全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » 場んでっとさんのページ
場んでっとさんのページ
場んでっとさん(非表示・非表示・東京都)
口コミ投稿数
139件(参考になる:2324回)
画像投稿数
2305件(いいね:3019回)
読者
2人
HP・ブログ
https://xyx.hatenablog.jp/
金賞は能取岬氷瀑群の大絶景!第131回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
18きっぱー。
起点は東京駅から。
駅チカを難易度の低いハイキングやピクニックをしている。
駅からバスはあまり使わない。

宿泊する中継点は石和温泉駅。
2020/07、とうとう県外への越境自粛令が発動される。
自粛ってなんだよ、禁止ってはっきり言えよう。
毎日池袋で遊ぶ身、県外に付着ウィルスを持ち込むわけにいかず過去の旅写真を眺める毎日である。
2020/09、県外渡航が解禁となる。遊び歩くことにした。


カワスイ 川崎水族館のポンコツレビューシリーズがアツい。
あまりのポンコツぶりに感動を覚える。
金と時間をドブに捨てに行くレビュアーの冒険心に頭が下がる。
場んでっとさんのいち押し観光スポット(13件中 1-4件を表示)

草津温泉
場んでっとさんのクチコミはこちら

小野上温泉
場んでっとさんのクチコミはこちら

大蔵経寺山
場んでっとさんのクチコミはこちら

薬石の湯 瑰泉
場んでっとさんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

場んでっとさんの投稿画像(2305件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

場んでっとさんの口コミ(139件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
奥日光湯元温泉のクチコミ
2020年11月20日に投稿されました。
早朝、もうもうと湯気を上げる湯ノ湖
足湯は夜間立ち入り禁止
サルとエンカウント。近づいてはいけない
温泉寺
温泉街を闊歩するシカ親子
朝焼けはめっちゃ真っ赤やねん
温泉神社
夜明けの湯ノ湖
環境省が管理する日光国立公園のど真ん中にある温泉街。
国民保養温泉地の第一号指定。
サルが源泉近くで暖まりシカが温泉街を闊歩している。
エンカウントするとバトルが始まるので近づいてはならない。
サルに顔の皮をはがされる。
シカに蹴られる。
近づくとダニを移される。
危険。


■概要

昔は夏だけの湯治場であり、冬の住民たちは山を下りて低地に住まっていた。
現代、科学と文明の発達により秋や冬も営業するようになった。
厳しい自然となんとか渡り合っている。

スーパーはない。
8:00~17:00営業のデイリーヤマザキがただ一軒のオアシスである。
弁当は500円ぐらい。
(大手コンビニがなくデイリーヤマザキがあるところは僻地説)


■日光と奥日光

東京から日光に行く最安手段はチケットショップで販売されている600-800円の東武電鉄の優待券を利用することである。
慣れた日帰りであるならば東武電鉄が販売している正規の観光切符を使うよりもずっとお安い。
駅から日光東照宮も徒歩圏。
日光は東京都から近いのだ。

しかし奥日光に行くとなると時間と値段的な難易度が急に上がる。
辺鄙な山奥にあるためバス代がむちゃ高いのだ。
宿泊客対象のフリーバス券は4000円近くする。
バスの本数は少なく、日帰りだと滞在時間は短い。
東武電鉄グループはいかにも「泊って行けよ…」とバスプランを練っている。

ぶっちゃけ奥日光に行くなら東京から1100円のバス送迎サービスをやってるホテルがあるのでプランを取って宿泊するのが一番安くて手間が少ない。
一名様からでも受け付けているのでコロナ禍騒動で潰れる前に利用すると良い。
一泊8000円+バス代1100円で温泉と湖リゾート一泊二食出来るなら、お安い。
都内発日帰り食べ放題バスツアーよりも安いぐらいだ。


■湯ノ湖

温泉街は湯ノ湖畔に展開している。
冬季、朝7時頃には朝焼けを撮影するために多くのカメラマンが湖畔に集っている。
足元に固定カメラを置いてる人もいてわりと邪魔だがSNSで公開して誘客に役立つのなら仕方がない気持ち。
朝日で山が赤く染まる様は感動的なので朝が早いのが大丈夫なら見て損はない。
日によっては湖上に湯気がたゆたっているときもあり幻想的だ。


