全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかんスタッフの旅行記 » 日本三大、県名より県庁所在地の方が有名な県1番目(愛知県)
日本三大、県名より県庁所在地の方が有名な県1番目(愛知県)

みなさんこんにちは。第6回目のスタッフのきまぐれな「たびかん」は、昭和の名優名古屋章さんを偲び、名古屋(愛知県)に向かいます。「え?名古屋章さんは名古屋出身じゃない???何故?」(※名古屋章さんは東京都出身です。)名古屋出身じゃなくても名古屋さんっているんですね。(←当たり前じゃ!)実は私の知り合いにも居るんです。(←居るんかい!)

「名古屋さん元気?○君と仲良くしてる?」(←個人的な事を書くな!・・・で、元気?)

とまぁ、それは置いといて、最初は「和歌山にでも行こうかなぁ…また日帰りで」なんて思っていたのですが、数々のトラブル(風邪引いたりとか、風邪長引いたりとか、風邪治らなかったりとか)で200回ほど延期になりまして、(←嘘)とうとう行く日が無くなってしまいました。そこで、「どうしようどうしよう」と悩んだ挙句、年末でもいろいろな施設がオープンしている名古屋(愛知県)に決まった訳でございます。しかも、今回は1泊2日のお泊り!やったぁ!

果たして、名古屋(愛知県・・・以下省略)の人は「エビフライ下さい」を「エビフリャァチョ〜」と言うのか!?こうご期待!(←注:そんな調査してませんから〜!ざんね〜ん!!!え?古い?)

2009年もまもなく終わろうとしていた、とある日。たびかんスタッフはまた阪神三宮駅に立っておりました。今回は大阪難波から、竹下○子さんが広告に起用されている有名な近鉄特急に乗って行く名古屋の旅なんでございます。第4回の奈良の旅でも利用した快速急行奈良行きに乗り、一路名古屋へ「しゅっぱ〜つ!キーン」

今回の車内は前のように混んでおらず、すぐに座れました。「あぁ、ラクチンやぁ」そして「あぁっ!」と言う間に、大阪難波に到着。(実際には「あぁっ!」とかは言っておりませんので悪しからず)近鉄特急の名古屋行きは大阪難波から出発するのですが、今回は乗換時間が「ぬわんと14分!」しかありません。(え?結構あるじゃんって?)あらかじめ購入していた特急券を無事に14分以内に発券し、特急に乗る事が出来るのか!果たして結果は???・・・

そりゃあ出来ましたさ。だって同じホームだもん・・・。

実はわたくし、ホームの自動発券機の使い方が分からなくて少し恥ずかしい思いをしたのですが、窓口に行ったら快く発券してくださいました。「ありがとう窓口のおじさん!」

特急券を手に無事に特急に乗り込み大阪難波を出発。この電車もあまり人は居なかったです。私、実は車内販売でお弁当を買って食べたいなぁなんて思っておりまして、朝から何も食べずに居たのですが、当然あると思っていた車内販売・・・無かった(ガーン!)・・・まぁいいけどさ・・・後ろの人はマクドナルド食べてたけどさ・・・まぁいいけどさ・・・。

車内は快適であっという間の2時間6分。(内30分は寝てましたが)到着した名古屋の風は、強かったなぁ・・・。


じゃ〜ん。今回も阪神三宮からのスタートです。

快速急行の奈良行き。便利になったもんだ。ブレててスイマセン。

そして、大阪難波に到着。これが近鉄特急アーバンライナー。

行き先は「名古屋だがや」

では、乗ってみましょう。

おぉ、明るい車内。

座席はこんな感じ。良いですね〜。

これが苦労して?手に入れた特急券。ちょっと贅沢にデラックス。

鶴橋に着きましたが、ほんのりキムチの香りが・・・しません。

前方の画面に映し出される前方の景色。すげ〜。

「大和八木を出ますと、名古屋まで停まりまへん」

ほとんどこういう景色ばっかりです。文句じゃないです。

え〜っとここは桑名だったかな?まもなく名古屋です。はやっ!

おお、名古屋だがやぁ!ちょっと天気悪いのかな?

名古屋に到着。「ありがとうね〜、帰りもよろしく」

外に出てみると、すごく良い天気でした!

