全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » coniさんのページ
coniさんのページ
coniさん(50代前半・男性・滋賀県)
口コミ投稿数
92件(参考になる:11562回)
画像投稿数
396件(いいね:5176回)
読者
2人
HP・ブログ
金賞は彦根城の水堀に沿う桜景色!第108回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は桜並木と一面広がる菜の花の共演 余呉川堤の桜!第75回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は6万本のヒガンバナが埋め尽くす栃木県の美野沢彼岸花公園!第62回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は神戸市立須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」・・・大噴水も見事!第54回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南あわじ市村上邸で見られる絢爛のしだれ梅。ライトアップも幻想的!第49回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は登山もオススメ!紅葉に包まれ魅力あふれる秋の筑波山!第42回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
オヤジっス
coniさんのいち押し観光スポット
いち押しスポットが選ばれていません。

coniさんの投稿画像(396件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

coniさんの口コミ(92件中 1-5件を表示)
鈴鹿サーキットのクチコミ
2018年06月10日に投稿されました。
鈴鹿のコースに一般人がここまで入れるのはナカナカない
レースカーに群がる子供達
鈴鹿名物パドックトンネル
遊園地のバルーンゴンドラ
遊園地のチーズクリームが重いパンケーキ
路上にあるバイクのオブジェ
観覧車からの絶景
スタートは良かったのに・・・
梅雨の時期に開催されるHonda エコ マイレッジ チャレンジカップという「ハイブリッドなどは使わずガソリンエンジン限定、1Lで走行できる距離を競う燃費レース」にウチの会社のチームが毎年参戦してるので、今年も応援に行ってきた。
会社を出てチャーターの大型バスで2時間あまり、昼飯の弁当や飲み物におやつ、それにサーキット併設の遊園地の乗り物代も家族分まで全て会社が持ってくれるので皆子連れの家族参加で、現地集合もあわせると今年は50名の大応援団、ウチは嫁と二人で参加。
1Lだけ入る規定の燃料タンク(試験管みたい)を積んで、F1と同じメインコースの一部を使って7周走ってどれだけガソリンが残ってるかから燃費を計算するが、全国の大学/高専/工業高校/中学に一般(と言っても事実上のワークスチームも複数)がF1と同じパドックを使って徹夜で最終調整してる。いつも思うが、若者達が油でドロドロのツナギを着て不眠不休でピット作業を頑張ってる姿を見ると、明日の日本の技術も期待できるし若い女性達も見てやってほしい。
パドックに到着したら丁度ウチのチームが試験走行から帰ってきたばかり、ドライバーはカーメーカー付属学校に進学して別チームで参戦してる兄の意思を継いだ女子中学生(ドライバーは軽量ほど良いので他のチームにも女の子のツナギ姿が結構居る)。
応援家族の子供達が見慣れない車体に群がるが、最終調整の邪魔になるので全員で記念撮影したら応援団はとっととメインスタンド向かいの2Fデッキへ移動してお弁当タイム。広々としたコースを見ながらの昼食は気持ちイイ。
