全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さん(40代前半・男性・岩手県)
口コミ投稿数
173件(参考になる:25928回)
画像投稿数
1412件(いいね:22867回)
読者
6人
HP・ブログ
金賞は宝石箱の様な夜景、雲海、イチョウ並木が素晴らしい秩父ミューズパーク!第127回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日光国立公園内「小田代ヶ原」の紅葉!第126回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は鹿野山九十九谷展望公園から望む絶景!第125回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまるで別世界のような野付半島「トドワラ」!第122回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は桜・チューリップ・菜の花などの共演が素晴らしい国営みちのく杜の湖畔公園!第120回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は秩父路三大氷柱のひとつ、あしがくぼの氷柱!第118回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は千手ヶ浜の日の出と紅葉!第114回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸の夜景と花火の共演が素晴らしいみなとこうべ海上花火大会!第112回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はクリンソウや野生動物が見られる奥日光自然の家!第110回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水田一面に広がるピンク色が圧巻な坂東レンゲまつり!第109回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水鏡に写る満開の桜並木が美しい福岡堰さくら公園!第107回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい海と道歩くケラマジカにびっくりな慶良間諸島!第106回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は馬の息遣いが伝わってくる冬のばんえい十勝!第105回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と音のファンタジックショーおとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華!第94回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は南千倉海岸の元旦初日の出!第93回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は中禅寺湖の西側に位置する小さな湖「西ノ湖」の紅葉!第88回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はホッキョクグマや沢山の海の生き物が集う男鹿水族館GAO!第86回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は秋空に生える京都の平等院!第85回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は茨城県の麻生八坂神社で7月末に開催される麻生祗園馬出し祭!第83回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は新緑が鮮やかで美しい京都の南禅寺!第77回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は満開の桜が広がる滋賀県 長浜城!第76回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は様々な表情をみせる東京ゲートブリッジ!第73回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は山中湖の湖面にも写るダブルダイヤモンド富士!第71回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は夕暮れ時の関空展望ホール スカイビュー!第70回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は舞子公園から眺める瀬戸の海の夕暮れ!第68回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は滋賀県 金剛輪寺の色鮮やかな紅葉!第66回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県 但馬安国禅寺の裏庭で色鮮やかに紅葉するドウダンツツジ!第65回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は標高2000mの高層湿原 鬼怒沼!第64回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は福岡県にある壮大な「柳川ひまわり園」の40万本ものひまわりの大輪!第58回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は神戸市立森林植物園のアジサイの花々!第57回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は北海道・断崖「象の鼻」から望む流氷のオホーツク海!第47回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は第1なぎさ公園から見る一面の菜の花と比良山系の雪景色のコラボレーション!第46回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は星空の美しい二見ヶ浦海水浴場。海に佇む夫婦岩や白鳥居も幻想的!第44回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は秋の六甲山。再度公園・修法ヶ原池の色鮮やかな紅葉!第43回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日光国立公園内にある「中禅寺湖」。男体山が育む豊かな自然の数々!第41回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県・芦屋サマーカーニバルのメインベント、大迫力の花火の絶景!第35回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広い敷地が一面ピンク色の絨毯と化した春の東藻琴芝桜公園!第28回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は広大な十勝牧場の自然の数々。爆走するばん馬の雪中運動は大迫力!第25回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は富士山をバックに輝く湖畔の田貫湖冬景色!第24回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は「新日本三第夜景」にも選ばれた福岡県皿倉山の100億ドルの夜景!第23回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は英虞湾を望む志摩・横山展望台からの絶景とご来光!第21回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大雪山国立公園内の然別湖で見る「くちびる山」と二つの太陽!第16回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は真珠を散りばめたように光り輝く函館山の夜景!第13回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
東日本を走る・撮る・食べる!

道の駅巡りをしながら観光地とグルメも楽しんでいます。

東北の良さを伝えていけたらと思っております。
ジョン一郎さんのいち押し観光スポット(54件中 1-4件を表示)

旧有備館・旧有備館庭園
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

秋田市大森山動物園
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

安家洞
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

裏磐梯五色沼
ジョン一郎さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

ジョン一郎さんの投稿画像(1412件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

ジョン一郎さんの口コミ(173件中 1-5件を表示)
3名が参考になると回答
小岩井農場まきば園のクチコミ
2019年12月07日に投稿されました。
3年ぶりに「小岩井ウインターイルミネーション 銀河農場の夜 2019-2020」に行ってきました。
開催期間は2019年11月22日〜2020年1月13日。
この期間は開場時間が12:00〜15:00・15:30〜20:00に分かれていて、昼時間は入場料が無料となっています。
イルミネーションが開催される夜の部は通常どおり入場料がかかります。

