国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 観光スポットの新着口コミ100件
観光スポットの新着口コミ100件
口コミをジャンルで絞り込む(複数チェックを入れることができます)




















口コミを都道府県で絞り込む
口コミを点数で絞り込む


100件の口コミのうち、1件目から10件目を表示しています。
前の10件 12345678910次の10件
浜名湖 ぬくもりの森
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
1名が参考になると回答しています
おかえるさんのクチコミ
2021年05月15日に投稿されました。
 小さなお店が数軒あるだけの場所にわざわざお金を払って行く…旦那からすれば全く意味不明の場所だったかも知れません。
 でも私はどうしてもこの景色が見たかったんです!
 偶然ネットでこの景色を見つけ、その週末には5時間車を飛ばして(運転は旦那一人でですが)行ってきました。
 そこにある全てのお店が童話の中に出てくるような建物で、とってもかわいいのです。

 専用の無料駐車場はごく普通の大通り沿いにあり、車を停めて駐車場内にある自販機で入場券を購入します。
 それから道路を渡って細い道をくねくねと歩いて行きます。
 この時点では本当にそんな場所があるのか?って感じでした。
 暫く歩くとわんさか人が集まった一角が見えてきます。それこそが「ぬくもりの森」です。
 私的にはこのネーミングには少し違和感を感じますが、それは置いといて、もうここから先は現実とはおさらばした世界が広がっています。

 一番手前のかわいい建物の前で入場券を見せ、そのままその先の行列の最後尾につきました。暫くして気付いたのですが、それはジェラートやさんの列で、ジェラートを食べたいのでなければ並ばなくても良かった…。

 気を取り直して、更にその向こうのお店へ。外観が素晴らしいです。ガーデニングも素敵で、入店前に5分くらい写真撮影していたかも。お店の中に入ったら、めっちゃかわいい!そして、めちゃめちゃ狭い!
普通の建物ではないから仕方がないです。
狭い所にかわいい雑貨が沢山ありました。
2階もあって、階段も狭けりゃ2階もものすごく狭くて人が多いので、どこに行っても「密」でした。
 他の建物も雑貨やアロマやカフェに革の小物のお店などがあり、外観も商品もかわいかったです。

 小高いところにある、ひときわ小さい建物は何かと思って覗いたらトイレでした。
 一応使えるようでしたが、少し勇気の要る建物です。

 一通り散策した後、記念にマスクにシュッとするすごくいい香りのスプレーと猫のハンカチを買いました。
毎日使っていますが、スプレーもハンカチもhappyの源となっています!

 もう行ってからだいぶ月日も経ち、コロナで潰れてしまったのでは?と心配していましたが、大きなお世話だったようで、更に進化しているみたいです。コロナが落ち着いたらまた行きたいです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
おかえるさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
圓光寺
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
チョーわるおやじさんのクチコミ
2021年05月15日に投稿されました。
4/23 咲き並ぶ“牡丹”の花々が石畳の参道を美しく彩っていました・・・!!!
4/23 白砂を雲海に見立て、突き上げた石を龍の背びれに見せた新しい作りの枯山水の庭『奔龍庭』を・・・!!!
4/23 盃型の大きな水瓶を用いた“水琴窟”には季節の草花が飾られ、耳を傾けると、カランコロン...と、澄んだ音色が聴こえてきました・・・!!!
4/23 書院の間に座り、額縁の中に描かれた絵のような『十牛之庭』を静かに眺めました・・・!!!
4/23 緑が眩しい『十牛之庭』の美しい景観を広角で撮ってみました・・・!!!
4/23 円山応拳も歩いたであろう新緑の小径から・・・!!!
4/23 杉苔と、新緑に包まれた庭で木魚を枕にお昼寝をする可愛い小坊主さん...を・・・!!!
4/23 趣ある『鐘堂』を優しく包み込む若葉の“もみじ”...と、・・・!!!
水琴窟の澄んだ音色...と、みどり眩しい洛北の新緑を愛でに!