幹事からウチのチームの走行予定時間を確認したら、鈴鹿名物のパドックトンネル(ホームストレートの真下を横断できる長さ200mの地下道)を通って待望の遊園地へ。今年は乗り物の新調があったのをTVで見て知ってたが、俺が絶叫系は一切ムリなのでバルーンに見立てた吊りゴンドラを嫁と。それでも俺にはコワイです・・・。
お次は嫁のお目当て:パンケーキ屋へ。昼過ぎで混雑タイムだったがこってりチーズクリームがどっさりのパンケーキ(ってかホットケーキやろ)を殆ど嫁がぺロリ。このチーズクリームの重さは子供向きじゃない。昼食の弁当1つを二人で分けたとはいえ、俺は少しで胃もたれした。
そのあと同棲から今年入籍した次男夫婦と、留守の間の老犬の世話を頼んで家に来てもらった今年から同棲してる長男カップル(血は争えんなぁ)にお土産買って、まだ時間と会社支給の乗り物券が残ってたので今まで乗ってなかった観覧車へ。途中の通路にはバイクを倒して疾走するオブジェも。
乗り込んでドンドン上っていくと、メインスタンドやコース全景に遠く伊勢湾まで見える絶景。これはサーキット好きには値打ちありますよー。嫁も喜んでた。
走行時間になったので2Fデッキへ戻って暫く待つとウチのチームの走行開始。1周を4分余りで走ると予定通りで最初のラップは順調、2周目を待ったがDJによる構内放送でウチのチームの緊急事態を耳にした。いつも即座に動き出すのはウチの嫁で、真っ先に移動してクラッシュ場所を捜索。でもコースは広くて全部目視できないしモニターでもクラッシュ場所は写さない。直ぐにパドックへ降りてピットを見てもまだ空っぽ。心配で右往左往してるのはウチの夫婦だけで、家族連れの応援団は皆のんびりしてる。暫くするとチームクルーが帰ってきたので聞くとカウルが飛んでしまったとのこと。この日は強風だったし、嫁はスタートのときに「なんかいがんでる」と言ってたが、きっちりカウルが閉まってなかったのを目ざとく見つけてたのか・・・。
今年は残念ながらリタイヤだが、ドライバーも怪我なく無事で良かった。
暫く敗戦の弁を聞いたが長居しても邪魔なので応援団は撤収に。
後で嫁に「直ぐにクラッシュ場所を探しに行ったけど、見つけてどうするつもりやったんや?」と聞くと「怪我してるかもしれんし、助けないかんかも知れんやん」と。余談だが、我が夫婦が20代のころ家の前でドーンと大音響がして交通事故発生、家から飛び出した俺も/隣の自衛隊員も/斜め向かいの警官も、大事故を見て男共はみんな固まって遠巻きに見てるのに、ウチの嫁が一人運転席に近づいて大丈夫か?と声をかけたあと、グルンッと振り返るなり鬼の形相で俺に大声で「なにぼーっと見てんの!早よ救急車呼ばんかいな!」と一喝、それで他の男共も一斉にワラワラと動き出したということがあった。咄嗟の行動力は男よりも女が上だと痛感したが、いつもそんなことできるのはウチの嫁だけなのか?
まぁ、みんな怪我なくレースと遊園地が楽しめて良かったとしておこう。
6名が参考になると回答
青土ダム湖のクチコミ
2018年05月13日に投稿されました。
青土ダム湖
ダム湖堤のツツジ
管理棟「ブルーシャトー青土」
ダムポチャしそうなグランドゴルフ場
湖際まで車で行ける
全く自然の藤花
山奥過ぎて他に誰も投稿しないようなので、3回連続自分でカキコします。
地元のフリーペーパーの懸賞で青土ダム湖近くのグランドゴルフのペアチケットが当選したのでGWの晴れた日に、3年ぶりで嫁と行ってみました。
改めて場所を説明すると、滋賀県と三重県の県境:鈴鹿峠の手前、昔は国道1号線しかなかったけど、新名神高速道路が出来た今は、京阪神からでも名神高速道路の草津JCTで乗り換えるか、名阪国道〜東名阪の亀山JCTで乗り換えて新名神:甲賀土山ICで降りたら20分もかかりません。
