全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さん(非表示・男性・北海道)
口コミ投稿数
173件(参考になる:33767回)
画像投稿数
1210件(いいね:27715回)
読者
8人
HP・ブログ
金賞は能取岬氷瀑群の大絶景!第131回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は豊頃町 大津海岸の神秘的な光景「ジュエリーアイス」!第130回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
令和の初日の出を中崎展望広場から!第129回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は四日市の工場夜景!第128回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は宝石箱の様な夜景、雲海、イチョウ並木が素晴らしい秩父ミューズパーク!第127回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は日光国立公園内「小田代ヶ原」の紅葉!第126回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は鹿野山九十九谷展望公園から望む絶景!第125回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はまるで別世界のような野付半島「トドワラ」!第122回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は今年オープンした大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り!第121回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は桜・チューリップ・菜の花などの共演が素晴らしい国営みちのく杜の湖畔公園!第120回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は雨の日でも楽しめる夜のハウステンボス!第119回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秩父路三大氷柱のひとつ、あしがくぼの氷柱!第118回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は若草山の紅葉・日没&夕日・夜景・特殊な撮影方法の山焼き!第116回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は千手ヶ浜の日の出と紅葉!第114回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸の夜景と花火の共演が素晴らしいみなとこうべ海上花火大会!第112回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はクリンソウや野生動物が見られる奥日光自然の家!第110回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は水田一面に広がるピンク色が圧巻な坂東レンゲまつり!第109回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は彦根城の水堀に沿う桜景色!第108回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水鏡に写る満開の桜並木が美しい福岡堰さくら公園!第107回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は美しい海と道歩くケラマジカにびっくりな慶良間諸島!第106回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は馬の息遣いが伝わってくる冬のばんえい十勝!第105回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銀賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は光と音のファンタジックショーおとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華!第94回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南千倉海岸の元旦初日の出!第93回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は中禅寺湖の西側に位置する小さな湖「西ノ湖」の紅葉!第88回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホッキョクグマや沢山の海の生き物が集う男鹿水族館GAO!第86回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋空に生える京都の平等院!第85回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県の麻生八坂神社で7月末に開催される麻生祗園馬出し祭!第83回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は新緑が鮮やかで美しい京都の南禅寺!第77回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は満開の桜が広がる滋賀県 長浜城!第76回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は桜並木と一面広がる菜の花の共演 余呉川堤の桜!第75回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は様々な表情をみせる東京ゲートブリッジ!第73回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は山中湖の湖面にも写るダブルダイヤモンド富士!第71回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は夕暮れ時の関空展望ホール スカイビュー!第70回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は舞子公園から眺める瀬戸の海の夕暮れ!第68回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は滋賀県 金剛輪寺の色鮮やかな紅葉!第66回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県 但馬安国禅寺の裏庭で色鮮やかに紅葉するドウダンツツジ!第65回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は標高2000mの高層湿原 鬼怒沼!第64回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は6万本のヒガンバナが埋め尽くす栃木県の美野沢彼岸花公園!第62回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落!第61回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は紫陽花と星空が素晴らしい白糸の滝 ふれあいの里(福岡県)!第60回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は知床国立公園内にある”幻の沼”ポンホロ沼!第59回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は福岡県にある壮大な「柳川ひまわり園」の40万本ものひまわりの大輪!第58回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸市立森林植物園のアジサイの花々!第57回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は水郷で知られる潮来市のあやめ園。あやめ咲く中潮来花嫁の嫁入りも!第55回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は神戸市立須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」・・・大噴水も見事!第54回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまるで紫のカーテン。丹波篠山・白毫寺の「九尺ふじまつり」!第53回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は雪景色の絶景と屈斜路湖、白鳥を眺める事ができるコタン温泉!第52回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大阪国際空港の滑走路を間近に見られるエア・フロント・オアシス下河原!第50回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は南あわじ市村上邸で見られる絢爛のしだれ梅。ライトアップも幻想的!第49回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は知床国立公園内のプユニ岬展望台から見られる美しき流氷のオホーツク!第48回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は北海道・断崖「象の鼻」から望む流氷のオホーツク海!第47回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は第1なぎさ公園から見る一面の菜の花と比良山系の雪景色のコラボレーション!第46回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県にあり多くの水鳥が集まる貴重な景色が見られる白鳥の里!第45回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は星空の美しい二見ヶ浦海水浴場。海に佇む夫婦岩や白鳥居も幻想的!第44回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋の六甲山。再度公園・修法ヶ原池の色鮮やかな紅葉!第43回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は登山もオススメ!紅葉に包まれ魅力あふれる秋の筑波山!第42回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は日光国立公園内にある「中禅寺湖」。男体山が育む豊かな自然の数々!第41回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は阪神間で最大の規模を誇るコスモスの名所「武庫川コスモス園」!第40回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は北海道の大自然に囲まれた小さな秘沼「キンムトー」の澄み渡る水面と囲む絶景!第39回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は奈良県「本薬師寺跡」から畝傍山に沈む夕日と湿原のホテイアオイ!第38回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大自然に囲まれた高原の中にある北海道「三の沼」の紅葉と羅臼岳!第37回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は兵庫県立フラワーセンター開催の煌くサマーイルミネーション!第36回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県・芦屋サマーカーニバルのメインベント、大迫力の花火の絶景!第35回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は沖縄・竹富島の名所「西桟橋」からの絶景。夕景は見事!第34回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は賑わう神戸市立森林植物園で咲き誇る色とりどりの紫陽花たち!第33回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白砂浜にエメラルドグリーンとコバルトブルーの海が見渡せる沖縄・宮古島の「砂山ビーチ」!第32回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は初夏・大阪舞洲に期間限定でオープンする約250万輪ものゆり園!第31回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は新緑の高千穂峡から望む幻想的な「真名井の滝」!第30回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまさに感動!「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれた「感動の径」の四季!第29回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は広い敷地が一面ピンク色の絨毯と化した春の東藻琴芝桜公園!第28回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は南伊豆町・青野川沿いで2月に開催される「みなみの桜と菜の花まつり」!第26回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な十勝牧場の自然の数々。爆走するばん馬の雪中運動は大迫力!第25回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は富士山をバックに輝く湖畔の田貫湖冬景色!第24回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は英虞湾を望む志摩・横山展望台からの絶景とご来光!第21回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は「秋はもみじの永観堂」と言われる紅葉が有名な京都の永観堂禅林寺!第20回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は自然が作った芸術的な氷の造形美が魅力の北海道・冬の「フレペの滝」!第19回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はライトアップで池に照らし出された楓が幻想的な木曽公園の「逆さ紅葉」!第18回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大雪山国立公園内の然別湖で見る「くちびる山」と二つの太陽!第16回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は六甲山系の紅葉のスポットのひとつ「再度公園」の輝く紅葉!第15回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は兵庫県の休耕田約5haを使用したコスモス園!種類も豊富!第14回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は真珠を散りばめたように光り輝く函館山の夜景!第13回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は精巧な蝋人形の数々に驚かされるテーマパーク「マダム・タッソー東京」!第12回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は札幌や新千歳空港からも程近い自然の宝庫のひとつ支笏湖!第11回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は北海道の雄大な大雪山の四季を感じられる写真たち!第10回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は阿寒国立公園の森の中に佇む美しい湖「オンネトー」!第8回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「天空の道」と呼ばれる絶景が見られる熊本県の大観峰!第6回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は季節の花々が多種多様に咲き揃う安城産業文化公園デンパーク!第5回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
 こんにちは(嬉)
 旅行大好き「あるぱ7216」です。
 旅行好きが高じて、今では在り来たりな観光地は物足りなくなり、特別な時期に特別な風景を見に行きたくなりました。
 そこで見た超景色。今でも忘れられないものは沢山あります
あるぱ7216さんのいち押し観光スポット(11件中 1-4件を表示)

