全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 旅エピソード一覧 » 世界に一つだけの旅エピソード
世界に一つだけの旅エピソード

133件の「旅エピソード」のうち、1件目を表示しています。

前のエピソード 次のエピソード

エピソードを投稿する!
あるぱ7216さん(男性)の旅エピソード [2017-11-03 07:58:37]
 念願の小笠原諸島にて・・・。

 小笠原ならやはり海に行かなきゃ??
 と言う訳で、この日は”ドルフィンスイム&ホエールウオッチング&兄島海中公園&南島泳いで上陸”のツアーに参加しました。


 しかしツアー自体に参加するのは良かったですが、この日は朝から低温で、雨が降りそう。。。
 
「この天気では、余り楽しめないのでは・・・。」
 と思いつつも、悩んでいても仕方ないので、宿近くにある会社でツアーの参加予約をしました。


 まずは船に乗って、ドルフィンスイムへ。
 父島二見港周辺や、先日行った小港海岸付近でイルカを捜しますが、イルカはいない。。。

 イルカがいないので、少し観光遊覧へ。
 南島海中公園内付近や、ハートロック付近など遊覧した後、予定変更で、先に「小笠原の宝島“南島”」へ。              

 しかし今時期は、小笠原自主規制で南島に上陸出来ません。
 でも、「扇池に通じる海蝕洞から泳いで扇池に行き、扇池のビーチであれば上陸可能。。」と言う事でしたが、この日は海が荒れており、うねりが高く、上陸は×との事。。。
 しかたなく、扇池の海蝕洞のみ撮影して南島を後にしました。
       
 その後もイルカを捜しましたが×。その内小雨も降ってきたり。。。

 自然相手なので、誰にも文句を言う事は出来ないけど、船長の勧めでホエールウオッチングに切り替える事になりました。

 船で沖合い20km余り進んだ、深さ1000m級の海域まで移動し、マッコウクジラを捜しますが、ここでも×。さらに少し移動して捜しても×。


「・・・・。」


 海は徐々に荒れてきており、そのため何だか船酔い気分に。。。

 結局午前中はイルカも南島もクジラも×で終わってしまい、そのまま父島と兄島の間にある“兄島瀬戸”の海中公園まで移動し、そこで昼食を摂ってから、シュノーケリングをする事にしました。


 以前沖縄に行った時、初めてシュノーケリングをした事があったけど、まるで竜宮城のような美しいサンゴ礁と熱帯魚に感激し、それからという物、南の島に来たらシュノーケリングをするようになったけど、やはりこの兄島海中公園もすばらしい海でした。


 最近、海水温上昇によるサンゴの白化現象で、サンゴが死滅してるニュースを良く聞きますが、ここ兄島瀬戸の海中公園は、常に流れがあり、新鮮な海水などが供給されているので、白化現象は無いそうです。

 それはそうと、ついに船酔いでヘロヘロになってしまいました。
 が、少しでも旅行を楽しもとする貪欲???な気持ちが自分を盛り立て、少し休んで、頑張って10分ほどシュノーケルをする予定で、海に入りました。
 しかし、キレイなサンゴや魚たちを見ながら写真を撮影してるうちに、30分も泳いでいたそうです(笑)


 兄島海中公園を後にし、リベンジでのホエールウオッチングに出発。

 船で沖合い30km余り進んだ、深さ1000m級の海域まで移動し、マッコウクジラを探すと、ようやく遠くにマッコウクジラを発見。。。。
 早速ウオッチングに行きましたが、しかしその時は、すでに船酔いでべロべロ。なんとか”酔眼”(って言うのか)???でクジラの泳ぐ姿を発見できました。

 「ああ〜・・。クジラだ・・。」
 
 と思った瞬間、ついに私は魚たちに


“餌付け”


 をしてしまいました・・。(苦)


