。珍食材チャレンジャーの嫁は隼人瓜にロックオン、買うから横に貼ってある調理の仕方指南書を俺に写メ撮らせて自分のスマホにメールで送れと。同じく買い物してた知らんおばちゃんが嫁に「これどうやって食べるの?」と聞いてきたが嫁は「私も知りません」と答えた後で俺に「関西のおばちゃんは、なんで知らん人になんでも聞いてくるかなー」。俺は隣のマコモタケに注目して写メ。ココは珍食材にも全部調理方法を掲示してくれてるので、初めて食材を見た人でも買ってみたくなる。こういう心配りが全国屈指の集客を誇る道の駅として長年君臨できる理由やな。俺は子供のころに山に入って自生のあけびを採って食ってたが、写メのあけびはイッパイ売ってるから最近流行の栽培だろうか?でも栽培してたらこんなに安く売れないな(若い人は食い方知らんかもね。甘いよー)。弁当コーナーでは松茸ごはん@460や、俺の好物:山栗ごはん@380などが並ぶ。この近くなら山栗はいっぱい自生してて/いくらでも採れるから安いんやろな。織田信長の命令から真っ赤になった特産の赤こんにゃくも色々売ってるし、生花コーナーにも得体の知れない毛袋がついた枝を売ってた。
道の駅はどこも売ってるものが同じになり易いけど、ここは特色があるし、全部地元産ってことは地元でこれだけ色々作ってるってこと。
大人でも色々新しい勉強ができる道の駅です。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
coniさんにありがとうコメントを贈ってください
  
(100件中 1-10 件を表示)
12345678910
 

観光スポットカンタン検索(例:神戸市 動物園)
ひらがなでも検索できます。(例:すかいつりー)
たびかん無料会員に登録する
すでに会員の方はこちらから
お好みで探す
A.ジャンルを選ぶ
観光スポットで
なにする?









観光スポットで
なに見る?









その他の観光スポット




B.都道府県を選ぶ
C.フリーワードで絞り込む
ABC内1項目だけでも検索できます
都道府県から探す
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県


沖縄県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県

秋田県
山形県
新潟県
富山県
石川県
福井県
長野県
山梨県


北海道


青森県
岩手県
宮城県
福島県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
たびかんコンテンツ
たびかんスタッフの旅行記
新しい物好き!注目スポットを巡る東京ぶらり旅【後編】 [2014年1月]
面白かった度 576クリック頂きました!
新しい物好き!注目スポットを巡る東京ぶらり旅【前編】 [2013年12月]
面白かった度 385クリック頂きました!
スタッフ3号が福岡に初上陸!柳川大宰府旅行記 [2013年9月]
面白かった度 421クリック頂きました!
東京旅行記パート2 築地&渋谷ヒカリエでお腹いっぱい [2013年5月]
面白かった度 376クリック頂きました!
天光寺で滝打たれ体験修行記、まさかのin東京 [2013年4月]
面白かった度 519クリック頂きました!
3号もやっぱり色気より食い気がメイン?(神戸) [2013年3月]
面白かった度 395クリック頂きました!
北海道はカラっと暑いから許す [2012年10月]
面白かった度 423クリック頂きました!
初挑戦!スタッフ2号の食い倒れ下呂・高山 [2012年2月]
面白かった度 524クリック頂きました!
北国でも暑いものは暑いんだ! [2011年8月]
面白かった度 207クリック頂きました!
沖縄あるある×100 [2011年3月]
面白かった度 304クリック頂きました!
トコトコトコトココトキョウト [2011年2月]
面白かった度 570クリック頂きました!
別にパワースポットがどうとかじゃなく伊勢 [2011年1月]
面白かった度 226クリック頂きました!
いざという時に「ギフ」って書けない! [2010年12月]
面白かった度 207クリック頂きました!
大分で「“湯”めぐらない旅」 [2010年11月]
面白かった度 264クリック頂きました!
砂丘に「なんかようかい?」 [2010年10月]
面白かった度 610クリック頂きました!
滋賀で天下を・・・ [2010年9月]
面白かった度 588クリック頂きました!
東京ベタスポットその1 [2010年8月]
面白かった度 532クリック頂きました!
お茶!うなぎ!富士山!ももこちゃん! [2010年7月]
面白かった度 524クリック頂きました!
弘前の桜は日本一・・・のはず? [2010年6月]
面白かった度 619クリック頂きました!
「香川」の「川」は「うどん」が「3本」(後編) [2010年4月]
面白かった度 626クリック頂きました!
「香川」の「川」は「うどん」が「3本」(前編) [2010年3月]
面白かった度 623クリック頂きました!
暴れん坊将軍は和歌山でも暴れていたか。 [2010年2月]
面白かった度 578クリック頂きました!
日本三大、県名より県庁所在地の方が有名な県1番目(愛知県) [2010年1月]
面白かった度 586クリック頂きました!
限りなく兵庫県に近い徳島 [2009年12月]
面白かった度 616クリック頂きました!
奈良を歩けば、国宝かシカに当たる? [2009年11月]
面白かった度 590クリック頂きました!
桃とお尻はウリ二つ。 [2009年9月]
面白かった度 615クリック頂きました!
大阪の中心(のミナミ)で足が痛い!と叫ぶ [2009年8月]
面白かった度 630クリック頂きました!
高速1000円で安芸の旅。帰りは通常料金・・・ガソリン代も・・・(泣) [2009年7月]
面白かった度 685クリック頂きました!

PAGE TOP