全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たびかんスタッフの旅行記 » 桃とお尻はウリ二つ。
桃とお尻はウリ二つ。

今回で第三回となりました。たびかんスタッフのきまぐれな「たびかん」。毎回、スタッフが修行の為に山に籠り、自分の人生を考え直すという企画です。(ええ、嘘です。)

今回もどこに行こうか迷いました。錯乱するくらい迷いました(←錯乱はしてません)。でも今回はホントにちょっと迷ったので、まず旅先を選ぶ際の条件を考えてみる事に・・・

そこで2日かけて考えた、今回の旅の条件は4つ!

(1)暑くない所
(2)暑いのは嫌
(3)暑いのはまっぴら
(4)暑い夏はクーラーが無いと生きていけない・・・

以上、4つです。(??なにかおかしい気もしますが、気のせいでしょう!)

以上の条件を私の頭の中のCPU250MBのスーパーカンピュータに入力し、弾き出された今回の旅先はこちら!

「桃から生まれたおかやまけ〜ん!」(ど〜ん)←効果音1

いや、岡山は十分暑いと思う・・・

しかぁし!!!

今回、岡山の旅に使用する車はなんと!?
(以下、カーグラフィックTVのナレーター古谷徹さんの声で・・・)

シュっとしたエクステリアが食欲をそそる(←?)最先端の防衛技術(なんでやねん!?)を装備し、あのナポレオンも「オレ一回乗ってみたいわ〜」と(生きていたら)言ったという、高〜級〜車っ!

その名も

TOYOTA「クラウンハイブリッド」だぁ〜!(どど〜ん)←効果音2

なんでこんな車に乗れるの?とお思いのアナタ!
それは言えません!我が社のトップシークレット事項ですので、言ってしまうと私の命が・・・おぉ恐ろしい。(注:そんなに大したことじゃありませんが、特に書きません)

閑話休題・・・。

その日は夏休みまっただ中のク○暑い日。朝6時半に出発のはずが当然のごとく7時過ぎに変更に。ボンクラな私ですから当然ですね。神戸を出発したスタッフは、クラウンHVの天国のような乗り心地と消音性に優れたボディに涙を流しながら(「涙で前が見えないッス」って言いながら・・・)山陽道を一路岡山方面へ。「見えないッス!」

今日は朝ご飯を食べずに出かけたので、お腹と背中がくっつきそうだ!ということで「とりあえず、朝食を食べようかね」ということになり、山陽道三木サービスエリア(下り)で朝食を取る事に。

いつもサービスエリアに来るとラーメンなどを食べてしまうわたくしなのですが、朝からお腹が重くなって後悔するのは嫌なので、健康的にから揚げ定食をチェケナ・・・じゃなくて、チョイス!実はここのフードコートは「東京特許許可局って実は存在しないんですよね〜」と店員さんに話しかけると、なんと“たくあん”が取り放題になるというサービスがあるのです!まぁこれも嘘でして誰でも取り放題ですから、小心者の方で、今「え〜!?言えるかなぁ…」と思ったアナタ、どうぞご安心ください。(←誰もそんな事思う訳ない)
(ちなみに付き添いスタッフはバカみたいに“たくあん”を盛り盛りでやんした。)

では早速ですが、たびかんをどうぞ。

☆三木サービスエリア☆
下りの方へ行きました。ここはドッグランがありますので、ワンちゃん連れの方にはいいですね。食事もレストランにフードコートとロッテリア、スタバなんかもあります。結構いろいろと充実したサービスエリアですよ。しかもガソリンスタンドはSAでは数少ないセルフです。(下りのみ)是非寄ってみてください。

(スタッフのたびかんは各観光スポットにも投稿しています。)


いっただっきま〜す。

たくあん“バカ”盛り

ミニタイガースショップもあります。

スタバもありやす。

ほぼ大阪ですね・・・。三木やのに。

朝食を済ませ、お腹がいっぱいになったところで、とっとこ岡山へ向かいます。岡山まで150キロ程あったのですが、クラウンHVは天国なので、距離なんて気にしません。地球一周でもラックラク♪いや、ちょっとだけ無理かもしれない。(←絶対無理っ!)

