全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さんのページ
あるぱ7216さん(非表示・男性・北海道)
口コミ投稿数
148件(参考になる:27532回)
画像投稿数
1049件(いいね:23698回)
読者
8人
HP・ブログ
金賞は秩父路三大氷柱のひとつ、あしがくぼの氷柱!第118回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は若草山の紅葉・日没&夕日・夜景・特殊な撮影方法の山焼き!第116回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は千手ヶ浜の日の出と紅葉!第114回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸の夜景と花火の共演が素晴らしいみなとこうべ海上花火大会!第112回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はクリンソウや野生動物が見られる奥日光自然の家!第110回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は水田一面に広がるピンク色が圧巻な坂東レンゲまつり!第109回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は彦根城の水堀に沿う桜景色!第108回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水鏡に写る満開の桜並木が美しい福岡堰さくら公園!第107回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は美しい海と道歩くケラマジカにびっくりな慶良間諸島!第106回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は馬の息遣いが伝わってくる冬のばんえい十勝!第105回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銀賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は光と音のファンタジックショーおとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華!第94回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南千倉海岸の元旦初日の出!第93回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は中禅寺湖の西側に位置する小さな湖「西ノ湖」の紅葉!第88回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホッキョクグマや沢山の海の生き物が集う男鹿水族館GAO!第86回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋空に生える京都の平等院!第85回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県の麻生八坂神社で7月末に開催される麻生祗園馬出し祭!第83回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は新緑が鮮やかで美しい京都の南禅寺!第77回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は満開の桜が広がる滋賀県 長浜城!第76回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は桜並木と一面広がる菜の花の共演 余呉川堤の桜!第75回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は様々な表情をみせる東京ゲートブリッジ!第73回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は山中湖の湖面にも写るダブルダイヤモンド富士!第71回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は夕暮れ時の関空展望ホール スカイビュー!第70回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は舞子公園から眺める瀬戸の海の夕暮れ!第68回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は滋賀県 金剛輪寺の色鮮やかな紅葉!第66回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県 但馬安国禅寺の裏庭で色鮮やかに紅葉するドウダンツツジ!第65回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は標高2000mの高層湿原 鬼怒沼!第64回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は6万本のヒガンバナが埋め尽くす栃木県の美野沢彼岸花公園!第62回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落!第61回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は紫陽花と星空が素晴らしい白糸の滝 ふれあいの里(福岡県)!第60回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は知床国立公園内にある”幻の沼”ポンホロ沼!第59回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は福岡県にある壮大な「柳川ひまわり園」の40万本ものひまわりの大輪!第58回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸市立森林植物園のアジサイの花々!第57回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は水郷で知られる潮来市のあやめ園。あやめ咲く中潮来花嫁の嫁入りも!第55回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は神戸市立須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」・・・大噴水も見事!第54回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまるで紫のカーテン。丹波篠山・白毫寺の「九尺ふじまつり」!第53回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は雪景色の絶景と屈斜路湖、白鳥を眺める事ができるコタン温泉!第52回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大阪国際空港の滑走路を間近に見られるエア・フロント・オアシス下河原!第50回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は南あわじ市村上邸で見られる絢爛のしだれ梅。ライトアップも幻想的!第49回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は知床国立公園内のプユニ岬展望台から見られる美しき流氷のオホーツク!第48回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は北海道・断崖「象の鼻」から望む流氷のオホーツク海!第47回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は第1なぎさ公園から見る一面の菜の花と比良山系の雪景色のコラボレーション!第46回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県にあり多くの水鳥が集まる貴重な景色が見られる白鳥の里!第45回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は星空の美しい二見ヶ浦海水浴場。海に佇む夫婦岩や白鳥居も幻想的!第44回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋の六甲山。再度公園・修法ヶ原池の色鮮やかな紅葉!第43回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は登山もオススメ!紅葉に包まれ魅力あふれる秋の筑波山!第42回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は日光国立公園内にある「中禅寺湖」。男体山が育む豊かな自然の数々!第41回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は阪神間で最大の規模を誇るコスモスの名所「武庫川コスモス園」!第40回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は北海道の大自然に囲まれた小さな秘沼「キンムトー」の澄み渡る水面と囲む絶景!第39回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は奈良県「本薬師寺跡」から畝傍山に沈む夕日と湿原のホテイアオイ!第38回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大自然に囲まれた高原の中にある北海道「三の沼」の紅葉と羅臼岳!第37回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は兵庫県立フラワーセンター開催の煌くサマーイルミネーション!第36回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県・芦屋サマーカーニバルのメインベント、大迫力の花火の絶景!第35回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は沖縄・竹富島の名所「西桟橋」からの絶景。夕景は見事!第34回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は賑わう神戸市立森林植物園で咲き誇る色とりどりの紫陽花たち!第33回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白砂浜にエメラルドグリーンとコバルトブルーの海が見渡せる沖縄・宮古島の「砂山ビーチ」!第32回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は初夏・大阪舞洲に期間限定でオープンする約250万輪ものゆり園!第31回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は新緑の高千穂峡から望む幻想的な「真名井の滝」!第30回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまさに感動!「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれた「感動の径」の四季!第29回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は広い敷地が一面ピンク色の絨毯と化した春の東藻琴芝桜公園!第28回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は南伊豆町・青野川沿いで2月に開催される「みなみの桜と菜の花まつり」!第26回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な十勝牧場の自然の数々。爆走するばん馬の雪中運動は大迫力!第25回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は富士山をバックに輝く湖畔の田貫湖冬景色!第24回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は英虞湾を望む志摩・横山展望台からの絶景とご来光!第21回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は「秋はもみじの永観堂」と言われる紅葉が有名な京都の永観堂禅林寺!第20回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は自然が作った芸術的な氷の造形美が魅力の北海道・冬の「フレペの滝」!第19回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はライトアップで池に照らし出された楓が幻想的な木曽公園の「逆さ紅葉」!第18回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大雪山国立公園内の然別湖で見る「くちびる山」と二つの太陽!第16回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は六甲山系の紅葉のスポットのひとつ「再度公園」の輝く紅葉!第15回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は兵庫県の休耕田約5haを使用したコスモス園!種類も豊富!第14回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は真珠を散りばめたように光り輝く函館山の夜景!第13回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は精巧な蝋人形の数々に驚かされるテーマパーク「マダム・タッソー東京」!第12回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は札幌や新千歳空港からも程近い自然の宝庫のひとつ支笏湖!第11回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は北海道の雄大な大雪山の四季を感じられる写真たち!第10回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は阿寒国立公園の森の中に佇む美しい湖「オンネトー」!第8回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「天空の道」と呼ばれる絶景が見られる熊本県の大観峰!第6回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は季節の花々が多種多様に咲き揃う安城産業文化公園デンパーク!第5回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
 こんにちは(嬉)
 旅行大好き「あるぱ7216」です。
 旅行好きが高じて、今では在り来たりな観光地は物足りなくなり、特別な時期に特別な風景を見に行きたくなりました。
 そこで見た超景色。今でも忘れられないものは沢山あります
あるぱ7216さんのいち押し観光スポット(11件中 1-4件を表示)

