国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » 場んでっとさんのページ
場んでっとさんのページ
場んでっとさん(非表示・非表示・東京都)
口コミ投稿数
976件(参考になる:53632回)
画像投稿数
10430件(いいね:75743回)
読者
4人
HP・ブログ
https://xyx.hatenablog.jp/
金賞は名城公園の青空に映えるオランダ風車とチューリップ!第181回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はパラボラアンテナと桜並木に心奪われる「さくら宇宙公園」!第180回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は水墨画のような雪景色の絶景「庄川峡遊覧船」!第179回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は白鳥庭園のライトアップイベント「観楓会」!第176回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は菖蒲と和傘が美しい徳川園!第170回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は丸岡城の桜まつりとプロジェクションマッピング!第168回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は朝陽に照らされる山々と黄色の絨毯のように染まる阿蘇山のススキ!第163回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は山中湖と富士山の絶景!第154回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は世界遺産「天龍寺」の紅葉!第152回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水車が回るのどかな風景と彼岸花が彩る秋景色「新野水車の里」 第149回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は宮城県大崎市三本木の「ひまわりの丘」!第148回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日の出・星空との共演!伊古奈比咩命神社「大明神岩の赤鳥居」第142回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は能取岬氷瀑群の大絶景!第131回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
18きっぱー。
起点は東京駅から。
駅チカを難易度の低いハイキングやピクニックをしている。
駅からバスはあまり使わない。

宿泊する中継点は石和温泉駅。
2020/07、とうとう県外への越境自粛令が発動される。
自粛ってなんだよ、禁止ってはっきり言えよう。
毎日池袋で遊ぶ身、県外に付着ウィルスを持ち込むわけにいかず過去の旅写真を眺める毎日である。
2020/09、県外渡航が解禁となる。遊び歩くことにした。
2021/03 「よくもまあ飽きずに毎日来るねえ」と言われながら2月からずっと花見。梅→桜。墓場に出没している。

★お気に入り
カワスイ 川崎水族館のポンコツレビューシリーズがアツい。
あまりのポンコツぶりに感動を覚える。
そこに何があるのか?
噂通りなのか?
時間経過とともに変わったのか?
という謎を探る探求心が熱い。
金と時間をドブに捨てに行く覚悟あるレビュアーの冒険心に頭が下がる。
年パスまで買う勇者が現れて、世界はつくづく広いと思わされる。
どのレビューも評価の星は少ないが、厳しさと愛に溢れていて眩しい。
場んでっとさんのいち押し観光スポット(13件中 5-8件を表示)

蓬莱橋
場んでっとさんのクチコミはこちら

薩埵峠
場んでっとさんのクチコミはこちら

北山公園
場んでっとさんのクチコミはこちら

西武園ゆうえんち
場んでっとさんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

場んでっとさんの投稿画像(10430件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

場んでっとさんの口コミ(976件中 1-5件を表示)
1名が参考になると回答
タワーホール船堀のクチコミ
2024年07月17日に投稿されました。
7/18梅雨明け万歳。7/19は17:00 - 21:30に展望バー営業するよ
白くて涼しいタワービュー
展望台からの眺め。双眼鏡禁止で肉眼でみんな頑張ってみてる
4方向で天気が異なってたりして面白い
太陽ギラギラ。エアコンきいてるけど熱いよお
絵手紙展示
この前で写真撮りたい
ピアノはお休み
平日、近くに来たので寄ってみた。
展望台は外国人観光客が意外と多い。
現地民はディズニーや海ほたるを指さしてきゃっきゃっしてる。


■概要

7月8月は花火シーズンである。
東京都第三位のタワーであるタワーホール船堀は展望台から花火鑑賞できることから大人気である。

あまりに大人気すぎて入場制限がかかり、電話申し込みによる200人限定となっている。
(200人も入るのか?レストラン見物だろうか?)