2121年 4月23日(金) 天候:晴れ

 春の一日、京都・洛北に若葉“もみじ”が眩く映える❝圓光寺❞をたずねました。

 当寺の正式名は【瑞厳山 圓光寺】と号し、臨済宗南禅寺派に帰属する寺院で、ご本尊には≪千手観音像≫が祀られています。
 このお寺は、慶長6年(1601)〚徳川家康公〛が教学の発展を図るため「山要元佶」禅師を招き入れ、伏見に圓光寺 を建立し、学校としました。
 そのご、寛文7年(1667)に現在の地に移されたのですが、明治維新で荒廃し、その後、尼寺専門道場として再興されました。
 現在は、南禅寺派の研修道場として座禅会などが開かれているお寺だそうです。

 
 訪れた日、『山門』をくぐる...と、石畳がつづく参道の両脇には色鮮やかな“牡丹”の大輪が咲いていました。

 咲き並ぶ“牡丹”に縁取られた石畳の参道をたどり、階段を上って行きました。

 〖本堂〗に向かう途中、白砂を敷きつめた枯山水の庭『奔龍庭(ほんりゅうてい)』が、目の前に広がりました。
 白砂を雲海に見立て、突き上げた石は龍の背びれや稲妻に見せるなどオリジナリティ溢れ、現在風にアレンジ作庭された枯山水に目を奪われました。

 『奔龍庭』を愛で先に進むと、書院前に盃型の大きな水瓶が目につきました。

     楽しみにしていた水琴窟です!

 近づき、水瓶の水を垂らし、備え付けの竹の先に耳をあてると、カランコロン...と、澄んだ音色が聴こえてきました。

 その水瓶の上には季節の草花が飾られていて、その日は“白山吹”の花がオシャレにあしらわれていました。

 書院の入口から建屋つづきの〖本堂〗にお参りし…そして、書院の間に進みます。

 朱い毛氈が縁側に敷き詰められた書院の間から鑑賞する『十牛之庭』は、禅の修行を行う過程を十個の牛になぞられて表現する『十牛図』に基づいて作庭された池泉回遊式の庭園です。

 書院の間に正座し、額縁の中の絵のように美しく映える庭園を心静かに眺めている...と、爽やかな風の音にまじり小鳥の囀りが庭の奥から聴こえてきました。

   書院を出て、緑豊かな庭園をめぐります。。。

 一面に生える杉苔に、覆う緑の枝葉の隙間から柔らかい木漏れ日がさし込む『十牛之庭』をめぐっていると、この時期ならではの素晴らしい景観に出会い時々足をとめ見入る事がありました。

    静寂の小径を‘ゆっくり’...と、進みます。。。

 暫く進むと、少し奥まった処に竹林が見えてきました。
 この竹林は、応拳竹林と呼ばれており円山応拳が好んで訪れた場所とされており、若竹が林立する裾にはニョキニョキと、可愛い竹の子が顔を覗かせていました。

 竹林をたどる小径に吹き抜ける風が…優しい葉擦れの音を奏でていました

 起伏に富んだ散策の小径を進んでいると、若葉の“もみじ”に抱かれた«鐘堂»が佇んでいました。

 堂の中には、趣のある見事な鐘が吊ってありました。

 «鐘堂≫を過ぎ∼・∼少し急な階段を上った高台に、〚徳川家康公〛を祀る東照宮の建屋が佇んでいました。

 高台を少し進むと京都の街並みが見渡せる展望台が設けてあり、暫くの間遠くに望む街並み眺めていました。

      ~・~・~・~・~・~・~

 坂道を下り、眩しい緑が織りなす『十牛之庭』を振り返り眺めながら石畳の参道を戻って行きました。

 季節ごとに違った美しさを魅せるお寺【圓光寺】の新緑に染まるこの季節を訪ね観て、季節が彩る『十牛之庭』の素敵な景観を楽しませて戴きました(*^-^*)


