無料会員登録ログイン
ホーム > こまどりさんのページ
こまどりさんのページ
こまどりさん(30代後半・女性・滋賀県)
口コミ投稿数 336件
画像投稿数 1464件
読者 7人
HP・ブログ
第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第86回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第85回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第83回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第77回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第76回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第75回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第73回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第68回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第65回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第64回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第62回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第61回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第59回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第55回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第54回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第49回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第48回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第45回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第41回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第40回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第39回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第37回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第34回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第32回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第31回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
第30回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第28回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
第12回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
自己紹介
滋賀県に引っ越してきて20年、近頃じんわりと地元への愛着が増してきました。

身近な場所をちょこちょこ観光するのが趣味で、主に滋賀県や京都府のスポットを訪れています。

こまどりさんのいち押し観光スポット(55件中 1-4件を表示)


東村ふれあいヒルギ公園
こまどりさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

座喜味城跡
こまどりさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

八幡堀
こまどりさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

万座毛
こまどりさんの口コミに飛ぶ
観光スポットページに飛ぶ

こまどりさんの投稿画像(1464件中 1-8件を表示)


こまどりさんの口コミ(336件中 1-5件を表示)

多賀サービスエリア(上り・下り)の口コミ
2017年09月15日に投稿されました。
5名が参考になると回答
駐車場からの入り口 東海、北陸、北海道…各地のお土産がここで揃います(笑) かわいい手描きのボード 東海に行かなくてもえびせんべいを入手♪
滋賀県の名産、信楽焼も買えます
久しぶりに多賀サービスエリアへ。今回は下り車線です。ぶらっと県内をドライブしたついでなので、一般道からの利用でした。

以前、上り車線のSAに行った時は細い山道をつたって従業員用の入り口のようなところ入り込んだんですが(⌒-⌒; )
今回は道幅も広く『ぷらっとパーク』の表示も出ていて、堂々と乗り入れることができました(^-^)

土日だったからか駐車場には誘導の方もおられ、空いている区画へ的確に案内してくださいました。私たちはタイミングよく空いた入り口近くの区画へ。そうでない場合は少し歩く必要のあるスロープ下の駐車場になるようです。

駐車場や入り口あたりにいる時は何の施設だろ?という印象でしたが、進んでいくと確かにサービスエリア!というか、観光地のショッピングエリアみたいな感じでびっくり(*^▽^*)

下りの方がお店は充実しているように思いました。
海辺にあるイメージの『えびせんべいの里』の支店が、なぜか海なし県の滋賀県に登場…(笑) 試食して吟味しながら選べるので、ついあれこれ大人買いしてしまいました。

フードコートにカレーのCoCo壱番屋が入っていたのですが、日野産 鹿肉カレーののぼりを発見。滋賀県内で増え過ぎて駆除の対象になっている鹿を、大切に加工していると聞いて気になっていたメニューです。県外の方も、ここにおいでになれば召し上がれますよ♪
馬見岡綿向神社の口コミ
2017年08月27日に投稿されました。
9名が参考になると回答
静かなところです こんな由緒書きがありました こじんまりした太鼓橋 大昔の曳山の様子が境内に飾られていました。
この看板、いい味出してる気がします。
日野の町内にあるとても由緒正しい神社ですが…ナビを利用していたにもかかわらず、どこから近付いたら良いか分からずグルグル探しました(^_^;)

477号線から曲がるときは、この神社の案内はありませんが『中野城(日野城)』の看板が出ている道から入ると真正面に見えてきます。
車止めがあるように見えますが、こちらへ来た人は境内に停めることができるようになっていました。

広がりのある境内には中央に太鼓橋があり、その左右がそれぞれ行き道と帰り道に決まっていました。

日野町はごく小さな町ながら、大掛かりな曳山の祭りがある土地柄だとのこと…以前にお邪魔した日野商人館の解説の方が、誇らしげに語っておられました。(町の通りに面する家々の塀には、前を通る曳山を眺めるための専用の窓が設けられていて、これを探しながら歩くと日野の町歩きの面白さがちょっと増します)

