全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 宮城県観光スポット » 大崎市内観光スポット » 道の駅 おおさき

道の駅 おおさき

道の駅 おおさき
0
〒989-6174
宮城県大崎市古川千手寺町2-5-50
周辺情報を地図で確認
みちのえきおおさき
道の駅 おおさき

国道108号沿いにある道の駅。

情報提供施設・休憩コーナー、産直店舗、コミュニティカフェなどがある。

キッズプレイ広場や遊具も充実。

【その他キーワード】道の駅おおさき
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなのクチコミ(0件)

9〜10点 0
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
0
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ
この観光スポットにはまだ口コミが投稿されていません。

口コミ投稿はニックネームと口コミを入力するだけですぐに完了し、会員登録などは一切不要です。
是非あなたが最初の口コミを投稿してください。

あなたの口コミを待っている方が大勢いらっしゃいます。
投稿お待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。
道の駅 おおさきのすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

けじょぬまこだいのさと
化女沼古代の里(クチコミ0件)
〒989-6236 宮城県大崎市古川川熊長者原11-73
0点
道の駅 おおさきからの距離:約5.6km
みちのえきさんぼんぎ
道の駅 三本木(クチコミ4件)
〒989-6321 宮城県大崎市三本木大豆坂63-13
6.8点
道の駅 おおさきからの距離:約6.7km
さんぼんぎぱーきんぐえりあ
三本木パーキングエリア(上り・下り)(クチコミ1件)
〒989-6312 宮城県大崎市三本木蟻ケ袋 東北自動車道内
5点
道の駅 おおさきからの距離:約7.6km
かごぼうおんせんさくらのゆ
加護坊温泉さくらの湯(クチコミ3件)
〒989-4305 宮城県大崎市田尻小塩八ツ沢37-1
6点
道の駅 おおさきからの距離:約10.1km
かんかくみゅーじあむ
感覚ミュージアム(クチコミ5件)
〒989-6434 宮城県大崎市岩出山字下川原町100
7.6点
道の駅 おおさきからの距離:約11.3km
しろやまこうえん
岩出山城跡・城山公園(クチコミ1件)
〒989-6437 宮城県大崎市岩出山字城山42-2ほか
7点
道の駅 おおさきからの距離:約11.8km
きゅうゆうびかん・きゅうゆうびかんていえん
旧有備館・旧有備館庭園(クチコミ3件)
〒989-6433 宮城県大崎市岩出山上川原町6
8.3点
道の駅 おおさきからの距離:約11.9km
近くのスポット一覧はこちら
「道の駅 おおさきからの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光写真から宮城県のスポットをチェック!
〒987-0321 宮城県登米市米山町西野字新遠田67
14回いいね
〒988-0171 宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
約500点の2011年3月11日から約2年間にわたる震災資料が。
9回いいね
〒989−5402 宮城県栗原市鶯沢南郷柳沢2-3
15回いいね
宮城県栗原市 秋田県湯沢市・雄勝郡東成瀬村 岩手県一関市
13回いいね
宮城県本吉郡南三陸町の各地
本物のモアイ像
28回いいね
〒987-2511 宮城県栗原市花山本沢北ノ前112-1
道の駅 路田里はなやま
15回いいね
さらに観光写真から宮城県のスポットを探す
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
宮城県 みちのく杜の湖畔公園
ジョン一郎さんのクチコミ
4月下旬、大型連休突入前に柴田郡川崎町の「国営みちのく杜の湖畔公園」に行ってきました。 アクセスは車で東北自動車道 村田JCTより山形自動車道へ、宮城川...(続きを読む)
宮城県 長沼フートピア公園
ジョン一郎さんのクチコミ
4月中旬、宮城県北は桜が見頃。 登米市の「長沼フートピア公園」に行ってきました。 近年、自然湖をダム化した長沼ダムはボート競技場もあり、その湖畔にフー...(続きを読む)
宮城県 奥松島縄文村歴史資料館
ジョン一郎さんのクチコミ
東松島市の「奥松島縄文村歴史資料館」。縄文好きの私は一度行ってみたかった場所でした。 石巻市に用事があり、午後は東松島へ行ってみようとなりまして、当日...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
たんぽぽ1001さん(男性)の旅エピソード
ある青年は船旅をしたいという夢を持っていた。それも豪華客船ではなく、小船で島々を訪ねるという旅を。  青年というのは、もちろん私だ。私にも青年と呼ばれた時代は確かに存在した。  夢の実現にはとりあえず海技免許が必要だったので、小型船舶操縦士免許教習所の門をたたき、2日間コースの講習を受けて、そのまま国家試験。  運良く合...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top