全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 茨城県観光スポット » 坂東レンゲまつり

坂東レンゲまつり

坂東レンゲまつり
10
〒306-0624
茨城県坂東市矢作または莚打
七郷中川土地改良区圃場
周辺情報を地図で確認
ばんどうれんげまつり
坂東レンゲまつり

圃場に蓮花や、アカツメクサを植え、景観作物として開放している。

毎年5月の最盛期にレンゲまつりを開催。

画像提供:あるぱ7216様

【その他キーワード】坂東市蓮華まつり レンゲ畑 ストロベリーキャンドル畑 アトラクション いちにち動物村
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(8件) クリックすると大きく表示されます

アカツメクサにミツバチが近寄りました。ミツバチの羽の動きがやっと撮れましたが・・・。
アカツメクサもレンゲソウに負けないほど咲き誇ってます
果てしなく広いレンゲ畑(全体の10分1も撮れていません)
圧巻のレンゲ畑に花見客の声が聞こえそうです。
親子でレンゲ畑散策
ミツバチ2匹。盛んに蜜を集めていました
あぜ道からレンゲ畑を散策
シロツメクサとの共演

みんなのクチコミ(1件)

9〜10点 1
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
10
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(1件中 1-1件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
3名が参考になると回答しています
あるぱ7216さんのクチコミ
2018年05月11日に投稿されました。
シロツメクサとの共演
あぜ道からレンゲ畑を散策
ミツバチ2匹。盛んに蜜を集めていました
親子でレンゲ畑散策
圧巻のレンゲ畑に花見客の声が聞こえそうです。
果てしなく広いレンゲ畑(全体の10分1も撮れていません)
アカツメクサもレンゲソウに負けないほど咲き誇ってます
アカツメクサにミツバチが近寄りました。ミツバチの羽の動きがやっと撮れましたが・・・。
 坂東市の「七郷中川土地改良区圃場」と呼ばれる水田では、毎年計10枚くらいの田んぼ全体に、レンゲソウやストロベリーキャンドルと呼ばれる「アカツメクサ」が植えられ、最盛期には水田全体が、レンゲソウのピンク色と、ストロベリーキャンドルの赤色で埋め尽くされます。


 車で走っていると、嫁さんが

「あっ、あそこ・・。」

 と叫ぶほど、水田が一面ピンク色に染まっていました。

 付近を通過した車も、つい車を停めて立ち寄る方もいらっしゃるほどですが、それが東京ドームより広い、水田10枚くらいの面積で、ピンク色や赤色で染まっているので、圧巻の景色が広がっていました。

 水田のあぜ道からレンゲ畑(田)を散策しますが、やはり花を愛でるのは良いものです。

 水田の一部に花が植わってないところがありますが、そこは田に立ち入って、間近でレンゲが撮影できます。

 ミツバチが飛んできて、盛んに蜜を集めていますが、養蜂場が付近にあるそうなので、そこから飛んできたミツバチかもしれません。


 近年、減反政策による休耕田活用のため、水稲の代わりの「景観作物」として、コスモスや紅花を植えたりしますが、坂東市では、コスモスなどの代わりに、レンゲソウやストロベリーキャンドルを栽培しているのだと思われます。

「レンゲは、水田に生えているイメージがあるけど、なんで水田に沢山生えるのかしら?」

 と嫁さんが聴いてきました。

 実はレンゲソウもストロベリーキャンドルも「マメ科」植物で、マメ科植物は、根に空気中の窒素を貯める微生物が住んでいて、植物体が枯れると、根に溜まった窒素だけが土中に残り、やがて他の植物の窒素肥料になります。

 つまり水稲の肥料として人間が播種し、緑肥植物として良く植えられていたのが、レンゲソウになります。

 「景観作物」として、養蜂の場として、水稲の有機栽培として、レンゲソウは非常に役立っていますが、しかし現在は、良質な水稲の化学肥料が販売され、非常に手間がかかるレンゲソウの播種や、来年用のレンゲソウの採種作業が不要なため、今では殆ど見なくなったのが、このレンゲソウかもしれません。

 レンゲソウ満開に合わせて、「坂東レンゲまつり」が開催されます。

 祭り期間中には、子供さんが好きそうなアトラクションや、アルパカやヤギなどの動物に触れあえる「いちにち動物村」や、レンゲソウの「ブーケコンテスト」、レンゲ畑内に散策路を設けて、自由にレンゲ摘み取りなどのイベントが行われます。

