全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さんのページ
ジョン一郎さん(40代前半・男性・岩手県)
口コミ投稿数
169件(参考になる:25078回)
画像投稿数
1383件(いいね:22374回)
読者
6人
HP・ブログ
金賞は鹿野山九十九谷展望公園から望む絶景!第125回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまるで別世界のような野付半島「トドワラ」!第122回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は桜・チューリップ・菜の花などの共演が素晴らしい国営みちのく杜の湖畔公園!第120回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は秩父路三大氷柱のひとつ、あしがくぼの氷柱!第118回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は千手ヶ浜の日の出と紅葉!第114回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸の夜景と花火の共演が素晴らしいみなとこうべ海上花火大会!第112回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はクリンソウや野生動物が見られる奥日光自然の家!第110回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水田一面に広がるピンク色が圧巻な坂東レンゲまつり!第109回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水鏡に写る満開の桜並木が美しい福岡堰さくら公園!第107回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい海と道歩くケラマジカにびっくりな慶良間諸島!第106回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は馬の息遣いが伝わってくる冬のばんえい十勝!第105回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と音のファンタジックショーおとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華!第94回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は南千倉海岸の元旦初日の出!第93回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は中禅寺湖の西側に位置する小さな湖「西ノ湖」の紅葉!第88回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はホッキョクグマや沢山の海の生き物が集う男鹿水族館GAO!第86回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は秋空に生える京都の平等院!第85回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は茨城県の麻生八坂神社で7月末に開催される麻生祗園馬出し祭!第83回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は新緑が鮮やかで美しい京都の南禅寺!第77回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は満開の桜が広がる滋賀県 長浜城!第76回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は様々な表情をみせる東京ゲートブリッジ!第73回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は山中湖の湖面にも写るダブルダイヤモンド富士!第71回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は夕暮れ時の関空展望ホール スカイビュー!第70回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は舞子公園から眺める瀬戸の海の夕暮れ!第68回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は滋賀県 金剛輪寺の色鮮やかな紅葉!第66回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県 但馬安国禅寺の裏庭で色鮮やかに紅葉するドウダンツツジ!第65回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は標高2000mの高層湿原 鬼怒沼!第64回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は福岡県にある壮大な「柳川ひまわり園」の40万本ものひまわりの大輪!第58回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は神戸市立森林植物園のアジサイの花々!第57回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は北海道・断崖「象の鼻」から望む流氷のオホーツク海!第47回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は第1なぎさ公園から見る一面の菜の花と比良山系の雪景色のコラボレーション!第46回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は星空の美しい二見ヶ浦海水浴場。海に佇む夫婦岩や白鳥居も幻想的!第44回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は秋の六甲山。再度公園・修法ヶ原池の色鮮やかな紅葉!第43回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日光国立公園内にある「中禅寺湖」。男体山が育む豊かな自然の数々!第41回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県・芦屋サマーカーニバルのメインベント、大迫力の花火の絶景!第35回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広い敷地が一面ピンク色の絨毯と化した春の東藻琴芝桜公園!第28回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は広大な十勝牧場の自然の数々。爆走するばん馬の雪中運動は大迫力!第25回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は富士山をバックに輝く湖畔の田貫湖冬景色!第24回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は「新日本三第夜景」にも選ばれた福岡県皿倉山の100億ドルの夜景!第23回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は英虞湾を望む志摩・横山展望台からの絶景とご来光!第21回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は大雪山国立公園内の然別湖で見る「くちびる山」と二つの太陽!第16回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は真珠を散りばめたように光り輝く函館山の夜景!第13回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
東日本を走る・撮る・食べる!

道の駅巡りをしながら観光地とグルメも楽しんでいます。

東北の良さを伝えていけたらと思っております。
ジョン一郎さんのいち押し観光スポット(52件中 1-4件を表示)

安家洞
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

裏磐梯五色沼
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

山居倉庫・庄内米歴史資料館
ジョン一郎さんのクチコミはこちら

ハーブワールドAKITA
ジョン一郎さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

ジョン一郎さんの投稿画像(1383件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

ジョン一郎さんの口コミ(169件中 1-5件を表示)
1名が参考になると回答
道の駅 高田松原のクチコミ
2019年10月09日に投稿されました。
岩手県震災津波伝承館
販売エリア
祈りの軸
海の臨む場
奇跡の一本松
2019年9月、東日本大震災の津波で全壊した「道の駅 高田松原」がついに復活しました。
以前の道の駅の建物「タピック45」は震災遺構としてそのまま保存されています。