お、ランドマークですね。美しいです。

車内販売のお弁当が食べられなかったので、まず昼食を・・・。

昼食に、「ロースみそかつ」を食べたスタッフ。初めて食べたばってん(←?)、もっときつい味かと思っていたのですが、意外とさっぱり食べられました。美味しかったなぁ・・・。「あぁ、思い出すとよだれが・・・」

昼食でお腹が満足したスタッフは、いざ、最初の目的地「尾張名古屋は城で持つ」の名古屋城へ向かいます。
「え〜っと、どうやって行けばいいの・・・?」

名古屋の地下鉄って、結構複雑ですよね・・・どれに乗るのか迷っちゃいましたし、乗るまでに時間かかりました・・・。東京みたいっスね・・・(ブツブツ言うな!)

なんとか、最寄駅「市役所駅」に到着。あたりを見回すと変な建物が。地図で見ると愛知県庁でした。すごい建物ですね。奇抜です。それでは、名古屋城へ入りましょう。

私は東門から入ったのですが、すぐにチケット売り場が。「あ、もうここからお金居るんですね」

というわけで、名古屋城のたびかんをどうぞ。

☆名古屋城☆
入場料は一人500円でした。チケットを買って中に入って少し歩くともう本丸です。現在は本丸御殿の復元工事が進められていまして(たしか2017年まで?)、工事の様子は一般に公開されており、誰でも見られます。ほかの場所も工事が多く、「ここからは行けません」という柵が多かったです。
天守閣の中には小天守から入りますが、小天守は通るだけです。すぐに大天守に入ります。大天守はたしか7階まであるのですが、階段でもエレベーターでも行けます。途中からエレベーターに乗る事も出来ます。
中は見ごたえのある展示が多く、3Dシアターなんてのもありました。展望室からは名古屋市が一望出来ますが、地元の人以外はあまりわかりません。わかるのは、テレビ塔と名古屋ドーム、あと東山のタワーくらいでしょうか。
天守閣以外にも石垣の刻印など見どころはありますよ。

(スタッフのたびかんは各スポットにも投稿しています。)


駅の中の地図。なるほど、こうなっているんですね。

期待が高まります。「わくわく」

駅の入り口とは思えない。

「なんじゃあの建物???」(手前が市役所、奥が県庁でした。)

では、お城に入ります。

はいるともうチケット売り場が!

こうみるとそこまで大きくない?

では入ってみましょう。大人500円ナ〜リ〜。

「本丸御殿復元してますよ」という看板。

これも上と同じ看板なんですよ。ハイテクですね。(←そうか?)

お、見えてキター!

お城の築造には清正公が大きな役割を担ったんですって。

ホントかウソか・・・「こういうのって作り話が多いよなぁブツブツ」

櫓ですが弘前城の天守閣はこれくらいです。(←なぜ弘前の話を?)

では、本丸に突入!「うを〜!」(ちょっと工事してます。)

「立派な石垣でごわすなぁ」

本丸御殿の復元工事見学現場。誰でも見られます。(要ヘルメット)

完成するとこんな感じ。「かっこいい〜!」

お、ようやく来ましたね。

その前に、こっち見ていきましょう。

「これが清正石かぁ。上に乗ってたんだなぁ・・・。」

ん?「なんやねん、嘘かい!都市伝説かい!もうっ!」

何者?「新手のナンパ?声かけられない様にしないと・・・コソコソ」

まぁ、そろそろ天守閣に入りましょうね。

小天守通らないと入れないのね。防衛上。

しかし、絵になるお城ですこと。

シャチホコも輝いております。「ピッカピカやぞ!」

かっこいいお城です。「破風の感じがタマランです。」

お待たせしました・・・。入ります。

すぐに渡り廊下のような所を通って・・・

「サー!イエス!サー!!!」

中は近代的でキレイ。

お、エレベーターか階段か選べるのね。近代的だぁ。←?

実物大のシャチさん。鱗が一枚黒いのはなぜ?

「この紋どころが目に・・・」

最高級ブランドですね。車のエンブレムに使いたい・・・。

お?これは「実に興味深い・・・」

復元中の本丸御殿です。京都の二条城と並ぶ御殿ですって。

ほとんどが戦争で失われてしまいました・・・残念です。

お、こういうの好き〜

タイムスリップしたみた〜い

御殿の透かし彫り。芸術です。

「おぬしも悪よのう、ヒッヒッヒッヒ」的な?

豪華なご飯!美味しそう!!!特にお刺身!

十手やら手錠やら

武具屋さんです。本当にこうして売っていたの?