 大人には、模擬店や野菜収穫体験コーナーがあります。
 特に野菜収穫体験コーナーは、直接畑で野菜を収穫し、それを格安で購入できるので非常に人気があります。訪れる時間が遅いと、野菜が無い場合がりますので、早めの来場がおススメです。
 普段畑に生えている野菜を見た事が無い方には、どのように野菜が成ってるのか、どのように野菜が生えているのか、どんな葉っぱなのか分かるので、食育の観点から役立つこともあるそうです。

 地元の方主催の、それほど大きな祭りではありませんが、水田一面がピンク色の染まったレンゲ畑は見ごたえありますし、祭り開催日などは、坂東市のHPを閲覧いただいて、貴重になったレンゲソウを見に訪れて頂けたらと思います。

〇アクセスなど
・水田であるため、目印がありません。坂東市のHPやパンフレット参照ください。
・農道などに路駐。※現地で係員に指示に従い駐車
・祭り開催3〜4日前からは、レンゲ畑内に祭りの用具が置かれたり、レンゲ畑内に散策路が設けられるため、レンゲ畑が激しく荒れるため、綺麗なレンゲ畑を撮影するには、まつり開催数日前にお越しになると良いと思います。
・雨天時や、激しい降雨があった時などは、水田内が泥沼化し歩けないため、祭り自体が中止になる事があります。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
あるぱ7216さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
坂東レンゲまつりのすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

みゅーじあむぱーくいばらきけんしぜんはくぶつかん
ミュージアムパーク茨城県自然博物館(クチコミ16件)
〒306-0622 茨城県坂東市大崎700
7.9点
坂東レンゲまつりからの距離:約2.1km
もりのゆうえんち
もりのゆうえんち(クチコミ3件)
〒278-0031 千葉県野田市中根6-1
5.7点
坂東レンゲまつりからの距離:約5.1km
あさひびーるいばらきこうじょう
アサヒビール茨城工場(クチコミ2件)
〒302-0106 茨城県守谷市緑1-1-1
6.5点
坂東レンゲまつりからの距離:約5.9km
しみずこうえん
清水公園(クチコミ24件)
〒278-0043 千葉県野田市清水906
8点
坂東レンゲまつりからの距離:約5.9km
のだしきょうどはくぶつかん
野田市郷土博物館(クチコミ0件)
〒278-0037 千葉県野田市野田370-8
0点
坂東レンゲまつりからの距離:約6.1km
もりやさーびすえりあ
守谷サービスエリア(上り・下り)(クチコミ12件)
〒302-0116 茨城県守谷市大柏166 常磐自動車道内
7.6点
坂東レンゲまつりからの距離:約7.4km
近くのスポット一覧はこちら
「坂東レンゲまつりからの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
こちらの観光スポットもチェック!
ヒタチスターライトイル...

日立シビックセンター新...
0点
(クチコミ0件)
水郷潮来あやめ園

〒311-2425 茨城県潮来...
10点
(クチコミ1件)
大子ふれあい牧場

〒319-3511 茨城県久慈...
0点
(クチコミ0件)
相川のぼたん桜

〒319-3534 茨城県久慈...
10点
(クチコミ1件)
常陸風土記の丘

〒315-0007 茨城県石岡...
7.8点
(クチコミ5件)
沓掛峠

〒319-3513 茨城県久慈...
0点
(クチコミ0件)
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
茨城県 東筑波ユートピア
MTさんのクチコミ
今日初めて行ってきました。想像とかけ離れていて、大変ショックを受けました。匂いはすごいし、動物たちはきれいではないし、犬も紐につながれて、犬小屋もぼろ...(続きを読む)
茨城県 東筑波ユートピア
まめさんのクチコミ
昨日行ってきました 志村どうぶつ園の影響もあってか、すごく混んでいました びっくりしたのは犬達のずさんな管理 糞はそのまま、匂いもかなりあり 人間より...(続きを読む)
茨城県 国営ひたち海浜公園
あるぱ7216さんのクチコミ
 最近SNSで有名になっている「国営ひたち海浜公園」に行ってきました。  ココはGW前後に咲く、丘を青色の花が染める「ネモフィラ畑」が有名で、  「一度は...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
ハイジドードー電柱マンさん(男性)の旅エピソード
懐かしい友人の、昔のエピソードです。僕らは未公認の旅のサークルを大学内に作っていました。基本は行きたいものが行きたい場所に一人旅をする。これが基本でした。 皆バイト代を旅費に当てていました。このサークルの中に気のいい益男(仮名)がいました。ある晩みんなで彼の部屋で安酒を飲んでいた時でした。益男が声を幾分落として話し始めたの...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top