国道1号線から山奥に向かって約10分でダム湖に到着。まずは最初の駐車場(どこも全部無料です)に停めて景色を散策。ダム堤の歩道に植えてあるツツジが満開で、真っ青な空/新緑の山とのコントラストが素晴らしい。
事前に電話でまず管理棟へ行くように聞いていたので、車で約2分走って管理棟へ(「ブルーシャトー青土」ってネーミングはどうなんやろ?)。チケットを渡すとボールとクラブ?(ってか木槌みたいやけど)を貸してくれて「好きなだけ回ってください。一日中でもイイです」。プレイ代金を見ると400円/人なので、一日中でも400円なのね(ってかウチは400円X2名のプレイのために山奥までガソリン代どれだけ使ったのか?)。
そこから1.5km離れたコースへ車で行くと、先に来てたご婦人方数名が終わるところ。軽く挨拶して夫婦で早速スタート。全部グリーン上で転がすだけと思ってたけど、ボールはデカくて重いし、見た目よりもコースに傾斜があるしで結構ムズイ。何よりOB叩くと池ポチャどころかマジのダムポチャしそうな緊張感がある。30分ほどで18ホールを終えたが、アレッ?横には24ホールとかのプレートが。いやいや、いったい何ホールあるの?夫婦ともにもうお腹イッパイだし、後ろから子連れのチームが来てたので我々は上がることに。適度に体を動かしながら山の空気をいっぱい吸えて、鈍った体に非常にヨカタです。
コースから湖を見ると、直ぐ水辺まで車で行って釣りしてる人も。アレってもし増水したら絶対助からないからね。
管理棟まで道具を返しに戻り、腹が減ったので軽食メニューを見たがホントにフツーの軽食メニューだけ(うどんやカレー)なので食うのはやめておいた。
昔は山しかない辺鄙な場所で北側の斜面には4月でも残雪があったので、子供をソリ遊びに連れてきたこともあったけど、今は整備されて道沿いに点々とアスレチック施設なども出来て家族連れで賑わってます。
再び国道1号線に戻る途中で、全く人が手入れしてない自然の藤花も満開だったので良い写メが撮れました。
道路沿いの棚田や茶畑は地元民でも「うわー山奥!」って景色なので、都会の人には異次元が楽しめますよ。
8名が参考になると回答
京都市動物園のクチコミ
2018年04月22日に投稿されました。
入り口
疎水の噴水
新しくなった象舎のレリーフ
水路もできた象舎
安心しきってるキリン
園内にできた池
園の横を流れる疎水の水路
昔からある猿山
前回投稿時は園内工事中だったが、工事が完了したとニュースで見たので嫁と再訪。
専用駐車場が無いし/目立つ場所の駐車場は皆満車だったので平安神宮前の市営地下駐車場の前まで行ったが、桜の時期の日曜に前でフリマやっててドエライ人出なのと/入り難いし動物園まで遠いしで諦め、カンを頼りに動物園近くまで行くと狭い道沿いの民営駐車場がまだ空いてる。コレは大正解の場所で、停めてから裏へ周って細い道を歩いたら動物園入り口まで2〜3分で着いた。
園内最初に目に入るのは琵琶湖疏水の噴水で、国立博物館などに向かって伸びる水路が美しい。
前回来たときは工事中だった辺りを重点的に見に回ったが、まず大きな変化は象舎が綺麗になり、象が水遊びできる水路も作られてる。柵が恐ろしいくらい頑丈になったのは安全で良いが見た目がイカツイなぁ。
キリン舎では、キリンが柵の上から人が通る通路の樹木の葉っぱを食おうと首伸ばしてる。ってか、非常に臆病で知られ/自然界では立ったまま少しだけ眠ると聞くキリンが膝を折ってゆったり座ってるって、ココではどんなけ安心してるねん。
トラや豹の獣舎では流行の頭上に動物が通れる通路ができたが、かなーりコワイ。クマ舎なども綺麗になった感じ
奥には恐らく前回なかった新たな池があり、中央の岩山まで行ける石橋もある。
ここではやっぱりゴリラが一番人気で観客も多いが、意識してか常に客には背中向けてる・・・。
俺が子供の頃からある猿山は今も健在で、園の中心にあるから必ず最後はお猿をゆっくり見てから帰る。