8月24日(土)江戸川区花火大会の電話申し込みは8/10(土)10:00に開始。
https://www.towerhall.jp/news/4327/

リーズナブルに余裕の花火鑑賞できることから激戦区である。


■感想

6月に訪れたところ、すでに7月8月の花火鑑賞は電話申し込みのみ、と看板が出ていた。
ついでに金土限定で夜はレストランで夜景が鑑賞できる。
通常はランチ時間帯の営業のみだ。

訪れた日はちょうど昼時。
ガラガラかと思いきや、地域のマダムたちがティータイムやオムライスなんか食べて猛暑から逃げてた。

「1000円でランチできるから他の店と価格そんなに変わりませんね」
結婚式場併設の展望レストランとしては破格だと思われる。
都庁より安い。
観光地価格を設定してないみたい。

展望台に上がるときのスタッフはクールビズ仕様。
前回はタキシード来てたけど今回はワイシャツ姿だった。
季節の移ろいを感じる。

肝心の展望台は太陽ギラギラでまぶしい。
四方向とも天気がバラバラでさすが高所からの眺め。
青空や曇りが混ざってて空の広さを感じる。

花火はいかにも美しいだろう。
地平線を見ながら、一生に一度ぐらいはこういう高所から花火を見てみたい気分にもかられる。

あまりに暑すぎるのと夜でも気温が下がらない東京都。
無理はしたくないので想像だけにとどめるがここからの花火の眺めは最高だろうと思う。
4名が参考になると回答
mekke 日光郷土センターのクチコミ
2024年07月16日に投稿されました。
観光案内所兼コワーキングスペース
ネット開放されてない現地ツアーやローカルネタが満載な観光案内所
休憩所も豊富にあるよ。中央でコワーキングスペース受付中
電動自転車一日2000円はちょっと高い。霧降の滝までは電池パックもつ。バスの方が安くつく。
弥生祭の山車。二荒神社仕様。
弥生祭は1200年続くお祀り。
観光案内所すずしい
ご当地サイダー発売中
現地情報取得するならまずは観光案内所。
駅前もいいけど地元経営の観光案内所はディープ。

■概要

観光案内所から土産物販売、レンタル自転車や車いす貸し出しなど旅行者に一番サービス提供してるのはここじゃないかな。

駅前から離れてるのがネックだけど日光観光の食住情報は大体ここでゲットできる。

旅行で困ったことや相談事があったら駆け込んでみるのもよいと思われる。


■感想

観光案内所として機能している。
何度も日光に来て、「もう見るとこねーや。ははん」と舐めた態度を取るようなら来てみたらいいだろう。

未知の日光観光への扉が開かれている。
そのためのレンタル自転車や道案内人である。
ずばずばと質問責めにするとよい。


●レンタル電動自転車

電動自転車のレンタル一日2000円でお高め。
行動範囲も禁止区域があり、有名観光場所に行くならバスを利用した方が良い。
バスが通ってない箇所に行くなら有効。
自転車はあんまり人がいない日光観光が楽しめる強力なツールである。

行けそうな距離範囲は、

・大滝(ヒルとクマ出る。林道沿いにある。秋美しい。)
・雲竜渓谷(ヒルとクマ出る。駐車場から歩く。紅葉きれえ)
・裏見ノ滝(ヒルとクマ出る。駐車場から歩く)
・寂光の滝(ヒルとクマ出る。駐車場から歩く)

帰りに「日光和の代温泉 やしおの湯」によって700円払って湯につかれば一日充実のハイキングが楽しめる。

ダイチャリもあるが自転車があるかどうかは当日でないと分からない。
電動自転車は人気ないのでいつでも乗れる。


●日光のお得な宿泊施設

避暑と観光を兼ねて日光と鬼怒川で一週間滞在することにした。

安いところに逗留したが、mekke日光の置配チラシでそれよりも安い公共施設があることを知って驚愕した。

「こんなチラシ初めて見た!」

公共施設を利用するとなんと素泊まり一泊五千円以下。
交通便がちょっと難ありだけどかなりお安い。

・足立区立 日光林間学園
区外民でも宿泊できる格安施設。
素泊まり大人4,150円、子供2,000円
食事別途申し込み必要。
三か月前要予約。
空き室がある場合は二カ月前予約可能。
★一般人はランダム抽選で当選者のみ宿泊可能。
★霧降高原に行く途中にあるのでニッコウキスゲ観光や丸山登山に便利。
★日光駅からバス片道5分310円。
★10月に紅葉が始まるので7月中に予約入れれば宿取れる

・葛飾区立日光林間学園
区外民でも宿泊できる格安施設。
素泊まり大人2,700円、子供1,350円
食事別途申し込み必要。
三か月前要予約。
★日光駅からバス片道7分350円
★湯元温泉観光や戦場ヶ原観光に超おススメ
 湯元温泉東武バスフリー2日間の路線途中にある。
★10月に紅葉が始まるので7月中に予約入れれば宿取れる

うっわー。
外国人にあまり知られてない施設なので穴場っぽい。
空いてる。
7月に予約すると10月の紅葉に間に合う。

●オプショナルツアー発売
現地ホテル等が販売してる個人型ツアー(4000円前後の日帰り)のバス出発拠点になっている。

自分で時刻表調べたくない、もう何もかも嫌だ。
人に任せたい。どっか連れてってくれよ!

