国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 場んでっとさんのページ
場んでっとさんのページ
場んでっとさん(非表示・非表示・東京都)
口コミ投稿数
212件(参考になる:5225回)
画像投稿数
3208件(いいね:5156回)
読者
3人
HP・ブログ
https://xyx.hatenablog.jp/
金賞は日の出・星空との共演!伊古奈比咩命神社「大明神岩の赤鳥居」第142回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は能取岬氷瀑群の大絶景!第131回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
18きっぱー。
起点は東京駅から。
駅チカを難易度の低いハイキングやピクニックをしている。
駅からバスはあまり使わない。

宿泊する中継点は石和温泉駅。
2020/07、とうとう県外への越境自粛令が発動される。
自粛ってなんだよ、禁止ってはっきり言えよう。
毎日池袋で遊ぶ身、県外に付着ウィルスを持ち込むわけにいかず過去の旅写真を眺める毎日である。
2020/09、県外渡航が解禁となる。遊び歩くことにした。
2021/03 「よくもまあ飽きずに毎日来るねえ」と言われながら2月からずっと花見。梅→桜。墓場に出没している。

★お気に入り
カワスイ 川崎水族館のポンコツレビューシリーズがアツい。
あまりのポンコツぶりに感動を覚える。
そこに何があるのか?
噂通りなのか?
時間経過とともに変わったのか?
という謎を探る探求心が熱い。
金と時間をドブに捨てに行く覚悟あるレビュアーの冒険心に頭が下がる。
年パスまで買う勇者が現れて、世界はつくづく広いと思わされる。
どのレビューも評価の星は少ないが、厳しさと愛に溢れていて眩しい。
場んでっとさんのいち押し観光スポット(13件中 1-4件を表示)

草津温泉
場んでっとさんのクチコミはこちら

小野上温泉
場んでっとさんのクチコミはこちら

大蔵経寺山
場んでっとさんのクチコミはこちら

薬石の湯 瑰泉
場んでっとさんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

場んでっとさんの投稿画像(3208件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

場んでっとさんの口コミ(212件中 1-5件を表示)
練馬区立向山公園のクチコミ
2021年05月16日に投稿されました。
としまえん近く、じもてぃーの避難所もかねている
三十年以上、中身は変わってないらしい
藤棚。開花期が終わったらきれいさっぱり花がもぎとられた
避難所指定されるだけあってやたら空間が広い
小学生たちの楽園と化している
トイレも完備。水場が確保されているので避難もはかどるだろう
右左のどっちに行ったらどこに着くかを示す交通標識
当時の右左が読める
向山庭園は有名だが向山公園は地味でネット情報にはあまりひっかからない。
しかし尾崎豊が青春を過ごし、また歌詞のモチーフとなった公園として地域ではローカル有名。
ここらは親子三代や四代ぐらい練馬区民という世帯も珍しくなく、夜にバイクで騒音まきちらしていた尾崎の話が出来る現役区民がまだいるそうだ。
元は練馬区民の土地だったがここ50年ぐらいは向山公園やってるとのこと。
避難所指定もされていてなかなか広い。

■概要
30年経過しても公園の中身はぜんぜん変わってないらしい。
子供時代にここで遊んだことのある元練馬区民はタイムスリップしたような感覚に陥る。
いつ行っても小学生の自転車が並んでおり昔も今も小学生が元気に遊んでいる。
「時よ止まれ、思い出は美しい」を地でいってる公園。

■感想
としまえんの近くに所在。
練馬区が時代の波に洗われて景観が変わっていく中、
昭和時代からほとんど変わってないそうだ。
敷地内に300年前?の道標もある。
としまえん亡き後、世代を超えた地域のシンボル的な存在となるだろう。

この公園はやたら丈夫で金も掛ける気がないので30年後50年後もあんまり変わらねーだろうな、と思わせる。
年月を経た藤棚が広いのでお花見シーズンにはそこそこ見物客が訪れる。
湯島天満宮(湯島天神)のクチコミ
2021年05月16日に投稿されました。
近所では自家製の魚の干物を売っている
男坂。一番人気。
女坂。占い師がよくいる。
学業の祈りを込められた絵馬。重い。
梅シーズンはたくさんの露店が参道に並ぶ
本殿。学生より関係者がお守り買いに来る頻度が多い気がする
本殿と露店
参道入り口。こっちが正式
開花期は毎年40万人以上が参拝に訪れる梅の名所。
正月も秋葉原や上野や御徒町で働いてる人たちがお参りに来る。
長い長い行列ができる。


■感想

令和三年の梅まつりは中止だが表向きのこと。
梅の開花期はしっかりと露店が参道を埋め尽くす気概を見せた。
あちこちで祭りが中止となり商売できない露店の人達を拾い上げたのだろう。
できれば持ち帰って食べてね、とのこと。