今日は日帰りの予定なので、一日の時間を有効に使う為、予定では9時頃には到着して岡山を優雅に満喫しているはずだったのですが、予定通りに事が運ぶ訳もなく(最初から遅れていましたが)、結局最初の目的地、岡山城に到着したのは、9時32分でした。

岡山城すぐ横の駐車場に車を停め、そこでなぜか車(たびかん号=クラウンHV)の写真を撮る私。いやぁカッコええわぁ・・・。それでは岡山城のたびかんです。

☆岡山城☆
外堀では白鳥がお出迎えしてくれます。岡山城は残念ながら先の戦争で焼け落ちてしまったお城なので、ほとんどの建物は復元です。当時のまま残るのは石垣と櫓一棟のみ。天守閣まで向かう途中には復元された門があるのみです。
天守閣に到着し、後楽園との共通券を520円で購入。ここは1階からエレベーターでまず4階まで上がります。頂上は6階なので4階からは階段で登ります。涼しい風を期待して6階に上がったのですが、風無し・・・暑い。6階からは岡山市街や後楽園が見渡せます。5階以下は博物館になっています。普通の博物館と言う感じです。着物の着つけをしてもらって写真を撮れるサービスなどもありました。4階以下はクーラーが効いているので快適です。城内のお茶屋さんで桃のかき氷があったので頂きました。美味しかったですよ。是非どうぞ。
駐車場は大手門のすぐ近くにあります。岡山城の入館券で割引もあります。
天守閣は立派な建物で存在感がありましたよ。


行く途中にあった「桃太郎スタジアム」やっぱあるよね〜。

市街へ向かいます。「え〜っとお茶碗持つ方ね・・・」(←バカ!しかも違う!)

でで〜ん。「あれ、ナンバーが無い・・・。」

付けました。「たびかん号」(本当はちゃんと付いてますので)

テールランプが超イカす。

岡山城の目の前にある図書館。「でか〜!」

昔はちゃんとした橋だったそうです。

出番待ちの白鳥漫才コンビ。(←特に意味はございません)

お堀で〜す。

黒いお城だったので「烏城(うじょう)」と呼ばれていました。

なかなかいい石垣具合ですなぁ。

車が写って無ければ昔のままなのに・・・。あ、ベンチも写ってた!

いい天気だなぁ。(それにしても暑い・・・)

フムフム。な〜る・・・「いかめしいって・・・イカ飯みたい・・・ブツブツ」

立派な門です。(復元です)

あ、今ココね。

どうぞ、お読みください。「え〜っと?びぜんのくに・・・???読めない!」

昔、岡山中学がありました。

ク○暑いのに、この階段イヤダわ。

おぉ、やっと見えた。「ども〜お世話になります〜」

礎石が並んでおます。(これが水の上なら風雲た●し城みたいなのに・・・)

え〜っと、これは何門やったかいなぁ・・・

そうそう、こんな名前でした。

それにしても立派な・・・

天気も良くて見栄えが良い。

じゃあ、入りま〜す。

まず、エレベーターってトコは大阪城と一緒ね。

はい、6階。「暑い〜」

ね〜、暑いッスね。

市内です。

暑くてヘロヘロって感じのシャチ様。

階下はこんな感じの展示です。

横にくっついている塩蔵が天守閣への唯一の入り口でした。かつてはね。

戦前の古写真です。「あ〜もったいないなぁ。戦争のバカ!」

これ乗れます。無料ですが、乗る勇気が少し要ります。

中はこんな感じです。乗り心地はクラウンクラス???

