全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかんスタッフの旅行記 » 大分で「“湯”めぐらない旅」
大分で「“湯”めぐらない旅」

みなさんこんにちは。

「スポーツの秋だからスポーツしたいなぁ」なんて言いつつ何もしないたびかんスタッフです。

「だって、時間が無いんだもの・・・いや、厳密に言うとあるんだけど、他にもいろいろやらないといけないし・・・ブツブツ」

今回も行ってまいりました!旅先は、はるばる瀬戸内海を越えてひとっ飛びの大分県!(←あれ、今回は最初から素直・・・)

大分県といえば湧出量日本一の別府、別府といえば地獄めぐりで温泉たまごにワニにゾウに間欠泉ですね〜。

どれも行ってないんですけどね・・・フッ。

いやぁ、本当は行っておけば良かったかなぁなんて、0.01ミリくらいは思っていたりもするのですが、過去は振り返らず、

「“湯”めぐらない旅」

どうぞお楽しみくださいませ〜。でんでん♪

10月のとある3連休(って1回しかないっ!)たびかんスタッフは早朝に眠い目をこすりながら伊丹空港へ行き、眠い目をこすりながらチェックインをし、眠い目をこすりながら手荷物検査場を突破し(←とっぱ?)、眠い目をこすりながら飛行機に乗り込み、眠い目をこすりながら大分空港に無事到着しましたとさ。

めでたし、めでたし

・・・

・・・

・・・いやいやいやいや、終わってるし!もう終わってるし、ここで終わるのも簡単でええなぁ・・・とか思いますけどねってオイッ!(←ベタすぎて書いてて恥ずかしいですが、恥を偲んで載せます。)

あとそれと、眠い目をこすりすぎ!アンタこすりすぎ!「めばちこ」なるっちゅうねん!ってつっこむ所そこじゃなくて、「いつまで眠いねん!やろ〜がぁぁぁぁぁ!」(←スイマセン、暴走しました。本当にスイマセン。)

え〜、気を取り直して、その大分空港の手荷物受取所は巨大回転寿司屋さんとなっておりましたので、その模様を低レベルのイラストでどうぞ・・・。


ん?何か流れてきましたが・・・

思わず一皿取りそうになりましたが、100円ではなさそうだったのでやめました。

え〜、実はこれ少し前の「ケンミンショー」に先を越されてしまったのですね〜。

「チキショー!!!」

まぁ以前から有名でしたので、知ってる人は今さら?という感じなのでしょうが・・・。

到着後、すぐにレンタカーを借りる予約をしておりましたので、大分空港のたびかんは帰りに書く事にします。

空港近くのレンタカー屋さんで車をレンタルし、早速最初の目的地へ。

大分空港から空港道路、一般道を走って車で約1時間。最初の目的地「アフリカンサファリ」に到着。

では早速たびかんをどうぞ。

☆アフリカンサファリ☆
大分空港から車で約1時間で到着しました。
ETCが付いている車は、別府湾SAで降りると良いと思います。
施設入り口には巨大なマンモス?があり、そこで車を停めて写真を撮っている人が多かったです。
そこからず〜っと登って行き、ゲートで車のままお金を払います。
今回はそのままサファリゾーンへ。
500円でDVDを借ります。もちろん再生機つきです。
各ゾーンでそのDVDのプレイボタンを押すと説明が流れるようになっています。
サファリゾーンですが、かなり広いです。山まるごとというか何というか、とにかく広いです。人気のエリアは少し渋滞しますが、あまり苦にはなりませんでした。
ただ、一旦入ると、なかなか外には出られないので、お子様のトイレはサファリゾーンに入る前に絶対済ませておく事をお勧めします。じゃないと、クラクションを鳴らして、レンジャーカーを呼ばなくてはいけなくなりますよ。
ちなみに、バスでもサファリを回れますが、最初のゲートで「予約でいっぱいですよ」と言われましたので、乗りたい方は是非予約してくださいね。
サファリゾーンが終わるとポニーや猫や犬などの動物と触れ合えるゾーンなどもあります。
食事も出来ますし、お土産物屋さんもありますよ。


サファリの入り口ゲートに到着。

500円でこういうものを借ります。

ゲートが開いたらDVDを再生。「ジュラシックパークみた〜い♪ワクワク」

お、いるいるなんかいる!※窓は開けられないので見にくくてスイマセン

天気が良くて良かったです。

おぉ!「クーマッ、クーマッ♪」(←テンションが異常)

「ギャー!襲われてる〜!!!」(←いや、んなわけないです。)

セクション毎にゲートがあります。毎回ジュラシックです。

なんかあっちのほうに岩山がある・・・

お、なんか居た・・・「こっこれは!?」

「らいお〜ん!ちゃんねる〜」(←あ、関西以外の方はスルーしてください。)

でも寝顔はカワイイ「らいおんちゃんねる。さすが元ネコですわ〜」←?

