全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さん(60代前半・男性・大阪府)
口コミ投稿数
308件(参考になる:25893回)
画像投稿数
1537件(いいね:14460回)
読者
8人
HP・ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kaizokuzasikibuta
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
記念すべき第100回口コミ付写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は紫陽花と星空が素晴らしい白糸の滝 ふれあいの里(福岡県)!第60回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は雪景色の絶景と屈斜路湖、白鳥を眺める事ができるコタン温泉!第52回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は賑わう神戸市立森林植物園で咲き誇る色とりどりの紫陽花たち!第33回口コミ付写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はライトアップで池に照らし出された楓が幻想的な木曽公園の「逆さ紅葉」!第18回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は兵庫県の休耕田約5haを使用したコスモス園!種類も豊富!第14回口コミ付写真コンテスト結果発表 銅賞
 女は愛嬌、男も愛嬌 (*^_^*)

 大きなことは出来ませんが小さいことも苦手です。
ちゃらんぽらんで、いいかげんで、ナマケモノ、意志薄弱・・・

自分を見つめなおすってコワイ (^^♪
 せめて明るさだけは、しっかりキープ。

 車、バイク、ヨットで近畿周辺をウロウロしています。

(●^o^●)
たんぽぽ1001さんのいち押し観光スポット(13件中 1-4件を表示)

京都迎賓館
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

旧堺燈台
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

西宮神社 西宮えびす
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

桂離宮
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

たんぽぽ1001さんの投稿画像(1537件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

たんぽぽ1001さんの口コミ(308件中 1-5件を表示)
沼島のクチコミ
2017年11月23日に投稿されました。
 兵庫県淡路島の南端に、小さな島がある。沖合5キロ弱の位置にある勾玉の形をした島は色んな伝説がある。

 この島は、大昔に神々が創り出した「おのころ島」だという伝説があります。沼島の由来は・・沼島の「沼」は「国生み神話」の「沼矛」に由来するという説もあります。

 とにかく、色々な歴史を秘めた島であることは確かで、島に一歩踏み入れたとたんに何かしら不思議な雰囲気を感じられたものです。

 淡路島の土生港からの連絡船で渡るしか方法はありませんが、島の人や家族は漁船で送り迎えしてもらってる姿が見られます。

 沼島汽船で約10分、大人片道470円(往復900円)。土生の港には駐車場もあって一日500円。

 ヨットやモーターボートで行くと、無料で係留させてもらえました。
 上陸すると、港の前だけが唯一広い道で、あとは細い道が各村に繋がってます。
 
 信号も無いし、これと言った規制もない。警察もない。
 自然の美しさと、島の人情だけが息づいている雰囲気があります。

 そんな島に度々訪れたのは、ゴールデンウイークに催される祭りがきっかけでした。ヨットでのクルージング中に、たまたま寄ったらお祭りの最中。お神輿に加え、数台のダンジリの曳行。驚いたのは、ダンジリが海へ入っていくではないか!
 
 こんな光景は見たことがなかった。以来しばらくの間、毎年祭りに合わせて沼島へ行ってました。
 
 しまいには島の人とも知り合いになってお風呂を頂いたりするようにもなりました。

 島の散策・・・島は港を中心にした街があるが、そこから離れると印象はガラッと変わる。
 
 港から離れ、山に入り、「おのころ神社」へお参りすると、そこには「自凝神社」と書かれてあった。 
 神話に出てくる「おのころ」とは、 「自凝」と書くことを知らなかった。

 イザナギとイザナミの像がカワイイ。
 
 竹になる直前の竹の子(おのころ神社への途中)が凄い勢いで伸びている。 「破竹の勢い」という言葉が納得できました。

 やはり、この島は不思議な雰囲気に包まれていました。
 なかなか不便な場所にある島ですが周辺にも観光ポイントが多いので周遊されるのも良いかと思います。
1名が参考になると回答
有田川鉄道公園のクチコミ
2017年11月22日に投稿されました。
 和歌山県有田市はミカンの名産地。車で走っていると右も左もミカン山があって、黄色い実をつけている。  
 2年前、道端で無人販売の袋入りミカンを買ったら美味しかったので販売者のお家を訪ねて箱買いした。 

 今年も、あのミカン農家に行って買おうと車で走った。農家のオバサンは「遠い所からようこそ!」と格安で分けてくれた。車にミカンをいっぱい積み込んで帰る道に「鉄道公園」の看板があったので寄り道。