冬の小岩井はかなり寒いです。前回は寒さとの戦いでしたので、今年はまだ雪の積もらない早めの時期を狙って向かいました。
天候によっては中止の場合もあります。実際3年前には現地に着いてから中止を知って見れずにただ帰ったこともありました。なので前回見れなかった妻のためにも、近くに温泉宿をとって小岩井へと向かいました。

今回は一泊なので二日チャンスはありましたが、初日からとても良い天気で確実にイルミネーションが見られそう。
まだ明るいうちにと小岩井に到着しました。入場料800円を払い場内へ。前回来た時には買物券が付いたのですが今回は何も無いようです。
天気が良いので岩手山が大きくよく見えます。イルミネーション期間は入れるエリアが決まっているのでほとんど移動できません。とりあえず小岩井ソフトクリームやじゃがバターを食べながら暗くなるのを待ちました。
寒くても小岩井のソフトクリームは美味しかったです。

薄暗くなるころイルミネーションの点灯が始まりました。
岩手山と一本桜の風景や銀河鉄道のイルミネーションはここの定番ですね。光のトンネルの数も前より増え、全体的に派手になってきたなあと思いました。
SNS用にでしょうか、光の翼やバーベルなど一緒に写真を撮って楽しめるものも多くなってましたね。

イルミネーションを三周くらいして楽しみましたが、機関車の点灯のみは18時でした。でも体はすっかり冷えてしまい、風向きのせいなのか牧場特有の臭いも漂ってきてちょっとキツくなってきました。
妻も満足したようなので、機関車の点灯を待たずにして帰ることにしました。景色も楽しむなら早めに来るのも良いでしょうが、イルミネーションに絞るなら18時前くらいからが良いのかもしれませんね。
11名が参考になると回答
旧有備館・旧有備館庭園のクチコミ
2019年11月23日に投稿されました。
御改所 お上の間
お上の間からは美しい季節の姿が望めます。
御中島の茶亭
明神社と絵を描く人
伊達政宗騎馬像が立つ、JR陸羽東線有備館駅より徒歩一分。国指定史跡・名勝の「旧有備館および庭園」に紅葉を楽しみに行ってきました。
以前別の季節に一度訪れたことがあったのですが、紅葉も綺麗な場所なんだろうと思い、11月中旬に天気も良かったので友人を誘って大崎市岩出山に向かいました。

有備館は江戸時代の伊達藩の学問所で、2011年の大震災で御改所(主屋)が倒壊してしまいましたが、2016年に全ての復旧工事が終了しました。

正門は閉ざされているので、管理棟前の出入口から入館します。
入館料は一般 350円、高校生 260円、小中学生 180円。
入館券を持っていれば当日なら何度でも出入り自由だそうです。

まずは有備館に入ってみます。附属屋と御改所が廊下でつながっていて、附属屋では松尾芭蕉に関する企画展が行われていました。こちらは写真撮影不可でした。
絵や像では老人のように描かれている芭蕉ですが、奥の細道で東北を訪れたのは45歳だと知り、今の私とほとんど変わらない年齢だと知ってびっくりしました。

御改所はお上の間・中の間・下の間・北七帖・北座敷・北四帖の部屋があり、庭園側には縁側もあります。
お上の間の床の落し掛けにはこの建物の美称である「対影楼」の扁額が掲げられています。
よく見ると部屋のあちらこちらに伊達家の家紋も描かれたりしてました。
一番目を引くのは大きく開けられた障子の先に見える美しい庭園の姿でしょう。松の木の緑に紅葉の赤、池には大きな鯉も泳ぎます。先日東北にも雪が降りましたが、ぽかぽか暖かいこんな天気の良い日には縁側に座ってずっと庭園を見ていたくなります。
床の間前の少し小さな障子を開けるとそこには紅葉の枝が伸びていて、庭園の景色の一番良い所を切り取ったような絶景が拝めます。紅葉の赤がとにかく映えました。
春の桜、夏の緑、冬の雪、その季節の綺麗な姿が見られるように設計されているのでしょう。

外に出て庭園を散策します。
庭園には四つの島がある5223屬涼咾あり、茶亭がある御中島には橋で渡ることができます。
本来は一周できるのですが、池の工事中の箇所もあり途中で引き返すことになりましたが、約450本あるという樹木に囲まれた庭園を歩くといろいろと綺麗な場面があり楽しめました。
二ヶ所ある出先(池の岬みたいな所)から池を挟んで観る有備館の景色も良かったです。

友人が一言、「写真を撮るということで気付く綺麗な場面もあるんだね。」
良いことを言います。友人はスマホでの撮影でしたが、有備館の雰囲気と景色を気に入ってくれたようです。