プユニ岬展望台
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

象の鼻【北海道】
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

三の沼
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

キンムトー(湯沼)
あるぱ7216さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

あるぱ7216さんの投稿画像(1210件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

あるぱ7216さんの口コミ(173件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
能取岬氷瀑群のクチコミ
2020年03月28日に投稿されました。
断崖の上の能取岬灯台と流氷大絶景
いつまでも魅せられた、海明けの流氷オホーツク海
高さ40mの「クジラの滝」氷瀑
今にでも落っこちて来そうな巨大なツララの「クラゲの足」。写真では分かりにくいですが、長さ1m〜数m以上あるそうです
「メノコの滝」付近から望む能取岬の断崖と流氷のオホーツク海。ツアー客の方も氷瀑を楽しんでらっしゃいました
大迫力の「オオワシの滝」。余りにも巨大な氷瀑で、なかなかカメラに収まりません
羽を広げると2.5mはあるオオワシが、上空を旋回しながらオホーツク海の彼方へ飛んで行きました。
三段になって聳える「オジロの滝」。最大の氷瀑で迫力満点でした
 2020年の桜の開花は早く、「過去最速」とも言われてますが、3月になっても、この日の網走市の気温はマイナス2度。晴れてるので暖かく感じますが、まだ山や山林内は雪が残り、オホーツク海には流氷が浮かぶ春まだ浅い季節です。