なんであの場所だけ毛がフサフサになったのか、らいおんちゃんねる。

お、ライオンキング!「後ろに居るのもお面じゃなくて本物ですよ。」←当たり前

「でら広大です。」(←めっちゃ広いですの意。愛知の方すいません)

おぉ!次は、「体のどこかが長いグループですね。ウン」(←そんな分け方はしない)

「わぁ、遠くでバスがキリンの集団に襲われとる!」(←そう見えなくもない?)

どっちが観られているのかわかりゃしませんな・・・

おっと、こっちにはゾウが!人気者の周りは渋滞警報です。

ハイジが出てきそうなくらいのどかな風景。「らーららーららっりっほ♪」

ネバーエンディングストーリーに出てきそうなくらい白くてキレイな鹿「ねーばーえんでぃん♪」

デカイ!デカイ!

体大きいくせに群れるんですね。(←それはほっといてあげてよ)

「ギャー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「こらーっ!道路に首出して寝るなぁ〜!!!」ドキドキ・・・

まもなくゾウさんゾー(ウ)ン「←プッ」(あ、ゾウのゾーンと言いたいみたいです。)

「崖の上(に居るように見える)のゾウ」(←もちろんあの映画のパクリです。)

「ゾウを先頭に50キロの渋滞です。以上たびかんスタッフがお伝えしました。」←嘘ね

たぶんお手洗いを我慢出来なくなったお子様「うんうん、わかるよその気持ち」

「わぉぅ!」サイが出て来ない様にガードするレンジャーカー

いやぁ、でもサイって、「恐竜」っていう感じしますよね〜。

園児(鹿)を引率する保育士さん(サイ)っていう感じです。

「一匹オオカミ」ならぬ、「一匹シカ(居ない)」(←意味分かります?)

おっ!カワイ〜イ「バンビバンビ!バンビ坂本!」(←古いよ)

あ、ゾウ!あ、でも逆光!「ギャー!キレイに撮れない!」

窓開けたい!けど、開けられない!「ギャー!窓開けて撮りたい〜!!!」

「チクショー!窓め〜!!!」

車の目の前をシマウマが横切ったのは生まれて初めてです。←まぁそりゃね

シマウマA「なんかくれや」

シマウマA「エサ持ってるの知ってるんだよ!おおう?」

シマウマA「ちっ、逃げやがったか・・・」

一人でガケを覗き込むシマウマ、「彼(彼女?)にいったい何があったのか!?」

お、集団エサもらいゾーンですね。

乗っていたら迫力ありそうです。

それにしても大きいなぁ・・・

子供キリンがトコトコ・・・

子供キリンB「なんかチョーダイ。」

あどけない表情がラブリー♪

ここで見られるらしいのですが・・・「ど〜れど〜れ」

「これ?」・・・は大人ですね・・・

あ、こっちだこっちだ!

あ、寝てる〜「か〜あいい〜♪」赤ちゃんは何でも可愛いです。

「すごいガケを登ってる!」と思って撮ったのですが、写真じゃ分かりませんね

「ひえ〜!!!肉っ、肉っ、肉〜っ」

あ、トラ様のエリアだったんスね。

「ぐごーぐごー」

たぶんこんな夢を見ているはず・・・

「わ〜かわいい!」ギュってしたいですね(←殺されるけどね)

ネコそっくり。ホントそっくり。猫ひろしにそっくり(←!?そっち?)

続いてはチーター。「お、あの有名な!」

え〜っと、どこかなぁ・・・

あれ、居ない・・・どこに居るの?チーター・・・「あっ!もしかしてっ?」

こっちのチーター?なんだてっきり水前寺清子さんが居るのかと・・・(←あほか)

