全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 千葉県観光スポット » 流山市内観光スポット » 流山・菜の花ロード

流山・菜の花ロード

流山・菜の花ロード
10
〒270-0174
千葉県流山市下花輪35
周辺情報を地図で確認
ながれやまなのはなろーど
流山・菜の花ロード

江戸川の土手沿いに咲く菜の花の道です。

一面黄色い絨毯のような菜の花の道が4〜5kmも続く。

画像提供:あるぱ7216様
※観光スポットの情報は今一度ご自身でご確認ください。情報の掲載ミスや観光スポット情報のご提供はこちらで承ります。

みんなの投稿画像(8件) クリックすると大きく表示されます

菜の花を堪能した後は、夕映えが江戸川に映っていました。ぜひ時間をとって訪れたい場所です。
ココはぜひぜひ!!歩くか自転車で堪能したい「菜の花ロード」です
春の小川と菜の花畑
カヤックで春の江戸川を楽しむなんて、贅沢でうらやましい・・・。
桜並木のピンク色も映えます
嫁さんも綺麗な菜の花に心が浮かれます!!!
江戸川の水面に映る木々(柳?)と菜の花
果てしなく続く菜の花畑

みんなのクチコミ(1件)

9〜10点 1
7〜8点 0
5〜6点 0
3〜4点 0
1〜2点 0
平均点
10
※点数クリックで口コミを絞ることができます。
クチコミを投稿 画像を投稿
最新の口コミ(1件中 1-1件を表示)
あなたはこのクチコミが参考になると思いますか?
はい!参考になりました!
155名が参考になると回答しています
あるぱ7216さんのクチコミ
2016年03月29日に投稿されました。
果てしなく続く菜の花畑
江戸川の水面に映る木々(柳?)と菜の花
嫁さんも綺麗な菜の花に心が浮かれます!!!
桜並木のピンク色も映えます
カヤックで春の江戸川を楽しむなんて、贅沢でうらやましい・・・。
春の小川と菜の花畑
ココはぜひぜひ!!歩くか自転車で堪能したい「菜の花ロード」です
菜の花を堪能した後は、夕映えが江戸川に映っていました。ぜひ時間をとって訪れたい場所です。
 2月下旬〜4月上旬頃まで、流鉄流山線の「流山駅」か「平和台駅」から徒歩10分ほどで行く事が出来る江戸川土手は、黄色い絨毯を一面敷いたように菜の花が咲いており、その数は何万本!!では収まりきれないような本数??(何十万本??)の菜の花景色は圧巻です。

 サイクリングロードになった土手の上に立つと、菜の花が黄色い帯のように延々と続いているので思わず歩きたくなりますが、それと同時に菜の花の香りも芳しく、清々しい気持ちになります。

 嫁さんも想像以上の葉の花景色に圧倒されたのか、笑顔・笑顔(嬉)
 やはり花を愛でるのは良いものです!!

 この「菜の花ロード」は、流鉄駅付近から約6kmほど続き、全部歩くとカナリの距離になりますが、あえて自転車持参でサイクリングを楽しむ方が多く見受けられますが、その気持ちは分かりますし、きっと気分爽快になるでしょう・・・。
 羨ましい(カナリ)・・・。

 江戸川土手なので、もちろん入場無料・自由散策・自由見学できますので、写真撮影をしたり、お弁当を広げたり、菜の花畑の中で本を読んだり、またカヤックを漕ぎながら、川から菜の花を愛でている方もいらっしゃいました。また江戸川の流れが緩やかな所は、川面に対岸の木々が映っており、それが菜の花と相まった景色を見る事も出来ました。
 観光客の方も、ただ一目散に歩かず、楽しみ方は色々な様です。

 菜の花畑の中に入り、菜の花の蕾を摘んでる方がいらっしゃいました。尋ねると

「”おひたし”にすると美味しい」

 と教えて頂きましたが、江戸川土手なので、そう言う事が自由にできるのも、オトク???な場所かもしれません。

 嫁さんもそれを見て花摘み?蕾摘みを始めましたが、それはそれで面白いです。

 流鉄の駅付近から常磐自動車道の陸橋付近までは、流山市街地が広がっていましたが、陸橋をくぐる辺りから田園が広がります。
 田は耕され、畑は野菜苗が植えられる準備が行われていましたが、春を迎えて動き出した、広々とした田園風景も最高です。


 常磐自動車道の陸橋から3kmほどで、急に葉の花は無くなりますので、ここで折り返すか、さらに土手を歩くか、もしくはさらに1kmほど進んだ、江戸川と利根運河の合流地点から、利根運河沿いを「東武野田線」の「運河駅」まで歩くのも一興です。

 菜の花を堪能し、流鉄付近まで戻ると既に夕方でしたが、夕陽が沈むと美しい夕映えが広がって来ました。
 更に紅色の夕映えが空を埋めると、それが江戸川に反転して映った美しい景色を見る事が出来ました。
 菜の花を堪能した後に、こんな夕映えを見る事が出来たのは運が良かったですし、いつの間にか集まった観光客の皆さんも感動してらっしゃるようでした。
 また空気が澄んでいれば、夕陽の富士山が見える事があるので、夕方の菜の花畑もオススメです。