 台地上の能取岬の断崖から染み出る湧水は、冬季は氷瀑となり、アイスクライマーが氷瀑に挑戦するなど、知る人ぞ知る名所でしたが、近年はその氷瀑を見に行くネイチャーツアーなどが開催され、網走市の新しい観光名所として知られています。


 能取岬にあるキャンプ場内を通過すると、やがてオホーツク海を見渡せる断崖の上に出ますが、3月になってもまだオホーツク海には流氷が残っていました。

 真っ白い流氷が、オホーツク・ブルーと呼ばれる真っ青な海に映えます。そんな流氷が海流に乗って、ゆっくりと沖合に流れて行く様は、いつまで眺めていても見飽きない絶景がそこにありました。

 網走市街地から距離もあるので、人工音も聞こえない流氷絶景。頬に当たる風も心地よく感じるので、しばらく絶景を眺めていたくなります


 能取岬は台地なので、海辺へは急な坂道を下ります。 
 積雪のある下り坂なので、かなり慎重さが必要ですが、無事下る事が出来ました。

 この下った場所から大小10本以上の氷瀑が、能取岬の断崖にそそり立っていますが、実はこの下りきった場所から、南側に3本の名前が付けられた氷瀑が、北側に7本の名前が付けられた氷瀑があります。

 最初に南側の、「オノコの滝」「メノコの滝」「オコジョの滝」の氷瀑を見に行きました。ちなみに、オノコやメノコの名称は、アイヌ語で「女性」などの意味があります。

 いずれの氷瀑も高さ30m以上あり、その迫力に圧倒されます。
 「オノコの滝」は最接近できるので、氷瀑に触る事が出来ますが、3月にもなると氷瀑の一部が欠け落ちる危険性もあるので、触ってすぐ避難しますが、それにしても美しい氷瀑。
 湧水がゆっくり凍って出来た氷瀑は、全体が透明でありながら、見る場所により青く輝いていました。
 その不思議な美しい青さに魅せられますが、この氷瀑の迫力や美しさに、北海道を始め全国から訪れる方の気持ちが分かります。

 ただ、この美しい青白さを写真で撮りたいですが、なかなか上手く撮れなくて残念でしたが・・・。

 いきなり高さ30m以上ある氷瀑の凄さを見せつけられましたが、これはまだ序章。これからの北側の氷瀑群が楽しみです。


 北側最初の滝は高さ40mの「クジラの滝」で、アイスクライマーには人気だそうです。そして巨大な”ツララ”が連なる「クラゲの足」。最接近すると落っこちて突き刺さりそうで怖いですが、これまた迫力があります。

 「三本柱の滝」は、氷柱の裏側に行ける「裏見の氷柱?」ですが、崩壊の恐れがあるため立ち入り禁止となっていました。
 3月は比較的気温も高くなるので、安易な氷瀑の接近は禁物で安全第一になりますが、ちょっと残念に思いました。

 更に進むと、三段になった「オジロの滝」がありました。
 オジロとは、オジロワシの事と思いますが、断崖を覆うように氷瀑を望む事が出来るので迫力があります。

 さらに隣の「オオワシの滝」も迫力満点。
 嫁さんと氷瀑を比べると、その氷瀑の大きさが分かると思いますが、こんな大迫力の氷瀑を間近に見る事が出来て驚きました。

 ここで氷瀑や流氷のオホーツク海を望みながらコンビニで買ったおにぎりを食べます。

 コンビニのおにぎりでも、この白色と青色のみの大絶景の中で食べると、ひと味もふた味も美味しく感じますが、ふと上空を見ると、オオワシが青空を旋回してました。

 遥々シベリアから北海道へ飛んできたオオワシ。
 羽を広げると2.5mはある天然記念物のオオワシが、断崖の上昇気流を捕まえながらしばらく上空を旋回し、オホーツク海の彼方へ飛んで行きましたが、この大自然の大絶景に華を添えてくれたオオワシの姿は、しばらく魅入るような、それはそれは雄大な姿でした。


 「オオワシの滝」の先には「ハヤブサの滝」がありますが、それ以上は行けないので、ココで折り返しになります。

 断崖に氷瀑に流氷、そしてオオワシの雄大な姿を見る事が出来て、大満足な氷瀑巡りでしたが、本当に素晴らしく一見の価値は大ですので、是非冬季の網走市を訪れて頂いた際は、能取岬の氷瀑巡りを参考にして頂けたらと思います。