と疲労感MAXな人間にとてもやさしいのでカウンターで販売中のツアーを聞くとよい。

2名から出発してくれるツアーがある。
置配チラシによると「ナチュラルパークツアー」が3500円で入場料別途で戦場ヶ原や華厳の滝に連れて行ってくれる。
そのほかにもあるかもしれないからまずはカウンター。
4名が参考になると回答
会津田島祇園会館のクチコミ
2024年07月16日に投稿されました。
2024年07月22(月)-24(水)日は日本三大祇園祭のひとつ、会津田島祇園祭開催。
ちょうど夏休み。
福島観光ににぎわう平日の祭りを楽しめる。


■概要

南会津の中心地、会津田島。
会津鉄道会津線でもっとも栄えている街である。
東武鉄道とつながっていることから福島県白河市と並んで東京にもっとも近い福島県の街のひとつである。

白河駅よりもコンパクトにまとまっており生活拠点として何かと便利な街構成になっている。

スーパーもコンビニもまちの駅も城址もそろっている。
旅館は大体1万円以下。
旅行の中継地点として逗留するのも悪くない感じ。

その会津田島には800年以上も継承されている伝統あるお祭りがある。

それが会津祇園祭。

この地で800年以上も生きてきた祭りだけあって他地方の祇園祭とは一線を画してローカル色が強くて独特なものになっている。

お嫁さんの行列、屋台歌舞伎、喧嘩屋台、神輿渡御、などなど。

その独特さを説明するための施設が会津田島祇園会館である。

2026年には閉館予定である。
ランチバイキングもなくなってしまうので多数の郷土料理ファンを泣かせてしまうようだ。

よよよよよ。
美味しいのに。


■感想

2024年6月末。
大内宿観光地の名物ネギそばを食べるか。
それとも地元の何か名物料理でも食べるか。

と検索していたら気になる記述を発見した。

会津田島祇園会館の郷土料理ランチバイキングである。

郷土料理という文字にハートマークびびびび。
行くしかない。


●ランチバイキング

大満足で100点中300万点つけたい。
1000円前後の低価格でお母さんの味が食せるとは思わないじゃないか。

他のお客さんからも
「美味しい」
「家の味がする」
と大好評である。
窓辺の席から青々とした山を眺めて食べる食事は旅行色が強い。

2026年に閉館予定だけあってスタッフは最後の営業日まで一生懸命に仕事してらっしゃる。

googlemapで「おかわりがない」「追加されない」と低評価がついてるが施設は腹をくくったのか追加追加追加で品切れを起こさないよう赤字営業している。
14時ランチ終了なのに13時50分でも新しく焼きそばつくってくれた。
卵焼きも出してくれた。
「もういいですよ」
といっても品切れを出さないようにしてくれている。
県外から来たお客さんに満足してもらおうと頑張っている。

悪評を残さないよう、福島が、会津田島が良いところだと観光に爪痕残さないよう頑張っている。

館内はランチ以外にお客さんがいないので光熱費節約のために明かりも落としている。
BGMもない。
粛々と終わりに向かっていく姿が地方のリアルを感じられて胸に迫る。

美味しい。
純粋においしい。

会津田島駅前の食堂よりも安くて量も種類も多い。
近くに住んでたら週に何回か通うのに。


●会津祇園祭の展示

一日に約400人ぐらいが利用する駅である。
利用客のほとんどが住民だ。
重要無形文化財に指定されている祇園祭だが日本各地に祇園祭があってみなそれぞれ近いところに行ってしまう。

東京から一番近いのがこの会津祇園祭ではなかろうか?


