全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかん New Topics » 投稿一覧 » 知る人ぞ知る自然のままの秘湖「チミケップ湖」の紅葉に癒される

知る人ぞ知る自然のままの秘湖「チミケップ湖」の紅葉に癒される


2020年11月前半の口コミキャンペーン当選者様発表

2020年11月前半の優秀な口コミは!

あるぱ7216様が投稿してくださったチミケップ湖です!

北海道の網走郡 津別町にあるチミケップ湖は、周囲を深い原始林に囲まれた堰止め湖です。 ほとんど観光開発がされておらず深い森に囲まれているため、知る人ぞ知る自然のままの秘湖なのだとか。

今回あるぱ7216様が、紅葉の時期のチミケップ湖のお写真と詳しい口コミを投稿してくださいました。水鏡になったチミケップ湖の絶景や、美しい紅葉の様子をご覧ください。


あるぱ7216様のチミケップ湖の口コミ

 津別町の山奥に「チミケップ湖」と言う名前の湖があります。
 「チミケップ」とはアイヌ語で、「山水が崖を破って流下する所(水の流れが、山々を削って流れ出る)」と言った意味ですが、そんなチミケップ湖は殆ど観光開発がされて無く、湖畔には野鳥の森、キャンプ場、唯一の人工物のチミケップホテルがあるのみの、深い森に囲まれた知る人ぞ知る秘湖です。

 11月なると、気温もぐっと下がり紅葉も美しく映えます。

 チミケップ湖唯一の桟橋も霜で凍っており、危うく滑って落水しそうになりますが、おそるおそる桟橋の先端まで行くと、静かな湖水を湛えるチミケップ湖に魅了されます。


霜で凍った桟橋でしたが、歩いてみたくなります。

 太陽が湖水を温め、湯気のような霧が湧き、青空と湖水と紅葉の絶景に華を添えていますが、何と言っても、鳥の”さえずり”しか聞こえない、水鏡になったチミケップ湖の絶景を独占出来て嬉しく思います。
 頬に当たる風はひんやり感じますが、もうすぐそこまで冬が近づいている感じもします。


水鏡の湖畔に映る紅葉

 湖畔の散策道路を歩きます。
 キャンプ場は誰もいなくて、白い幹の白樺が葉を落とし始めていました。
 先ほどの桟橋と同じく湖畔まで歩いて行けますが、ここから眺める湖畔の紅葉が一番きれいでした。


白樺の白い幹が美し委いキャンプ場。野鳥のさえずりだけが聞こえていました

 ピークは10月中旬~下旬と思いますが、それでもまだ色を残す紅葉が太陽の光に輝き、それが水鏡に映り魅せられます。時折風が吹くと、カエデの葉が舞い散りますが、キャンプ場に落ちた黄色や赤色の葉もカラフルで綺麗でした。


カエデの葉がキャンプ場を敷き詰めようとしていました

 散策道路は、探鳥遊歩道と見晴台コース、樹木園コースの3つのコースに分かれ、いずれも距離800m~1000m程度ですが、見晴台コースを歩くと、深い森の中の急坂を登り、辺りが開けたと同時に、深い森に囲まれたチミケップ湖を望む事が出来ました。

 深い森の中に青い湖水を湛えるチミケップ湖は美しく、ここでコンビニで買ったおにぎりを食べますが、本当に清々しい景色が望める展望台は、しばらく佇んでいたくなるほどでした。


太陽の日が当たり、燃えるように輝く湖畔の紅葉

  探鳥遊歩道を行った先にある野鳥の森では、何やら木を突くドラミング音が聞こえます。
 その音をたどっていくと、盛んに木を突いている「アカゲラ」の姿を発見しました。
 木に住む虫を探しているのでしょう。アチコチ飛びまわり木を突き、また飛んで木を突いており、非常に忙しないですが、「アカゲラ」と言うのは「キツツキ」の事で、白地に黒色と赤色が目立つカラフルな色合いをしてます。


アガゲラが忙しなく木を突いてました。結構よく見かける鳥です

 余談ですが、野鳥の森には「コゲラ」「ヤマゲラ」「クマゲラ」などの「キツツキ」もいますが、「キツツキ」と言うのは、それらの鳥の総称であって、「キツツキ」と言う名前の鳥は存在しません。

 チミケップ湖畔を散策し、チミケップ川を少し下ると「鹿鳴の滝」があります。
 滝と言っても一本滝では無く、七段の岩床を流れ落ちる滝ですが、森の中を流れ落ちる滝のせせらぎは癒されます。


七段の鹿鳴の滝をローアングル撮影しました。

 チミケップ湖唯一の「チミケップホテル」では、宿泊だけでなく、喫茶や食事も楽しめます。
 散策に疲れたら喫茶で小憩も出来ますので、散策を兼ねて利用されるとよいですが、非常に高級感あふれるホテルでしたので、機会があれば利用してみたくなりました。


ホテルの屋根の一部しか見えず、後は深い森に囲まれたチミケップ湖。

 ギャラリーには、チミケップ湖で撮影された美しい写真が飾られており、魅了されますが、春夏秋冬どの時期でも美しい写真が撮影されているので、機会があれば撮影に来たくなりました。

 散々チミケップ湖や森に癒されましたが、大自然の中でキャンプやバードウオッチングを楽しんだり、また先ほどの桟橋から、カヌー体験もできますので、事前にHPなどで検索されてから訪れて頂くとよいと思います。
 また冬季は湖が全面結氷しますが、その時期はワカサギ釣りが楽しめます。

 本当にチミケップ湖は観光開発されてない、自然のままの秘湖ですので、参考にして頂けたらと思います。


〇アクセスなど
・北見市方面より国道39号線→道道27号線→道道682号線経由でチミケップ湖方面へ。車で約50分(うち砂利道約10km)
​ ・津別町方面より国道240号線→道道27号線→道道682号線経由でチミケップ湖方面へ。車で約30分(うち砂利道約10km)
・北海道北見バス 開成・津別線「チミケップ入口」バス停より7km
・チミケップ湖キャンプ場利用期間は5月中旬から10月下旬(津別町観光協会などに事前問い合わせが良い)
・釣りやカヌー、マウンテンバイクなどのレンタルは、チミケップホテルに要問い合わせ
・トイレはキャンプ場にありますが、キャンプシーズン外は閉鎖します。売店はありません。
・道道27号線→道道682号線経由でチミケップ湖へのアクセスに限り年中通行できますが、それ以外の林道や道道は、冬季間不通になります。

水鏡の湖畔に映る紅葉や、白樺と沢山のカエデの落葉と湖の共演は素晴らしいの一言です。カヌー体験やアクセス・トイレ情報も大変参考になりました。

優秀な口コミに選ばれたあるぱ7216様にはamazonギフト券1000円分をお贈り致します。
また、抽選で選ばれた4名様です。

yamamoto様

たんぽぽ1001様

場んでっと様

あっくんパパ様

口コミの投稿ありがとうございました!
amazonギフト券1000円分をお贈り致します。

次回の口コミキャンペーン当選者の発表予定は2020年12月2日となります!
沢山のお写真、口コミをお待ちしております!


※今回の口コミキャンペーンは2020年11月1日〜11月15日までに口コミを投稿していただいた会員の方が対象となります。

こちらのブログ記事もオススメです
↑ Page Top