 マッコウクジラを発見してからは、余勢をかうように、


 「おい!!!!あそこに20頭はゴンドウクジラがいるぞ!!!!」

 と言う声がしました。
 そう、クジラの大群に出会ったのです(居たそうです)。

「わぁ〜〜〜〜〜。すご〜〜い(嬉)!!!!」
「スゲ〜〜〜はくりょくだ〜〜〜〜。」
「チョ〜〜〜近いぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「おお〜〜〜。潮吹いたぁ〜〜〜〜〜〜」

「こんな大群、滅多に見れないぞ!!!!」

 と船長は言い、観光客が歓声を上げて見に行きます。
 私もみんなと一緒に見るはずが、餌付けが楽しくて、見れなかった・・・。

「おい!!こんどはこっちにコビレゴンドウだぁ〜〜〜(嬉・嬉)

「わぁ〜〜〜〜〜っ・・。」
「チョ〜、カンド〜〜〜」
 っと、超大歓声・・・。

 コビレゴンドウは、餌付けをしていた近くに現れたので、なんとか酔眼で見つめながら、(もしかして夢の中で見てたかも)

 その瞬間も、


 “餌付け”


 をしてしまいました。そして更に


 “餌付け”をして、

 “餌付け”をして(×5回くらい??)



 「もう“餌付け”をする物は、何も無い・・・。」

 と言うほど“餌付け”をして。。。


 マッコウクジラやゴンドウクジラは、ザトウクジラのようにジャンプしたりしないので、ウオッチングには迫力に欠けるかもしれませんが、最後に浸水する時に、尾ビレを見る事が出来ます。


 やはり迫力あるクジラの姿を見るなら、1〜2月頃のザトウクジラの頃か?

 と思ったかどうか分かりませんが、その後もイルカやクジラが沢山見れたそうで、そんな最高の状態でウオッチングは続く中、私は“餌付け”をし過ぎてしまい、そのまま死んでしまった。。。。

 ふと気が付くと辺りは真っ暗で、いつの間にかツアーの船は港に帰っていました。
 そのまま宿まで送迎してもらい、少し休憩してから、宿で仲良くなった人たちと、海亀を食べに行きました。

 一緒に行くみんなは「大丈夫か??」と、不安げな感じで、心配されてましたが。。。



 普通ウミガメは保護されているので、食べる事は出来ないですが、ここ小笠原は、牛馬の代わりの、貴重な動物タンパク源摂取のために、海亀を食べていた習慣があり、その“食文化の保護”の意味合いも含め、年間135頭の食用の捕獲が認められてるそうです。

 とまあ日本では、小笠原でしか食べる事が出来ないウミガメ。。。。。


 この日はかなり“餌付け”をしてしまったのでヘロヘロでしたが、何とか頑張ってその店に行き、早速「亀刺し(1050円」と「亀雑炊(840円)」を注文しました。


 亀刺しは一切れ250円。


 カナリ割高ですが、食べてみると、どこか獣の肉の感じがしました。
 ラム肉のような「クセがある。。」と言った感じか?
 もともと家畜では無いので、そんなクセはあるのだろうけど、亀刺しは”一度食べたら二度と食べない人”と、”食べる人”に分かれるそうです。

 亀雑炊は汁の中にあるので、それ程抵抗無く食べれますが、珍しい物を食べる事が出来ました。

 他には“島寿司(1000円)”と言って、昔冷蔵庫など無い小笠原で、保存用に“漬け”にしたサワラなどで握った寿司があります。

 去年行った大東島でも、同じような“大東寿司”と言うのがあり、美味しく食べた記憶があります。

 とまあ、この日は“餌付け”でヘロヘロだったので、殆ど食べる事は出来なかったけど、それでも旅行を楽しもうとするパワーは、一体ドコから出てるのか(笑)

 「そのパワーを仕事に生かせば、今は課長くらいにはなれたんじゃないの???」

 と言った声も、どこからともなく聞こえましたが。。。。

最高でしたっ! 12クリック
面白かったよ! 20クリック
共感しました! 9クリック
私も経験アリ! 15クリック
そんな事が!? 9クリック

133件の「旅エピソード」のうち、1件目を表示しています。

前のエピソード 次のエピソード

こちらの旅エピソードもオススメです
↑ Page Top