全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » coniさんのページ
coniさんのページ
coniさん(50代前半・男性・滋賀県)
口コミ投稿数
96件(参考になる:13657回)
画像投稿数
424件(いいね:5859回)
読者
2人
HP・ブログ
金賞は彦根城の水堀に沿う桜景色!第108回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は桜並木と一面広がる菜の花の共演 余呉川堤の桜!第75回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は6万本のヒガンバナが埋め尽くす栃木県の美野沢彼岸花公園!第62回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は神戸市立須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」・・・大噴水も見事!第54回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南あわじ市村上邸で見られる絢爛のしだれ梅。ライトアップも幻想的!第49回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は登山もオススメ!紅葉に包まれ魅力あふれる秋の筑波山!第42回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
オヤジっス
coniさんのいち押し観光スポット
いち押しスポットが選ばれていません。

coniさんの投稿画像(424件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

coniさんの口コミ(96件中 1-5件を表示)
11名が参考になると回答
五月山公園・五月山動物園のクチコミ
2018年11月11日に投稿されました。
入り口
歩くウォンバット
餌によじよじ
餌をむしゃむしゃ
木になってる銀杏
怖エミュー
いかついアルパカ
優しそうなポニー
動物園巡りが趣味の嫁から「ウォンバットが居る」情報で以前から一度行きたかったが、ようやく11月の土曜午前に夫婦で行きました。
自宅から名神高速〜吹田から中国道豊中ICで降りてずーっと渋滞の街中通って、信号待ち後の発車で一瞬車が下がったほどの上り坂直ぐ先の第1駐車場へ行ったけど丁寧な警備員さんが無線で確認していて第3駐車場に少し空きがあるから回れと。自宅からちょうど2時間で降車したけど丘の上の遊歩道だけで動物園の案内もないからどこへ向かえばよいかも判らない。とりあえず第1駐車場の方へ歩いて戻り、さっき駐車場案内してくれた警備員に動物園はどこ?って聞くとそっちに門があります、でようやく気付けた。
トイレと売店の奥にある目立たない門を通ると直ぐにお目当てのウォンバットが。ウォンバットだけ屋外運動場なのに柵ではなくガラス張りで中がよく見えるが、奥で伏せて動かないのでシャッターチャンスがない。待っても動かないので反対檻のミニブタ(ミニなのにデカッ)やヤギさんを見てるとウォンバットが動き出したので戻って写メ写メ。嫁はカピバラとアルパカと同じく「コレ飼いたい」と無理難題を言ってきたが却下。コアラとカピバラを足して5で割った感じだけど、特にカピバラとは団子っ鼻に共通性を感じる。看板で有袋類と判ったけど、何食うのかなーと見てたら草食いだしたので草食動物なのね。凄く臭うので変わった臭いの動物なのかと思ったら、ウォンバット檻の直ぐ横にイチョウの巨木があって足元には踏みつけられた大量の銀杏が。
2匹が夫々シャッターチャンスくれたので、横のワラビーや大きなアルパカ、目つきが怖いエミューに、近くで観れるポニーも居て、入場無料なので子供連れの家族には手頃やろな。
この日はスタンプラリーもやってて入り口で用紙をもらったが、半分は同じ公園内の体育館でハンコ押せと。よく読むとウォンバットデーと書いてるから体育館にウォンバットが半分出張してたんやな。でもこれ以上の混雑は勘弁なのでここで終了。
駐車場は有料:といっても最初の1時間で300円なので大阪としては良心的。でも呼び込みしてた臨時駐車場はボッタクリっぽかった。