新しくできた建物の右側が道の駅、左側が震災津波伝承館、裏が国営追悼祈念施設になっています。
まずは震災津波伝承館に入ってみることにしました。

震災津波伝承館の入館料は無料です。
オープンして6日で来場者が1万人に達するなど、県外からも多くの人が訪れているようです。
館内中央には被災した消防車が置かれ、その左右に展示ルームやシアタールームがあります。写真撮影可能な場所は限られますので注意しましょう。
県の施設だけあって資料の数は豊富です。陸前高田だけではなく沿岸市町村全ての展示があり、時間を忘れて見入ってしまいました。
特に凄かったのは2ヵ所あるシアタールームの放映です。12分程度の短い内容ですが、今ではテレビでも見ることはできないだろう震災当時の津波の映像が流れます。
今見てもとても恐ろしい映像でした。見たくない方もいると思いますが、これを見て震災を忘れないことも大事なんだろうと思います。

道の駅に入ります。岩手県産の木材を使用した内装がとても綺麗でした。
販売エリアでは産直や土産物、防災グッズも販売していました。海産物を売っているコーナーもあります。
食事コーナーには海鮮丼や蕎麦、定食や丼ものの2つの飲食店が入っていて、中央のテーブル(約60席)で食べることができます。
大変混雑しているようで、私が行った10月初めで昼食時間をずらしても満席状態でした。次行ったら海鮮丼は食べたいですね。

話題なのが軽食コーナー、鳥取県で人気のカフェ「すなば珈琲」が遠く離れた岩手県に進出です。
私は陸前高田店限定のソフトクリームを食べてみました。陸前高田の神田葡萄園のマスカットサイダー味です。セルフで振りかけるパウダーでサイダーのシュワシュワも再現した爽やかな味のソフトでした。

道の駅と伝承館の改善希望点ですが、まず道の駅のトイレの場所がたいへん分かりづらいです。館内を美しく見せる設計者の配慮かもしれませんが、一目で場所がわかるように表示すべきだと思います。実際道の駅のトイレ利用者はとても多いはずです。
伝承館には写真や記事を閲覧できるパソコンが数台置いてありましたが、ものすごく動作が遅いし操作もしづらいです。私も写真を探そうと試みましたがとにかく使いづらいので途中断念しました。

道の駅と伝承館の間から海へと続く長くまっすぐな道が国営追悼祈念施設の一部です。
広い並木道を過ぎると「献花の場」、初め見たときには何の台だろうと思いましたが献花台が並んでいます。
そこから今は海が見えないほど高く造られた防潮堤の上へと続く道は「祈りの軸」、橋を渡り階段をのぼり、防潮堤の上には「海の臨む場」。ここまで来てやっと海を見ることができます。献花台も1つ置かれてました。

防潮堤を下りながら続く道の先には「奇跡の一本松」があります。今では人口のモニュメントとして保存されている一本松ですが、復興のシンボルとして多くの人の目に触れ、その役目を果たしているようです。

道の駅・津波伝承館〜海の臨む場〜奇跡の一本松〜道の駅。けっこう歩きますが、このコースを皆さん巡っているようです。
国営追悼祈念施設は今はまだ一部です。この先少しずつ姿を変え、すばらしい復興祈念公園になっていくことでしょう。
3名が参考になると回答
安家洞のクチコミ
2019年09月21日に投稿されました。
同行した友人の姿。ヘルメットは必ず着用。8℃しかないので長袖の服を着たほうが良いでしょう。
奥に進むほど洞窟は荒々しい姿になっていく。ここは1950年に毎日新聞調査隊が訪れた印。
一角サイ岩の下をくぐり先へと進みます。
岩手県岩泉町には日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」があります。
9月の三連休のこの日はあいにくの雨空だったのですが、龍泉洞の駐車場はいっぱい、洞窟入り口前の広場もたくさんの観光客で賑わってました。

今回私と友人が目指したのは龍泉洞から更に10数キロ先にある「安家洞」でした。龍泉洞が日本三大鍾乳洞なら安家洞は日本最長の鍾乳洞で、その総延長は23702mととんでもないスケールの地下迷宮が存在しているのです。

アクセスは車で東北自動車道 盛岡南ICから国道455号を岩泉まで100辧岩泉から久慈方面へ20劼両貊蠅砲△蠅泙后

安家洞に到着しましたが、駐車場には全く車がなく、駐車場前のお店も営業している形跡が無い。
本当に安家洞は開いているの?と不安がよぎるほどに誰もいない、先ほど見た龍泉洞の賑わいと比べると天と地の差ほどです。
それでも音楽が流れているのできっと大丈夫だろうと駐車場から安家洞入口までの道を歩きました。途中苔むした道や東屋があって、友人はこんな景色は貴重だと写真に収めていました。

