国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » GAYOSHIさんのページ
GAYOSHIさんのページ
GAYOSHIさん(60代前半・男性・愛知県)
口コミ投稿数
97件(参考になる:4977回)
画像投稿数
759件(いいね:3441回)
読者
3人
HP・ブログ
金賞は「胆沢ダム・奥州湖」冬の雪景色と春の花風景!第144回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はびわ湖と山々との共演が素晴らしい第1なぎさ公園の菜の花畑!第141回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は紅葉と雪吊りライトアップが素晴らしい「白鳥庭園」!第140回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「東員町のコスモス畑」の夕日や三岐鉄道とのコラボレーション!第138回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白黒写真が感慨深い45年ぶりの「薬師寺」!第134回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は豊頃町 大津海岸の神秘的な光景「ジュエリーアイス」!第130回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四日市の工場夜景!第128回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は宝石箱の様な夜景、雲海、イチョウ並木が素晴らしい秩父ミューズパーク!第127回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は日光国立公園内「小田代ヶ原」の紅葉!第126回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は四季折々の徳川園!第117回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
GAYOSHIさんのいち押し観光スポット
いち押しスポットが選ばれていません。

GAYOSHIさんの投稿画像(759件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

GAYOSHIさんの口コミ(97件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
半田運河 蔵のまちのクチコミ
2021年05月09日に投稿されました。
愛知県半田市では、酒や酢などの醸造業が盛んで、その醸造業に代表される黒板囲いの蔵が半田運河沿いに今も残っています。

江戸時代よりひらかれた運河により、知多半島から江戸、大阪へ、酒や酢、木綿などの特産物が運ばれていました。運河沿いには、繁栄を極めた醸造業の黒板囲いの蔵や、明治初期の豪商邸宅が建ち並び、当時の面影が色濃く残されています。
そして江戸から明治にかけての文化が薫る半田の街なかには、散策コースが設定されていて、気軽にお散歩するのに最適です。

明治43年に設置されたJR最古の跨線橋が残るJR武豊線半田駅から、日本で唯一の酢の総合博物館「MIZKAN MUSEUM」、半田屈指の豪商が残した「小栗家住宅」、江戸時代からの伝統の酒づくりを体感できる「國盛 酒の文化館」、まるでタイムトラベルのような街あるきが楽しめます。
またそれらの町並みは、環境省の「かおり風景100選」に選ばれています。

私が訪問した時期は、半田運河春の風物詩として定着している、「半田運河の鯉のぼり」というイベントが行われており、源兵衛橋~船方橋の間に54匹の鯉のぼりが元気に泳いでいました。

夜にはライトアップもされるそうですが、残念ながら私のスケジュールの都合で、それは見ることが出来ませんでした。

※残念ながらこの投稿が掲載される頃には、鯉のぼりのイベントは終了しています。
◇開催期間:2021年4月10日(土)~5月9日(日)
◇ライトアップ:18:00~22:00

この辺りは今回初めての訪問でしたが、周辺の大部分がミツカンの会社の建物で、町並みとしての雰囲気はあるのですが、何か他の古い町並みとは違うなと感じてしまうのは、私だけでしょうか。

ただ観光と特有のお土産街やレストラン街のようなものはないため、落ち着いてゆっくりと散策出来るメリットはあると感じました。

最後に、半田は醸造の街として有名ですが、最近では5年に一度の山車祭りが催され、2日間で58万人もの観客が訪れるとか。市内10地区31輌もの山車が終結するそうです (運河から近い市役所周辺)。
運河沿いを引き回される山車は時代背景にピッタリのような気がします。
次回は2022年10月に予定されているそうです。

所在地   愛知県半田市中村町周辺
交通アクセス   (1)JR武豊線「半田駅」から徒歩で5分
(2)名鉄河和線「知多半田駅」から徒歩で15分
(3)知多半島道路半田中央インターから車で15分
1名が参考になると回答
半田赤レンガ建物のクチコミ
2021年05月09日に投稿されました。
半田赤レンガ建物とは、近代化産業遺産認定の地域遺産、愛知県半田市にある赤レンガ建物(赤レンガ倉庫)です。
建物は、ハーフティンバー棟、創建時主棟、貯蔵庫棟の3棟で構成されています。
改修前の建物内部は年に数回の一般公開でしたが、2014年~2015年にかけての耐震補強工事を経て2015年からは常時公開されています。