無料で貴重なウォンバットが見れるのは、動物好きには良かったようです。
11名が参考になると回答
道の駅 西山公園のクチコミ
2018年10月22日に投稿されました。
公園から店内へ直通のエレベーター乗り場
山車の模型
レッサーパンダいっぱい
フードコート
お買い物コーナー
農産物エリア
いちほまれ
羽二重餅
西山動物園目的で遠路行ったが、ここでたまたま別の目的も果たせたのでカキコします。
元々道の駅横の無料駐車場に停めて動物園へ登ってた(ちょっとした登山やな)ので、降りるのは高台に桟橋のように飛び出した回廊の先にあるエレベーターに乗って、そのまま道の駅店内へ(だから外観写メ無くてスマソ)。
名物の越前蕎麦やカツが食えるフードコートもあるが、こちらは土産物を物色。
そこで「あっ」と思い出したのが、動物園ともう一つの目的で福井まで来たもの。それは先日テレビで見た「いちほまれ」を買うこと。あまり知られてないが、今や最も多く栽培される米品種であるコシヒカリは福井県の農業試験場が開発した品種であり、その福井農業試験場が味も/増える台風への耐性でもコシヒカリを超える品種を6年掛かりで作ったのが「いちほまれ」で、今年初めて市場に出たばかりの米である。コレは是非食ってみなければと福井県で買うつもりだったが・・・店内にあった♪ 買い物籠にまず一番にこの米を入れて満足ー。
あとは秋なので栗でも買いたかったが意外と無いので嫁は柿を袋買いし、職場や自分達用に王道の羽二重餅を色々。最後は息子達夫婦/カップル向けにー・・・と悩んだ挙句、動物園のアイドル;レッサーパンダの絵が描いてある顔ほどあるデッカイ白えびせんを2枚購入。
小さな店内には地元の山車模型やレッサーパンダのぬいぐるみ達、それと名産品のめがねがいーっぱいあって、なかなか他の道の駅とは違う品揃えでしたね。
尚、買って帰った「いちほまれ」ですが、さっそく炊いて食ってみた。炊き立ての新米は当たり前に艶々で立ってるが、香りはそれほど強くない。口に入れても最初はフツーの食感だが、噛んでるとジワジワ甘みが口いっぱいに。総じて粘りや甘みはコシヒカリよりも少し控えめかも。ただし、だからこそオカズをほおばるとその味を全く邪魔しない。つまり変なクセが全くなく、オカズと一緒にどんどん食が進んでしまう感じ。事実、俺は今年初めてご飯をオカワリした。濃い目の味の米に慣れた人には物足りないかもしれないが、米の風味はしっかりあるし万人ウケする味やな。コシヒカリよりも風雨に強くて栽培し易いらしいので、これから普及するとイイネ。
12名が参考になると回答
鯖江市西山動物園のクチコミ
2018年10月22日に投稿されました。
ゲート
リスザル兄弟?
屋外運動場
アップ
上からニヘラ〜
特別天然記念物
落下物注意
エレベーターのドア前
動物園巡りが趣味の嫁のために常にアンテナ張ってるが、たまたまネットで日本一小さな敷地の動物園だが/レッサーパンダの繁殖実績が日本トップクラスとしてニュースになってるのを見つけて嫁に教えたら、最初は「ソレと鳥と猿しかおらんやろ?」と乗り気じゃなかったのに、数日で行く気満々に変わったので雪が降る前に急いで行ってみた。
名神〜北陸道と高速道路を走ること2時間半(福井県に入ってから唯一の大きなSAである南条SAをナメてたら、快晴の日曜とはいえAM11時半でフードコートが大行列になる人の量で驚いた。諦めて隣のコンビニでパン買って昼食)、鯖江ICで降りてJRをU字に超える不思議な陸橋を通って15分、公園や道の駅と複合してるので無料駐車場は満車。他の溢れた車は別の駐車場へ向うようだが/こちらは勝手が判らず困っていると、福井ナンバーの親子連れが自分は出るから代わりに入れと合図くれた。こちらが他府県ナンバーだからかは不明だが、福井の人は優しいねー。
ラッキーで停めたのは道の駅の横、後で土産を買うとして動物園を探すと道の駅横の階段を登るらしい。やっと上ると芝生が広がり、奥の地図ではさらに石垣の上に行けと。ゼーゼー息が上がるが降りてくる人も結構多い。
到着するとホントにこじんまりしたゲートがあり無料で入場。
最初はリス猿が頭上で遊び可愛いが、糞に注意の案内あるので真下で止まるのは危険。
