全国の観光スポット・観光名所・絶景を検索。口コミをもとにしたランキングや情報など、旅行・観光に関する情報はたびかん!
ホーム » GAYOSHIさんのページ
GAYOSHIさんのページ
GAYOSHIさん(60代前半・男性・愛知県)
口コミ投稿数
68件(参考になる:2060回)
画像投稿数
532件(いいね:2043回)
読者
3人
HP・ブログ
金賞は豊頃町 大津海岸の神秘的な光景「ジュエリーアイス」!第130回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四日市の工場夜景!第128回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は宝石箱の様な夜景、雲海、イチョウ並木が素晴らしい秩父ミューズパーク!第127回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日光国立公園内「小田代ヶ原」の紅葉!第126回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
GAYOSHIさんのいち押し観光スポット
いち押しスポットが選ばれていません。

GAYOSHIさんの投稿画像(532件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

GAYOSHIさんの口コミ(68件中 1-5件を表示)
6名が参考になると回答
野間灯台のクチコミ
2020年03月05日に投稿されました。
野間灯台は、愛知県知多郡美浜町の野間崎に立つ灯台で、正式名称は野間崎灯台といい、野間灯台は通称です。

灯台の周りは2.5mある鉄製の柵で囲まれており、この柵に恋人同士で南京錠を掛けると恋愛が成就するというジンクスが雑誌などで紹介されたことで訪れる人が増え、この錠の重みで柵が倒壊するという事態が起きました。
これを解消しようと2000年4月、美浜町は灯台脇の小公園に恋之水神社から譲り受けた石材で造られた「恋の鍵塚」を設置し、2011年10月30日に、美浜町と日本福祉大学が共同で南京錠の取り付けられるアルミ製のモニュメントを制作。
モニュメントは「終止線なく永遠に」という願いを込めた五線譜をモチーフとしており、「絆の音色」と名付けられました。

漫画で描かれるような典型的な灯台スタイルのためその愛らしさが注目を集めています。
また最近では、カップルで訪れて、永遠の愛の絆を象徴する「南京錠」を、「絆の音色」というモニュメントにかけたり「絆の鐘」を鳴らしたりするという、恋人たちの聖地としても有名になっています。
また近くにはベンチが設置してあるのでくつろぐこともでき、伊勢湾に沈む夕日と野間灯台の白亜のコントラストをゆっくり楽しむことができます。

名古屋市内からも車で1時間程のちょうど良い距離(南知多道路、美浜ICからは20分程)。また、下道を通っても1時間30分〜2時間程で到着なので、休日に知多半島のドライブがてらに立ち寄り、小旅行気分を味わうのに最適なスポットです。

車以外に、電車とバスを使って行くこともできます。名鉄「名古屋」駅から「野間」駅で美浜町巡回ミニバスに乗換え、西部コース「 野間灯台」で下車、バス停は灯台の目の前です。
時間帯によっては、名古屋駅から野間駅まで乗換なしで、1時間程で行くことができます。
6名が参考になると回答
平和公園のクチコミ
2020年03月05日に投稿されました。
平和公園は、名古屋市東部丘陵地域の、千種区(一部名東区に跨る)にある公園。

この公園は都市公園でありながら、戦後の大規模な区画整理事業(戦災復興都市計画)に因って整備されました。しかもその具体的な目的と内容は、戦災復興土地区画整理事業の一環として、市内に点在する279寺の墓地約18ヘクタール、189,030基を市内の東部丘陵約147ヘクタールの土地に移転することとし、この地区を平和公園と称し、墓園として計画し、整備したことです。

よってこの広大な公園、そのほとんどが墓地と自然のままの雑木林です。
※以前名古屋市がオリンピックの誘致を行った時の開催候補地となりましたが、「自然の林を守ろう」という反対運動がおきました。結果名古屋市のオリンピック誘致は失敗、平和公園の自然もそのまま残り、今でも昆虫観察会や貴重な渡り鳥の飛来地になっています。

またこの公園の整備は墓地だけでなく、市民が気軽に親しみ利用できるよう散策路もあり、現在では市内有数の桜の名所。公園内のメタセコイヤ広場では多くのイベントが開催されます。

私自身はメタセコイヤ広場から徒歩圏に在住していることもあり、日常的な散策地として利用しています。
また当然毎年桜の時期には何度も訪れて楽しんでいます。

ただ、今回の投稿写真は、あまり知られてはいないようなのですが、規模は小さいながらも梅林もありますので、梅の時期ということもあり梅林の風景を投稿します。

この平和公園、3月下旬からは桜が楽しめますが、これもあまり知られていないようですが、平和公園にはソメイヨシノの場所とシダレザクラの場所があり、ソメイヨシノの場所は満開の時期ともなれば本当に多くの花見客で賑わいますが、それから1週間程度後には別の場所でシダレザクラが見頃を迎えます。

それぞれのサクラの風景もまた機会があれば投稿させていただきます。

住所 名古屋市千種区平和公園
公共交通 地下鉄東山線 東山公園駅 徒歩20分 
     ※公園は大変広い為、目的地によって掛かる徒歩の時間は違いますが、梅林とソメイヨシノの場所に関してはと思って下さい。
例えばメタセコイヤ広場の場合だと、地下鉄東山線本山駅から徒歩20分です。
駐車場 有り
7名が参考になると回答
名古屋市東谷山フルーツパークのクチコミ
2020年03月05日に投稿されました。
東谷山フルーツパーク(とうごくさんフルーツパーク)は、愛知県名古屋市守山区の東谷山麓にある公園、果樹を中心とした植物観察や散策、果樹栽培の講習・相談など、多目的な利用がなされています。
主な施設としては、「世界の熱帯果樹温室(熱帯・亜熱帯地方のめずらしい果樹を観察することができる)」「果樹園(アンズ、イチジク、ウメ、カキ、キーウィ、クリ、スモモ、ナシ、ビワ、ブドウ、ブルーベリー、モモ、ミカン、リンゴの各園)」「くだもの館・売店(果物に関するさまざまな知識を紹介し、果物など販売している)」レストハウス(フルーツが楽しめる豊富なメニュー)」があります。