明治31年(1898年)にカブトビールの製造工場として誕生。
明治時代に建てられたレンガ建造物としては日本で五本の指に入る規模を誇ります。レンガ造りのビール工場の遺構は現存数が極めて少ないため貴重な建造物です。日本のビール黎明期に地方都市から果敢に大手ビールメーカーに挑んだ起業家精神を今に伝えています。

高温多湿な気候に加え、地震や自然災害も多い日本において、築百年を超えて現存する建物の数は決して多くはないそうです。
また一般にレンガ造りは地震に弱いといわれますが、しっかり積んだレンガの目地をモルタルでつなぎ、断熱複壁、多重耐火床などの構造を取り入れた頑強な躯体の建物は、この地方で起きた3度の大きな地震を生き延び、ほぼ原型を留めていたこと自体、驚嘆に値するそうです。

■カブトビールとは
明治時代、大都市を控えた既存4大ビールメーカーに挑戦した一地方都市のビール会社がありました。
そのビールとは、「カブトビール」。
今となっては幻のビールとなってしまいましたが、その工場は半田赤レンガ建物として現存しており、半田の先人たちが大ビールメーカーに立ち向かった心意気と豊富な財力と技術力を有していたことを雄弁に物語っています。

第二次世界大戦中、ビール工場としての役目を終え、中島飛行機製作所の衣糧倉庫として使用されていた半田赤レンガ建物は、昭和20年(1945年)7月15日、硫黄島からのP51小型機(通称:ムスタング)による超低空での攻撃を受けました。
建物北側の壁面には今もその時の機銃掃射跡が生々しく残っています。戦争遺跡といえば、砲台跡、要塞跡、大本営等、戦争実行側の遺跡が注目されがちですが、ここは被害者側という意味で貴重なものといえます。

■常設展示室
半田赤レンガ建物やカブトビールの歴史を紹介。
■Re-BRICK
知多半島の食材を使ったおつまみや生カブトビールが提供されるほか、名産品の販売も行われています。
■その他マルシェ広場、芝生広場あり。

●営業時間:9:00~22:00
※常設展示室は9:00~17:00  カフェ・ブリックは10:00~17:00
●休館日:年末年始  ※設備点検のため臨時休館あり

●所在地 愛知県半田市榎下町8番地
●交通アクセス (1)名鉄河和線「住吉町駅」から徒歩で5分。JR武豊線「半田駅」から徒歩で15分
(2)知多半島道路半田中央インターから車で10分
2名が参考になると回答
守山区志段味のレンゲ畑のクチコミ
2021年05月09日に投稿されました。
今回は、昔懐かしい田園風景!
名古屋市内にもまだこんな田園風景、レンゲ畑を見られる場所が残っています。

場所は、名古屋市守山区志段味真光寺一帯の休耕田。
名古屋市在住の方でも、この住所だけではどこかさっぱりわからないと思います。
もちろん私もこの場所を地図で見るまで見当もつきませんでした。

場所を簡単に説明すると、東名高速守山パーキングエリアのすぐ近く。庄内川の土手のすぐ近く。
庄内川の橋を渡れば、そこは春日井市になります。

おそらくほんの十数年前までは、田んぼや畑が広がる本当の田園地帯だったのでしょう。
でも今は、近くの幹線道路沿いには有名な外食チェーンの店が立ち並び、このレンゲ畑周辺もまだ新しい一戸建て住宅が並んでいます。

幹線道路を抜け、普通の住宅地を抜けると、突然その視界にこのレンゲ畑と庄内川の土手が広がるという感じです。

いつから、そしてどうしてこのようなレンゲ畑が出来たのか、ネットで調べてもよくわかりません。
ただ、例年4月29日祝日に、守山区主催のイベントが行われるようですので、地元行政も何らかの形でバックアップしているようです。