こういう昔の雰囲気がわかるのも好きです。

両替商。

いい風景ですね。ホノボノ。

おっ!かき氷ね〜。「入ろっと♪」

お城パフェ〜

白桃かき氷。白桃をすり潰してかけている・・・と思います。美味しかった。

この日は暑い!とにかく暑い!旅先決定の条件はなんだったけ?などと思いながら岡山城を後にし、橋を渡って後楽園に向かいます。後楽園は岡山城と川を挟んで隣なので、そんなに時間はかかりません。では、先ほど購入した共通券で後楽園に入ります。たびかんです。

☆後楽園☆
何と言っても広い。緑がとてもキレイ。でも夏は暑いです。他の人の話では桜の季節が良いということでした。入っても良い芝生の上を歩くと少し暑さが和らぐ気がしました。後楽園から眺める岡山城も最高です。さすが日本三名園に数えられるだけあり、日本の風情が感じられる庭園でした。
園内にはツルが居ます。柵の中で飼育されていました。来園者は外国の方が半数以上といった感じです。いろいろな所でのんびり休憩しながら歩くといいですよ。


狭間(さま)、ここから狙い撃ちです。「ウダダ〜ウダダ〜♪」(←?)

うちの家にも作ろうかなぁ・・・。狭間・・・。(←誰を撃つんだ?)

だそうです。

これが唯一現存する櫓です。他も現存していて欲しかった・・・。

昔の流しです。歌手が駅前で歌っているのではありません。(←?)

これはお殿様が天守から御殿に向かう廊下です。

あの橋を渡って後楽園へ行きます。

あれは???

あぁ、白鳥が泳いでいたんですね・・・。

こちらはエサを求めて並んでいる白鳥です。あれ?1羽だけ・・・

かっこいい橋ですが、もっとレトロな感じでも良かったのでは・・・。

これは・・・鵜?

あっ!?潜った!!!やっぱり鵜???誰か教えて。

おお、絵になるどすえ。

わぁすばらしい。右に写っている車が残念。。。

暑いので、犬も日陰で休んでいます。「暑いのはニガテだワン・・・置物だけどねワン」

遠くから見ても迫力あるお姿。

さぁ、後楽園にはいりまっせ〜。

どんなんかんなぁ〜(笑福亭○鶴さんのように)

ワオ、スバラシイデシネ。(ここからは一緒になった外人さんがご案内致します。)

ココニハ、モモタロ、スンデマシカ?

ナルホドネ!(ヨメナイケドネ!)

オォ、コレミタカッタネ・・・「ジンメンギョ」

ワオ、ベリー、§●〒±¶÷(←聞き取れない)

ムカシナガラノニッポンネ〜。(←なぜ知っている?)

ワビサビ カンジマスネ。ワビサビッテ ワサビ ミタイネ

ナルホド!フジサンネ。(←?)

ニホンノニワハ、ヒロイノネ〜。

コメ?ト、オチャ?バタケ・・・デシ。(←です!)

ナルホド!ソウメン ナガシテミタイ・・・。(←??)

ワオ!ウチュウカラノシンリャクシャ・・・?エゲツナイ〜。

キレイナフラワーデシ。

「ジョ〜ン!ワタシウツシテヨ〜。オシロバックデオネガイヨ〜。ジョ〜ン!」無視↑

ママ〜!ワルイコトシチャダメヨ〜。オシロミテルワヨ〜。

ママ〜!イツマデソコニイルノ!

オヨイデモイイノカシラ?

デモダレモオヨイデイナイワネ〜?シカシ、アツイワ〜。

ココハ、カンリニンサンノ、ツメショ?(←難しい日本語を知っている。詰め所って…)

オシロガ、カナブン、ニ、ミエルノハ、ワタシダケ?(←お前だけじゃ)

ホラ、オナカノブブン・・・(←見えなくもないが・・・)

アレハ、マサカ、ムジントウ???(←まぁ、無人ですわな)

コレハ、チイサイヨウニミエテ、タカサ100フィートアリマス。(←嘘つけ!)

ワオ、ツルト、オジサンガ、シイクサレテイマス(おじさんは飼育員!)

コレガ、シイクインデショ?(←違うよ)

ダッテ、ソトニイルケド・・・(あれ?ほんとだ!あれ???)