■足湯

温泉街は一時間もあれば一周できるがこの無料の足湯で時間を取られると一時間どころではなくなる。
近くのホテルが管理しており日中しか営業してない。
足ふきタオルはホテルが安く販売してるので記念に買っていってもよいものだ。

この日は小さな老母を背負った男性が入っていく姿が見えたので好奇心からついて行った。
中を伺うと湯気がもうもうとして暖かい。
広い。
タオルを買いに行ったがホテルが無人。
足を拭う布が軍手しかないので躊躇っていると、さきほどの男性に「入らないと損だよ」と促される。
靴下を脱いで足を入れたところ、激熱。
「注ぎ口から離れたら熱くない」
との指示を受けてじゃぶじゃぶと湯を歩いて端っこに逃げる逃げる。
(濡れた足で椅子を歩く人が後を絶たず、後からの利用者管理するホテルは困っているという。敢えて湯の中を歩こう!)
端っこでも十分に熱いが耐えられないほどではない。
硫黄の花が咲いている。
こんな上等な足湯が無料で入れるとは至福である。


■温泉寺

朝8時から開業している温泉屋兼寺。
奥日光湯元温泉は寒さが厳しくないときはバスターミナルところの無料駐車場で夜を明かす車中泊の客がちらほらみられる。
そういう人たちにはありがたーい温泉だ。
温泉街のホテルも有料温泉を提供しているが営業の関係から9時には清掃が入ったりするので8-17時営業している温泉は便利であることだろう。


■源泉

冬季、早朝は必ず行くべきだ。
ある日は猿の大群がいた。
ある日はシカの大群がいた。
ある日は修学旅行の子供たちの大群がいた。
野生動物の観察スポットである。

源泉小屋には各ホテルの名札がかかっているので宿泊しているホテルを探すといいだろう。

■総評

東武バスのサイトでは路線バスのゴールとのひとつとして扱われているが何が楽しいのか全然わからない難所であった。
安価なので二泊三日の宿泊で訪れたが、期待してないだけあってハードルが低くてとても楽しめた。

まず湖が存外に美しかった。
やはり宿泊でなければ見れない景色があるというのは特別感があって良い。早朝はぜひ出歩いて欲しい。

二番目に湯ノ湖一周が楽しかった。
ゴールが谷底のハイキングスタート地点にたどりつくのは冒険心を揺さぶられる。
しかしクマとの遭遇報告と危険マークが「絶対にここ通らねえ!」と決意を強くさせた。
湯ノ湖周辺はサルだけでなくクマも出没する。
あな恐ろしや。

三番目にホテルの送迎バスで中途下車して中禅寺湖に行けるのが良かった。
ホテルに戻るのに10㎞そこそこ1000円ぐらいバス代がかかるが紅葉が見事な季節だと観光バスよろしく景観が楽しめた。

四番目に温泉街の景色がとても良い。
温泉寺から源泉につながる木橋を渡るところは山との景観がとても良い。

徒歩圏に牧場もあるらしいので次回はそこを目指してみようと思う。
また行きたい。

4名が参考になると回答
日光二荒山神社中宮祠のクチコミ
2020年11月19日に投稿されました。
日光二荒山神社中宮祠の鳥居
おそらくはこちらが正式な登山道
天然記念物の鳥居
鳥居を過ぎると登山開始
男体山登拝番付
入山記録を残すところ
境内
男体山の頂上を目指せ!!
中禅寺湖にそびえる男体山。
この男体山が噴火したときに出来たのが中禅寺湖だ。
日光二荒山神社中宮祠は男体山への登山口になっている。
標高2000m越え。ウェイ!!!

■概要
日本百名山のひとつ、霊峰男体山のふもとを拠点とする神社。
運気上昇のものすごいパワースポットらしいが場んでっとさんにはよくわからなかった。
それよりも男体山の登山口に食いつき、上りたくてたまらない。
なんだこの山。
ものすごいワクワク感にあふれている。
神社にパワスポ的なものは感じないが山にはタヌキや猿や糞尿の波動を感じる。
2000m級をハイキングができると知っていたらあと一泊追加した。
惜しい。


■感想

中禅寺湖の自然にさほど興味はない。
山と湖ならば湯ノ湖で十分に堪能してしまっているからだ。
芸が被ってしまって魅力は半減。
もちろん先に出会った方が魅力的に決まっている。
中禅寺湖への評価は湯ノ湖よりも下である。
しかし、それがふたつの存在によって覆る。
ひとつ、爆走スワンちゃん。
ひとつ、この男体山への登山道である。
これらの存在によって中禅寺湖の魅力は湯ノ湖と同等に引き上げられた。