展示見料、通常500円だが色々と割引されている。
しかしそれ込みでも施設の規模からいってタイパが悪いと感じる。
くるっと回って5分程度。
ランチバイキングにお金払った方がいいよなあ、と強く納得してしまう内容になっている。

ランチバイキング+展示=1100~1200円だったら入場者は増えてたと思う。
ランチバイキング税込み990円で安すぎるのだ。
花より団子に流れて行ってしまっている。


●まとめ

すでに閉館決定済みで残日は残り少ない。
コロナ禍がなければもう少し延命できたかもしれないが人口も減って観光客も減っての地方衰退がありありと感じられる。
800年続いた会津祇園祭もこのままでは…!?と多少の危機感を感じる。
それにつけてもご飯が家の味してるので家を思い出してノスタルジック。
人様がつくる家庭料理はおいしい。
2名が参考になると回答
大江湿原のクチコミ
2024年07月16日に投稿されました。
登山口。コースは「へ」の形をしている。帰りはなだらかな坂道をのぼる。空気が薄くてヘバる。
コース途中にある展望台兼休憩所。周辺の木々を眺めて弁当食べたり。
シカの食害を防ぐ防獣ネット。この向こうが湿原である。
一本道が開けて大きな空間に出る。高原特有のひんやりした空気と爽やかな空気
「やっほー」と叫ぶとこだまが返ってくる
湿原の休憩所はとても少ない。ほぼ歩きっぱなしが辛いなら確保してすぐ座ろう
ゴールにしてスタート地点。ここから様々なコースに分岐する
遠くに尾瀬沼が見える。滞在時間3時間でノンストップならたどり着ける
「やっほー!」大きな声を出せばコダマが返ってくる。
日光修学旅行らしい小学生たちが大勢歩いていた。
小5ぐらいの体力があれば沼山峠バス停から大江湿原往復4㎞強は余裕で踏破できる。
だいたい2時間ぐらい。

2024/07/16時点、キスゲ満開。
梅雨明けたらとても美しいと思う。
ちょうどシーズンですよ。

■概要

尾瀬観光は入口で大別するとふたつ。
群馬または福島がスタート地点となる。
実力と予算に応じてどこから入るかが決まる。

初めていくなら日帰り初心者コース
「沼山峠バス停⇔大江湿原⇔尾瀬沼」または
「鳩待峠バス停⇔山ノ鼻⇔尾瀬ヶ原」
がおすすめである。
コース距離がそんなに長くない。

高地で空気が薄く、休憩場所もあんまりないため、体質が合わない人はとことん合わない。
無理をせず、防事故、防クマのためにも無理は禁物。

この初心者コースは安くて1万円前後、高くても繁忙期1万五千円前後でお財布にも優しい。

体力が無理そうなら途中のポイントからバス停に戻ればよい。
まずはテスト登山。
にんにん。


■感想

●大江湿原

登山口から二本の木道が細く長く続いて、防獣ネットを抜けるとぱっと空間が広がる。
広い空、緑の湿地。
大江湿原である。

渡る木道以外は歩いてはならない。

6月末に訪れたところ、キスゲがぽつぽつ。
ワタスゲが全体的にぽわぽわ残っていた。
高山植物がちょこちょこ花を咲かせる。
色が淡いツツジも。
光の加減で異様に美しいところだった。
生きたまま天国に来たみたい。

期待通りの美しさ。
旅行パンフレットで見る景色が広がってる。
これは美しい。
とってもきれいだ。

バス停からわずか2㎞でこの光景はタイムパフォーマンスがいいなあ、と思った。


●クマいるよ

会津高原尾瀬口駅前から会津バスに乗って尾瀬沼山峠バス停に向かう道中。
すでにクマが出没している。
「クマだ!」
「小さいけどクマだ!」
「黒い!」
乗客の間でざわざわした。
路線バスが走るアスファルト道路、バスの前を縦断しやがったのだ。

運転手も「出てきましたね」とつぶやいて緊張感が増す。

うっそーん。

クマでないと思ったのに。
「尾瀬はクマ出ますか?」
と運転手さんに尋ねたところ、出るけど人がいっぱいだったら大丈夫、と回答を得る。
この日の路線バスの乗客は場んでっとさん含めて3人。
やはり緊張感が走る。


●修学旅行シーズンだった

場んでっとさんはクマ出没を何より恐れている。
しかし、ちょうど修学旅行シーズンと重なったおかげで道中にぎやかで助かった。

何十人ものキッズが歌ったりやっほーやっほー大騒ぎしてるのでクマが出てくる気配はゼロ。
(途中で登山者に「今日はキッズが多い。下りシャトルバスは余裕ありましたか?独占されてませんか?」と心配顔で尋ねられた。
だいじょうぶだいじょうぶ。
キッズたちは専用バスで来てる。
一般旅行者の席、余裕あります!
と答えたら安心しておられた。)