〇アクセスなど
※素人単独でのアクセスは大変危険(重要)です。「能取岬氷瀑群」や「網走市内のネイチャーツアー会社」、「網走市観光協会」などで検索され、ツアー参加をお願いします。

・断崖と海辺の間を歩きますので、大げさと思う程厚着をされ参加ください。
・トイレや売店など、一切ありません
6名が参考になると回答
支笏湖氷濤まつりのクチコミ
2020年03月14日に投稿されました。
会場を見下ろす巨大な氷柱のタワー。昼間は巨大な氷柱ですが、ライトアップされると幻想的な氷柱タワーになります
幻想的な支笏湖ブルーに染まったイグルー内。会場内では、殆どの氷のオブジェ内の中に入る事が出来ます
松の木を凍らせ、緑色でライトアップされた「苔の洞門」。幻想的な雰囲気を醸し出していました。
支笏湖に生息するマスなどを展示した「氷族館(ひょうぞくかん)」。サケ科の魚が展示されており、コノ魚もサケ科なのか?と新たな発見があるかも
イグルーの中に作られた「氷濤神社」。賽銭は氷の中に埋めるように打ちます(笑)結構面白い・・・。
ライトアップされた支笏湖ブルーの池。昼間より夜が美しいです
大迫力の巨大な氷壁「ビッグマウンテン」
ライトアップされた氷濤祭り会場。大人気でやっと撮る事が出来ました。
 支笏湖畔で開催される「支笏湖氷濤(しこつこひょうとう)まつり」は、人工的に組まれた木組みや自然の木々に、スプリンクラーで支笏湖の湖水を吹き付け、自然に凍らせて作られた氷の氷像が立ち並ぶ冬の祭りです。

 「さっぽろ雪まつり」は雪で作られた雪像ですが、支笏湖は氷像なので、昼に訪れると氷が「支笏湖ブルー」と呼ばれる不思議な青色に輝いており、幻想的な世界を演出します。

 300円の協力金を支払い、入場券代わりの「氷濤まつりのポストカード」を受け取り、入口の氷のトンネルと潜ると、そこは大小さまざまな氷のオブジェが並んでいましたが、中央に2本の巨大な氷のタワーがありました。
 観光客と大きさを比べると、その高さが分かりやすいと思いますが、これだけの氷柱が自然に凍って出来るのは、厳冬期はマイナス20度になる日もあるので、まさに厳寒地ならではの氷の祭りです。

 これらの氷のオブジェの多くは、中に入る事が出来るので、氷の世界を実感できます。
 特に氷のブロックで積み上げて作られた「イグルー」と言う、カマクラの様な家は、室内が青色で染まっていました。
 これは決して青い人工光で照らしてるわけでは無く、「少しづつ凍って出来た氷が、紫外線を取り込んで出た光の色」
 と聞きましたが、不思議な青い世界です。
 カップルにお願いして撮らせて頂きましたが、幻想的な一枚が撮れました。

 他には「氷濤神社」と言う、氷で作られた神社がありましたが、賽銭は賽銭箱に打つのではなく、素手の指で硬貨を氷に押し付けると、体温の熱が硬貨に伝わり、氷が解けて硬貨が張り付き、指を離すとスグに凍るので、このように賽銭を打つ???事が出来ます。

 すでの沢山の観光客が賽銭を打って??いたので、氷には沢山の硬貨が張り付いていましたが、特に子供さんが面白がって賽銭を打っていました。

 また「苔の洞門」と言って、緑色の灯で照らされた氷のトンネルや、支笏湖に生息するマスなどが展示された「氷族館(ひょうぞくかん)」、氷の滑り台(大人でもかなりのスピードで滑れる)や、天然のスケートリンク(要ヘルメット着用で靴でそのまま滑る。ヘルメット無料貸し出し有)や、「氷濤ダイナミックナイト」と言う、力強い和太鼓のイベントが実施され、観客を楽しませてくれます。

 昼間でも楽しく過ごせますが、夕暮れからはライトアップされるので、より多くの観光客が訪れて来ました。

 昼間は普通のイグルーや氷のタワーでしたが、氷のタワーはレッドタワーとブルータワーでライトアップされ、昼間とは違った氷濤まつりが楽しめます。
 昼間でも迫力があった巨大な氷壁の「ビッグマウンテン」も、その迫力が倍加した感じに見えましたし、「支笏湖ブルーの池」も、より青さを増してました。