この施設、名前の通り果樹園として有名で、小学生の野外授業として利用されることもあるようです。
また一般的には桜の名所として有名なのですが、私自身は2回目の訪問で、その2回とも梅の季節です。

そんなわけで、今回の投稿写真も東谷山フルーツパークの梅園の紹介です。

今年は全国的に暖冬で、名古屋においても梅の見頃は例年より1〜2週間程度早いようで、東谷山フルーツパークに関しても、2月中旬にほぼ満開になったそうです。

ただ、ここの梅林は梅の種類も多く、当然その種類によって咲く時期は違いますので、もう既に見頃を過ぎた梅も有れば、今はまだ蕾でこれからが見頃という梅もあり、まだ楽しめそうです。


所在地   愛知県名古屋市守山区大字上志段味字東谷2110
開園時間  午前 9時 00分〜午後 4時 30分
休園日    毎週月曜日(休日と重なった場合はその直後の平日)
年末年始(12月 29日〜 1月 3日)
8名が参考になると回答
観光農園花ひろばのクチコミ
2020年03月05日に投稿されました。
観光農園 花ひろばは、愛知県の知多半島南端にあります。
南知多の温暖な気候により、ポピーやアジサイ、コスモスなどさまざまな花の栽培が行われ、年中何らかの花が咲き誇り、訪れる観光客を楽しませてくれます。

そして何と言ってもこの農園の特徴は、花摘み体験です。
入場料を払うだけで、花ひろば内に咲いている花をどれでも1人10本まで摘んで持ち帰ることができます。
また、園内はペットの入場も可能です。

私自身は初めての訪問ですが、今回は季節的に草花を鑑賞するには難しいにも関わらず1月から「菜の花」が咲き誇るとのことで、暖冬とはいえ、まだ寒い1月下旬に菜の花を見に行きました。

こんな冬の時期に菜の花が見られることも珍しいですが、ここの菜の花畑の半分は食用の菜の花で、食べるために摘んで持ち帰る方が多いそうです。
※食用の菜の花は、花が咲く前に摘んで調理して食べるため、鑑賞用の畑と食用の畑に分かれています。

菜の花畑の規模も、都会の公園などよりはるかに広大で解放感に浸れます。
季節的に菜の花以外の草花はありませんでしたが、2月中旬からは、梅や河津桜も楽しめるそうです。

菜の花畑は3月下旬までだそうですが、夏のひまわりや秋のコスモスも、広々とした畑に咲き誇るそうです。

入園料700円は、農園の入園料としては少し高いかなと最初は思ったのですが、花を摘んで持ち帰ることが出来るだけでなく、農園で栽培された旬の野菜もお土産でいただけます。
ちなみに私の時は、本当に大きなキャベツをいただき、持ち帰ったら家族が大変喜びました。

この農園の近くには海を中心としたレジャーが盛んで、春の潮干狩り、夏の海水浴と楽しめるだけでなく、海産物でも春のアサリ、夏のタコ、冬のフグなどが有名で、季節の海産物を食するためにだけでも多くの観光客が訪れます。

そういった意味では、この花ひろばの季節の草花と知多半島の旬の海産物をセットで楽しむことが出来、お得感があります。

私も今度は夏のコスモスとタコを楽しみに、訪問しようかなと思っています。


住所 愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48
交通アクセス  名鉄河和線河和駅から海っ子バスに乗り鯛祭りひろば花ひろば前下車徒歩20分
車の場合、南知多道路豊丘ICから約5分。無料駐車場有り
定休日  1月1日〜3日
営業時間 9:00〜15:00
8名が参考になると回答
笠寺公園・見晴台遺跡のクチコミ
2020年03月05日に投稿されました。
「笠寺公園」名古屋市南区にある都市公園で、丘の上の見晴らしの良いところにあり、弥生時代の遺跡もある珍しい公園です。

また園内には遊具のある広場や、バスケットボールの出来るミニスポーツ広場など、とても広いので公園内を歩くだけでも、良い運動になります。

今回の投稿写真は、そんな市民の憩いの場である笠寺公園の梅林です。

公園全体で、約160本もの梅の木が植えられており、赤・白・ピンクの美しい梅の花を見る事が出来ます。
遊歩道のわきにある梅林は、例年では2月中旬〜3月中旬が見ごろですが、今年は暖冬のためかいつもよりは大分早く見頃を迎えているようです。

その他園内を巡る散策路沿いには、菜の花の花壇や、再現された竪穴式住居を観察できる「住居跡観察舎」、太平洋戦争中に使われた高射砲の砲台跡などがあり、楽しく散策することができます。

周辺にさえぎる物がないため、「見晴台遺跡」の文字通り、見晴らしが良く気持ちのいいところです。


住所 愛知県名古屋市南区見晴町
開園時間 常時開園 休業日 –無し 入園料 無料
駐車場  無料駐車場若干有り
公共交通機関 名鉄電車「本笠寺」駅から徒歩10分 地下鉄「鶴里」駅から徒歩15分
前の5件 次の5件

↑ Page Top