プユニ岬展望台
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

象の鼻【北海道】
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

三の沼
あるぱ7216さんのクチコミはこちら

キンムトー(湯沼)
あるぱ7216さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

あるぱ7216さんの投稿画像(1049件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

あるぱ7216さんの口コミ(148件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
大谷公園・大谷景観公園のクチコミ
2019年03月13日に投稿されました。
大谷公園を象徴する「平和観音」。直接、石に掘られた高さ27mの観音様は必見です
大谷公園展望台からの、大谷石が切り出された石切り場跡。高さ20mはある石の壁に圧倒されます
大谷石が贅沢に敷かれた大谷公園。まさに産地ならではの公園です
切り出された石の間を抜けてパワーを頂きます。パワースポットとしても有名??です
大迫力の、垂直に切り出された崖の間を通って、大谷寺や大谷景観公園へ向かいます
芝生広場やベンチなどが設置されてる大谷景観公園。迫力ある石切り場跡を望みながら休憩出来ます
切り出された大谷石を運んだと思われるトンネル。奥に石切り場の一部が見え、潜りぬけたくなりますが、残念ながら立ち入り禁止です。(大谷景観公園)
見上げるほどの大迫力ですが、どうしてあの様な感じに石の切ったのが不思議です。
 宇都宮市の特産品として有名な「大谷石」は、宇都宮市大谷町付近一帯で採掘される石材で、大谷町を訪れると、アチコチで大谷石が切り出された
”石切り場跡”
 を見る事が出来ます。