 やはりライトアップされた「氷濤まつり」会場を見下ろせる展望台は美しく、写真撮影に大人気で、私もやっと撮る事が出来ました。
 更に土日の週末に限って花火が打ち上げられますが、残念ながら寒さの影響でカメラがバッテリー切れに。
 厳寒地では電池の消耗が激しくなるので、予備バッテリーや予備カメラは必要です。
 10分間ほどの花火でしたが、目視で堪能出来ました。

 温度計を見ると、気温はマイナス10℃。足先から指先まで冷えて来ましたが、堪能出来ました。

 会場内には、軽食堂、休憩場、トイレが完備されてますが、時間帯によって非常に混み合いますので、会場から徒歩10分ほどの、支笏湖温泉街の食堂や休憩場を利用されると良いと思います。
 いったん会場外へ出ても、再度「氷濤まつりのポストカード」を見せれば再入場出来ますので、イベントや体調に合わせて「氷濤まつり」を楽しんで頂けたらと思います。


〇アクセスなど
・新千歳空港〜JR千歳線千歳駅よりバスで約55分
・会場:千歳市支笏湖温泉 無料駐車場有
※重要※(慣れない雪道をレンタカーなどで行くのは大変危険です。公共交通機関を利用ください)
・300円の氷濤まつり協力金にご賛同願います
・ライトアップ前、土日祝のなどの週末は花火が上がる(HP参照)ため、駐車場などは非常に混みあいます。早目の来場が望ましいです。
・会場は非常に滑りやすい部分があります。事前に滑り止めなどを準備されると良いと思います。また夜間や風が吹く日は非常に寒いため、完全な防寒をお願いします。
・寒さのため、スマートフォンのカメラはスグに作動不能になる事があります。ギリギリまでカイロで温めるなどの対策が必要です。
・会場周辺に、温泉施設あり
6名が参考になると回答
豊頃町 大津海岸のクチコミ
2020年02月27日に投稿されました。
太陽が沈むほどに、沢山のジュエリーアイスが乱反射してきました。
氷の上のジュエリーアイス。夕陽がジュエリーアイスを、より美しく輝かせる感じがします
太陽が氷の穴に入るように、息を殺して撮影。
十勝川を介して沈む夕陽。この十勝川から流出する氷が、ジュエリーアイスの元になります
夕焼けをバックに、しっとりとした感じがするジュエリーアイス。
夕暮れ前に撮影。青白く、それでいて透明なジュエリーアイス
青白く輝く畳大のジュエリーアイス。実際の氷は透明ですが、青白く見える不思議な現象です。
氷上のゴマフアザラシ。ぜひ十勝川河口付近まで移動し、探してみてください
 2017年にニューヨークタイムズで、「世界で唯⼀の景色」として掲載されてから、今では外国人観光客や、観光バスで団体が訪れるほど有名になっている、豊頃町の大津海岸を訪れました。

 この日は平日にも関わらず、海岸には30人くらいの観光客が訪れていましたが、なぜそれほどまで大津海岸が有名になったのか?
 それは十勝川で結氷した氷が海に流出し、その流出した氷が波で洗われ角が取れ、嵐などでその氷が打ち上げられます。
 その打ち上げられた氷は、まるでクリスタルのような透明さで美しく、また氷が太陽の光を受けると、時に青く、朝日や夕陽を浴びると、オレンジ色に輝く姿や美しさから「ジュエリーアイス」と呼ばれ、この大津海岸で見る事が出来ます。

 この日の天気は薄曇り、気温マイナス8度、弱風。
 弱風とは言え、風を遮るものは何もないマイナス気温の中では、超完全防備で望まなければ5分も海岸に居る事は出来ません。

 波打ち際から近い場所にジュエリーアイスが沢山転がってますが、砂が付着していて、なかなか良いジュエリーアイスが撮れません。

 そもそも透明な色を撮るには、どうしても私の腕ではピントが合わず難航します。

 他のカメラマンを見ると、波でジュエリーアイスを洗い、綺麗になった所で拾い上げますが、長靴と手袋持参でその作業を行っているので、何度も来ていると思われます。

 また波打ち際にジュエリーアイスを落し、スローシャッターで波の動きと合わせて撮影するなど、それ相応の機材を持参し、色々と工夫して撮影してらっしゃいました。


 十勝川の河口付近まで移動し、ふと結氷した十勝川の氷上を見ると、何か生物が居るようです。
 超望遠レンズで覗くと、なんとその生物らしきものは2頭のアザラシで、仲よく氷の上で寝ているようでした。
 しかし、ややコチラに足を向けて寝ているので、何とか顔が撮りたいですが、昼寝中なのか動きに乏しい・・・。