安家洞の入洞料は大人 1000円、小中学生 600円、幼児は無料です。
営業期間は4月中旬〜11月下旬までです。

入洞料を払うとヘルメットが渡されます。100円で懐中電灯のレンタルを勧められました。スマホのライトもあるので借りませんでしたが照明が付いていない横穴に入るのにライトが必要だそうなので事前に準備してくるのも良いでしょう。
寒いのも想定して長袖の上着を装着してきまいたが、カッパも借りることができるようです。
ヘルメットを装着すると係員のおじさんが「記念撮影するから並んで、出てからだと曇って撮れないからね。」と言うので、カメラを渡して撮ってもらいました。
洞窟の入口からはかなりの冷気が吹いてきます。この日は天気が悪かったけれども外気は25℃くらいはあったと思いますので、この温度差なら帰りは確実に眼鏡やカメラのレンズは曇ってしまうでしょう。

「前半はたいしたことないからどんどん進んでね、後半が凄いから。」とおじさんが更にアドバイスをくれました。
準備万端、安家洞探検のスタートです。

総延長23702mの安家洞ですが、通常の観光洞は500m先までです。その先はガイド付きで時間で料金が変わるようです。
あまり観光化されてないと聞いていたのですが、洞内のメインの道は思っていたより広く、階段も作られていたりと歩きやすいものでした。
立ち入り禁止エリアも少なく、ライトがあれば横穴にも自由に入っていけるようです。
設置されている温度計を見ると気温は8℃、龍泉洞と比べても低いです。まだ寒さに慣れていない時期ですから体がけっこう冷えてきます。
写真では明るく写ってますが、派手な照明もなく薄暗くなってます。

後半になるとだんだんと天井や床から鍾乳石が伸びてきていました。進めば進むほどそれは大きくなり、荒々しい景色になっていきます。
これでこそ鍾乳洞。鍾乳洞の多い岩手県ですが、龍泉洞や滝観洞などとはまた違った自然の姿。これが見たくてここまで来たんです。
鍾乳石には「猿の惑星」、「おっぱい岩」、「Aカップ」、「南部鉄瓶」などユニークな名前がついてました。誰がつけたんでしょうね。

観光洞終点には柵がありその先は真っ暗。いつかガイドをつけてこの先も探検してみたいものです。
体が冷えたので帰り道はちょっと急ぎ足、けっきょく私達より後に入ってきてすれ違ったのは1組だけでした。

こんなに凄い所なのにテレビや観光誌にもほとんど紹介されず、全国的には知名度が低いだろう安家洞。
はっきり言って穴場です。
6名が参考になると回答
千畳敷海岸【青森県】のクチコミ
2019年09月11日に投稿されました。
ヒラメの漬け丼
深浦町の「千畳敷海岸」は1792年の地震で隆起してできた岩床の海岸で、津軽藩の殿様が千畳の畳を敷かせて大宴会を開いたことからこう名付けられたそうです。

国道101号を走っていると、そのすぐ側に千畳敷海岸はあります。
JR東日本・五能線の駅もあり、臨時快速「リゾートしらかみ」はこの駅で長時間停車し、散策ができるようになっているようです。

国道脇に駐車場があり、そこから遠く水際まで床状の岩棚が続いています。大きな凹凸がないので、楽に自由に歩き回ることができました。
天気が良かったので、青い空と青い海に岩棚が続く景色はなかなかのものでした。
日本の夕陽百選にも選ばれてるそうで、その景色も間違いなく綺麗でしょうね。

ここに来る前に立ち寄った道の駅で昼食の予定だったのですが、予定より到着が遅くなりお目当ての海鮮メニューは既に売り切れでした。私が食べたかったのはこのあたりの名物グルメの「ヒラメ漬け丼」で、他のお店を探していたのですが、ここ千畳敷で食べれるお土産屋&食堂がありました。
新鮮なヒラメの刺身を特製のタレに漬けたものがたっぷりと丼ご飯にのっていてとても美味しかったです。

9名が参考になると回答
裏磐梯五色沼のクチコミ
2019年08月31日に投稿されました。
五色沼最大の「毘沙門沼」
「毘沙門沼」では手漕ぎボートを楽しめる。
五色沼の中で最も青い「青沼」
青沼の水面に木々が映る。
五色沼を流れる川に紫陽花が咲く。
磐梯山をバックに眺望を楽しめる「瑠璃沼」。
お盆休み明け、私達が訪れたは福島県の高原リゾート地・裏磐梯。
今年の夏は暑かったけど、標高800mの裏磐梯は過ごしやすい気候でした。
檜原湖の遊覧船や食事を楽しんで、この日最後に向かったのが「五色沼」。

裏磐梯には1888年の磐梯山の噴火でできた湖沼がたくさんありますが、五色沼もその時にできた毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼、柳沼の湖沼群です。