 
 大谷公園は、公園の入り口から大谷石が贅沢に敷き詰められた、石畳を歩きます。

 淡い白色と言うのか、見た目が美しく温かみが感じられる大谷石は、厚さ2cmにスライスできる技術が開発されたため、建築物の外壁や、石垣や階段、門柱にも、大谷石が利用されているそうです。
 
 大谷公園の途中には、戸室山に住んでいた天狗が、大谷に向かって投げた巨石、「天狗の投げ石」や、亀裂が入り臼のような形をした「スルス岩」、他にも「鶴岩」「亀岩」「兜岩」「ダルマ岩」などの奇岩があり、目を楽しませてくれますが、やはり公園を進んだ先にある「平和観音」は、大谷公園を象徴する観音様です。

 戦没者の慰霊と世界平和を祈念して、自然の岩壁に直接彫られた、高さ27mの観音様は、温和な表情をされ、顔の長さだけで5m、鼻の長さだけでも1mある巨大な石仏です。
 観音様の右手側にある階段を登ると、観音様の後ろ姿を拝見しながら、胸の高さのところにある展望台に行くことができます。

 展望台からは、名勝に指定された御止山(おとめやま)や大谷寺、大谷石が敷き詰められた公園を一望できますが、やはり凛々しいお顔の観音様は、展望台からより間近で拝見することが出来ますので、やや急な階段を登る事になりますが、是非展望台からお顔を拝見される事をオススメします。

 高さ20mはあろうかと思われる、大谷石が切り出された崖を通過して5分ほど歩くと、姿川沿いにある大谷景観公園があります。

 垂直に切り立った白い岩壁や、姿川によって大谷石が削られて出来た、300mに渡って続く大谷石の崖の景観は迫力満点で必見ですし、どこかの大渓谷のような感じもします。

 まさに大谷石の景観公園ですが、この石切り場跡を見ていると、どのようにして大谷石を切り出したのか、どうやってこのような石の景観が出来たのか不思議ですが、そんな大谷景観公園は、芝生広場が広がっており、トイレ・ベンチが設置された気持ちの良い公園ですので、このような石の空間に囲まれた公園で、是非芝生広場で遊んだり、休憩されると良いと思います。



 大谷公園や大谷景観公園付近には、大谷寺や大谷資料館など、大谷石に関する施設があり、普段石に関心が無い方でも、圧倒される石切り場跡などを見ると、少しは石に対して見方も変わるかもしれませんので、是非参考にして頂けたらと思います。


〇アクセスなど
・JR東北本線宇都宮駅より、関東自動車路線バス利用の「大谷観光一日乗車券」あり
・大谷公園、大谷景観公園に無料駐車場有。入場無料
・土産物屋、レストラン、トイレなど完備
12名が参考になると回答
あしがくぼの氷柱のクチコミ
2019年02月27日に投稿されました。
入口からいきなり圧巻の氷柱に圧倒されます
スプリンクラーで沢の水を散水して出来上がった氷柱の森
観光客と圧巻の氷柱の森
まるでクラゲかシャンデリアのごとく見える氷柱
巨大つららと、奥に観光客
展望広場から氷柱を俯瞰
ライトアップ氷柱に歓声が聞こえそうです
ライトアップされた幻想的な「あしがくぼ氷柱」
 沢の水をせき止め、その沢水を12月頃からスプリンクラーで散水し、冬の寒さで巨大な氷柱を作り上げた「あしがくぼの氷柱」は、斜面一面に氷柱の壁が作られた、圧巻の氷柱を愛でる事が出来るイベントです。

 斜面一面を覆いつくす大迫力な氷柱は、人間と自然の合作アートで、その規模は高さ30m、幅200mに渡り、その中にウッドチップが敷き詰められた散策路が設置されてますので、やや急坂はありますが、比較的歩きやすく整備されてます。


 途中には触る事が出来る氷柱がありますので、是非触ってみて欲しいですが、なかなかこんな氷柱は触る機会は無いですし、貴重な体験??かもしれません。
 でもやはり、ひんやり冷たいです。

 
 氷は空気を含んでますから、普通は白っぽく見えますが、氷柱全体が青く見えるのは不思議です。
 その青さは

「紫外線か何かの影響」

 とされてますが、本当にその青く見える様は、何とも言えず不思議です。

 しかしその青さを撮影しても、なかなかその氷の青さは出ませんが、どんなカメラも、青色を出すのは苦手なのでしょうか?