 頭を上げて欲しいですが、待つこと10分。
 何かの物音を感じたのか、ふと身体を動かし頭を上げたので、なんとかアザラシの顔撮影に成功。
 しかし、寒さのためカメラの電池の消耗が激しく電池切れに。もう少しアザラシが撮りたかったですが、電池が無いのは仕方がありません。

 今回はそれを想定して、もう一台カメラを持参したので良かったですが、厳寒地での撮影は、予備カメラや予備電池は必需品です。

 ジュエリーアイスは、掌ほどの大きさから畳ほどの大きさの物まで様々ですが、畳大の氷が、青白く輝いているのが不思議に思えます。


 後から青く輝く理由を尋ねましたが、余りにもの透明感から?、紫外線がドウノコウノ?とか、イマイチ分かりませんでしたが、不思議な現象です。

 太陽が傾き夕映えが近くなると、ジュエリーアイスが昼間とは違う顔を見せ始めます。
 海岸に打ち上げられた沢山のジュエリーアイスも夕陽を反射し、超ローアングル撮影すると、乱反射したキラキラを撮影する事が出来ました。

 日暮れまで30分くらいしか無いので、色んな角度からジュエリーアイスを撮影しますが、寒さのために手が震えて感覚も無くなり、さらに手袋をしているので、シャッターも押せない状態になってきました。

 それでも、十勝川を介して沈む夕陽や、目に見えてオレンジ色を帯びた表情に姿を変えるジュエリーアイス撮影が楽しくなり、夢中になりますが、陽が沈むと、一気に寒さが身体を襲ってきました。

 十勝川河口付近まで来たので、暗くなるまでに、1劼曚漂宿佑鯤發い撞△蕕覆い肇ぅ吋泪札鵑、ジュエリーアイスのその幻想的な美しさは、まさに寒さも忘れるほど美しく感動的でした。おまけにアザラシも何とか撮る事が出来て、満足な撮影になりました。

 本当に半端なく寒いですが、ジュエリーアイスの美しさは格別なので、ぜひ大げさと思う程厚着をされ、参考にして頂けたらと思います。


〇アクセスなど
・時期:1月中旬〜2月下旬頃
・ジュエリーアイス休憩所あり(ストーブ設置)、簡易トイレあり
※付近に食堂はありますが、コンビニなどはありません。要購入
・帯広市内から自動車で約1時間 無料駐車場有
※北海道中川郡豊頃町大津元町地先(ジュエリーアイス駐車場・大津海岸)
・帯広市内や十勝川温泉などの宿泊先、とかち帯広空港などから、タクシー、観光バス、ネイチャーツアーなどの日帰りツアーあり。
・寒さのため、スマートフォンのカメラはスグに作動不能になる事があります。ギリギリまでカイロで温めるなどの対策が必要です。
7名が参考になると回答
筆影山のクチコミ
2020年02月12日に投稿されました。
日の出絶景を愛でに来ていた家族にお願いして、後ろ姿と絶景を撮らせて頂きました
厚い雲から朝日がオレンジ色の道を作り、島影を作り出しました
美しい瀬戸内の多島美
清々しい朝の絶景
朝イチのフェリーが、生口島に向かって就航しています
 筆影山は三原市の郊外に位置する標高311mの山で、山頂付近まで車で行く事が出来ます。

 山頂はモミジと桜の名所であり、また展望台と見晴台があるので、モミジや桜越しに望む瀬戸内海国立公園の素晴らしい多島美は、瀬戸内随一とされる、知る人ぞ知る名所です。

 一度桜が満開時の、日の出前に筆影山を訪れました。
 しかし既に駐車場は満車で、折り返して麓のわずかなスペースに車を置いて、歩いて山頂を目指しましたが、展望台は三脚持参のカメラマンで占領され、わずかな隙間から何とか日の出と瀬戸内の多島美、そして満開の桜を撮る事が出来ましたが、結局、それ以後撮影スペースを譲ってもらう事が出来ず、また余りにものカメラマンの多さに、かなりゲンナリした事がありました。

 しかし、日の出と多島美の絶景にこだわらなければ、満開の桜や鳥のさえずりなど、桜の名所筆影山ならではの自然を堪能できたり、撮影する事が出来ました。


 冬季の三原市沖の海上は、海霧が発生しやすい地域であり名所でもあります。
 特に放射冷却現象が発生するような、良く晴れた一段と気温が下がった早朝に筆影山を訪れると、既に10人ほどのカメラマンが三脚を構えていました。