なんとここではチーターとシマウマが同じゾーンに居るんですよ!ペレストロイカですよ

それにしてもキレイな模様・・・「なんでこんなキレイな模様になるんだろう?」

え〜っと、次は・・・「レイヨウ?レーヨン?繊維の事かな?」

あ、こういう・・・ふ〜ん

毛皮?の艶がいいですね〜

なぜかツノが片方しかない・・・

「置物かっ!」っていうくらいこのまま止まっている二人。もしかすると置物だったかも

最後はラクダさん。座る用としか考えられない背中のくぼみが不思議です。

はい、ゴール。「いや、満足満足。」

その後、駐車場に車を停めて、

園内へ。「あ、さっきの岩山はあれか」

園内では、ポニーにエサをあげられたり、

ポニーに乗馬出来たり、

ライオンの赤ちゃんと写真が撮れたり、

なんか広い休憩所があったり、

わんちゃんと遊べたり、

カピバラさんが笑っていたり、

なんだかわからない動物が居たりしてとてもほのぼのしておりました。

ダチョウの真似?をするお子様。ほらこんなにほのぼの♪

ちなみにこれが入り口にあるマンモス?ゾウ?かなり巨大です。ブレてすいません。

さて、アフリカンサファリを後にしたたびかんスタッフは、約10分ほど走った場所にある別府湾サービスエリアへスマートICを利用して入場。近頃はホンッとに便利になったもんですね〜。だって、サービスエリアから高速へ入れちゃうんだもんなぁ・・・ブツブツ。

それでは別府湾サービスエリアのたびかんをどうぞ〜。

☆別府湾サービスエリア☆
スマートICから入りました。たしか、南行き方面しかスマートICは無かったような気がします。(つまり福岡方面へ行きたい人はスマートIC使えません。)
サービスエリア内は結構な混雑。
停める所を探すのに苦労しました。
建物は綺麗です。中もキレイです。もちろんトイレもキレイでした。
ドッグランもありましたが、一番良かったのは別府湾を一望出来る展望台があった事。
晴れていると本当にキレイに別府湾のまあるい形が見られますよ。
眼下には立命館ナントカ大学(APU?)があります。
このサービスエリアは上下線を徒歩で行き来出来ます。
下りの方が充実しているので下りを使う人が上りに行く事はあまり無いと思いますが、上りを使う人が下りに寄れるのは良いと思いますよ。
賑わっているので、楽しいですよ。是非どうぞ。


はい、別府湾サービスエリアに到着。アフリカンサファリからすぐです。

見ての通り、建物はキレイですし、トイレもキレイでオシャレでした。

中もモチロンキレイ。人が多いです。人気ですね〜。

さてさて、展望台ですが・・・

いやぁ、本当に良い景色!遠くに大分市も見えています。

眼下には立命館ナントカカントカ大学が・・・。キレイで大きな大学です。

はい、ではこちらに登って行きますと・・・?

ドッグランがあります。「ワンちゃんもランラン♪ですわ〜」

日本で有数の見晴らしの良いドッグランです。(知らんけど)

反対側には雄大な山々が見えております。(名前は知らんけど)

あ、コレコレ、これがスマートICですわ〜。

ちなみにコチラは上り側。同じような建物です。設計は同じ?

上り側からの景色。「ね?下りの方がいいでしょ?」

さてさて、サービスエリアで休憩をし、再び出発です。

と言っても別府を抜けただけですぐに到着。「これなら高速に乗らなくても良かったんじゃないのか?」という噂もありますが、あまり気にしないで下さい。うふふ。

そして大分市にある「大分マリーンパレスうみたまご」に到着。ここは大分市民、いや、大分県民イチオシの水族館でありやす。ではたびかんをどうぞなもし。

☆大分マリーンパレス うみたまご☆
サルで有名な高崎山のふもとにあります。すぐ横は別府湾です。
中はすごくオシャレ。本当にオシャレな水族館でした。
一つ一つの展示が非常に凝っています。美術館のようでした。
美術館に魚が展示されていると言っても良いかも(言い過ぎかも)。
特に印象に残ったのはタチウオの展示。「太刀魚」とネーミングされたのがホント良く分かる展示方法でした。
その他、規模は大きくないですが、ショーが充実。
アシカにセイウチにイルカにといろいろなショーが見られます。
特にセイウチのショーはオススメ。お兄さんとの掛け合いが面白かったです。是非見て下さい。
初めて行ったので、ちょっと良く分からなかったのが、各展示場所。
館内図はもちろんあるのですが、どこをどう行ったら目的の展示場所に行けるのかがちょっと迷ってしまいました。


で〜ん。先ほどのSAとは逆の方向から別府湾を望んでおります。

はい、着きましたよ。うみたまご。

この山が、かの有名な高崎山でゴンス〜。

今どこにいるかと言うと、「現在地」はココでス。

では、入ってみましょう・・・「ってココ、おさる館やんっ!?」

はい、間違えました。こっちの建物が、たまごです。(←「うみ」が抜けてるよ)

たまごモニュメント必須です。

入ると、「ど〜ん」とくじら〜

「お前だれやぁぁぁぁぁ!!!!!」600万人おめでとうございます。

「何っ?ナマケモノのくせに動いているとなっ!けしからんっ!」←?