※ 圓光寺の無料駐車場へのアクセス
道幅も狭く交互通行が困難な場所にあるお寺です。
よって、カーナビのマップコードを記載しますので気をつけてご拝観ください。
圓光寺駐車場マップコド:7 770 057*48 (約20台駐車可)
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
チョーわるおやじさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
道の駅 広見森の三角ぼうし
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
リアルさんのクチコミ
2021年05月15日に投稿されました。
キジカレー頼むんじゃなかったと物凄く後悔しました。
冷凍にしてるのでしょうかカレーがジャバジャバしてて不味かったです。
味もイマイチ、サラダもなぜか不味かったです。
キジを売りにしてるのかは知らないですが、キジの肉が1こ2こしか入っていませんでした。キジ肉については、美味しいか美味しくないかは好みがあると思うのでなんとも言えません。
ぼったくりにも程があります。
600円ならまだギリギリ分かりますが約900円は高すぎます。
期待はせず頼んだ方がいいです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
リアルさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
竜ヶ岩洞
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
1名が参考になると回答しています
おかえるさんのクチコミ
2021年05月14日に投稿されました。
鍾乳洞って神秘的で好き!
きれい!もっとじっくり見たかったです。
こういう場所が探検ぽくてテンション上がります。
洞窟資料館も見応えあり!
何故ここにライオンの剥製があったのか、思い出せない…
これが胡散臭いモグラ
写真見てたら、もっとお土産買えば良かったと後悔中
ジェラートを探して通り過ぎてたけど、お団子美味しそう
小学生の頃に初めて行った秋芳洞の感動には及びませんでしたが、かなり楽しめました。
鍾乳洞に入る前から中から至る所に漂う昭和感と言いますか、B級スポット感と言いますか、嫌いじゃないですよ。

まず入ってすぐに居ました居ました。コウモリ。
ガラス越しですが、元気いっぱいに動き回っていました。

私が行ったのは9月で、暑い時季に行っても中はひんやりと聞いたので、カーディガンを羽織っていたのですが、アップダウンもあり、思ったより距離を歩くので、途中から汗がにじんできました。
狭い所を通ったり、ブルーライトの演出が神秘的で興奮していたせいもあるかも知れません。

通路は人一人が通れるくらいの幅しかないので、もっとじっくり見たいなと思っても後ろからどんどん人が迫って来て、止まらずに進むしかなかったのが残念でした。

途中、前を歩いていた女の子がすごく怖がって騒いでいるので何かと思ったら、コウモリがいっぱいいる!って言っていましたが、私には一匹も見えませんでした。

鍾乳洞を抜けると洞窟の資料館があり、こちらもなかなか面白い場所でした。「カラスの落とし物」というモグラの剥製みたいなのが飾ってあったのですが、洋服を着ていて、どこまで本当なのか謎でした。

鍾乳洞を出た後に、口コミで評判のアイスもちゃんと食べましたよ。
予想外に味のバリエーションが沢山あり、バニラとホワイトクリームはどう違うの?と迷いましたが、ホワイトクリームとピオーネを食べました。どちらもおいしかったです。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
おかえるさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
古市古墳群
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
1名が参考になると回答しています
たんぽぽ1001さんのクチコミ
2021年05月14日に投稿されました。
通路奥右側の看板
礼拝所
これ以上は近づけません。
塚穴古墳(来目皇子墓)

 古墳だらけのこの地で有名な御陵も多くある中、今まで知らなかった古墳へ行ってみました。
 
 南北に走るバス通りから幅2メートルも無いような細い通路を西に入って50メートルほど進むと突き当りになり、その右側にありました。
 この通路の右側に駐車場がありますが、これは「縄文の杜ふれあい館」の駐車場で古墳とは関係がありませんので気を付ける必要があります。

 さて、この古墳は誰のものかと言いますと、なんと聖徳太子の弟さんだとか。
 推古10年(602年)朝鮮半島の百済を助けるために25000の軍勢を率いて新羅討伐に向かったが、九州で病に倒れた。
 葬儀を土師氏に任せたところ河内埴生山に葬られたと日本書紀に記載されている・・・らしいです。

 そんな古墳ですが周辺は住宅などの建物に囲まれて礼拝所付近だけしか見られないのが残念です。

 
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
たんぽぽ1001さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
詩仙堂
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
1名が参考になると回答しています
チョーわるおやじさんのクチコミ
2021年05月13日に投稿されました。
4/23 緩やかな坂道の途中に佇む小さな竹垣の門≪小有洞の門≫を、くぐります・・・!!!
4/23 木漏れ日がさし、青竹が林立する石畳の参道を・・・!!!
4/23 趣のある≪嘯月楼≫の中庭に、丸く刈り込まれた赤い“ツツジ”がお出迎えです・・・!!!
4/23 柱やかもいに仕切られた枠を、額縁に見立て眺め観た情緒ある庭を・・・
4/23 撮る方向を少し変え、季節の草花が咲く庭を❛パチリ❜...と、・・・!!!
4/23 縁側から庭に進み、風雅な散策の小径を歩きました・・・!!!
4/23 丸く刈り込まれた“サツキ”が点在する庭の片隅に佇む藤棚と・・・!!!
4/23 季節の草花で彩られた小さな池に錦鯉が優雅に泳いでいました・・・!!!
静けさの中に鹿脅しの音が響く静謐の庭を愛でに!