ギャクニ オジサン、ツルト、ナカニイルケド?(アレレレ?)

ソノオジサンヲ、ミマモル、シイクインサン(←だから、違うってば)

ヒダリノヒトハ ロウニンギョウ デシ。(←違います。観光客です)

トテモ チカクニ ミエマシ。

フウ、アツカッタ・・・。以上、外人さんの感想(たぶんこんな感じでしょう)でした。

後楽園を出た後、目の前にあった岡山県立博物館へ。たびかんです。

☆岡山県立博物館☆
建物自体は少し古い感じです。私が行った時は昭和展をやっていました。普段は岡山で発掘された土器などの展示や、刀剣などの展示がメインのようです。あまり大きくない博物館です。


いいですね、昭和の暮らし・・・(クーラー無いのは嫌だけど)中の写真はありません。

県立博物館を出た後、車へ戻るのですが、後楽園を通って行った方が早いので、再入場をして岡山城側の出口へ。ちょうど昼時でお腹も空いていたので、岡山城を眺めながら食事ができる「城見茶屋」へ。ここは京都の川床のような感じの場所で、お城を眺めながら、そばや丼などを頂けます。絶好のロケーションで、あまり暑くないので、オススメです。店員のオネーサンは英語ペラペラなので、外人さんOKですよ。

車に戻り、乗り心地最高のクラウンHVに乗りこんだのですが、中は灼熱地獄・・・。シートベルトのシルバーの部分で火傷しそうになりましたよ・・・。

岡山城を後にし、次に向かった先は「池田動物園」。ココは市街地からすぐ行ける動物園なのです。10分もかからずに到着。ではたびかんです。

☆池田動物園☆
駐車場は500円/1回。おばさんが来て徴収されます。動物園自体はとても古い、老舗の動物園です。入場料は1050円。ちょっと高めですが、JAF割引などがあるようです。園内は山の斜面に作られているので、全部見るにはかなり登らなければいけません。夏には辛いです。いろいろな動物が居ましたが、一頭一頭のオリが狭く、ちょっと可哀そうな気もします。触れられる動物が多く、中でもヒヨコは子供に大人気でした。


城見茶屋からの景色。いいでしょ、ココ。

ほら、1羽だけ・・・ね?

昔の人もこれと同じような景色を見たんだろうなぁ・・・とか考える・・・のが好き。

さっき居た「城見茶屋」だ。

「ワタシ、ボートじゃないわよ」(←分かってます!)

なぜか、今、志村●んを思い出しました・・・。

と、ここで、クラウンHVの液晶画面。「スゲ〜」いろいろ切り替わるんです。

「え?37度???」ドロドロドロドロ・・・(←私が溶けていく音)

あ、あれは???(「岡山スカイガーデン」です。)

いらっしゃいました。なんか昭和チック・・・タック・・・。

これ、さっき、県立博物館の「昭和のなつかし映像」で見たわ・・・

ウサギとレッサーパンダは一緒のオリなんですね・・・。

お鼻が長いゾーさん。このお方・・・44歳ですのよ。

トラも「あっつ〜」

クマさんは「水浴びは最高やぁ」

赤ちゃん抱いてます。でもわかりまへん。

「あの〜、保険の相談に来たんですけど・・・」

う、上に上がるのですか・・・。この○ソ暑いのに?

黒は暑そう。

「今日はこの荷物お願いね〜」

ホント、暑くて辛い。

この子、ずっとぶら下がってました。

ほらね。

「ライオンさ〜ん、こっち向いて〜!」

「なんじゃい、ゴルァ!」

なんか道に迷っているような顔してるけど・・・。

なに見てんの?

あぁ、水に浸かってんのね?

シカですが、わかりまシカ?(←死刑ですね)

シカせんべいも売っていますが、どこであげるのか分からない・・・。

なに?なになに??

なになに?何が居るの???

よく見えへんわ!もっと見えるトコにおらんかい!