境内には昔の時代の大規模な曳山の行列を描いた物が残されていました。

ブルーメの丘のそばなので、ちょっと立ち寄ってみるのも良いかもしれません。
佐川美術館の口コミ
2017年08月26日に投稿されました。
10名が参考になると回答
正面玄関。品格を感じる木製自動ドアです。 ミュシャが知られるきっかけとなった『ジスモンダ』 作品のデザインに浸れる空間が用意されています。
アルフォンス・ミュシャ展を開催している佐川美術館へ、久しぶりに行ってきました。

根強い人気のミュシャ、ここでは平日は写真撮影OKという寛大な展示でびっくり! 観光バスも来ていてオープン間もない時間にもかかわらず大盛況でした。

常設の平山郁夫のシルクロードの絵画…絹本に描かれた異国の情景、盛り上がるように塗られた絵具は光の加減でキラキラして、本当に砂漠の砂のようでした。
佐藤忠良のブロンズ像の広間も必見です。

水面下に作られた茶室も斬新ですが、時間予約制・別途料金なので前もって計画しておいた方が無難です。今回は数時間待たなければいけなかったので見送りました。

佐川美術館というと琵琶湖のそばなので湖岸道路からアクセスする印象があったのですが、栗東インターなどから琵琶湖大橋取付道路で向かう場合、途中にある『水保町中野』という交差点で左折するのがおすすめ! 道の表示も『美術館通り』と名付けられており、橋の付近の渋滞に巻き込まれることなくスムーズに到着することができました。

丁寧な応対の警備員さんがおられる駐車場は、美術館利用者が無料で停めることができます。駐車場から美術館入口はちょっと見えにくいですが、警備員さんが巧みに誘導してくださるのでご安心を。
滋賀農業公園ブルーメの丘の口コミ
2017年08月20日に投稿されました。
22名が参考になると回答
正門へ 正門前にほっこりする空間が。 農作物の直売所、グルケ
久しぶりにブルーメの丘へ。
とは言っても今回は園内への入場ではなく、入り口にある農産物の直売所が目的でした。

夏休みの真っ最中の2時台、駐車場はこれから入園するお客さんと帰るお客さんで入り乱れていました。
すれ違った小学生の子は全身びしょぬれ…この時期、水遊びコーナーができているようです(^^)

正門に向かって右手にある直売所グルケは土日祝日のみの営業です。
農業が盛んな日野町なので、ちょっと珍しい新鮮な野菜が手に入りました

買った野菜は帰りまで預かってくれるようなので、入園前の品揃えの豊富なうちにこちらへ立ち寄っておくのが良いかと思います。2時にはかなり売れていて、残り少なくなっていましたので(^-^)/
郡上八幡城の口コミ
2017年05月25日に投稿されました。
36名が参考になると回答
山道から見上げた郡上八幡城 青空と新緑とお城と。ため息ものでした☆ 早朝の散歩で見つけたのは、まぎれもないギフチョウ☆
ゴールデンウィークに、ふと思い立って郡上八幡を訪れました。
ほとんど予備知識もないままの旅行でしたが、お城があるとのことで、インターを下りてすぐこちらへ直行。

お城は山の上にあり、車で行くこともできるとのことでしたが、中腹にある駐車場の係の方に止められて歩いて行くことにしました。これが大正解! エンジンが壊れそう⁉と思うほどの急勾配と、つづら折りの山道の狭さ。しかも私たちのように歩いて登る観光客たちがあふれていたので、車で登る方たちは大変そうでした。
中腹の駐車場も上と同様に無料で、歩いても10分ほどですから、ぜひ歩きやすい靴で山道を楽しんでみてはいかがでしょう(^ ^)

この日はすばらしいお天気だったので、青空と新緑を背景にしたお城は それはそれは見事でした‼

郡上八幡城は今も木造のままの貴重な建築です。大勢が登って歩き回ると木の軋む音が建物に満ち満ちて耳をろうするほどでしたが、これは鉄筋で修復されたお城では味わえない感覚に違いありません。

お城の窓からは、郡上八幡の町並み保存地区も見下ろすことができました。
そこの散策も素晴らしかったです(^ ^)

忙しい日々のなか、古き良き城下町で息抜きを楽しみました☆

たびかんNEWインフォメーション

PAGE TOP