早朝や夕方、人の気配がなくなるとクマは出て来るという。

滞在3時間ではギリギリで短いから、夜行バスに乗ってきてもいいな、と思った。
トップシーズンなら早朝も人が多くて危険性は少ないはずだ。

次は夜行バスで来て9時間コースでもいい。
あまりに美しいので、もっと滞在したい。


●酸欠

以前からうすうす感じていたが、高地の薄い空気が体に合わないようだ。
富士山は体力はあるのに息が切れて必ず9合目で挫折する。
霧降高原の階段でやたら息が上がったのも酸欠だったのかと尾瀬に来てやっと理解できた。
呼吸が辛い。
ぜえぜえ。

無理はできないので、時間の余裕はあればあるほどよい。
呼吸するのに必死。


●コースの特徴

「沼山峠バス停⇔大江湿原」を行く。

バス停のまんまえにある階段が登山コース入口。
大江湿原まで「へ」の形をしており平坦な道はない。
帰りはなだらかに上り坂が続いて「うへぇっ!」となる。
体が重い。

木道に進捗度を示すメートル数値が書かれておりペース管理に便利。

低地では蚊や羽虫がぶんぶんしてるが尾瀬にはそんなのいない。
空気は薄いけど涼しくて快適で歩きやすい。

尾瀬の湿原中にトイレはほほない。
日帰りならこれは気を付けないといけない。
山小屋のトイレ借りる場合は募金箱にちゃりん。


●沼山峠バス停⇔大江湿原

片道約2㎞の道のりである。
1時間あればつく、とのバス運転手の言葉通り到着したが、帰りは上り坂道で1.2倍から1.3倍の時間がかかる。
上り坂でスピードが落ちて空気も薄くて辛い行程。

帰りのバスを逃がしたら野宿か1万円追加で山小屋に土下座して宿泊さしてもらうしかない。
時間管理は必死である。

3時間行程中、かなり余裕を持たせて1時間あまらせてバス停に戻ってきたが後悔はない。
ずっと歩き通しで1分も休憩は取らなかった。


●メモ

今回、ツアーを使わなかった。
一泊二日で大内宿観光や尾瀬観光ができたのでかなりコストパフォーマンスがよかった。
東武鉄道さまさま、伊藤園ホテルズさまさまである。
ただしとても乗車時間が長い。
------------------------------------------
東武株主優待乗車券800円×往復=1,600円
日光・大内宿フリーきっぷ4,860円
会津バス 尾瀬往復割引券4,400円
伊藤園ホテルズ 一柳閣 7,315円
---------------------------------------
18,175円なり。

日帰りで強行しようと思えば行こうと思えば行ける。
ただしとても疲れる。
乗車時間が長すぎる。
------------------------------------------
東武株主優待乗車券800円×往復=1,600円
会津バス 尾瀬往復割引きっぷ野岩鉄道込み 5,600円
---------------------------------------
7,200円なり。
5名が参考になると回答
田柄梅林公園のクチコミ
2024年07月16日に投稿されました。
春は大人気。田柄梅林公園
赤いボケの花
実梅の花は大きくて香りが強い
園内の様子
灌木が伐採されて空間が広くなってしまった
上の枝を切った気がする
遠くにピンクの影は河津桜。目立つ
大人気の河津桜
一般人は上空ドローン飛行禁止だが練馬区の行政特権を使って公式ドローンで広告撮影するようになった。
魅力的な練馬区の広報発信に用いられるのは構わないが全梅所でやってほしい。
期待している。


■概要

大半が白加賀という品種の白梅で、例年2月下旬ごろに見ごろ。
実梅なので実際にボコボコに実が成る。
学習用に児童が摘み取ったりするので採取厳禁。
キッズのために残すのである。


■感想

66本の梅。
そして赤いボケの花。
ピンク色の河津桜。

春の田柄梅林公園は良い香りで充満している。
赤系の花のおかげでところどころメリハリついてとても美しい。

毎年来てる。
なんか道が広くなって梅の蜜さが減ったな?
と思ったら灌木が散髪されてすっきりして空間が広くなってた。

これだけ梅が多いのに、なぜかみんな河津桜の写真ばかり撮りたがる。

梅は香りも形もいいのに。
色?色がピンクだったらもっと人気者になれるのだろうか?
それとも桜じゃないとダメなのか。
ちょっと不思議な気持ちで河津桜贔屓を見てた。
前の5件 次の5件

↑ Page Top