鉄砲の展示・・・それにしても

「コントかっ!」っていうくらい長い鉄砲。2.5Mくらいあります。

男の子は憧れますよね。

一生懸命石を曳いていらっしゃいます。ご苦労様です。

なんと金シャチに乗って写真が撮れるんです!斬新〜。

金シャチの一般公開の様子。

この方は腰を抜かしております・・・「ひゃあ〜!」

この方は開いた口が塞がりません・・・

「うぅわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

金鯱に使用された金。慶長小判17975両ですって!おいくら万円?

石垣が立派な名古屋城。加藤清正公がせっせと積み上げました。←?

6階は〜無しよっ!

最上階の展望室です。

こんな感じに仕上がっております。

眺望を見てみましょう。まずは名古屋駅方向。

お次は、名古屋ドーム方向。

お次は、え〜っと・・・「何やったかいな???」

テレビ塔方面・・・たぶん。

復原工事中の本丸御殿方面?

東山○之方向・・・違う、東山スカイタワーでした。ツマラン・・・。

キンピカのお土産いっぱい!

では、下ります。

この吹き抜け怖いんです。結構。

天守閣はこんな感じでした。

さて、外ですが、

こんな感じの刻印がたくさんあります。

これは!「キャッツアイからの予告状?」

これは、忍が入って来られない様にしているそうです。「剣塀」

たぶん「だんご3兄弟」ではないと思いますが、もしかしたら?

とにかく、刻印だらけです。探してみるのも楽しいですよ。

「?・・・なんだあれ?」

いや、何故ここにあるのかが・・・

「なるほど〜、」

これが、そうらしいですが、読めません・・・。

石垣って綺麗に積まれていますね・・・ん?

あれ・・・は・・・

シカ?いや、シカし・・・←プッ・・・(←おやじかっ!)

天守閣の下に・・・

シカ・・・きっと神様として崇められているのでしょうね・・・。

「天守閣と月」この写真売れませんか?(え?売れない?あ、そう)

立派な天守閣・・・

立派な櫓・・・弘前城だったらこれが・・・(もういいって!)

ん?なんぼのもんじゃい?

これが、なんぼのもんじゃい!(←いや、違う)

たぶん、鹿小屋・・・発見。

「ごゆっくりどうぞ〜」シカし(←!)、連れて来られたの?

やっぱり「顔はめ」はどこでも人気ですね。

どうもあけまして、どうも〜

名古屋城は元離宮だったのですね。「はは〜っ!」

清正さま〜

お顔が見えません〜「天気がよかばってん・・・。」

さて、続いて参りますのは、中部国際空港・・・通称セントレアでございます。

名古屋駅から特別列車ミュースカイに乗り約30分。直通なのですっごく楽チンでした。

では、セントレアのたびかんです。

☆中部国際空港(セントレア)☆
名古屋駅から乗り変え無しで行けるのが良いですね。
ミュースカイもそんなに高くないですし・・・
空港に着いたのはもう夕方だったのですが、展望デッキに出ると風がものすごくて参りました。冬には絶対厚着で行った方がいいです。風邪引きます。
国際空港なので、外国の航空会社の飛行機もたくさん停まっていて楽しいです。かなり歩きますが、滑走路の近くまで行けるのもいいですね。
また、館内は食事処が充実していて、お土産物屋さんも多いです。ちょっとしたショッピングモールみたいなので、カフェしに行くのもいいかもしれません。
さすがに綺麗な空港でした。


特別車両券を購入。「ミュー」って何のミュー?

ではでは、行ってまいります。一部特別であります。

綺麗な車内。最近はホントキレイですね。

夕日が美しかったです。「日が沈む前に着きたいな・・・」

おぉっと、空港が見えてきました!「ワクワク!」

はい、到着!ば〜ん!

近代的な駅。「新しいのは綺麗やなぁ」

スッチーは華やかで羨ましいですね・・・。「シクシク・・・」

なぞの旅人・・・「who? Oh! Who!」

うぉ〜、超キレーじゃん!

関空に似ていますね〜なんか。でも国際空港は全部こうかな?