奥へ進みますと、ど〜んと大きな水槽が・・・。「でっかぁ!」

ではでは、見学スタート。「お、ふるさとか・・・ウサギとかかな?」←あほか

黄金のナマズらしいです。「う〜ん、黄金?」正面から見ると変な顔〜

お、これはフナですね〜。淡水魚ですね〜。長野県民が食べるあれですね〜。

先へ進みます。「ワクワク!」

「お、ムツゴロウさん!」と思ったら、トビハゼでした。違いがわからん

なんかこう、平行四辺形なお魚ですね。

さかなクンが居たら「ギョギョーッ!」って言うんでしょう、きっと・・・

この真ん中のドングリみたいなの・・・

「これも魚かっ!なんとキレイな!?」と思ったら違いました。

さて、お次はオーシャンゾーン。さかなクンが居たら「ギョギョーっ!」ですわ〜

大きなお魚がゆ〜らゆ〜ら

なんだかすごく癒されるのは、やっぱり人間も祖先は海に居たから?

海はいいですね〜。水族館だけど・・・

誰も居なくなったのでパチリ。どうぞあなたも癒されてくださいまし。

お次はワンダーゾーンです。「ワンダーフォーゲル部のゾーンかな?」←?

なにこれっ!めっちゃキレイや〜ん。

「ここは美術館ですか〜!?」何か良い写真撮れたかも。

この子がずっと下のサンゴ?石?をくわえて遊んでました。

見ていて飽きないチンアナゴ。体長は30センチもあるそうです。

魚が何匹か隠れています・・・。分かります?・・・よね?

お前怖いわっ!首だけちょん切れているように見えるよ、ったく!

あ、これはあれですね。え〜っと、あ〜っと、←ど忘れ

さらに下へ参ります。トントントントン(←包丁でニンジンを切っている音じゃないよ)

く、暗い・・・でもキレイ。

良い感じにライトアップしていて、キレイですね〜。

ん?これは「も、もしや!」

タチウオやっ!ほんまに日本刀のようです!しかも立ってる!

暗くて、上手く撮れない!実際に見ると本当にキレイですよ〜。

クラゲもいろいろな色にライトアップされていてキレイです。

わ、わ、光っとる!

なんかダイビングをしている気分です〜。したことないけど。

「ここは宇宙船か!」不思議な空間がありました。

上を泳ぐ魚。神秘的な空間です。ここで横になって寝たいです。

あ、これはさっき上から見た水槽ですね。やっぱり大きい。

何かの実験室のよう。

こちらは子供向けプレイ&実験?ゾーン。

オシャレな空間が続きます。

美しいですね〜。

さて、こちらは、何か巨大な物体がグルグルと回っていてちょっと怖い。

おっと、こちらはセイウチさん。「歯、じゃまじゃないですか?」

「何してはるんですか?」

「・・・」

なんかず〜っとここに居たアザラシ君。

キョロキョロ、キョロキョロ・・・「かくれんぼか何かですか?」

さて、セイウチのショーの時間が来ましたので、待機。

ちなみにこの子は関係ありません。ただ寝てるだけ。

さて、ショーが始まり、お兄さんとセイウチの「ブブ」が登場!

拍手をするブブ。

お兄さんに耳打ちをするブブ。本当に声を出して耳打ちしていましたよ!

何しているのかは忘れましたが、たぶん撃たれたブブ。

ショーに自ら参加しつつ、恥ずかしがるという勇気のある?女の子。とブブ。

ちなみに、この子はず〜っとこのままでした。「大丈夫?体調悪いの?」

見てみて!これ!どう見ても海ですよね?

でも実は、海に繋がっているように見える、タッチプールなんです。すごいっ!

どう見たって海だぁ!「こんな庭がある家に住みたい!」←ムリ

どうでしたでしょうか、うみたまご。この他にもいろいろなショーがありましたよ。実際に訪れて見てみてください!老若男女だれでも楽しめるスポットでした。施設もキレイですし、大分に来られた際は是非どうぞ。

となりにサルの高崎山もありますので、この2つのスポットで1日使うのもいいかもしれませんよ〜。

さて、1日目はこれで終了です。今日のお宿でゆっくりとグーグー寝る事にします。

後編はこちらです

面白かった!と思ったらクリック!

たびかんスタッフの旅行記 一覧に戻る
↑ Page Top