この後、有備館を出て岩出山の町を歩き、「感覚ミュージアム」を楽しんだり喫茶店を探したり(水曜はどこも休みでしたが)して、夕方再度有備館を訪れてから帰りました。
7名が参考になると回答
道の駅 岩城のクチコミ
2019年11月09日に投稿されました。
島式漁港と日本海の夕日
鳥海選び丼
由利本荘市、国道7号の「道の駅岩城 島式漁港公園 岩城アイランドパーク」は温泉やレストラン、コテージまである道の駅で、側に海上に架かる橋で渡る島式漁港があるのも特徴です。

この島式漁港と日本海に沈む夕陽が見たくて、間に合うよう道の駅へ向かいました。
陽が沈む先には雲がありましたが、青空も多く綺麗な夕陽が見られそう。
まだ時間があったので道の駅内でソフトクリームを食べたり、お土産を買ったりして過ごしました。
コテージの側に建つ風車を撮影したりしているうちに夕陽の時間になったので、道の駅の南側にある島式漁港の方へ。
島式漁港に架かる橋のたもとには、この景色をカメラに収めようと既に数人が三脚を立てカメラを構えてました。やはり人気の撮影スポットなんですね。
島式漁港へまっすぐと続く橋と日本海の夕景は思っていた以上に綺麗でした。

寒くなってきたので日没前に道の駅のレストランに夕食に向かいました。
窓辺の席に座ったので、レストランからも日没の景色を観ることができました。赤から紫そして闇へと変わっていく海の景色も綺麗でした。
注文したのは「鳥海選び丼」。8種類の丼から2つ選んで、はたはたうどんもセットになった絶対おススメのメニューです。
私は「ミニ海鮮丼」と「秋田由利牛ビーフシチュー丼」、妻は「たこ天丼」と「秋田由利牛ローストビーフ丼」を選びました。
地物を使った海鮮はもちろん牛肉も美味しい由利本荘ですから、海鮮物と肉物を組み合わせると良いと思います。どれを選んでもとても美味しいと思います。

綺麗な夕景と美味しい夕食、これと温泉まで入れれば更に良かったのですが今回は日帰り予定で時間が無い、また来ようと誓って帰路につきました。
7名が参考になると回答
秋田市大森山動物園のクチコミ
2019年10月28日に投稿されました。
小型の鹿「キョン」。オスは角と牙が生えてます。
「シセンレッサーパンダ」のまんまタイム。
「カピバラ」のまんまタイム。
世界で3番目に大きいリクガメ、「ケヅメリクガメ」。
「アミメキリン」。大森山動物園はキリンの飼育でも有名だそうです。
ネコみたいに爪を研ぐ、「ユキヒョウ」。
凛々しい、「シンリンオオカミ」。
秋田市の景勝地・大森山にある動物園「大森山動物園」に行ってきました。

アクセスはJR秋田駅からバスで約30分。電車ではJR羽越線 新屋駅から徒歩約20分。

入園料は大人730円、高校生以下は無料となってます。
期間中は無休ですが、冬期は土・日・祝日のみの営業となってます。

大森山動物園に来たのは2度目、前回は夕立に降られて大変な思いをしたのですが、今回はとても良い天気で雨の心配もなさそう。

入園してさっそくレッサーパンダの「まんまタイム」があるというのでそちらに向かいました。
まんまタイムとは動物達のお食事タイムで、飼育員さんの解説があったりとぜひ見ておきたいイベントなんです。
日によってどの動物が何時からか違うようなので、事前にホームページなどをチェックしてお目当ての動物のまんまタイムを見れるように向かうのが良いでしょう。
今回私が見れたのはレッサーパンダとカピバラのみでしたが、人気のレッサーパンダのまんまタイムではたくさんの方がカメラを構えてごはんを食べる仕草を撮影していました。
この動物園の凄いところは動物との距離が近いところ。特にまんまタイムではお客さんが見やすい場所に餌を置いてくれるので、特に見やすい(撮影しやすい)ですね。

私達はここから右回りに動物園を一周することにしました。
見たかった動物の一つ「キョン」。「八丈島のキョン」でも有名な小さな鹿です。とてもかわいいと思ってましたが、よく見るとオスには角だけでなく鋭い牙も生えていてけっこう怖い顔してました。
檻に囲まれた動物も檻の一部がアクリル板のようなものになっているので、そこから観察(撮影)することができます。
他の動物も展示方法が工夫されているものがあり、とにかく見やすい、動物との距離が近いです。
カンガルーなんかは柵の中に入って見ることもできちゃいます。
この工夫と動物との距離は東北の動物園(サファリパークは除いて)一番ではないでしょうか。

橋を渡り、ゾウやキリンなどの大型の動物とチンパンジーのエリアへ。
ガラス越しの大きなチンパンジーにはちょっとビックリしちゃいました。
キリンを近くで見たくて観光客の皆さん呼んだりしてましたが、なかなか来てくれないものですね。