「お、空の街ってか?ちょうちん横丁も気になる」

巨大なフ〜。「なんかの虫に似てるけど・・・」

個性的なお店。外国人にウケそう。

スカイデッキに行きます。「いやっほ〜い!」

お、見晴らしがいいんですが・・・

実は突風が吹き荒れております。写真じゃ伝わらない・・・。

「太陽光発電!エコですな。」それにしても風が・・・。

写真撮ろうとしてもこうだもの・・・。ブ〜ンブン。

カメラを固定しなんとか普通に撮れた。「お、ジャンボやん!」

香港拠点イギリス系キャセイパシフィック。

そして、日航のジャンボ「久しぶりに見ただ〜!」

端まではかなり長いです。(約300M)そして寒いです。(突風)

「ニュージーランド行きてぇ!さみ〜よ〜」

三重が近いのですね。飛行機なら3分くらい?(←さぁ?)

ジャンボかっこいい。「私をハワイに連れてって〜」

デッキの隅にはこんなのも。「おされ〜」

謎のポーズで写真を撮るお人・・・

端はカメラを持った人でいっぱいです。

「いってらっしゃ〜い」

カゼニモマケズ、トップウニモマケズ、

あまり人が居ません・・・。それは寒いから・・・。

イルミネーションもありますよ。

こんな感じとか。キレイですね。

「飛行機いっぱいうれしいなっ♪」けど寒いなっ!

結構人だかりが出来て人気でした、コレ。

寒いからデッキは終わりです。「さみかったぁ」

ここはデッキの下。

おお、な〜る・・・

な〜る・・・

な〜るへそ。

でも、結構ガランとして、人が居なかったなぁ・・・。

「あぁっ!見たかったぁ」・・・現在17:10。残念。

「あぁっ!こっちもアカン!」現在17:11・・・無念。

外から覗くと・・・「たぶんこの子がセント(レア)君?」

本家せんとくん「呼んだ?」  ・・・呼んでねぇ。

さて、では、ちょうちん横丁へ!「でかいちょうちん」

雰囲気がいいですね〜

ここで中華そばを頂きました。その後お寿司も・・・←食べ過ぎ!

ここは空港か!

あった!銭湯のあるレアな空港・・・だからセントレア・・・プッ!

世界のナベ・・・いや、世界の山ちゃんもあるよ!

おしゃれなオープンカフェみたいですね。

本当に空港かよここは!「お洒落すぎる!」

そしてここは到着ロビーです。キレイです。

あ、おめでとうござーあす。(撮影時はまだ年末)

「ほな、かえりまひょ」

ホテルもあるで〜。「その名もそのままセントレアホテル」

「次は飛行機に乗って来たいなぁ・・・。」

近代的列車ミュー之図

すぐ(約30分)に名古屋到着!

どっぷり日が暮れた大名古屋ビルヂング前。

はい、1日目はこれで終了。久しぶりのお泊りなので、さっさとホテルにチェックインしてお風呂に入りたいなぁ・・・。それにしてもセントレアは寒かった・・・ブツブツ。

2日目の朝、ホテルの快適なベッドで惰眠を貪り、気がつけば朝の10時。「こりゃいかん」とチェックアウト。今日の名古屋も快晴です。

本日向かうのは名古屋港。名古屋港にはいろいろな観光スポットが集まっており、1日中居られる観光地なのです。なので、本日の目的地は「ココだけ〜!」(←「○んだけ〜」とかかってますが、分かる人は居るのか?)

では、また地下鉄に乗って、名古屋港へ向かいます。

名古屋港に着き、素晴らしい青空にウキウキしながら、まずは朝食兼昼食を食べなければなりません。事前のリサーチで名古屋港のJETTY WESTという場所には世界各国のフードが集まるフードコートがあるとチェック済みなのです。えっへん!早速JETTY WESTの中に入ってみました・・・、

「え〜っとまず神戸のカレーかぁ、神戸ってカレー有名だったっけ?他はうどんに?天むす?日本やね。あと、たこ焼き・トンカツ・・・あれ?世界は・・・?あ!あった、ナシゴレン。あとマクドナルドも一応世界か・・・。世界の山ちゃんは無いのね・・・。」

あれ?世界のフードが楽しめるってガイドブックに書いてあったのに・・・、(念のため今また見返してみました。)やっぱり書いてある・・・。ちょっと残念な感じになったので、朝食兼昼食はマクドナルドになりました。(←なんで?)