 まだ日の出まで間があるので非常に寒いですが、おぼろげながら明るくなった海上には、海霧が発生してるのが見えます。

 次々とカメラマンが訪れたので、撮影場所を決めて待っているうちに、目に見えて辺りが明るくなると、海霧は海上から沸き立つように増えていました。

 そして待望の朝日が昇ると、目に見えて海霧がオレンジ色に染まって行きました。
 余りにも眼前の景色が広いので、ドコを撮って良いか迷いますが、ちょうど一隻の船がオレンジ色に染まった海霧をかき分けて進んで行くのが見え、多島美などを入れてパチリ。
 遠く因島大橋をバックに入れたり、アップで撮ったりしましたが、カメラマンが多く、どうしても撮影スペースが狭いのが残念。

 撮影をやめて、後から来た方に場所を譲り、しばらく海霧の絶景を眺める事にしました。

 しかし、それから10分もしないうちに風が吹き始め、あっと言う間に海霧は無くなってしまい、あの幻想的な絶景が無くなってしまいました。
 少々物足りなかったですが、自然現象ですので、少しでも見れた事は運が良かったかもしれません。

 ブルーアワーから始まる絶景が、目に見えて刻々と変わって行き、そしてオレンジ色に染まる海霧が見えるまでの、その変わって行く自然現象がみれたのは、本当に情趣溢れた、時間を忘れて見入ってしまうひと時でした。


 翌朝も筆影山を訪れましたが、前日とは打って変わってカメラマンは少なく、自由に撮る事が出来ました。
 昨夜から曇り空で風もあり、海霧は発生する確率は低いと、カメラマンは知っていたから来なかったと思います。

 海上の厚い雲の上から朝日が昇ると、航行する船舶や多島美を照らします。

 遠く薄い霞が多島美を白く染め、海上に島影が写り、海のキラキラがとても美しく映えていました。
 一緒に絶景を眺めていた家族に声掛けし、絶景に魅入る後ろ姿を撮らせて頂きました。

「本当にきれいな景色ですね
 とおっしゃられましたが、まさに同感です。
「この景色を見る事が出来て、良かったですよ・・・。」

 前日の海霧の絶景も美しかったですが、今日の景色も海霧の負けないほど美しく、何よりカメラマンや三脚を気にせず場所移動をして撮れたのが良かったです。

 前日は気づかなかった小鳥のさえずりが聞こえ、それが眼前の絶景に華を添えています。
 カメラマンや家族は全員帰ってしまいましたが、この絶景の中にいると、もう暫くこの景色を愛でていたい気持ちになりました。

 眼前に広がる瀬戸内海と多島美。
 まさにコノ瀬戸内海国立公園の美しさを堪能できる筆影山は、日の出前に訪れるのは大変ですが、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

〇アクセスなど
・レンタカーなどで筆影山山頂付近まで行く事が出来ますが、麓から一車線の細道になります。
・無料駐車場とトイレ有。
・JR山陽本線三原駅から竹原市方面行きバス10分(和田沖登山口下車) またはJR呉線須波駅から徒歩で60分
※展望台や見晴らし台は狭くスペースが限られます。三脚での場所取りなどは控えて頂き、後から来た観光客にも場所を譲って頂けたらと思います。
14名が参考になると回答
西条酒蔵通りのクチコミ
2020年01月29日に投稿されました。
煉瓦で作られた煙突がアチコチにあり、酒蔵通りに華を添えています
名物西条瓦。かなり凝った瓦が目立ち、かつてはかなり利益があったと思われます
漆喰壁の鏝絵(こてえ)。いかに財を成したか想像できますが、一時期は競争して鏝絵を掘らせた時もあったそうです。
味のある漆喰壁に囲まれた路地を歩くだけで、仕込みの酒の香りが漂ってきます
酒樽を改良して造られて椅子。最初観た時は驚きましたが、入らしたお客さん全員が目を見張りました
5種の名酒飲み比べ。酒飲みにはタマラナイ逸品だと思います
酒の仕込み体験(真似だけ)インスタ映えするか???
仕込みが行われている西条の街
 JR山陽本線西条駅で下車すると、心なしか酒の仕込みの香りがするような気がします。
 