 市の中央部を有田川の清流が流れ、その畔に有田川鉄道公園があるが、のんびりした風景の中にこじんまりした公園が見えた。

 蒸気機関車が一台置いてある。よくある保存スタイルだなと思ったが、間違っていた。公園は川に沿って細長いもので無料駐車場の奥に広場、その向こうに「有田川鉄道交流館」がある。交流館にはジオラマがあるらしい。

 交流館から上流側は線路が敷設され、廃線になる前の車両が動態保存されていた。他にも今では見ることもないような車両が展示されていて興味深い。

 公園と川の間には堤防道路があるが狭いので離合困難なので対向車の有無を確認しながら走る。もっとも所々で広くなっているので問題はない。昔の駅まで行ってUターンし、再び駐車場へ戻る。

 車を置いて見学しようとした時、急な雨!激しく降る雨は、あっという間に広場を水浸しにしてしまった。傘を持っていなかったので車から降りることも出来ず100メートルほど向こうの交流館を見るだけで終わってしまった。
 車には傘を常備しておくべきだった。
5名が参考になると回答
道の駅 明恵ふるさと館のクチコミ
2017年11月12日に投稿されました。
 2年前、この道の駅の近所でミカンを買った。実に美味しかった。
 もう一度、あそこのミカンが欲しい・・・。
で、行ってみました。
 しかし、留守。

仕方なく、近所の道の駅で時間つぶし。

なんか・・でっかい鬼ゆず、バカでかい松ぼっくり、サンゴ、でっかいシイタケ。なんか面白い道の駅を再発見しました。(^_^;)
3名が参考になると回答
エア・フロント・オアシス下河原のクチコミ
2017年11月09日に投稿されました。
暇つぶしドライブの帰りに、ちょっと寄ってみました。

 ここは狭いながらも駐車場は無料です。

幼稚園の遠足なのか、多くの子供たちがお弁当を食べていました。

 多くの遊具や、ベンチ、展望場所などが用意されています。

 残念なのは、ジェット機は上昇力が強いので公園の上では小さく見えてしまいます。

 プロペラ機の離陸やヘリの離着陸は近くに見えます。

トイレは綺麗ですが洗浄式ではありませんでした。

6名が参考になると回答
大阪府民の森 ほしだ園地のクチコミ
2017年11月07日に投稿されました。
 一昨日、強風波浪注意報下の大阪湾を5時間以上ヨットで走って疲れたので、今日は山へ行った。

 大阪府の北東部に大阪府民の森 ほしだ園地がある。ここの名物?は「星のブランコ」と呼ばれる吊り橋で、長さ280メートル、高さは50メートルあるという。

 ハイキングコースの中にある観光吊り橋、地図で見たら駐車場からも近いし、楽なもんだと判断しバイクで向かったが、直線距離と高低差のある山道とは簡単な地図だけで判断してはいけなかった。

 駐車場は普通車1時間200円だが、バイクは無料。駐車可能台数は88台とか。これは少ない。行楽期の休日は朝から満杯になるらしい。

 駐車場から森林鉄道風歩道橋を進むとすぐにピトンの小屋という案内所があった。休憩もできるし自動販売機もある。隣はトイレ。

 ここから先はトイレも自販機もないので、ここで飲み物を用意しておく必要がある。そう思って後悔したのは山中に入ってからだった。

 ピトンの小屋の向かい側にはクライミングウオールがある。下から見上げると結構な高さがあって私にはとても登れそうもない。

 星のブランコの道案内に従って先を急ぐ。途中で「冒険の道」と「管理道」の二本に分かれる場所があった。

 冒険の道は80メートルほどを一気に登るコース。15分ほどで着くと書いてある。管理道は階段もなく倍ほど時間はかかるが楽とか。見ていると高齢者も「冒険の道」へ向かう人が多い。

 私は迷わず「管理道」を行く。それでも日ごろの運動不足が祟ってシンドイ。

 歩いていると、頭の上から声がするので上を見上げると吊り橋があり、数人の人が渡っている。「高いなあ・・あの高さまで登るには、まだまだやなあ・・・」と、くじけそうになる。しかし、さっき冒険の道の方へ行った御夫婦の旦那さんの背中のリュックには赤ちゃんがいた。あの人達のことを思えば簡単に諦められない。

 じわっと汗が出る。喉が渇いた! ここで、ピトンの小屋で水を買うべきだったと反省する。

 ようやく吊り橋に到着。渡ってみると結構揺れる。もっと奥に行くと展望スポットや、やまびこ広場などがあるらしいけど、膝が笑ってきたので退却!
前の5件 次の5件

↑ Page Top