 展望広場までやや急坂を登りますが、所々にベンチがあり、休憩も出来ます。


 展望広場では、軽食や土産物が売られていたり、また甘酒か紅茶のいずれか一杯が振舞われていました。
 薪ストーブが焚かれ、ベンチがあるので、座りながら暖をとる事が出来ますので、薪ストーブで暖をとりながら、振舞い甘酒などを飲みたくなります。

 展望広場から俯瞰するように氷柱を眺めると、とても迫力があります。
 人物を入れて氷柱を撮ると、その氷柱の規模が分かります。また折り重なるような氷柱は、まるでクラゲやシャンデリアのように見えますし、曇り空の方が、より氷柱の青さが引き立って見える気もします。


 展望広場からさらに先に進むこともできます。
 やや歩きにくい急坂を下ると、砂防ダムのすぐ下側に出て、氷柱を間近で見る事が出来ます。
 氷柱たちは木々を飲み込み、氷柱のクラゲやシャンデリアもかなり間近で見れますので、是非展望広場より先に行かれる事をオススメします。

 さらに、金・土・日曜日と祝日は、日没から色とりどりのLEDでライトアップされ、BGMと合わせて、昼間とは違う世界を見せてくれます。
 氷ですので、透き通って見えるのが素晴らしく幻想的です。

 1月から氷柱を見る事が出来ますが、その後も散水はされ、2月の上旬辺りが一番最大規模になるそうですが、その後は気温の上昇と共に、生長よりも溶ける量が多くなるそうです。
 なかなかコレほどの規模の氷柱を見る機会はありませんし、冬季の気温で氷柱の大小もあるかと思いますが、是非参考にされて、訪れて頂けたらと思います。


〇アクセスなど
・西武秩父線「芦ヶ久保駅」下車徒歩10分
・国道299号線。横瀬町「道の駅果樹公園あしがくぼ」より、徒歩10分
・あしがくぼ氷柱開催期間中の土日祝日に限り、「あしがくぼ氷柱〜武甲温泉〜横瀬駅」間無料の送迎バスあり
・道の駅、その他臨時無料駐車場有

※開催期間は1月上旬頃から2月中下旬頃(HP参照)
環境整備協力金 300円
月曜〜木曜日 9:00〜16:00
金・土・日曜日・祝日 9:00〜20:00(日没〜20:00までライトアップ有) 
展望広場に簡易トイレ設置あり
振舞い甘酒や紅茶は16:00まで
夜間は特に冷え込みため、それなりの防寒が必要です。またライトアップに合わせ、かなりの観光客が訪れますので、早めの来場が望ましいです。
9名が参考になると回答
小中大滝のクチコミ
2019年02月14日に投稿されました。
山々に囲まれた小中大滝公園自然公園。清流と雪が絶景に華を添えます
不思議な空間のトンネルを抜けると、名物「けさかけ橋」を渡ります
超急坂の階段がある「けさかけ橋」。高所恐怖症で無くても、スリル満点です
小中大滝の滝壺部分。氷瀑が、より寒さを引き立たせています
小中大滝の中段部分。冬季に限り、滝が良く見えますが、水量が少ないのが残念
巨大な氷柱。比較するものが無く分かりにくいですが、高さ10mはあるとされる氷柱だそうです
帰路も「けさかけ橋」を渡り(登り)ます。アウトドア好きには、タマリマセンでしたが(笑
小中大滝公園内の清流では、至る所で氷の芸術を見る事が出来ました。それにしても美しい水と氷です
 小中大滝は「しょうちゅうだい滝」ではなく、「こなかおお滝」と読みます。