 散々「菜の花ロード」を散策しましたが、これだけの距離がある「菜の花ロード」は、過去アチコチ行った菜の花畑の中でも一番長い距離だったと思いますし、規模的にも大きい(細長い菜の花畑ですが・・。)ので、是非時間を取ってゆっくり散策して頂き、身体の奥まで春を感じて頂けたらと思います。

※アクセスなど〜
・菜の花ロード(江戸川土手):流鉄流山線「流山駅」か「平和台駅」から徒歩10分
・菜の花ロードにトイレや売店はありません。事前に流鉄駅付近でトイレを済ませ、食糧・飲料など購入された方が望ましいです。ゴミはお持ち帰りください。
・駐車場は所々にありますが、駐車できる台数は非常に少ないです。路上駐車は農耕車両の通行阻害になりますのでおやめ下さい。
※この観光スポットの感想クチコミは各投稿者が経験した体験を基にした個人的な意見であり、【たびかん編集部】のものではありません。
あるぱ7216さんに「ありがとうコメント」を贈ってください
 
流山・菜の花ロードのすべての口コミはこちら

近くにはこんなスポットもあります!

ららぽーとしんみさと
ららぽーと新三郷(クチコミ17件)
〒341-8550 埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1
7.9点
流山・菜の花ロードからの距離:約3.2km
ほんどじ
本土寺(クチコミ2件)
〒270-0002 千葉県松戸市平賀63
9.5点
流山・菜の花ロードからの距離:約3.9km
せいりゅういん
清瀧院(クチコミ0件)
〒270-0145 千葉県流山市名都借1024
0点
流山・菜の花ロードからの距離:約4km
ららぽーとかしわのは
ららぽーと柏の葉(クチコミ18件)
〒277-8518 千葉県柏市若柴175
6.7点
流山・菜の花ロードからの距離:約5.4km
いおんもーるかしわ
イオンモール柏(クチコミ10件)
〒277-0854 千葉県柏市豊町2-5-25
6.5点
流山・菜の花ロードからの距離:約5.8km
いおんれいくたうんもり
イオンレイクタウンmori(クチコミ86件)
〒343-0826 埼玉県越谷市東町4-21-1(kaze)、2-8(mori)
7.6点
流山・菜の花ロードからの距離:約6.7km
れいくたうんあうとれっと
レイクタウンアウトレット(クチコミ0件)
〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン4-1-1
0点
流山・菜の花ロードからの距離:約6.9km
近くのスポット一覧はこちら
「流山・菜の花ロードからの距離」は、緯度経度のデータから計算したおよその直線距離です。実際の距離とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。
観光写真から千葉県のスポットをチェック!
〒285-0017 千葉県佐倉市城内町
佐倉城址公園
2回いいね
〒273-0016 千葉県船橋市潮見町40
夕映えに染まる。今日も楽しかった感じで・・。
20回いいね
〒286-0023 千葉県成田市成田1
モミジに浮かぶ浮御堂
14回いいね
〒292-0526 千葉県君津市笹
水面に反射した光芒が美しい・・・。(正面から撮影)
13回いいね
〒264-0037 千葉県千葉市若葉区源町280
レッサーパンダ!めちゃかわいい!
44回いいね
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜
ワンス・アポン・ア・タイム ショーのはじまり
25回いいね
さらに観光写真から千葉県のスポットを探す
観光スポットへ投稿された最新の口コミ
千葉県 袖ヶ浦海浜公園
あるぱ7216さんのクチコミ
 袖ケ浦海浜公園は、自然が沢山ある、東京湾に面した憩いの場の公園です。  駐車場を降りると、芝生の広場や、お子さんが好きそうなアスレチック、健康遊...(続きを読む)
千葉県 祖光院
あるぱ7216さんのクチコミ
 彼岸花の名所として有名な祖光院は、松戸市内にある曹洞宗寺院です。  境内には墓地や雑木林などがありますが、その雑木林の中に約10万本もの彼岸花が咲き...(続きを読む)
千葉県 成田山新勝寺
sasanohaさんのクチコミ
成田空港に近いこともあり、外人さんを見かけます。 境内は広い感じです。エレベーターがあるので、 のぼりおりは楽な感じです。大本堂の前には、三重塔があり...(続きを読む)
最新のクチコミ一覧はこちら
世界に一つだけの旅エピソード
田舎三兄弟の母 さん(女性)の旅エピソード
かれこれ15年くらい前の話です! 寿退社(?)を12月にし、3月に今の旦那さんのいる北陸へいくことがきまっていました。 東京出身の私は北陸の冬っていうのがイメージわかず、まわりから冬は天気悪いから春になったらいったら?というアドバイスを素直に聞き3ヶ月は海外旅行をいきまくりました! 妹と2月にイタリア、フランスにいったとき...(続きを読む)
全ての旅エピソードはこちら
↑ Page Top