そこを過ぎるとお目当てのレッサーパンダの屋外飼育場(「えさも、あなたの指もいりません」と書かれた看板にワロタ)。横にはガラス張りの飼育部屋もあるが、いずれも雄雌カップルで入れてある。一番の驚きはみんな毛並みが素晴らしく美しい。他の動物園でもレッサーパンダは何度も見たが、こんなにフサフサ艶々した毛並みの子らは初めて見た。看板読むと京都市動物園から転勤してきた子も居るので以前にも見た子かも。ウロウロ止まってくれないのでインスタ映えする写メは全然撮れない。さらに奥には屋内だが広々とした飼育場が。土の床に木製の登り台、頭上の陸橋は延ばせば手が届くほど低い。ナルホドすごく考えてあって、カップルが自然に過ごせる環境づくりがされてるな。
じっくり観察できたので、ゲートまで戻ると反対側には手長猿達の大きなケージが。リス猿ケージにも子供がいたが、手長猿も子供抱いてて、レッサーパンダだけじゃなく猿たちも子作りし易い環境らしい。それにもう一つ驚きは、鳥ケージにはインド孔雀の他にタンチョウヅルが居ること。失礼ながらこの規模の動物園にあの特別天然記念物ですよ。嫁に連れられて動物園は全国行ってるが、こんな近くでタンチョウヅル見たのは初めてで感動した。
動物園だけだとゆっくり全部見ても1時間もかからないけど、この質で無料だし、にも関わらず動物達が生き生き過ごせてるのが判るので、ものすごく価値がある。動物園を含めた公園全体も綺麗で整備されてるし、福井県の気概を感じた。道の駅での買い物含めて、個人的には遠くまで来て正解でした。
因みに登りのキツさから障害者や高齢者はどうするんやろ?と思ってたら、公園から桟橋のように飛び出した回廊の先にエレベーターがあって道の駅の店内に降りられるので心配なかった。そのドアの足元の敷物まで可愛いレッサーパンダだったので写メ載せておきます。
24名が参考になると回答
笠原桜公園のクチコミ
2018年06月28日に投稿されました。
民家側に延々と続く桜
堤防上の道路から見下ろす
堤防上で反対向いて
土手を降りて再び民家側から
季節外れだけど今年写メ撮ったのを忘れてたのでUPします。
滋賀県守山市と野洲市の間を流れる県下最大の河川である野洲川は、昔は暴れ川として何度も洪水を引き起こしたので、堤防が2重に作られましたが、ここ何十年かは氾濫したことも無く、徐々に外堤防は取り壊されて宅地などに、内堤防の内側でさえ緑地化されてゲートボール場や運動公園になってます(ただし大雨のときは今でも水没する)。
この笠原の桜公園は、内堤防と外堤防の間に早くから植樹され、今では地域住民がのんびりお弁当広げたり、夜は町内会が提灯吊ってくれる(仮設トイレも置いてくれる)ので夜桜宴会も楽しめます。
たまたま桜の時期に近くのディーラーで冬タイヤから夏タイヤへの交換を出してる間に、ディーラーで借りた自転車に乗って花見してきました。
車で行くと堤防上の道路(桜の切れ目で行き止まり)か、内堤防下にある河川敷の駐車場に幾らでも停めれるが、自転車だとショートカットで堤防切れ目に自転車を置いて歩いて土手を登りました。
写真1枚目と4枚目は堤防の外側=民家が建ってる側から見た景色です。この眺めが一番綺麗ということは、元々の植樹目的が近隣住民を自宅からでも楽しませるためだったみたい。
2枚目は内堤防上の道路から見下ろした景色。3枚目も反対向いて撮った景色なので、結構長ーい並木なのが判ります。
駐車場や場所取りに困るほどの人は来ないので、ゆっくり楽しめて良い穴場です。
またこの並木が一旦途切れた延長上には喜多の淡墨桜という巨木の名所があるし、さらに堤防をもう少し北上すると川田の一本松跡の桜を過ぎて、旭化成の広大な敷地を取り巻くように桜並木があります。
全部見るには結構な距離があるけど、堤防道路は自動車禁止区間もあるのでサイクリングがイイかもです。
18名が参考になると回答
鈴鹿サーキットのクチコミ
2018年06月10日に投稿されました。
鈴鹿のコースに一般人がここまで入れるのはナカナカない
レースカーに群がる子供達
鈴鹿名物パドックトンネル
遊園地のバルーンゴンドラ
遊園地のチーズクリームが重いパンケーキ
路上にあるバイクのオブジェ
観覧車からの絶景
スタートは良かったのに・・・
梅雨の時期に開催されるHonda エコ マイレッジ チャレンジカップという「ハイブリッドなどは使わずガソリンエンジン限定、1Lで走行できる距離を競う燃費レース」にウチの会社のチームが毎年参戦してるので、今年も応援に行ってきた。