日光二荒山神社中宮祠自体はなんてことはない。
日光によくある豪華な寺社のたぐいである。
だが境内を散策していると妙なものを発見する。

男体山登拝番付。

ランキングが氏名と住所で示されるなんとも言えない代物だ。
なんのランキングだ、と見回すと登山受付所を発見する。
鳥居をのぞき込むと山に階段が敷かれていた。

登山道である。

わくわくどきどきする。
頂上からはきっと神の視点に近くなるだろう。
どのような景色が広がっているだろうか。
きっとすべてが小さく見えるだろう。
憧れの目で見上げているとトレイルランの登山客が下りてきたところだった。
ランキングによると、慣れてる人で往復大体7時間だという。

すでに昼12時前。
下山途中で日が暮れるとライトなしでは事故必須。
諦めざるを得ないが大変惜しい。
このトレイルランナーなどは恐らく夜明け頃からえっちらおっちらと上っていたことであろう。
いつか、いつかは上ってみたいと思いを強くするのであった。

3名が参考になると回答
別所沼公園のクチコミ
2020年11月18日に投稿されました。
まるで外国のような埼玉の公園。
巨木公園、別所沼公園。
街中に突如出現する都会のオアシス
太陽の通り道になっている
池の周りを巨木が囲んでいる。
昼間からランナーが絶え間なく走って健康づくりをしている。
池の周りは釣り人だらけである。
設計者であり詩人が24歳でなくなった。彼が設計した別荘、ヒアシンスハウス。
埼玉県の名所、別所沼公園。
名前の通り、沼を中心にした公園である。
水の色は赤茶けたさび色をしている。
自力湧水、河川とはつながってない。

■概要
埼玉が誇る高級住宅街別所の近くに所在。
そのためか埼玉にしては治安が良く、ファミリー層や主婦層の利用が多くみられる。
あとは池の周りでのんびり釣りをしているおじさんたちばかりで非常にのどかに時間が流れている。
800本を越える杉が植栽されており迫力は圧巻。
春の花粉症の天敵のような公園ではあるが秋は紅葉と相まって人気が高い。
沼には大蛇伝説があり怒らせると雨が降るという言い伝えがある。


■感想
公園の敷地内に「別所沼会館ヘリテイジ浦和」といって保養施設兼レストランが併設されている。
毎年11月になるとサーロインステーキ食べ放題フェアを展開しており、2020年も安定の開催である。
(予約制。道なりに黄色いのぼりが立っている。)

今年のヘリテイジは客のgotoeatチケットを目当てに大々的に「食べに来い!」とPRしている。
その保養施設といえば、gotoトラベルとさいたま割を駆使すると一泊千円以下で素泊まりできたりとなんだかいろいろと凄いことになっている。
(都民割りはあっという間に消費しつくされたのにさいたま割はまだ余っている。人気ないのか?)

中庭を覗くとレストランはほぼ満員御礼。
ステーキ食べ放題は一回約5000円と安くはないので胃が頑健な者たちが挑戦しているのであろう。
場んでっとさん、興味津々。
本気のサーロインは旨いと評判だ。
(チラシもらって帰る)

公園内は沼周囲をランニングする人が多く、
朝も昼も夕方も途切れることがない。
この外周コースを毎日毎日走り続けてギネス記録を取得した人もいるというぐらいで健康づくりにも定評がある公園である。
試しに場んでっとさんも外周を歩いてみたがわりと楽しい。
ヒヤシンスハウス(わずか24歳で早世した詩人が設計したオシャレで小さな別荘)やリュウゼツラン(障害に一回だけ花を咲かせる植物。すでに開花した後だと説明書きつき)、アンパンマンでおなじみのやなせたかし氏がデザインした浦和うなこちゃん像、メキシコは風の神ケツァルコアトル像など変わったものが見られる。
6名が参考になると回答
後谷公園のクチコミ
2020年11月16日に投稿されました。
麗しの戸田市役所の隣にある
これがかの有名な戸田市民憲章である
紅葉が始まってきた
近づくとカモが逃げて行ってしまう
十三重石塔
戦没者の碑かと思いきや、俳句の会の碑。金の使いどころがちょっと違う。
公園案内図
水と緑と光できらきら
埼玉県戸田市に所在。
戸田市役所に隣接する直属の市立公園である。
JR埼京線戸田駅から徒歩10分程度の距離にある。