マクドナルドの素晴らしい朝食兼昼食を食べてお腹いっぱいになったスタッフは、名古屋港の一番の人気スポットである「名古屋港水族館」へ・・・は行かず、各種アトラクションや観覧車があり、大人気の「シートレインランド」へ・・・も行かず、他の観光客とは反対の方向に歩き、やってきましたハチ公像・・・じゃなくて、「タロ・ジロ」像。そうです、あの「南極物語」のタロジロ像があるのです。

でも、実は私、なんと!本物のジロを見た事があるのです!ふわふわふわ〜ん(←効果音)

・・・あれは、昭和31年の事でした。残業が深夜まで続き、疲れ果ててやっとその日の仕事が終了。外は土砂降りの雨。早く帰らなきゃと思っていたその時、私のオフィスをノックする音が。「こんな時間に変だなぁ」「同僚が誰か戻ってきたのかなぁ?」と思いつつ、「は〜い」とドアを開けるとそこには誰も居ません。「あれ?変だな?」若干の恐怖を覚えた私は、とにかく早く帰ろうと急いで会社を後にしたのでした。

私の会社は南極3丁目字昭和基地にあるのですが、自宅までは船で2カ月くらいです。私は港に行き、自分の手漕ぎボートに乗って、いつも通りの航路を帰り出しました。星が綺麗な夜だったのを鮮明に覚えています。

港を出発して2カ月が経ったころ、もうそろそろ自宅が見えてきても良さそうなものなのですが、一向に見える気配はありません。さすがに2か月も手漕ぎボートを寝ずに漕いでいると疲れてきてしまいます。私はいつの間にか眠ってしまったようでした。

何年寝たでしょうか。気がつくとそこは自宅のベッドの上。訳が分からず身体を起こした時、ちょうどドアが開き、妻が入って来ました。妻は私を見るなり「あぁ!」っと声をあげ、その場で泣き崩れました。

3日ほど経ったでしょうか。落ち着いてきた妻に私は聞きました「いったい私に何があったんだ?」妻は私をじっと見て、「私の言う事は全部本当の事だから・・・」と話し始めました。

この後、私はあの誰も居なかったノックの意味、そして帰りの船で起こった驚愕の出来事を知る事になるのです。つづく・・・訳ない。

え〜っと〜、どうお詫びをして良いものか見当もつきませんが、いきなり意味の無い話をして「あれはUFOだったんだよ!」「なんやねんそれ!関係ないがな〜」的な吉本新喜劇の池野め○かさん的な事を書こうかなと思っていたのですが、何だか訳のわからない方向に行ってしまいました。とりあえずお詫び致します。「すんまへん。」(←誠意は!?)で、あなたはいくつ突っ込みどころを発見しましたか?

ちなみに、昭和31年はタロジロが南極で活躍していた時です。「5へぇ」

何の話でしたっけ?あ、そうそう本物のジロを見たよっていう話。はい、東京上野の国立科学博物館に展示されているのを見ました。はく製で。それだけです。でも「これがあのジロです」とは書いてないんですよね。おかげで私、ジロの上に展示されていた甲斐犬ばかり見てました。なんでって?その甲斐犬、私の飼い犬にそっくりだったんですよ!アハハ(←アハハじゃねぇよ)え?どうでもいい?早く本題に戻れ?読むのが疲れてきた?はい、すんまへんでしたね。(←誠意は?コラァ!)

本題に戻ります。タロジロの像や、南極観測船のプロペラ、南極で実際に使っていた車などを見た後、ようやく南極観測船ふじへ。遅くなりましたが、たびかんです。

☆南極観測船ふじ☆
やはり実際に南極で活躍した船と言う事で感慨深いものがあります。
中はあまり変更を加える事無く保存されていますし、ところどころにマネキンがリアルに展示されていて、最初はビックリすると思います。お子様はちょっと怖いかも。
中は結構グルグルといろいろ見る所があります。資料室のような所もありました。
時間がある方は、当時の新聞記事などを見たり、暖かい日なら、甲板でゆっくりするのもいいかもしれませんね。


名古屋港着きました。ワーイ!

本当にいい天気で良かったです。

「はい、どうもです〜」

ぼろぼろの船長さん?「新しい服着た方がいいっすよ」

おお〜!ワクワクしますね〜。

まず、朝食兼昼食を頂いて・・・

そして、向かうのはこっち。

みんなはあっち・・・。

ココに入れるんだからワクワクしますよね?ね?

メガネブランドではありません。

昭和基地にあった石?

巨大っす。

「あ、あれは・・・まさか・・・」

タロジロやぁ!

