国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » クマさんさんのページ
クマさんさんのページ
クマさんさん(非表示・非表示・岡山県)
口コミ投稿数
54件(参考になる:1725回)
画像投稿数
416件(いいね:3712回)
読者
3人
HP・ブログ
金賞は真っ赤な絨毯のように咲き誇る逢妻女川の彼岸花!第162回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は京都祇園祭、3年ぶりの山鉾巡行!第160回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は紫陽花の花々が咲き誇る「かざはやの里 かっぱのふるさと」!第159回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は競い合うように咲く花々が美しい乃井野陣屋前 ルピナス園!第158回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「白井大町藤公園」の藤棚と鯉のぼり!第157回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩手県最大の桜の名所「北上展勝地」に咲く満開の桜並木!第156回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はしだれ梅と若緑の苔が美しい城南宮の「春の山」!第155回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は世界遺産「天龍寺」の紅葉!第152回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は紅葉が素晴らしい早朝の渡月橋!第151回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は最高の状態の花畑を最高の青空の下で!やくらいガーデン「ふるるの丘」 第150回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水車が回るのどかな風景と彼岸花が彩る秋景色「新野水車の里」 第149回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮城県大崎市三本木の「ひまわりの丘」!第148回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は日本一と言われるあじさい園「みちのくあじさい園」!第147回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は「ホテル・ロッジ舞洲 森のガーデン」に咲き誇るアジサイ!第146回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は「春日大社 萬葉植物園」の風光優美な藤の園!第145回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
旅好きなクマです。
絶景を求めて、何処にでも出没します。
クマさんさんのいち押し観光スポット(2件中 1-2件を表示)

醍醐桜
クマさんさんのクチコミはこちら

岡山市半田山植物園
クマさんさんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

クマさんさんの投稿画像(416件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

クマさんさんの口コミ(54件中 1-5件を表示)
首里金城町石畳道のクチコミ
2022年11月24日に投稿されました。
首里金城町石畳道(しゅりきんじょうちょういしだたみみち)は琉球王国時代の歴史街道です。
首里城を起点とした街道で首里城と合わせて訪問することが出来ます。

日本の道百選にも選ばれていて琉球石灰岩でできた石畳は、何とも言えない沖縄の風情を感じることが出来ます。
ちょっと休憩できる公民館があったり。共同の井戸の跡を見ることもできます。途中脇道に入りますが国指定の天然記念物オオアカギなどもあります。
個人的には、自生しているブーゲンビリアに南国を感じました。
2名が参考になると回答
首里城のクチコミ
2022年11月24日に投稿されました。
首里城と言えば守礼門
世界遺産の園比屋武御嶽石門
貴重な水は場内だけではなく中国からの使者にも飲ませていた
立派なめでたい泉と言う意味
低温で焼ける赤瓦
漢詩を詠んだり題字を残した
弧を描く見事な城壁
首里城からの眺望
首里城の正殿は修復中ですが世界遺産の存在感は健在です。
正殿が見られないからこそ、他のところを見るには丁度良いかもしれません。

2022年11月の首里城は、2026年秋の正殿完成に向けて工事が進めらています。

私なりの見所を紹介します。
首里城と言えば守礼門です。
私は、首里城の中で一番好きな建造物です。
修学旅行の学生達が記念写真を撮っていました。

守礼門を進んで左側に園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)があります。
世界遺産に登録されています。
人が出入りする門ではなく、国王が外出するときにに安全祈願をした礼拝所です。
世界遺産通の方には、オススメです。

龍樋(りゅうひ)もオススメです。
龍の口から湧水が湧き出していることからそのように名付けられたそうです。この水は王宮の飲料水として使われていました。貴重な水です。

冊封七碑(さっぽうしちひ)
「冊封七碑」とは、龍樋(りゅうひ)の周辺に設置されている七つの石碑のことです。

瑞泉門(ずいせんもん)
「瑞泉(ずいせん)」とは「立派な、めでたい泉」という意味だそうです。
門の手前右側にある湧水が「龍樋(りゅうひ)」と呼ばれ、それにちなんでこのように名付けられました。
気を抜くと見過ごしてしまします。

赤瓦
首里城の赤瓦です。
首里城の初期の瓦は灰色だったそうです。
灰色に比べて赤瓦は低い温度で焼くことが出来るそうです。燃料の薪が少なくて済むという理由で赤瓦になっそうです。資源の薪が少ないので赤瓦にしたそうですが環境やコストに配慮していたのは驚きです。