■概要
戸田市のライバルは隣接し合っている板橋区(荒川を越えたら板橋)と川口(中華化が進む埼玉の外地)である。
戸田市は「埼玉の中でも住みやすい!」を標榜し、
リモートワーク普及に伴い東京から流出した住民の獲得に乗り出している。
(税収が上がるからね)

後谷公園は戸田市民憲章を掲げている。
この中には「明るくうるおいのある家庭をつくりましょう」との一節があり脱独身(結婚だけとは限らない)を推奨している。
戸田市民に課される理想像はなかなかに高い。


■感想

公園から2㎞ぐらいの距離にパンの神戸屋のアウトレット直売所がある。
(隣の工場からはねたB級商品が投げ売りされる。)
大量にパンを買ったので駅までの帰り道に食べるところを探してうろついていたら発見した公園である。

すると、ここにも市民憲章が!!

埼玉には川口市民憲章も存在している。
足立区民憲章を掲げている足立区が23区の中でも埼玉に近いという疑念が拭えなくなってきた。
こんな奇特なもん誰が考え出したものやら。

ふむふむと読んでみると仔細こそ違えど大筋は共通。
幸せな家庭を作ろう、健康を作ろうと、
大きな共同体と小さな個人とで理想像を定めている。

ぶっちゃけ、わりと内容が重い。

こんなもんが必要とされる地域は治安が悪いところと相場が決まっている。
治安のよい地域は目標達成しているから必要ないのだ。

後谷公園は水と緑と光できらきらしてとてもきれいな公園であるが、
この市民憲章の存在で「いや、そうではないな?」と立ち止まらせてくれる。
恐らく治安は足立区といい勝負だろう。
見た目に騙されてはいけない。
5名が参考になると回答
浅草寺のクチコミ
2020年11月16日に投稿されました。
観光のメッカ浅草、復活
やたらレース着物を着た外国人が多い
参拝客の行列
出店も復活
11月は菊展示のシーズン也
五重塔あたり
記念写真を撮る観光客で大渋滞
浅草寺の仲見世でも熊手は売っている
観光客が多いので浅草寺周辺は飲食店がとても多い。
ファミレスから高級店までぎゅうぎゅうである。
路地をのぞき込めばほとんど飲食店じゃないか?
というぐらいにぎゅうぎゅう。

トンカツ定食を食べたくなったので浅草に行ったついでに浅草寺にも久しぶりに足を運んだ。
人いっぱい。


■概要
正式名称、金龍山。
大阪のラーメン屋みたいな屋号(山号)を持っている。
その昔、天から金の鱗を持った龍が落ちてきたそうだ。
(恐らくは雷かなんかが落ちたんだろう。)
「金龍の舞」という奉納舞があるのだが、鱗の一つ一つが小判のようにぎらぎらしていて成金趣味がすごい。
豊臣秀吉の「黄金の茶室」と美的センスが通じるものがある。
魔よけの意味も込めて浅草寺自体がワビサビとかけ離れて真っ赤で派手、
全体的に一年中カーニバル状態になっている。
こんな真っ赤だとカープかスーパーの夕方特売シールに見えてくる。


■感想
酉の日の翌日に訪れたため、仲見世でも熊手が売られていた。
観光客ばかりで買う人は誰もいない。
きらきらの熊手を横目に散策を続けていると、食べ歩きが流行していることに気が付く。
イチゴ串やメロンパンに行列ができている。
とんかつ定食を食べに行った食堂でも、高齢の店主夫婦が
「いいと思うのよ。ああいった食べ歩きも」
「うちでやるには場所がなあ…」
などといった雑談まで聞こえてくる。
数年前、食べ歩き客の手の脂が商品につくから仲見世ではとても嫌われていたのだが、趣旨が変わったのか。
客がこなくなったコロナ禍の大打撃が考えを変えてしまったのか、と衝撃を受けた。

着物で歩く参拝客も増えたし、
人通りはコロナ禍前よりやや少ないぐらいなのだが、
人力車の呼び込みは必死で地域の経済的余裕はあんまりないように見える。

浅草寺は夜にはライトアップもしている。
参拝客を嫌ってはいないようだが、人が多くなると高齢者が多い地域ゆえにやはりちょっと心配。
前の5件 次の5件

↑ Page Top