長い階段を上がったところに所在するので軽くハイキングした気分になるがビル群に阻まれて景観はそこそこ。
梅が見えたらそれでよい気分になる。
春は大人気。

ちょっと昔、場んでっとさんが秋葉原で働いていたころは正月は会社のみんなと参拝して帰りは会食する、というのが定番であった。
その他の中小企業の人達も新年はそんな感じで一日を過ごしている。
とにかく長い行列になぜ並ぶのか、という疑問はあるが土地神代わりにご加護を受けようとしているものらしい。
駐車場も駐輪場もなく足で来い、と手首をクイクイしている。
1名が参考になると回答
渡良瀬遊水地のクチコミ
2021年05月13日に投稿されました。
渡良瀬遊水地
とにかく敷地が広いので一日で回れない
ラムサール条約登録湿地
旧村の墓
寺の名残
とても雰囲気がある
果てが見えない
広大な土地
栃木県が誇るラムサール条約登録湿地帯。
一日で回り切れない広大な土地に異世界感が満載。
廃村の墓地や寺跡、かつての屋敷跡などが点在している。

■概要
2021年、渡良瀬遊水地は二回も火災に遭っている。
栃木県足利市の山火事といい、栃木県はなぜこうも燃えているのか。
足を運んだ土地が悉く燃えている。
ギリギリ災害から逃れてる感じがしてどきどきである。

■感想

めちゃ広い。
浅草から片道約1000円。
レンタル自転車1000円。
三千円で一日遊べる高コスパなラムサール条約登録湿地である。

平日に行くとほとんど人がいない。
頭上をぴゅーぴゅートンビかタカかノズリみたいなのが二羽飛んでいる。
一本道で何度か遭遇したが、気まぐれでどこかにすぐ飛んで行ってしまう。
どうも名物らしくて大砲型カメラを抱えた人が数人でおっかけている。
おそらくは野鳥観察の人だろう。

足尾銅山の毒を沈殿化さすために設けられた貯水池。
とにかく巨大。
自転車を借りても一日では周回するのがやっとだった。
細い道を歩いていると谷中村の墓地や寺跡などに遭遇する。
存分に楽しみたいなら夏、朝から夕方までの時間帯がおすすめだろう。

アシ景色が一番美しいのは秋から冬にかけてだ。
枯れた草原が風に揺れてとても美しい。
北海道や青森といった広大な土地に気軽に行けない。
日帰り近場で都会から離れて過ごすなら渡良瀬遊水地は最適だ。
東武線の底力を見せつけてくれる。
ああ美しい。
3名が参考になると回答
上野大仏のクチコミ
2021年05月13日に投稿されました。
名物、上野大仏
参拝客に人気
顔だけがどーんと存在している
本堂の中は撮影禁止
遠景から本堂を写す
本堂周囲は歩いて回れる庭になっている
敷地の中に手作りっぽい小さいお地蔵様がいたりする
来歴
上野名物、顔だけの上野大仏。
複数回爆撃や災害を受けてなおギリギリ存在している。
しぶとさからご利益があるとされている。

■感想

顔だけで怖い。
水元公園近くの緊縛地蔵を見たときとは別種の怖さがある。
目を閉じてるように見えるせいか、より死体に近い感じがする。
葬式の祭壇に見た目が近い。

ぎりぎり生き残ってるのが受けて参拝客が後を絶たない。
敷地内でお守りやグッズを売りさばいてて繁盛している。

特に祈ることはないが庭園が目的で遊びに来ている。
雰囲気がインドや南アジアっぽい。
しゃくなげ、つつじ、なんか知らん草。
派手ではないが「仏教!!」という雰囲気を醸している。
ちょっと外国みたいね。
面白いので上野公園に来たら足を延ばすと楽しいはず。
4名が参考になると回答
吉見百穴のクチコミ
2021年05月05日に投稿されました。
よしみひゃっけつ。最近はよしみひゃくあな、と呼ばれている。
洞穴の中は入れない。ヒカリゴケは弱って光らない。
紹介VTRで吉見百穴の概要を全て学べる。必見。
軽くハイキングできる。登ろう登ろう。
売店その1。店主が非常に精力的に売り込みをかけてくる。
売店その2。五家宝を買ったら中で食べられる。無料でお茶がいただけた。ありがたい。
ようこそ、吉見百穴へ。
この距離から吉見百穴が見える。家屋の付近に穴だらけの山が見える。
吉見百穴は国指定史跡である。
人工の横穴墓群で国内最大規模、唯一無二である。
国の天然記念物「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」でもある。
地下軍需工場跡(トンネル)は落盤の恐れがあり、立ち入り禁止になってしまっている。