 周りを山々に囲まれた「小中大滝自然公園」の中に小中大滝はありますが、本当に素晴らしい大自然の中にありますので、そこに居るだけで深呼吸したくなるほどです。

 今冬は雪が少なく、自然公園の積雪は10cmくらいでしょうか?
 美しい清流が流れ、そのせせらぎも、鳥のさえずりも心地よく、この大自然に、より華を添えているような気もします。

 ところで、小中大滝は自然公園の駐車場から300mほど離れてますので、散策路を歩く必要がありますが、小さな山を超えるため、まずは急坂を登り、そしてトンネルがありました。
 とても不思議な空間で、なんとも言えない雰囲がありましたが、トンネルを抜けると、「けさかけ橋」という吊り橋が見えます。

 実はこの「けさかけ橋」は、小中大滝と共に有名なスポットとして知られ、吊り橋なのに急な階段があり、その斜度は最大44%だそうで、上から見るとほとんど「ストン」と落ちるような感覚です。
 余りにも急坂ですので、手摺りを持たないと歩けないかもしれません。

 恐る恐る階段を下ると、右手側の奥に、目指す小中大滝が見えて来ました。

 数段に分かれた高さ98mの大滝で見ごたえありますが、吊り橋なので揺れますので、滝の撮影は、吊り橋を渡り終えてからが良いかもしれません。
 

 小中大滝を囲むように遊歩道が整備されており、観瀑台は、大きな石の上に作られていました。

 滝の流れる音が心地良くて、しばらくこの場所で佇んでいたくなります。

 小中大滝は、新緑時期は雪解け水が多く迫力あるそうで、また紅葉時期も素晴らしいですが、木々の葉が茂ると、葉で滝が隠れてしまうので、滝が見えにくくなります。
 冬季は水量が少ないとは言え、滝の半分以上は凍っていますので、そんな氷柱を愛でるのも良いかもしれませんし、滝の全貌を愛でるのは、やはり冬季に限ります。

 冬季でも、パラパラと観光客は訪れます。
 観瀑台までいらっしゃり、同じように大自然と滝の流れる音を聞きながら佇んでいると、

「本当に居心地が良いですねぇ〜」
 と、自然に話しが弾みました。その後も、
「どこから来ましたか?」

 など、会話が弾みましたが、それほど居心地よい場所が、小中大滝の観瀑台かもしれません。


 小中大滝に満足して、「けさかけ橋」を渡り、駐車場まで戻りました。
 朝晩はかなり冷え込むのでしょう。美しい清流には、氷の芸術が出来上がっていました。

 大自然の中の小中大滝は、訪れるだけで癒される場所ですし、夏季は美しい清流で水遊び客が居たりと、より賑わうそうです。
 カワガラスと言う、清流にしか住まない野鳥もいましたので、滝だけでなく、色んな自然も一緒に堪能して頂けたらと思います。

〇アクセスなど
・群馬県みどり市国道122号線の小中交差点(群馬県みどり市大間々〜栃木県日光市足尾町間)を西側(県道268号線)に約10
※途中の集落から、片側が崖の一車線の細道になります。冬季はスタッドレスタイヤ装着必要
・わたらせ渓谷鉄道小中駅より、徒歩120分
・小中大滝自然公園は、トイレはありますが、売店など一切ありません。携帯電は圏外です
14名が参考になると回答
とちぎ蔵の街観光館のクチコミ
2019年01月30日に投稿されました。
ひな人形や羽子板、吊るし雛や和雑貨などが売られている、レトロな老舗の人形店「三枡屋本店」。興味ある方は是非!!!!
 栃木市内には、幕末期から昭和初期にかけて、問屋業、製造業が発展していたそうで、市内を流れる”巴波川(うずまがわ)”に、部賀舟(べがぶね)や都賀舟(つがぶね)を浮かべ、江戸などの物資輸送に大いに使われていたそうです。