隣をのぞくラマ。「ムフフ」

田舎に帰ったみたいな風景。

もう上は嫌だぁ〜!!!

絶望的な坂道。

あ!?ジャージー牛じゃない?

ん?この方は・・・

この眉毛は最近よくテレビで見る・・・?「ハンターの方ですか?」「違うモーん」

強烈に怖い、歯を剥き出しのバク。(写真じゃ伝わらない?)

なんか居そうな・・・

すいませ〜ん、誰か居ます・・・

か・・・!?

髭じいさん「はい、こんにちは」私「あ、どうも、お忙しい中恐れ入ります。」

「おばあちゃん、フラミンゴはどうして、片足で立ってるの」「それは、気のせいよ」

広いオリの片隅に固まるチンパンジー様。

いちゃつくペンギン様。

「ふ〜、今日も疲れたぜ・・・」

「ん?何か聞こえる!」

「なんだ?この音はどこから?」

「むむむ、どこからなんだぁ」

「こっちか?」

「いや、こっちか?」

「こっちなのか???」

「どこなんだぁぁぁぁぁぁぁ」

「ワタシですわよ〜ウフフ〜」

「なんだ、キリンのキリ子じゃないか・・・」(←本当はこんな名前じゃありません)

「びっくりさせんなっつうの!ブツブツ・・・」

「お前ら!いつまで見てんだよ!」(以上ヒマ潰しでした)

クマ舎前のガチャガチャでこれを買うと・・・(200円)

こんなん入ってまして。

熊がスタンバイして待って居るのです。

コレひぐまのえさなのでした。

「早く入れろや!コラ!」

「こっちも肉よこせ〜」(肉のガチャガチャはありませんでした)

最高にかわいいヒヨコ達。(注:トラのエサではありません)(←笑えません)

ラブリー!

たくさん居ますよ。

みんなかわいい。

でも、この子達の将来って・・・どうなるんだろう。あまり考えたくないなぁ・・

たびかんでも書いたとおり、あっつい時には辛い動物園です。上に登るのが嫌で途中で降りたくなります。斜面にあるのがきついですね。でも、ヒヨコがかわいいったらありゃしない!ヒヨコだけでお茶碗3杯はいけるでしょう!(←ある意味ちょっと笑えない)ヒヨコはおとなしくて触っても平気なのですが、触ってもいい他の動物たち(モルモットやアヒルやニワトリなど)は怖くて触れませんでした。(ええ、小心者ですとも)

1050円分堪能したかどうか分かりませんが、動物園を後にし、次はまた岡山市の中心に向かいます。ナビでは所要時間5分と出ており、信用していなかったのですが、本当に5分で着きました。地下駐車場に車を停め、向かった先は「岡山市デジタルミュージアム」です。たびかんです。

☆岡山市デジタルミュージアム☆
常設展は一人300円、企画展は無料でした。常設展ですが、デジタルミュージアムというだけあって、映像資料が充実していました。岡山城を中心とした岡山の歴史がメインです。かつての岡山城のジオラマもありました。このミュージアムの一番の売りは床が岡山県の地図になっているフロアーを、ある機械で見ると、その場所の情報がその機械で確認出来るというものです。が、正直あまり興味が起こりませんでした。スミマセン。
時間があり、ゆっくりと岡山の歴史を知りたい方にはオススメのスポットです。


で〜ん。

戦争で壊れちゃった鐘です。

ありました。大好きなジオラマ。

あ、これあそこですね。

そうそう、ココ登ってね。

いいなぁ。

全部残っていたらどれ程嬉しいか・・・。

カッコイイお城です。

唯一現存の櫓はコレ。

あ、ここ通った通った。

橋から見た景色と同じですね〜。

これが最先端の例の機械です。

たくさんございます。誰も居ないけど。

デジタル資料がたくさんあります。

他はこんな感じです。

実はワタシ、ここで映像資料を見ている途中、少し寝てしまいました・・・。(気が付いたら映像が終わってた・・・)いやぁそれほど居心地が良かったんですなぁ。アハハ・・・。すいませんです。はい。