会社を出てチャーターの大型バスで2時間あまり、昼飯の弁当や飲み物におやつ、それにサーキット併設の遊園地の乗り物代も家族分まで全て会社が持ってくれるので皆子連れの家族参加で、現地集合もあわせると今年は50名の大応援団、ウチは嫁と二人で参加。
1Lだけ入る規定の燃料タンク(試験管みたい)を積んで、F1と同じメインコースの一部を使って7周走ってどれだけガソリンが残ってるかから燃費を計算するが、全国の大学/高専/工業高校/中学に一般(と言っても事実上のワークスチームも複数)がF1と同じパドックを使って徹夜で最終調整してる。いつも思うが、若者達が油でドロドロのツナギを着て不眠不休でピット作業を頑張ってる姿を見ると、明日の日本の技術も期待できるし若い女性達も見てやってほしい。
パドックに到着したら丁度ウチのチームが試験走行から帰ってきたばかり、ドライバーはカーメーカー付属学校に進学して別チームで参戦してる兄の意思を継いだ女子中学生(ドライバーは軽量ほど良いので他のチームにも女の子のツナギ姿が結構居る)。
応援家族の子供達が見慣れない車体に群がるが、最終調整の邪魔になるので全員で記念撮影したら応援団はとっととメインスタンド向かいの2Fデッキへ移動してお弁当タイム。広々としたコースを見ながらの昼食は気持ちイイ。
幹事からウチのチームの走行予定時間を確認したら、鈴鹿名物のパドックトンネル(ホームストレートの真下を横断できる長さ200mの地下道)を通って待望の遊園地へ。今年は乗り物の新調があったのをTVで見て知ってたが、俺が絶叫系は一切ムリなのでバルーンに見立てた吊りゴンドラを嫁と。それでも俺にはコワイです・・・。
お次は嫁のお目当て:パンケーキ屋へ。昼過ぎで混雑タイムだったがこってりチーズクリームがどっさりのパンケーキ(ってかホットケーキやろ)を殆ど嫁がぺロリ。このチーズクリームの重さは子供向きじゃない。昼食の弁当1つを二人で分けたとはいえ、俺は少しで胃もたれした。
そのあと同棲から今年入籍した次男夫婦と、留守の間の老犬の世話を頼んで家に来てもらった今年から同棲してる長男カップル(血は争えんなぁ)にお土産買って、まだ時間と会社支給の乗り物券が残ってたので今まで乗ってなかった観覧車へ。途中の通路にはバイクを倒して疾走するオブジェも。
乗り込んでドンドン上っていくと、メインスタンドやコース全景に遠く伊勢湾まで見える絶景。これはサーキット好きには値打ちありますよー。嫁も喜んでた。
走行時間になったので2Fデッキへ戻って暫く待つとウチのチームの走行開始。1周を4分余りで走ると予定通りで最初のラップは順調、2周目を待ったがDJによる構内放送でウチのチームの緊急事態を耳にした。いつも即座に動き出すのはウチの嫁で、真っ先に移動してクラッシュ場所を捜索。でもコースは広くて全部目視できないしモニターでもクラッシュ場所は写さない。直ぐにパドックへ降りてピットを見てもまだ空っぽ。心配で右往左往してるのはウチの夫婦だけで、家族連れの応援団は皆のんびりしてる。暫くするとチームクルーが帰ってきたので聞くとカウルが飛んでしまったとのこと。この日は強風だったし、嫁はスタートのときに「なんかいがんでる」と言ってたが、きっちりカウルが閉まってなかったのを目ざとく見つけてたのか・・・。
今年は残念ながらリタイヤだが、ドライバーも怪我なく無事で良かった。
暫く敗戦の弁を聞いたが長居しても邪魔なので応援団は撤収に。
後で嫁に「直ぐにクラッシュ場所を探しに行ったけど、見つけてどうするつもりやったんや?」と聞くと「怪我してるかもしれんし、助けないかんかも知れんやん」と。余談だが、我が夫婦が20代のころ家の前でドーンと大音響がして交通事故発生、家から飛び出した俺も/隣の自衛隊員も/斜め向かいの警官も、大事故を見て男共はみんな固まって遠巻きに見てるのに、ウチの嫁が一人運転席に近づいて大丈夫か?と声をかけたあと、グルンッと振り返るなり鬼の形相で俺に大声で「なにぼーっと見てんの!早よ救急車呼ばんかいな!」と一喝、それで他の男共も一斉にワラワラと動き出したということがあった。咄嗟の行動力は男よりも女が上だと痛感したが、いつもそんなことできるのはウチの嫁だけなのか?
まぁ、みんな怪我なくレースと遊園地が楽しめて良かったとしておこう。
前の5件 次の5件

↑ Page Top