私達は下調べも地図も持たずに向かったものですから、五色沼の入口と勘違いして車を停めた裏磐梯観光協会の駐車場から散策路を歩きまわりましたが、沼の一つも出てこない。これはおかしいと国道に出てちょっと歩くと、ありました、食堂や土産物屋もある五色沼への入口が。

五色沼散策路の最初にあるのは五色沼最大の「毘沙門沼」。
初めて見る五色沼の一つはグリーンで綺麗な色。手漕ぎボートを楽しんでいる人たちもいました。私も乗りたかったけど時間がないので今回は我慢。岸を沿うように作られた散策路を先に進みました。
毘沙門沼には幸せを招くハート柄の鯉もいるそうですが、見つけることができませんでした。

毘沙門沼を過ぎたあたりから観光客の数もかなり減ってきました。次の沼もなかなか見えてこない。調べてみると次の「赤沼」には25分もかかるようで、そもそも全て歩くと片道3.6km、1時間半もかかるそう。
五色沼はもっと小範囲に密集してるものだと勝手に想像してましたし、熊注意の看板もあり(熊鈴の貸し出しもしてます。)、この日長距離運転した後だし、吾妻小富士に登ったりもして、体力には自信があったつもりの私も心が折れました。
散策路の途中から車を停めた駐車場に戻り、高原駅に向かい逆コースから近い沼を見ようと考えました。

檜原湖遊覧船乗り場の近くに裏磐梯高原駅バス停や物産館があり、先ほどの散策路のゴールがここにあり、ここからバスでスタート地点の五色沼入口に戻るのが定番のコースのようです。
私達は残る時間で柳沼、青沼、瑠璃沼の片道30分のコースをまわることにしました。
こちらからは短い時間で多くの沼が見れるのでおススメです。

五色沼で最も青い「青沼」は誰もが立ち止まり、記念撮影をする美しい沼です。天気が良くなかったのでどんなふうに見えるか心配でしたが、思った以上に青でした。
沼は青いのに流れ込む清流は透明で、紫陽花も咲いていました。

青沼のすぐ近くにある「瑠璃沼」。散策路が分岐しているので見逃さないように。
ここには展望デッキがあり、磐梯山をバックに美しい眺望を楽しむことができました。

全部は見てませんが、五色沼を訪れたなら青沼と瑠璃沼はぜひ見て行ってもらいたいですね。
歩きやすい靴と服装で、時間と体力にあったコースを考えて五色沼を楽しむのが良いでしょう。
私も次訪れたなら五色沼散策路完走と手漕ぎボートが目標です。



11名が参考になると回答
七里長浜きくや商店(わさおの家)のクチコミ
2019年08月15日に投稿されました。
わさお
わさおの娘・ちょめ
焼きイカ
鯵ヶ沢町の国道101号沿いに「七里長浜きくや商店」がある。
焼きイカのお店なんだけど、そこにはテレビや映画で有名なブサカワ犬「わさお」の家があり人気の観光スポットにもなっています。
以前この道を通った時に「わさお」と書かれた看板を見かけて、「わさお? あのわさおなのか?」と思ったものの素通りしてしまったこともありまして、今年の5月下旬にわさおに会うために鯵ヶ沢へ向かいました。

わさおの家があるきくや商店は日本海のすぐそば、写真を撮り逃してしまいましたが人気の五能線も走る素敵な場所にありました。
店の裏にある小屋がわさおの家で、右にいるのがわさお、左には16年に娘として加わった「ちょめ」がいます。
高齢で大きな長毛種の秋田犬のわさおは観光客慣れしているのか、呼びかけても反応がありません。観光地の秋田犬はどこでもこんな感じなのですが。
それでもどっしり構えて風格がありました。
娘のちょめはわさおより小柄で、毛並みも良く若いのがわかります。

平日でしたがわさお目当ての観光客が次々訪れていました。
きくや商店に入り、わさおグッズをお土産にいろいろ買いました。キーホルダーや即席ラーメンもありとても好評でした。
このお店は焼きイカ店なのでそれもぜひ食べてもらいたいです。生干ししたイカを焼いたもので、イカの風味が増して香ばしくてとても美味しかったです。

この日宿泊したホテルのフロントで聞いたのですが、今年のゴールデンウィークにはかなりの観光客がわさおの家を訪れ、わさおはストレスで体調を崩したりしたそうです。そしてわさおの妻「つばき」も5月5日に急死してしまいました。
わさおに会いたい気持ちは皆一緒だと思いますが、生き物相手ですからなるべくストレスを与えない気づかいも大事なんだなと思いました。
前の5件 次の5件

↑ Page Top