ここを出た時の時間はもう16時。これから行ける場所はそんなに多くありません。「じゃあ空港でも行こうかぁ」ということで、岡山空港へ向かいます。

岡山空港まではクラウンHVで30分、他の車だとどれくらいかかるのか見当もつきません。(←他の車でも一緒や!)。どこに行くにも近いですね、岡山って便利♪(←媚びてますよ、岡山市さん。)

岡山空港に到着。駐車場は無料。ただし、混んでいると離れた駐車場になっちゃいます。正面入り口の道を挟んで向かいには、後楽園式のミニ庭園があります。そこにモモの形をした石があるのですが、最初お尻だと思いました。では、桃のようなお尻を想像しつつ(←変態です)たびかんをどうぞ。

☆岡山空港☆
駐車場は無料。しかし、間隔が狭い駐車場なので注意してください。展望台は有料で100円。飛行機1機のみ・・・(私が見たときは)、しかもそれが離陸して、ゼロ(私が見たときは、です)。お土産物屋さんもあまり多くありません。食事は展望レストランやドムドムがあります。国際線も出ている空港です。


正面入り口前の後楽園式庭園。

やっぱ岡山はコレですね。「よっ、日本一」

おしり・・・(桃です。)

では、中に入りましょう。

おお、今から出発ですね。

他、こんな写真だけです。スイマセン。あまり撮るものが無かった・・・。

すいません、あまり感想がありません。写真もあまり・・・。エンターテインメント性はあまり無い空港だと思います。
(別に悪口を言っている訳ではありませんので・・・。ホントに)

結構早く空港を見終わってしまった私たち・・・。現在18時。「これからどうする?もう帰る?」という気分になりかけていたのですが、私にはもう一つ行きたい場所がありました。そこは「瀬戸大橋架橋記念館」という所なのですが、なんと夜の10時までやっているのです。でも、少し遠い・・・。高速で行かなければいけません。前日もあまり寝ておらず、暑さもあって結構疲れていたのですが、「サイトを充実させなイカン」という使命もあり(←「ただクラウンに乗ってまだまだどっか行きたいだけ)という噂も・・・)その最終目的地に向かいました。

岡山ICから高速に乗って瀬戸中央自動車道児島ICまで行き、そこからさらに5分で目的地に到着。時刻は7時半を過ぎあたりはもう真っ暗。大きな建物なのですが、あまり明りが点いていないような・・・

「本当にまだやっているのか?」

という不安が襲います。車を停めて入口に向かうと・・・

「本当にまだやっているのか?パート2」

不安なままドアへ。開いた・・・。とりあえず入れました。入ったのはいいのですが、

「記念館はドコ???」

どうみてもジーンズショップにしか見えません。「だってジーンズがいっぱい売ってるんだもの!」しかも、奥ではなにやらオバサマ達が何かのレッスンをしている・・・。

なんじゃここ?

〜ここから、その時の私の脳内〜

「もしかしたら私は異次元のゲートを通って来てしまったのか!?
だとするとさっき通ったETCのゲートが太陽からの強烈な太陽風のせいで異次元と繋がってしまったとしか考えられない!!!

いや、違う、これは夢なのか!?そうだ夢に違いない!

だってココ(開館しているのに)ほとんど電気点いてないし、
(記念館なのに)ジーンズいっぱい揃ってるし、
奥でマダム達(もしや異次元の天使?)が戯れているし、
(常識で考えたら)記念館が夜10時までやってる訳無いし、
そもそも私がクラウンハイブリッドなど乗れるわけが絶対ない!!!