駐車場に戻ると停めてから1時間を少し過ぎていた。それでも近いからこの時間で戻れたし、駐車料金も京都の観光地で日曜昼間に600円ならマシな方やろな。俺が出るのを他府県ナンバーの車が2台待ってたのでサッサと出てあげた。
7名が参考になると回答
UCC滋賀工場のクチコミ
2018年04月22日に投稿されました。
入り口から見上げるとデカイ
UCC滋賀工場へ行ってきました
ナツイ製品1
ちょっと前の製品
実はプリクラマシーン
ラウンジのモニター
激レアB'z缶コーヒー
コーヒー苗
地元フリーペーパーの懸賞でUCC滋賀の工場見学特別招待券が当選した。UCCのwebページから予約せよと書いてるが、招待券無くても無料でできるのに何が特別なのかと思って編集局に電話で聞いたら、特別なプレゼントがあると。
以前から行ってみたいと思ってたが基本は平日なのでムリやなーと思いながらwebページを見ると、月に2回ほどは土曜日もやってる。コレなら行けると夫婦二人で予約した。
当日嫁がウチの古いカーナビにUCCで入れてもどうしても出てこないと言うので俺が住所で入力すると、その場所にはコカコーラの工場が表示される。UCCに変わる前のカーナビでは検索できんかったハズや。
10時からと13時からの1日2回ツアーがありウチは13時で予約したので、入る前に直ぐ近くのコメダ珈琲で腹ごしらえしたのはUCCさんにはナイショで。
入門の守衛さんにもちゃんと見学予約者の名前が連絡されておりスムーズに入り口へご案内。ウチが最初の到着で開始30分前(のフツーの会社では昼食時間)に行ったのに、ロビー受付には赤いコスチュームのお姉さま達がお待ちかねで、上履きに履き替えると早速「UCC滋賀工場へ行ってきました」の前に夫婦で立ち、俺のスマホでお姉さんが記念写メ撮ってくれる。
2Fのショールーム兼ラウンジに案内され、ツアー開始までは無料コーヒーの試飲やショーケースに並んだ懐かしい商品とか即売品を見物できるが、お姉さんに当選した特別招待券を渡すと即売品の一部の中から好きな5本を選んで良いとのことで、1Lの大きなペットボトル2本と嫁が好きなラテと新製品2本を選びお姉さんに紙トートバッグに入れてもらった。
そこで嫁が目ざとく見つけたのが、今年コラボしてるB'zと書かれた缶コーヒーで、嫁が買いたいとお姉さんに聞くと非売品で/この工場にも限定3本しか無いとのこと。嫁は既にB'zライブに2〜3回行ったし/今年9月のライブチケットも購入済みで、欲しい欲しいとうるさいが「この3本が2本に減ってたら、お前がパクッたとバレバレやからな」と釘さした。
そのうち他の家族連れ見学客も20名ほど集まり、まずはこの部屋の大きなモニターでブラジルとハワイの直営農場の紹介ビデオを鑑賞、それが終わるとガラス張り通路から工場見学。防塵服を着なくて良いから子供も安心。見学通路では写メ禁止と聞いてたので説明聞くのに集中したが、目の前の巨大なタンク1本で缶コーヒー11万本分入ってると聞いてもイメージできん。通路にもアチコチにモニターがあって、ガラスの向こうに見えるものをムービーでも説明してくれるのは良い方法やな(ウチの会社のガラス張り見学通路にもあった方がイイなと)。ペットボトル充填工程では各自に口だけ螺子になった手のひらに納まるサイズの試験管みたいなものを渡される。コレで試飲か?と思ってるとお姉さんの「コレを金型に装着して熱とエアーで膨らませてペットボトルにします。この方法だと運送が6分の1の体積で済みます」の説明とモニターの説明ムービーに皆なるほどーと感心しきり。コレは俺も知らなかったので良い勉強できたなー。
ペットボトルのベビーをお姉さんに返すと全員テーブルについて2種類のコーヒーの飲み比べへ。1つは濃縮液を還元した缶コーヒーで/もう1つはドリップしてそのまま缶に充填するコーヒーとのことで、どちらが何か聞かなくてもまず香りが全然違う。口に含めばさらに味も違う。当然みんな旨いと感じたのはドリップしてそのまま充填する方でUCCはこの方式に拘っているとのこと。でもお姉さんは何度も「あくまでも違いが判るというだけで、どちらを美味しく感じるかは好みによります」と“他社品は不味い”とは言わないといころが会社好感度UPやな(メモっとこう・・・)。