 西条は「灘」、「伏見」と並ぶ銘醸地として知られ、賀茂鶴、亀齢(キレイ)、西條鶴、福美人、白牡丹、賀茂泉、山陽鶴の7社が醸造を続けています。

 
 西条酒蔵通りを歩くと、千本格子の町家や真っ白な漆喰の蔵が並んでおり、また赤煉瓦で作られた煙突が目立ち、この酒蔵の街に華を添えている感じがします。

 また赤瓦を葺いた家が多いですが、赤瓦が周囲の景観と調和している事から、この西条地域の特徴であり、また積極的に景観保全のために赤瓦屋根が推進されているそうです。
 特に大きな酒蔵の屋根は、鬼瓦など特徴的な瓦があり、目を楽しませてくれます。

 
 ところで、歩くほどに酒の仕込みの香りがするので、酒好きにはタマラナイ場所ですし、「目指せ全酒蔵制覇」と言って、各蔵元では、個性を生かした自慢の酒を試飲できますし、見学や酒造りの説明をして頂いたり、時期によっては、実際に酒造りの見学が出来ます。


 その中で賀茂鶴酒造は、ビデオ上映の椅子が小さな酒樽を改良して造られており、最初観た時は少々驚きます。
 ビデオ上映が終わると、試飲と売店会場に案内されますが、ココでは自慢の酒を有料試飲できます。

 メニュー表がには、「搾りたて」などの5種類の吟醸酒が飲み比べできるメニューが525円でありました。

 やや大きめのグラスに銘柄などが書かれた紙が置いてあり、それぞれ飲み比べが出来ますが、これ一人で全部飲むと酩酊してしまうので、妻にも試飲を手伝って貰います。

 私はそれほど飲めませんが、やはりこのフルーツの様な甘い香りこそが、本物の酒の香りであり、喉ごしも心地よかったです。


 こんな酒を飲むと、醸造用アルコールが入ってる、あのツンとしたベッタリとした味がする酒はもう飲めなくなりますが、残念ながら、現在はこの醸造用アルコールが入った酒が主流になっているので、「本物の酒」と言うのを知る意味でも、価値があると思います。


 そもそも酒は、酒米と米こうじ、水で作るので、本来醸造用アルコールなんて入れる必要は無いですが・・・・。


 加茂鶴酒造では酒蔵を改造して、酒樽や酒造りに使う道具などが展示してあり、またインスタ映え用として、実際に酒の仕込みが出来る(真似)姿を撮影出来ます。

 館内を色々説明案内して頂きましたが、かつては「酒造り唄(さけつくりうた)」と言って、酒造りの各工程で節をつけて歌われており、これはキツイ作業を癒すだけでなく、桶を洗う作業、精米、もろみの仕込みなど、酒造作業の各工程で、複数人が同一の作業をする際に、タイミングを合わせる意味合いや、作業時間を計る意味合いもあったそうです。


「酒造り唄を聞いてみたいですね」


 と言うと、
「次回は、実際の酒造りの見学にお越し頂くと、聞けるかもしれませんよ」

 と言われました。

 でも、色んな酒造りの説明をして頂くと、本当に酒造り文化は素晴らしく、興味をそそりましたし、今回は
実際の酒造り見学ができなかったので、是非次回は時期を合わせて、見学したいと思いました。

 義母は少々高価な酒を購入しましたが、実はこんな酒は非常に繊細で、ワインと同じように冷暗所に保管する必要があります。

 それどころか、普通に明るい店頭に置かれて販売されている店が目立ちますが、これでは良い酒もすぐに劣化してしまうので、そう言う点からも、酒と言うのを再度知る必要があると思いました。

 日本の文化でもある酒造りは、知れば知るほど勉強になり、興味をそそります。
 試飲をされるのも良いですが、是非説明を受けて見学される事をオススメしますので、参考にして頂けたらと思います。


〇アクセス〜
・JR山陽本線西条駅より徒歩数分
・全ての酒蔵をまわるには、数時間を要します。
・レンタカーなどでお越しの際は、JR西条駅で検索され、付近の有料駐車場を利用(試飲後の運転は厳禁です)
・酒蔵は毎日開館してません。HPなどをご覧いただき、開館状況の確認、酒造り見学などの予定を合わせてお越しになると、より本物の酒について知識が深まります。
・毎年10月の第2土日の2日間「酒祭り」開催予定
・各所にトイレ、売店、食事処などあり
・仕込み水が汲めます。ペットボトルや水筒など持参されると良いと思います。
・この仕込み水を使ったパン屋、また美酒鍋などの店もあります。事前にHPで下調べをするか、観光案内所でパンフレットを貰うと良いと思います。
前の5件 次の5件

↑ Page Top