2021年 4月23日(金)天候:晴れ

 一年で1番風が爽やかな季節の京都・洛北に足を運び、侘び寂を感じる名庭園を訪ねました。

 緩やかな坂道の途中に竹垣で作られた小さな山門『小有洞の門』があり…その門を潜ります。
 木漏れ日のさす竹林の参道をたどり、中門と思われる『老梅関の門』の前に立ちつくし、覗き見る…と、立派で風情ある建物の≪嘯月楼≫が佇んでいました。

 前庭には丸く綺麗に刈り込まれた赤い“ツツジ”が可愛く出迎えてくれています。

 ❝詩仙堂❞と、聞き覚えていた私たち…正しくは〚凹凸窠(おうとつか)と呼ばれ…でこぼこした土地に建てた住居〛で❝詩仙堂❞はその建物の一室にあったそうです。
 ❝詩仙堂❞は、寛永18年(1641)石川丈山により造られた遺愛の庭と、この建造物は数多くの天災地変からの難を逃れ、往時のままの姿で偲ぶことができています。

 現在は、曹洞宗大本山永平寺の末寺で【六六山 詩仙堂 丈山寺】を号する寺院です。

 中庭を通り、≪嘯月楼≫の詩仙の間に一歩足を踏み入れる...と、庭から時折り聴こえる鹿脅し甲高い音が、静寂の空間に点を打つかのように響き渡っていました。

 青絨毯が敷かれた詩仙の間に座り、庭を眺めると、柱やかもいに仕切られた枠を額縁に見立て、小ぶりな庭に敷き詰めれらた白砂と、見事に配された青葉の“サツキ”と若葉の“もみじ”が織りなす庭に、往時の丈山を偲ぶことができました。

 縁側から外庭にでることが出来ます。。。

咲き始めた“サツキ”と、季節の草花が程よく配された庭をめぐる...と、思いもよらず広い庭に驚かされます。

 丈山が過ごし、この小径を歩いた姿を思い浮かべながら歩いていると、静寂の中に流れ落ちる水の音や、優しい春の風が若葉を揺らす葉擦れの音を耳にしながら‘ゆっくり’とした歩幅で歩いて行きます。

 庭の其処かしこには丸く刈り込んだ青葉の“サツキ”が点在し、その奥に淡い紫色の“藤の花”が垂れ下がった小さな藤棚がありました。

 藤棚の長椅子に腰掛け、非日常的な空間の中で静かに目を閉じて、時の移ろいを肌で感じながら‘まったり’…と、した時が過ぎていくのを感じました。


 腰を上げ、再び庭をめぐっていると、季節の草花が縁取る小さな池がありました。
 池の中に優雅に泳ぐ錦鯉を見付け、その泳ぐ姿を暫くの間眺めていました。

 時間が経つにつれ、建屋の方から拝観に訪れた人たちの声が聴こえてきました。

 すぐには立ち去り難い庭ですが、そろそろ次の目的地に向かいます。

 今日一日。若葉の“もみじ”や季節の草花が彩る京都・洛北の寺社と庭園を‘ゆっくり’めぐる予定です。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
チョーわるおやじさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
渡良瀬遊水地
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
1名が参考になると回答しています
場んでっとさんのクチコミ
2021年05月13日に投稿されました。
渡良瀬遊水地
とにかく敷地が広いので一日で回れない
ラムサール条約登録湿地
旧村の墓
寺の名残
とても雰囲気がある
果てが見えない
広大な土地
栃木県が誇るラムサール条約登録湿地帯。
一日で回り切れない広大な土地に異世界感が満載。
廃村の墓地や寺跡、かつての屋敷跡などが点在している。

■概要
2021年、渡良瀬遊水地は二回も火災に遭っている。
栃木県足利市の山火事といい、栃木県はなぜこうも燃えているのか。
足を運んだ土地が悉く燃えている。
ギリギリ災害から逃れてる感じがしてどきどきである。