コレで最初のショールームに戻り、ツアートータル75分まで残り25分ほどは自由時間。このとき、バカでかいキャップコーヒー缶に見えてたのは実はプリクラみたいに写メ撮ってくれるマシーンと判明、撮ってもらうと表の巨大コーヒーカップの画像を合成した写真を無料でプリントアウトしてもらえる。ウチの夫婦は次々チャレンジしては枯らす植物栽培に嵌ってるので@350円のコーヒー苗と、6個パックで配り易いオリジナルのグリコ「コロン」や、嫁が好きなスティックラテなどを購入して合計1000円超えたのでガチャくじ引きでさらにコーヒー1本オマケあり。コーヒー豆の形のクッキーは面白いけど、奈良の鹿せんべいみたいな「UCCせんべい」のセンスはどうかと・・・。
コーヒーの花は2〜3日でしぼむそうだが、ラウンジの4年目の木は丁度花が咲いてたので買った苗も4年後にはコーヒーが実ると期待して、帰宅したら早速大きな鉢に植え替えた。
嫁のようなコーヒー好きや、俺のように他社の工場の見せ方の良いところを参考にする目的で見る人には、手頃な時間で無料の良い経験ができます。
15名が参考になると回答
琵琶湖疏水のクチコミ
2018年04月08日に投稿されました。
水門
桜が覆いかぶさる疎水
疎水の両岸に桜並木
京都まで繋がってるトンネル水路
三井寺山門横の道路
三井寺山門
境内の高台から臨む桜の向こうの琵琶湖
高台から見た境内
地元民なのに桜の季節は全国的に有名なこの観光地を見たことがなかったので、京都の伏見稲荷の足で行くことに。
京阪電車の伏見稲荷駅から三条で京津線に乗り換えて、さらにびわ湖浜大津駅(最近この名前になったらしい)で石坂線に乗り換えて一駅の三井寺駅へ。俺は元々大津で生まれたので京阪石坂線には馴染みが深かったけど湖東生まれの嫁は殆ど縁が無く、自動車と一緒に路面を走る区間は珍しそうに景色を見てた。
伏見稲荷で乗ったときは自動改札をICOCAで入場したけど、三井寺駅には改札すらない。どうやって駅を出るのかな?と他の客を見てると、カードをタッチする細高い機械にみんなタッチ。客を信用してないとできない斬新な仕組みやなー。
駅から出たら直ぐに疎水の横だが、ここにはまだ桜は無い。いや、寺の方向を見ると・・・ものすごいピンクの雲が。途中の橋の上には人だかりができていて、疎水の水門とこれから始まる桜並木を写メ撮るのに絶好のスポット。
さらに疎水に沿って進むと延々の桜並木で、これは全国版のカレンダーによく使われるだけあるなーの絶景。
途中で疎水がトンネルになり、ここから京都の蹴上まで繋がっているが、今年から数十年ぶりに復活した観光船でこのトンネルで蹴上まで行けるらしい。
せっかくなので、そのまま三井寺へ入り参拝。境内もいたるところに桜の巨木があり、さながらピンクの雲の中に居る感じ。西国の札所なので皆さん冊子に記帳してもらってるところへウチの夫婦だけ手ぶらで土産のお守り購入(俺は辰年なので金龍が水晶玉を咥えてるスマホの根つけ)。おみくじには小さな金の恵比寿さん像が入ってたので大事に財布へ。
嫁は疲れたと屋根がある休憩所で休んでたが、おれは境内の高台まで登って眺望。桜の向こうのびわ湖が美しく、また見下ろした境内も桜で綺麗。
再び京阪三井寺駅から石坂線を京阪膳所まで乗り、ここでJR琵琶湖線で車を駐車してある地元駅まで帰りました。京阪石坂線は、紫式部が源氏物語を起草した石山寺から明智光秀の所領だった坂本駅(比叡山延暦寺の登山口)までのチョーローカル線ですが、随所に観光地があって大津のローカル観光にはおススメです。
地元民としては今更だったけど、この時期に行ってヨカタです。
前の5件 次の5件

↑ Page Top