2020年に緊急事態宣言が終わってから、てくてく歩いて行ってきた。
駐車場は無料。
入場料は大人300円。



■感想

登頂すると、とても眺めが良い。
この穴ぼこだらけの百穴が実は墓穴であると知ってなお、上に登らねば気がすまない。
安全ならば上りたいのだ。

太陽はさんさん。
涼しい風が吹いている。
暑いぐらいだ。
まさかお墓に来て軽量級ハイキングが出来るとは思わなかった。
清々しい気分である。
まるでライオンキングになったようだ。

人工の横穴墓穴、その上を階段で登れる。
全ての階段はゆっくり歩き回って1時間ぐらいで制覇。
頂上では無人販売所で野菜が売っている(写真厳禁。人が住んでる住宅地っぽい。)。

吉見町埋蔵文化財センターでは数百円払うと勾玉やハニワが作れるイベントを開催している。
(いつでもイベントできるわけではない。)

自宅に庭があれば自作ハニワを飾ってみたいが、庭がないので断念した。


■墓穴

肝心の墓穴といえば、発掘作業が進んでもう中身は無いように見える。
からっぽの墓穴には柵やロープを張って中に入れないようにされている。
内壁はすべすべで人が住めそうな空間。
太陽が昇っているうちは悪いものは感じないが、他人の墓は体を入れたい場所ではない。

「墓の上を歩くのは罰が当たるのでは…?」
と心配げな観光客の声が聞こえてくる。
たぶん頭の上でどんどん飛び跳ねなければ大丈夫だろう。

一応墓地なので皆気を遣いながら回っている。



■地下軍需工場跡(トンネル)

雰囲気はとてもある。
入ってみたいが落盤の危機とあっては絶対に入らない。
動物の勘が言っている。
ここには絶対に入ってはいけない。
入ったとたんに天井が落ちてくるような禍々しさがある。
ぼろい。


■ヒカリゴケ

ぜんぜん光ってない。
楽しみにしていたが残念だ。
夏にならないと繁茂しないのだろう。
ちょびっとしか藻ってない。


■土産物屋

敷地内に土産物屋が二軒ある。
それぞれ特色ある土産物と軽食を出しており性格が異なる。
面白かったので記録する。

・大澤売店
こんなに歓迎されるとは思わなかった。
びっくりである。
さあ、見て行ってくれ。
買って行ってくれ、と店主が飛び出してきた。
勢いがいい。
とても嬉しい歓迎ぶりである。
店内の撮影禁止の昔写真の資料なども解説してもらった。
大歓待である。
これは買わねばならないだろう。
圧が強い。

コロナ禍で吉見百穴に客が全然来なくなってしまったので、
土産物屋は完全に干上がっているようだ。
他地域と勢いが違う。


実は、場んでっとさんは吉見町に着てはいけなかったのではないか?と意気消沈していた。
なぜなら吉見町の行く先々で
「どこから来たの?」
「東京から?」
と嫌な顔をされたり雰囲気を感じ取ってしまったからである。
なるべく人前で呼吸もしないでやってきたが気分は罪人である。

歓迎してくれてありがたい。
ありがとうはこっちの方だ。

どうせなら珍しいものを購入しようと見まわして、見たことのないものを見つけた。

五家宝。
和菓子である。
土産用とお徳用大容量の二種類がある。
レンチンするとしっとり旨いそうだ。

一里飴。
一粒で一里もつという飴。
一里は持たないがとても美味しい。
小さいチュッパチャップスはちみつ味。
長距離運転手も大好きらしい。
吉見百穴シールが貼ってある。


このふたつを買うことにした。
どちらも埼玉の有名なお菓子だというが初見である。
一番近い埼玉の川口ではこんなお菓子は見たことない。
知らない埼玉と出会ってしまった。

ふたつ買っても600円もしない。
安い客で悪いが、さらにこれから山城を歩くつもりで重かったり大きなものは買えないのだ。
心の中で自己弁護しつつ店を後にする。

一生懸命で良い主人だ。
早く客が増えて繁盛が戻るといい。


・高橋売店
もう一つの売店である。
ここでは手作り五家宝を売っている。
数種類の味がある。
限定品に弱いのでついつい買ってしまう。
柚子味がおすすめだ。
土産に持って帰ってもいいし、店内で食べることもできる。
どうせならと店内で食してみたが、いいね。
味と景色が結びつく。
黄な粉と柚子の鮮烈な味わいは、むこう三年間は忘れないだろう。
また来たいなあ。


■その他

土産物屋の主人が言うには吉見町の名物は焼き鳥だそうだ。
しかし、居酒屋でしか焼き鳥は売ってない。
いったいどこで買い食いできるのか。
吉見町の焼き鳥情報はあんまりない。
前の5件 次の5件

↑ Page Top