うんうん、もっと称えてあげて。

しかし、あんたらデカイなぁ・・・。

実際に南極で20年間も使用された雪上車。

運転席はこんな感じ。

うしろはこんな感じだす。

ではでは、ふじに乗船します。

乗船証明書がもらえます。ヤッター!ペンギンラブリー。

本当に働いているんだと思っちゃいましたよ。

食堂です。船内映画館「テアトルふじ」でもありました。

「今日のご飯は何かなぁ?」

本物みたい・・・

こちらもそのままですね。

これ見てたら、中からおっちゃん出てきてビックリした。

「南極で見つけた生き物か!」と思ったら2億年前の恐竜でした。

電信室。ふじの郵便番号は〒100-71だったそうです。

「居る。なんか居る!」(←マネキンね)

ん?あれは?

誰だろう???

下に降ります。

床屋さんがあるよ。

上手な隊員が切っていたんですって。無料です。

先生「お腹痛いの?」患者「おれはもうダメだぁ!」

先生「何食べたの?」患者「に、2週間前の牛乳・・・」

歯医者もあるよ。そりゃそうやね。

ご苦労様でッス。

「いつまで遊んでるんだぁ!」「後ろセクシーポーズするなぁ!」

ところでこれは何?チェスか?

一般乗組員105人分のベッド。

この方はふじの乗客である観測隊員さん。恥ずかしがり屋さん。

実際の南極でのふじ

博物館もあるよ。

階段には気を付けてね。「わぁっ」

ハスキーですね。寒くないんやろか?

勉強になります。

ペンギンラブリー

美智子様が使った斧が

これです。実物。

あ、これさっきの!

南極新聞ですって。

うまいし・・・。

これもさっき外にありましたね。

ん?これは?

「あはははは」

「ぎゃはははははははは!」

南極でのソフトボール。「え〜楽しそう!」

「タッチ!タッチ!画面にタッチ♪」

ボロボロですやん。

ハイテククイズマシーン!南極で活躍・・・←嘘

クイズ:どちらが南極の氷でしょうか?

正解は、左の白く見える氷でした〜。

南極の未来・・・30年前の21世紀予想みたいね。

誰でも自由に行けるんですって!平和って素晴らしい。

では甲板に

おお!良い天気。

毎朝ココで朝礼や体操をしていたんですって。

ピコピコン♪「ヘリコプター!」

これも実際に使われていたんですって。

かっこええ!

甲板を後にして

ブリッジへ。

おお、すご〜い。

なんだかわからない・・・

機械がいっぱい。

ブリッジからの景色。

これは・・・?

う〜む、レーダー的な?

特等席。

「映画で見たことあるこれ〜!」

歴史を感じますね。

資料室もありますが、元は何の部屋なんだろう?

あ、終わっちゃった。

さぁ、今回の旅も終わりが近づいて参りました。

次に向かうのは、南極観測船ふじの横にある、「名古屋港ポートビル」。このビルには、博物館やレストラン、展望室などがあるのです。私は先ほどの南極観測船ふじでココの博物館と展望室との共通券を購入していたので、そのまままずは、博物館に向かいます。たびかんです。

☆名古屋海洋博物館☆
ポートビルの3階にあります。比較的新しいのか、綺麗で最新の展示が多かったです。
内容はほぼ名古屋港に関する事で、名古屋港がいかにすごいのかというのを、どんどん見せつけられます。
いろいろなクイズや、体験型?のものもあって、お子様向けの感じもしますが、大人でも十分に勉強になります。
名古屋港の事を知るにはもってこいの施設です。


後光が差すポートビル!ちょっと変わった形ですね。

では、入りましょう。

1階。ここで飲んだ暖かいジュースがま○かった・・・。

博物館に入りますとこんな感じです。綺麗でしょ?

海洋博物館には絶対ありますよね。

立体のジオラマに

ライトを当てて

映像で説明してくれます。ハイテクっすね。

絵もラブリーで見やすい展示です。

お子様が喜ぶ展示に工夫が見られます。

(たしか)20分もあるシアター。

「チョベリグ」なキャッチフレーズ。

コンテナど〜ん

未来都市みたいな部屋

愛知と言えば、トヨタですね。

迫力あります。映画のセットみたいです。USJ思い出しました。

これはトヨタの車を運ぶ船でしょうか?

最後は名古屋港の歴史です。ジオラマ大好きです。

右端の子!危ない!

