全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さんのページ
たんぽぽ1001さん(60代後半・男性・大阪府)
口コミ投稿数
553件(参考になる:53304回)
画像投稿数
2963件(いいね:36812回)
読者
9人
HP・ブログ
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 銅賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は紫陽花と星空が素晴らしい白糸の滝 ふれあいの里(福岡県)!第60回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は雪景色の絶景と屈斜路湖、白鳥を眺める事ができるコタン温泉!第52回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は賑わう神戸市立森林植物園で咲き誇る色とりどりの紫陽花たち!第33回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はライトアップで池に照らし出された楓が幻想的な木曽公園の「逆さ紅葉」!第18回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は兵庫県の休耕田約5haを使用したコスモス園!種類も豊富!第14回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
たんぽぽ1001さんのいち押し観光スポット(14件中 1-4件を表示)

雑賀崎公園・観光灯台
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

京都迎賓館
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

旧堺燈台
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら

西宮神社 西宮えびす
たんぽぽ1001さんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

たんぽぽ1001さんの投稿画像(2963件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

たんぽぽ1001さんの口コミ(553件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
大威徳寺のクチコミ
2019年11月17日に投稿されました。
山門
境内
鐘楼
境内
多宝塔(重要文化財)
境内
境内
一の滝
 大阪の紅葉の名所と言うので行ってみました。67年も大阪に住んでいながら、この場所は知りませんでした。

 ところが駐車場が無い。地元の人が空き地で駐車場営業をしていて普通車500円という文字が段ボール紙に書いてあって、その横にお爺さんがポツンと座っている。この場所が一か所あるだけでした。

 オートバイの値段は書いてなかったので聞いてみると、お爺さんは一瞬考えたような顔をしてから「200円」と答えました。バイクはあまり来ないのかな?

 南海バスも来ていて、ここが終点です。時刻表を見ると休日は一日に5本か6本程度で、平日は朝夕に一本増えるくらいです。

 とりあえず200円を払ってお寺さんへ歩く。ほんの5分も歩くと山門がありました。

 境内に入ると静かな雰囲気が漂い静寂に包まれています。平坦な場所は少なく、階段や緩い坂道になっています。

 鐘楼、多宝塔、本堂などが並び、その奥は回遊式庭園となっていて、牛滝園地渓流歩道という案内がありました。

 ここには四つの滝があります。歩きにくい石の階段を伝って三つまでは見ましたが、高齢者が一人で人気のない山に入っていくのは危ないので途中で引き返しましたが、思わぬ所で滝を見ることが出来ました。

 再び境内に戻って紅葉を楽しみます。

 少し時期が早かったかと思いましたが緑、黄色、赤のコントラストは目を楽しませてくれました。
3名が参考になると回答
牛滝温泉のクチコミ
2019年11月15日に投稿されました。
施設全景
第二駐車場
玄関と足湯
 以前は「いよやかの郷」という温泉でしたが、リニューアルされて「四季まつり」という名前に変わってました。

 リニューアル前に一度行ったのですが、駐車場が満杯だったので次の機会にしようと諦め、そのまま行かずじまい。そして別の名前に変わってしまっていたのです。

 今日は広い駐車場は空いていて、近くには第二駐車場もあってガラガラでした。
 駐車料金は30分無料から始まって、各施設の利用状況によって無料時間が増えていくしくみになっています。

 つるつるの湯ということで人気らしいのですが、今日の私はオートバイ。風呂に入って、この山中から帰ったら湯冷めして風邪をひく可能性は極めて高い。

 とりあえず、どんな感じか偵察です。玄関入口横には無料の足湯がありました。
 足湯の横にはベンチと灰皿。

 マイクロバスが二台いたので駅までの送迎があるのか聞きますと、岸和田駅と久米田、泉ヶ丘駅まで行くとの返事でしたが、迎え便は各駅に午前午後各1便。送りは午前午後各2便だけで少なく感じました。

 自家用車が便利かなと思います。

 普通の部屋での宿泊に加え、キャンプ、ログハウスも用意されており、それぞれの好みで利用できるのも良さそうでした。
3名が参考になると回答
櫛島公園のクチコミ
2019年11月13日に投稿されました。
櫛島
櫛島
櫛島
櫛島
櫛島
 風光明媚を絵に描いたような場所。

 近くに、登り窯、温泉、キャンプ場等々の遊び場が豊富にあります。

 後鳥羽上皇が隠岐に流される時に大嵐にあってここに漂着され、島人に愛用の櫛(くし)を授けられたという伝説が残っているところから、この名前が残っているという話もあります。

 交通の便は悪いですが、温泉津温泉に宿泊してブラブラと一日かけて周辺を散策するには、とても良い所だと思います。

 
 
5名が参考になると回答
玉手山公園 ふれあいパークのクチコミ
2019年11月09日に投稿されました。
おもちゃ館 全国の昔の玩具や兜などが展示されてます
おもちゃ館内部
おもちゃ館内部
野外劇場
少しだけ秋の深まりが感じられます
一茶の句碑
後藤又兵衛さん
紅葉は来週以降が良さそうです
 そろそろ紅葉の時期かなと思い、見に行きましたが今年はまだでした。
 一部は色づいてますが、まだ寂しいものでした。

 せっかくなので公園内を散歩しましたが、土曜の好天というのに人は少ないというか殆どおられませんでした。

 静かで穏やかな雰囲気からは、その昔血で血を洗う大合戦の舞台であったとは思えません。

 小林一茶が、この地を訪れたのは寛正7年4月のことで俳句を二首詠んだそうで石碑に刻まれてました。

「雲折々 適(まさ)に青葉見ゆ 玉手山」
「初蝉や 人 松陰を したう比(ころ)」

とありました。
 近所に良い散歩コースがあって嬉しいかぎりです。
3名が参考になると回答
道の駅 柿の郷くどやまのクチコミ
2019年11月02日に投稿されました。
鎧
センター内部
センター入口
 三連休初日とはいえ、これだけ混んでるのは初めて。

 駐車場内には入れるが、駐車スペースが空いていない。バス用の駐車枠にも車がいっぱいで、たまたま来たバスは路上駐車するはめになっていた。

 いつでも立ち寄れる私は早々に出て他の車に場所を譲ることにした。
 そんな訳で今日、道の駅で立ち寄ったのはお手洗いと世界遺産情報センターだけ。
 周辺の見所などを地図と写真などで、わかりやすく紹介されている。

 この地は、真田幸村が蟄居生活をしていた場所でもあり、センターの中には赤い鎧兜が飾ってありました。
前の5件 次の5件

↑ Page Top