■感想

めちゃ広い。
浅草から片道約1000円。
レンタル自転車1000円。
三千円で一日遊べる高コスパなラムサール条約登録湿地である。

平日に行くとほとんど人がいない。
頭上をぴゅーぴゅートンビかタカかノズリみたいなのが二羽飛んでいる。
一本道で何度か遭遇したが、気まぐれでどこかにすぐ飛んで行ってしまう。
どうも名物らしくて大砲型カメラを抱えた人が数人でおっかけている。
おそらくは野鳥観察の人だろう。

足尾銅山の毒を沈殿化さすために設けられた貯水池。
とにかく巨大。
自転車を借りても一日では周回するのがやっとだった。
細い道を歩いていると谷中村の墓地や寺跡などに遭遇する。
存分に楽しみたいなら夏、朝から夕方までの時間帯がおすすめだろう。

アシ景色が一番美しいのは秋から冬にかけてだ。
枯れた草原が風に揺れてとても美しい。
北海道や青森といった広大な土地に気軽に行けない。
日帰り近場で都会から離れて過ごすなら渡良瀬遊水地は最適だ。
東武線の底力を見せつけてくれる。
ああ美しい。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
場んでっとさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
上野大仏
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
2名が参考になると回答しています
場んでっとさんのクチコミ
2021年05月13日に投稿されました。
名物、上野大仏
参拝客に人気
顔だけがどーんと存在している
本堂の中は撮影禁止
遠景から本堂を写す
本堂周囲は歩いて回れる庭になっている
敷地の中に手作りっぽい小さいお地蔵様がいたりする
来歴
上野名物、顔だけの上野大仏。
複数回爆撃や災害を受けてなおギリギリ存在している。
しぶとさからご利益があるとされている。

■感想

顔だけで怖い。
水元公園近くの緊縛地蔵を見たときとは別種の怖さがある。
目を閉じてるように見えるせいか、より死体に近い感じがする。
葬式の祭壇に見た目が近い。

ぎりぎり生き残ってるのが受けて参拝客が後を絶たない。
敷地内でお守りやグッズを売りさばいてて繁盛している。

特に祈ることはないが庭園が目的で遊びに来ている。
雰囲気がインドや南アジアっぽい。
しゃくなげ、つつじ、なんか知らん草。
派手ではないが「仏教!!」という雰囲気を醸している。
ちょっと外国みたいね。
面白いので上野公園に来たら足を延ばすと楽しいはず。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
場んでっとさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
海津大崎
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
3名が参考になると回答しています
チョーわるおやじさんのクチコミ
2021年05月12日に投稿されました。
4/1 満開の桜並木を仲良く愛で楽しむ微笑ましいカップルの後姿を❛パチリ❜...と、・・・!!!
4/1 岸辺を彩る桜並木と、水面を飾る色とりどりの花見カヌーの集団を・・・!!!
4/1 湖上から満開に咲き誇る“さくら”を楽しむ3艘のカヌーを・・・!!!
4/1 水鏡に映り込む満開の“さくら”...と、・・・!!!
4/1 水辺に点在する岩礁に沿って進む小径に垂れ下がる“さくら”の小枝を・・・!!!
4/1 近江西国9番札所『大崎寺』の展望ブースからの一枚・・・!!!
4/1 咲き誇る“さくら”と、花見観光船の桟橋(海津大崎港)を・・・!!!
4/1 波穏やかな湖面を滑走するバスボートを、岸辺に咲く“さくら”の背景にして❛パチリ❜...と、撮ってみました・・・!!!
足早に走り抜けた今年の桜前線も5月10日頃には北海道の最北端まで行き着いた...と、伝え聞きました。

2021年4月1日(木) 天候:晴れ

 花見三昧の日々を過ごした私たち…有終の美を❝海津大崎❞の“さくら”で終えたい...と、いう「かみさん」の強い希望(いつもの我が侭です!)を聞き入れた私、奥琵琶湖の岸辺に咲く“さくら”を愛でるべく早朝のびわ湖畔を走り抜け、目的地の❝海津大崎❞に着いたのは9時を少し回った頃でした。

 湖岸にある駐車スペースは平日の早朝にもかかわらず満車の状態で、空いたスペースに車を停め、カメラ片手に花見の散策に出掛けました。

 春の風物詩にもなっている❝海津大崎❞の桜並木は、関西でも遅咲きの“さくら”としても知られています。

   今年の“さくら”は例年よりかなり早いようです!