また橋を渡り「王者の森」へ。ここは大型肉食獣のエリアです。
私が一番楽しみにしていたのはここでした。特にシンリンオオカミがお気に入りなんです。
寝てばかりのライオン、同じルートをひたすら動き回るトラ、恐い肉食獣も動きは様々です。
ユキヒョウは柱で爪研ぎをしだしたりして、そのしぐさはまるで大きなネコです。ネコ科でもトラやライオンよりネコっぽいです。
お楽しみのシンリンオオカミの檻に到着すると、なんとオオカミが遠い。森の王者らしくドンと座って動かない、そんなところが凛々しくて好きなんですけどね。
何度か檻の前を行き来してみましたが近くに来てくれそうもないので、今回はあきらめて望遠で撮影しました。

軽食コーナーで「とらソフト」という動物園らしいチョコバナナ味のソフトを食べ、最後にミーアキャットやカンガルーやアシカのエリアを見て、入園ゲートにあるビジターセンターへ戻りました。
ショップでお土産を買っているともう閉園時間に、時間を忘れて動物園を楽しんでいたみたいです。

8名が参考になると回答
道の駅 高田松原のクチコミ
2019年10月09日に投稿されました。
岩手県震災津波伝承館
販売エリア
祈りの軸
海の臨む場
奇跡の一本松
2019年9月、東日本大震災の津波で全壊した「道の駅 高田松原」がついに復活しました。
以前の道の駅の建物「タピック45」は震災遺構としてそのまま保存されています。

新しくできた建物の右側が道の駅、左側が震災津波伝承館、裏が国営追悼祈念施設になっています。
まずは震災津波伝承館に入ってみることにしました。

震災津波伝承館の入館料は無料です。
オープンして6日で来場者が1万人に達するなど、県外からも多くの人が訪れているようです。
館内中央には被災した消防車が置かれ、その左右に展示ルームやシアタールームがあります。写真撮影可能な場所は限られますので注意しましょう。
県の施設だけあって資料の数は豊富です。陸前高田だけではなく沿岸市町村全ての展示があり、時間を忘れて見入ってしまいました。
特に凄かったのは2ヵ所あるシアタールームの放映です。12分程度の短い内容ですが、今ではテレビでも見ることはできないだろう震災当時の津波の映像が流れます。
今見てもとても恐ろしい映像でした。見たくない方もいると思いますが、これを見て震災を忘れないことも大事なんだろうと思います。

道の駅に入ります。岩手県産の木材を使用した内装がとても綺麗でした。
販売エリアでは産直や土産物、防災グッズも販売していました。海産物を売っているコーナーもあります。
食事コーナーには海鮮丼や蕎麦、定食や丼ものの2つの飲食店が入っていて、中央のテーブル(約60席)で食べることができます。
大変混雑しているようで、私が行った10月初めで昼食時間をずらしても満席状態でした。次行ったら海鮮丼は食べたいですね。

話題なのが軽食コーナー、鳥取県で人気のカフェ「すなば珈琲」が遠く離れた岩手県に進出です。
私は陸前高田店限定のソフトクリームを食べてみました。陸前高田の神田葡萄園のマスカットサイダー味です。セルフで振りかけるパウダーでサイダーのシュワシュワも再現した爽やかな味のソフトでした。

道の駅と伝承館の改善希望点ですが、まず道の駅のトイレの場所がたいへん分かりづらいです。館内を美しく見せる設計者の配慮かもしれませんが、一目で場所がわかるように表示すべきだと思います。実際道の駅のトイレ利用者はとても多いはずです。
伝承館には写真や記事を閲覧できるパソコンが数台置いてありましたが、ものすごく動作が遅いし操作もしづらいです。私も写真を探そうと試みましたがとにかく使いづらいので途中断念しました。

道の駅と伝承館の間から海へと続く長くまっすぐな道が国営追悼祈念施設の一部です。
広い並木道を過ぎると「献花の場」、初め見たときには何の台だろうと思いましたが献花台が並んでいます。
そこから今は海が見えないほど高く造られた防潮堤の上へと続く道は「祈りの軸」、橋を渡り階段をのぼり、防潮堤の上には「海の臨む場」。ここまで来てやっと海を見ることができます。献花台も1つ置かれてました。

防潮堤を下りながら続く道の先には「奇跡の一本松」があります。今では人口のモニュメントとして保存されている一本松ですが、復興のシンボルとして多くの人の目に触れ、その役目を果たしているようです。

道の駅・津波伝承館〜海の臨む場〜奇跡の一本松〜道の駅。けっこう歩きますが、このコースを皆さん巡っているようです。
国営追悼祈念施設は今はまだ一部です。この先少しずつ姿を変え、すばらしい復興祈念公園になっていくことでしょう。
前の5件 次の5件

↑ Page Top