これは夢だったんだぁぁぁぁうぉぉぉぉぉぉ!金返せ〜!(←?)」
(この間0.02秒)

でも、ありました!「記念館こっち→」(実際は左)の張り紙・・・。「なぁんだこっちかよ〜(笑)」と矢印の向く方を向いみても・・・ひたすらジーンズ・・・(焦)。とりあえず張り紙を信じてジーンズをかき分けながら進みます・・・。あっ、ありました。とりあえず夢ではなかったみたいなので、たびかんをどうぞ。

☆倉敷市瀬戸大橋架橋記念館☆
夜の8時前くらいに行ったのですが、電気があまり点いていませんでした。瀬戸大橋全体の模型や、世界の橋の模型がかなりたくさんありました。世界の橋に関する歴史が学べる施設です。建物自体が橋のようになっており、屋根を歩けるらしいのですが、夜は歩けませんでした。昼間に行けば、結構楽しい施設だったのかなと思います。


到着したは、いいけれど・・・。「や、やってんのか?」

うん、ここだよね・・・。

ここを入って左のジーンズ畑をかき分けて進むと・・・

お、なんかありました。瀬戸大橋です。(でも向こう側は展示のジーンズが・・・)

1階には、こんなんとか、

こんなんとかがあります。

橋の模型は長いです。奥にはジーパン。

こんな巨大な建物もあったりして、

天井はこんなんだったりして、

でも、ジーンズ。一番奥がジーンズがたくさんある場所。

2階に上がると、

世界の

橋の

模型が、

たくさん、

あります。他にもいっぱい。

「葛飾北斎が描いた夢の百橋の模型」?・・・

これとか、

これとか、

これとか、

これとか、

これが、そうらしいです。

これは綺麗だなぁ・・・。

内部はこんな感じ。

お金かかってる感じ。

わぁ、電車がぁ!!!

ちょっと好きかも。

とか、

とか、

あと、写真とか。

これは絵ですが・・・

ホントにあったみたいですね。「死んでも渡りたくない。」

これが記念館の模型。ほら、橋みたいになってるでしょ?

ところでこれは、なんですの?

とにかく、橋、橋、橋についての博物館のようなものだと思います。(入り口にも「ミュージアム オブ ブリッジ」と書いてありましたし)とても暗かったので、写真は見にくいかもしれませんが、ご了承くださいませ。

この記念館は最初純粋な記念館として開館したのですが、その後経営が滞り、現在は運営会社が変わって、地域の活動スペースとして場所を貸したりしているようです。ちなみに、オバサマ方がやっていたのは、「健康体操」(たしか)でした。チクショー、写真撮りゃよかった・・・。

これで、今回の旅は終了・・・。

「最後が、ちょっと、なんだかなぁ・・・」と阿藤●さんのようにモンモンとしながら、クラウンHVに乗りこみ、高速道路で衆議院議員選挙について熱く語りながら、家路についた私達でございました・・・。おしまい。

いかがでしたでしょうか?今回の車の感想サイト「くるかん」。いやぁ、さすがクラウン!さすがハイブリッド!という感じでしたねぇ。しかし、クラウンハイブリッドはプリウスと比べると燃費は半分以下という感じでしょうか。ガソリン代はそれなりにかかったように思います。(しかもハイオク)しかし、あの乗り心地、最新の装備が満載の車内。メーターから何から全て液晶なんですよ!?信じられます?いやぁしかしあの加速も・・・

っておい!(自分ノリツッコミしました。)

“旅”の感想でしたよね。そうそう、え〜っと、あ、岡山、岡山ね。そうそう岡山。うん、岡山・・・Zzz・・・寝るなー!!って、冗談は置いといて。

今回はまたまた日帰りだったので岡山の魅力をあまり満喫出来なかったのではないかと思います。だって倉敷とか蒜山高原とか総社とかまだまだいっぱいありますしね〜。名所が。いや、もったいない。次回岡山に行く事があれば、そちらにも行きたいと思います。出来れば、涼しい季節に。

ではまた、来月。ごきげんよう。(あ〜疲れた・・・。)

今回の1枚。


コカコーラゼロを買ったら、へしゃげててちゃんと開かなかった・・・。「おいっ!」
面白かった!と思ったらクリック!

たびかんスタッフの旅行記 一覧に戻る
↑ Page Top