昔の名古屋港が良く分かります。

伊勢湾台風で甚大な被害を受けたんですね・・・。

やりたかったけどやらなかった・・・。

さてさて、博物館自体はあまり時間かからないので、もう次の展望室に行っちゃいましょう。エレベーターで「上へ参りま〜す」・・・たびかんです。

☆名古屋港ポートビル展望室☆
あまり期待しすぎると良くないかもしれません。細長い空間から名古屋港周辺が見渡せます。晴れた日には遠くまで見渡せるようですが、名古屋周辺を良く知らない私は何が何だかあまり分かりませんでした。椅子がありますので、水族館などのついでに来て休憩しながら見るのもいいかもしれません。他の方が「夜景が綺麗」と書かれていらっしゃいましたが、そう考えれば夜見ると綺麗だろうなぁと思いました。


反対側にも同じような空間があります。

う〜ん、これはどの方面だったんだろう???

え〜っと、何が見えるんだろう???

あ、水族館。

あ、水族館のイルカプール?

あ、ふじ。

あ、名古屋駅。

え〜っと山脈?何山脈?鈴鹿?

もったいないですね、非常に・・・。これからは展望と名のつく所に行く時は、少し勉強してから行きたいと思います。夜景見れば良かった・・・ブツブツ。

と、名古屋港はこれで終わりです。水族館や遊園地に行かないのが、私らしいというか、もったいないというか、バカじゃないの?というか(誰がバカやねん!)・・・。

でも本当に早く帰らないと遅くなってしまうので、帰ります。まず、名古屋に・・・走って・・・嘘・・・。

そして、名古屋到着。少しだけ時間があるので、駅前にそびえ立ち世界のトヨタの強さを窺わせる超高層ビル、「ミッドランドスクエア」に行きまっしょい。たびかんです。

☆ミッドランドスクエア☆
雰囲気的には東京の六本木ヒルズ的な感じですが、女子高生が制服で気軽に入っているような感じですので、そんなに居づらい事はないと思います。ちょっとおしゃれな格好をしてお買い物という時にはぴったりだと思います。
トヨタ自動車が関わっているだけあって、中にはトヨタのショールームやレクサスの展示があったりと名古屋らしい感じがしました。


お洒落〜

ここはオフィス入り口なので、関係なし。

綺麗な所ですね。

何かの妖精も居ますよ。 妖精「イラッシャイマシ」

とにかく247メートルは高い!

中はこんな感じ。

ここも私には用は無いですね・・・シクシク。

トヨタのショールーム。欲しいなぁ。

これは・・・クラゲ?

世界のレクサス!奥の白いのが欲しいです。誰か・・・。

はい、スタッフのたびかんは以上・・・なんですが、私がどうしても名古屋で見たかった建物がありまして、今からそれを見に行こうと思います。え?時間は大丈夫なのかって?すぐそこなので大丈夫だよ〜ん。


名古屋駅前と言えば、これとか、

これとかが有名だと思いますが、私が見たいのは・・・

これ!・・・あれ、違うわ

これ!・・・あ、これも違うけど、左端に写っている・・・

これこれ!え?見えない?じゃあ近くまで行きましょう。

着きました。ピッカピカやね。

ど〜ん

バ〜ン!「なんじゃこのビル〜!!!」

「どないして造ったんやろ〜???」

「でもかっこええなぁ。中に入りたい。住みたい・・・。」

さて、見るもの見たし、帰ろうか・・・な・・・何?

「なんか巨大な人居るんですけど〜!!!」

しかも・・・

「バカ殿みたいになってる〜!!!」

足でか〜

立ち方はお天気おじさんの福井敏雄さんみたいです。

こう見ても柱にしか見えません。

他の人には見えないのでしょうか???みなさん興味無し?

とか言ってる間に着きました。近鉄名古屋駅。

いかがでしたでしょうか。

「日本三大、県名より県庁所在地の方が有名な県1番目(愛知県)」

タイトルはあくまでも私の個人的なものですので悪しからず。1番目ということはいつか2番目3番目が出てくる事と思います。続いていれば・・・(←不吉な事を・・・)

では、また来月さようなら・・・。(泊まりも結構いいなぁ・・・)

今回の出費(ホテル代・食費等は除く)
交通費¥13,270 入場料等¥1,200(計¥14,470)

最後の一枚


「のぞき」を彼女に戒められるの図。
面白かった!と思ったらクリック!

たびかんスタッフの旅行記 一覧に戻る
↑ Page Top