 その船運は、栃木市の発展に大きな役割を果たし、今でも市内を歩くと、蔵や歴史的建造物が多く残されている「蔵の街」として有名です。

 巴波川沿いに作られた「蔵の街遊歩道」は、蔵の街散策の出発地点になっており、川沿いの街の風景や石畳は風情があり、川の流れと共にユックリ散策したくなります。

 栃木市内には、入船町や湊町などの地名が残っており、当時の船運が盛んだった頃の面影を匂わせます。

 まずは「蔵の街」を見て楽しむスポットとして、ハイテクロボットが迎えてくれる、木材回漕問屋だった「塚田歴史伝説館」や、山車の保存を兼ねて作られた「とちぎ山車(だし)会館」は、本物の秋まつりが見たくなる程です。
 また散策していると、大正時代に建築された、国の登録有形文化財に指定されている、パステルカラー色の「栃木市役所別館」や、およそ200年前に建てられ、三棟の土蔵を改修して造られた、重厚な「とちぎ蔵の街美術館」などは、建物を見に行くだけでも見ごたえありますし、ひな人形や羽子板、吊るし雛や和雑貨などが売られている、レトロな建物の老舗人形店「三枡屋本店」で、おみやげを買われるのも良いと思います。

 無料で入館できた「栃木市郷土参考館」は、母屋と土蔵からなる約200年前の江戸期の建物で、質商を営んでいたそうです。
 珍しい格子のくぐり戸を”くぐって”入場しますが、屋敷内はガイドさんが在住してらっしゃり、屋敷内を色々案内して頂きました。
 単に屋敷内を歩くだけですと、展示品くらいしか見る物は無いですが、母屋から直接土蔵に続く珍しい造りの座敷や、千本格子の、取り外し自由な障子などを説明して頂くと、非常に精巧な造りに思わず

「なるほど」

 と感心します。

 質屋でしたので、土蔵の中は当時貴重だった反物や薬などの品があったそうです。
 その貴重な品に被害が出ない様に、土蔵にねずみ返しや空気抗などが設置され、大切に保管されていたことを説明頂きました。
 本当に考えに考えられた造りは、当時の技術の高さに感心しましたが、母屋、土蔵の一階や二階まで説明頂くと、かなりの時間を要しますので、時間を取って訪れて頂くと良いと思います。

 蔵の街でも、土蔵の中に入れるのは、土蔵を改良した土産物屋さんなどがありますが、ここまで詳細に説明を聞きながら入れる土蔵は、「栃木市郷土参考館」くらいしか無いと思いますので、その点でも価値があるかもしれません。


 やはり蔵の街を代表するような、メインとも言える巴波川は美しく、その流れを見ているだけで癒されますが、そんな巴波川をユックリ遊覧できる「蔵の街遊覧船」は、船頭の蔵の街の説明や、「栃木河岸船頭唄」を聞きながら楽しむ事が出来ます。

 美しい水の巴波川には、沢山の鯉が泳いでおり、また冬季はカモも泳いでおり、餌をねだりに寄ってきますので、乗船客も巴波川の美しい水や鯉などの動物が見える事から、結構楽しく乗船されてる姿が見えます。

 重厚な白壁土蔵と黒壁板の前に、着物を着た女性が佇んでいました。
 乗船客もその姿に魅せられたのか、着物女性を見つめていますが、やはりこのような町並みには、着物姿が似合う気がします。

 着物女性は、見つめられている事に気づいたのか、和傘を差してサービス??してくれました。
 そんな着物姿の女性と蔵の街並、そして部賀舟を撮りましたが、なんとも言えないマッタリしたその時間の中に聞こえてくる「栃木河岸船頭唄」は、どことなく心地よさを感じる事が出来ました。

 また蔵の街中には、レトロな洋食屋さんやお菓子屋さん、お土産屋さんなどもありますので、「蔵の町散策」や遊覧船以外にも楽しむ事が出来ますので、是非時間を取ってユックリ散策されると良いと思います。

〇アクセスなど
・JR両毛線、東武日光線栃木駅より徒歩10分
・「蔵の街」を目指し、蔵の街駐車場や、その他有料駐車場あり
・蔵の街遊覧船乗船時間は20分ほど。大人700円、子供500円
18名が参考になると回答
大福寺(崖観音)のクチコミ
2019年01月15日に投稿されました。
大福寺本殿。一対の大ソテツが、館山市の暖かさを思わせます
是非ご利益のある「延命地蔵尊(画像右側)」も参拝してから、観音堂へ行かれる事をオススメします。
急な階段を登ると、観音堂へ到着します。堂の上の特徴的な地層は目を見張ります。
目を見張るほど美しい奉納天井絵。
観音堂から望む絶景。青空に鱗雲、美しい海が望めました
夕陽も見に再訪しました。貸し切りで望めた夕陽。遠くカモメの鳴き声も聞こえて来ました。
大福寺本堂と館山市を望みます。館山市は、関東大震災などの地震で隆起した平野に出来た市街地で、かつて船形山は、スグ側まで海だったそうです。
大福寺観音堂。観音堂をお参りすると、観光客は絶景を望みます。背後の崖の地層が特徴的です
 館山市内の県道302号線から船形山の方を望むと、崖の中の山腹に、朱色のお堂があります。
 よく見ると、えぐれた崖の中に、どうやってお堂を造ったか分かりませんが、これは