城壁
何と言っても城壁は見応えがあります。

私も初めて知ったのですが正殿も守礼門も世界遺産ではないのです。正殿の基礎部分にあたる遺構が世界遺産なんです。

だからと言って首里城は首里城です。
見応えはあります。


開園時間 無料区間 8:30~18:00
     有料区間 9:00~17:30

入場料金 大人400円 高校生300円 小中学生160円
※モノレールの一日券を見せると2割引きで入場できます。
7名が参考になると回答
防府天満宮のクチコミ
2022年10月25日に投稿されました。
階段を上がると朱色の楼門が迎えてくれる
楼門
落ち着きのある朱色の楼門
願掛けで光っている牛
生成りの拝殿
変わったみくじ鯛
建設途中で断念した春風楼
石畳の階段の奥に朱色の楼門
日本で最初に作られた、学問の神様「防府天満宮」の紹介です。
受験シーズンが近づいてきましたが菅原道真公をお祀りした防府天満宮に参拝されてはいかがでしょうか。

福岡の太宰府天満宮や京都の北野天満宮よりも先に、どうして山口に作られたのか不思議だったのですが、そこにはドラマがあったのです。

菅原道真公は無実の罪で九州大宰府へ左遷されるます。その途中、道真公と同族の国司で土師氏を頼り、本州最後の寄港地となる防府にたちよりました。

そこで読んだ歌が「此地未だ帝土を離れず願わくは居をこの所に占めむ」(この港を出発すれば次はいよいよ九州であるが、この防府の地は天皇のいらっしゃる京の都とまだ地続きである。願わくはここ松崎の地に住まいを構え「無実の知らせ」を待っていたい。) と願い九州へと旅立たれました。※防府天満宮HPより

太宰府で亡くなったその日、神光が現れ道真公が帰ってきたと信じた国司たちが、この防府の地に菅原道真公をお祀りしたのが防府天満宮です。

この様な物語を知ると思い入れが強くなり景色が違って見えるのは私だけなのでしょうか。

石段を登っていくと朱の楼門が美しく迎えてくれます。
朱色が強くなく優しい朱色です。
私達を優しく包み込んでくれます。

奥には、生成り色の拝殿があります。
朱色と生成り色のコントラストが何とも言えない美しさです。
牛にひかれた道真公は有名ですが、楼門横には牛も祀られています。

境内には「みくじ鯛」が置かれています。
受験をおみくじで占うことはやめた方が良いかもしれません。悪いおみくじでショックを受けるのを避けるためにも。

また、五重塔を建立していて途中で断念した春風楼(登録有形文化財)も面白く見ることが出来ます。
どうして、やめたのかは定かではありません。
予算の関係かも・・・。

参道入口に、町の駅「うめてらす」があります。
軽食や土産物、駐車スペースがあるので利用したらいかがでしょうか。

菅原道真公の思いに寄り添った防府天満宮はピュアな天満宮だと感じました。
受験生の願いを聞き届けてくれる天満宮かもしれません。
9名が参考になると回答
元乃隅稲成神社のクチコミ
2022年10月13日に投稿されました。
全景
鳥居の曲線がすごい
新しい本殿
昔の本殿
並ぶ鳥居
実は参拝は下からです
日本海も神秘的
絶景
山口県にある元乃隅稲成神社です。

日本の絶景本やアメリカのCNNで日本で見るべき絶景に紹介されています。

国道191号線から日本海側に少し入ったところにあります。看板がでているので迷うことはないと思います。
車で岬まで行くと交通量が増えてくるので、もう直ぐだと期待が膨らみます。

交通整理の地元の方の誘導に従い有料の駐車場に車を入れて参拝しますが「感動」です。
見ておくべき日本の絶景間違いないです。

日本海に向って123基の赤い鳥居が感動的です。
海に向って伸びる曲線も非常に感動的です。

本殿は、非常に新しく最近作らた感じがします。
鳥居も昭和62年から10年かけて作られたと記されています。
ご利益は、願いがあれば何でも叶う神社だそうです。
歴史的な価値よりも、この景色がすごいです。


駐車料金 1時間300円 以後1時間毎に100円
      最大500円です。
参拝時間 7:00~16:30 夜間立ち入り禁止
     おそらく安全対策だと思います。


4名が参考になると回答
瓢湖のクチコミ
2022年09月26日に投稿されました。
白鳥の渡来地で有名な瓢湖ですが夏もすごいです。
まるで極楽浄土に来たかと思えるほどの見事な蓮で覆いつくされています。

冬の白鳥に興味があり訪ねる予定でいるのですが冬は雪深いため夏の瓢湖を見ておきたくて訪ねました。

驚きました。
湖一面が蓮の花で覆われていました。
圧巻と言うか見事の一言に尽きます。

JR羽越本線 水原駅から徒歩で約30分
車で行かれる方は広い駐車場があります。
前の5件 次の5件

↑ Page Top