 その岸辺に咲き並ぶ満開の“さくら”を愛でよう...と、多くの人たちで賑わっていました。

 ≪近江湖の辺の道≫をたどり歩いていると、水鏡に逆さに映る“さくら”の花々が水面を淡いピンク色に染め上げていました。
 湖上では、色とりどりの花見カヌーツアー体験の集団が岸辺を彩る桜並木を眺めながら波静かな湖面を‘ゆっくり’...と、漕ぎ進んんでいきます。
 その中には、ぷかぷか...と、漂いながら花見を楽しむカヌーもありました。

「暁霧・海津大崎の岩礁」で有名な波打ち際の散策路をめぐります。

 桜色に染まる水面と、岸辺から垂れ下がる“さくら”の枝を見上げながら奇岩が連なる波打ち際を歩いて行きました。

 湖上と、岸辺の桜並木を交互に眺め、時々大きく深呼吸をし、びわ湖の美味しい空気を胸いっぱいに吸い込みながら歩きつづけると、花見船が発着する海津大崎港に行き着きます。


 港の桟橋前の高台に「近江西国9番札所・大崎寺」が、びわ湖に向かって佇んでいます。
 “さくら”咲く緩やかな坂道を上り、お参りをすませます。
 そこからの景観も素晴らしく、遠く高島市の町並みまで見渡せました。

 大崎寺の袂には茶屋があり、疲れた足を休めながら∼・∼名物?の草餅150円/個(高い!)を頂きながら‘ホッ’...と、一息つきました。

 ❝海津大崎❞の岸辺に咲き並ぶ“さくら”は、樹齢80年を超える老桜や、次世代に引き継ぐ若木を含めて約800本の桜並木が、春のこの季節に約4㎞にわたり咲き競います。

 春色一色に染まった湖畔を‘ぶらぶら’と、戻ります。

 一方通行の規制が始まるのは4/3(土)のようで、私たちが訪れた日は自由に行き来できる曜日のようでした。

 車に戻り、窓をフルオープンにして湖畔の路を『奥琵琶湖パークウエイ』を目指して車を‘ゆっくり’走らせます。

 途中、小腹が空いたので「湖岸緑地奥出浜園地」に立ち寄り、桜並木を対岸に望みながら「かみさん」が握った大きなおむすびを二人で頬張りながら∼・∼少し早い昼食を戴きました。


       先に進みます!

 暫く走ると、菅津漁港(魚津大崎)が見えてきます…
漁港沿いの桜並木通りを一巡りして、九十九折りの沿道に咲き乱れる『奥琵琶湖パークウェイ』を走り、〚つづらお崎展望台〛に行き着きました。

 そこからの絶景は、先ほど一巡りした(魚津大崎の桜並木)を眼下に見下ろす素晴らし景色です。

 その景色を目に焼き付けて奥琵琶湖の“さくら”めぐりを終える事にしました。

「かみさん」の楽しそうな笑顔と、来てよかったの一言で…訪ねた多くの“さくら”見物の『有終の美』を❝海津大崎❞で、飾ることが出来たようです(*^-^*)
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
チョーわるおやじさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
道の駅 笠岡ベイファーム
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
3名が参考になると回答しています
クマさんさんのクチコミ
2021年05月12日に投稿されました。
笠岡ベイファーム
赤い海を泳ぐ「こいのぼり」
ポピー
ポピー
ポピー
ポピー
ポピー
道の駅
道の駅 笠岡ベイファーム
岡山県と広島県の県境にある道の駅です。
笠岡湾を干拓し出来た農地に花畑と道の駅を作り、地域で採れた農産物などを販売しています。花目当てで来る人も多く、楽しんだりドライバーが休憩したりと安らげる道の駅となっています。
私が訪れたときは、菜の花が終わり、ポピーの花が満開でした。
広い敷地、いっぱいに咲くポピーは見事の一言です。
こちらのポピーは赤色系のポピーで、赤い海を泳ぐ「こいのぼり」は、優雅で気持ちが晴れます。コロナ禍で密になることもなく散策を楽しみましたが油断は禁物です。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
クマさんさんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
100件の口コミのうち、1件目から10件目を表示しています。
前の10件 12345678910次の10件
↑ Page Top