「普門院 船形山 大福寺」

 と言う寺の観音堂で、この観音堂の中に、石龕(せきがん:石の厨子)をつくって像を浮彫りにした「十一面観世音菩薩」(磨崖仏”まがいぶつ”)が祀られています。

 この観音堂が、断崖から飛び出すように建てられている事から、大福寺よりも、「崖観音」と呼ばれて親しまれており、入り口看板にも、
{←崖観音}
 と書いて有ります。

 大福寺の本堂には、南国の雰囲気漂う一対の大きなソテツが両脇に植えられ、房総館山市の暖かさを思わせます。
 まずは本堂をお参りしてから、左手側の歩道を観音堂に向かって歩きますが、本堂横には「延命地蔵尊」があります。

 生まれた子の命を守り、寿命を延ばす

 とされ、また"無病息災延命長寿"のご利益もあるといわれていますので、是非お参りされると良いと思います。

 暫くすると急な階段があり、階段も幅が狭いので、手すりを使用して登られた方が良いと思います。
 健脚の方なら5分もあれば観音堂へ行けますが、階段の途中には、「日露戦争の碑」や「お不動様」が祀られていたり、船形山の特異な地層も見ながら、ユックリ登られる事をオススメします。

 観音堂には””靴を脱いで””堂内に入場し、正面に「十一面観世音菩薩」を拝む事が出来ますが、磨耗が激しいので、表情はよく分かりませんが、頭上に菩薩面を刻み、左手に水瓶(すいびょう)を持つ様子や、着衣のひだなどが確認できます。
 県内最古の磨崖仏といわれ、昭和45年に館山市の有形文化財に指定されている十一面観世音菩薩は、苦しんでいる人を見つけるために、頭上に十一の顔を持ち、全方向を見守る観音様で、そして「様々な災難・病気平癒・財福授与・勝利」のご利益があり、また「延命・地獄に落ちない・極楽浄土に行ける」などのご利益がある。と説明板がありました。

 観音堂内の奉納天井絵には、思わず目を見張ります。
 南房総の植物を中心に描かれた、鮮やかな114枚の奉納天井絵は、しばらく眺めていたくなりますが、現在の観音堂は、2016年7月にリニューアルされたそうですが、過去、江戸時代の火災や、何度も豪雨、関東大震災などによりお堂の再建を繰り返してきたそうです。

 それにしても、観音堂から望む館山湾の絶景は、開放感抜群で最高です。
 遠く伊豆大島も望む事が出来る、観光客にも人気の絶景スポットで、青空に鱗雲も絶景に華を添えてました。

「夕景が美しい」

 と聞いていたので、夕暮れ時にも再度訪れてみました。
 雲が多く、ちょっと夕陽には物足りない感じはありましたが、それでも沈んでいく夕陽を眺めているだけで、心癒される場所でした。

 本堂横の「延命地蔵」や観音堂は、パワースポットしても有名ですが、やはり観音堂からの絶景やご利益ある「十一面観世音菩薩」参拝は、急な階段はありますが、是非館山市を訪れた際は、行って頂きたい名所ですので、参考にして頂けたらと思います。

〇アクセスなど
・JR内房線・那古船形駅より徒歩約15分
・ナビは「堂の下青年会館」で入力すると、大福寺駐車場へアクセス
・拝観料無料:午前9時から日没まで
※荒天時などは拝観中止
※急な階段を登るため、歩きやすい靴が望ましいです
・杖の無料貸し出しがあります
・「十一面観世音菩薩」の写真撮影は、原則控える
・御朱印は、本堂右手にある納経(のうきょう)所にて。初穂料300円
前の5件 次の5件

↑ Page Top