私がこのレンゲ畑の存在を知ったのは、去年の冬、今年の春は近郊でレンゲを見たいと思い、ネットで検索し、幾つかのブログでここを紹介しているのを見つけたからです。
そして去年初めて訪問し、その光景に感動し、今年も訪問したというわけです。

それらのブログによると4月29日のイベントのことも紹介されていますが、私が知ったのは去年のこと。去年も確かに守山区広報で4月29日のイベント開催予告が3月号では掲載されていましたが、4月号には中止の案内に変わっていました。
そうです。去年の4月は新型コロナの件で、その時期名古屋にも緊急事態宣言がだされていました。

そして今年の4月、名古屋には緊急事態前言こそ出ていませんが、まん延防止等重点措置がだされています。
そのためか守山区広報では、4月29日のイベントの件は一切紹介されませんでした。

でもそんな人間界の事情とは関係なく、今年もレンゲは綺麗に咲きました。
今年は暖冬だったため、桜など全ての春の草木が例年より1週間以上早く咲きましたので、去年よりも1週間早い4月22日に訪問したのですが、既に盛りは過ぎ、花の色も変色しているものが多数ありました。

このレンゲ畑がどうしてここにあるのか、この後どうなるのか、そういったことは一切わからないのですが、昔はどこの田んぼでもよくレンゲが見られたものですけど、それもだんだん少なくなった。
そしてなにより感染症が蔓延し、自由に外出出来ないそんな時代だからこそ、この守山のレンゲ畑はなかなか貴重な存在でありありがたいことだと思わずにはいられませんでした。
1名が参考になると回答
国営木曽三川公園 138タワーパークのクチコミ
2021年05月09日に投稿されました。
国営木曽三川公園とは、1987年に開設された、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)下流域一帯、愛知県・岐阜県・三重県にわたる、日本最大の国営公園。
三派川地区・中央水郷地区・河口地区の3地区からなり、全部で13拠点が開園しています。

私が今回訪問したのは、愛知県一宮市にある13拠点のうちの一つ。
高さ138メートルの美しい2つのアーチを持つ展望タワー「ツインアーチ138」がある138タワーパークです。

この公園は「ツインアーチ138」の眼下に広い花壇がいくつもあり、季節ごとに色々な草木を楽しむことが出来ます。

去年の秋、この「たびかん」にも投稿したのですが、一面のコスモスが咲き誇っていました。

そして今回は4月の花として最近人気の高い「ネモフィラ」の紹介です。

ネモフィラは、秋のコスモス畑と同じ場所に植えられていました。
全国のネモフィラの有名な場所と比べると、規模は少し小さいですが、ここの花壇の魅力はそのロケーションにあります。

つまり、(今回私は利用していませんが)「ツインアーチ138」の上から眺める光景、またその「ツインアーチ138」を近くに見上げるように花壇を眺めるのは、なかなかの絶景です。

今回私が投稿した写真で、その雰囲気を感じてもらえれば幸いです。

138タワーパークでは、これからの季節もバラや紫陽花などの花を楽しむことが出来ます。
機会があればまた紹介させていただきます。

住所 愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3
最寄りのインター 東海北陸自動車道一宮木曽川I.C
車でのアクセス 名古屋方面から国道22号線を北上、「一宮木曽川インター北」を右折、1本目を左折。東海北陸道下の道を直進し、つきあたりを右折
岐阜方面から国道22号線を南下、「北方町」交差点を左折し、約3km後「光明寺」交差を左折。
名神高速一宮I.Cより国道22号線を北上約20分
東海北陸自動車道一宮木曽川I.Cより約8分
公共交通機関  名鉄一宮駅・JR尾張一宮駅より バスターミナルの4番乗り場から名鉄バス「一宮総合体   育館行き」に乗車(約30分)、「138タワーパーク」下車
4名が参考になると回答
上中のしだれ桃のクチコミ
2021年04月26日に投稿されました。
豊田市上中町に、しだれ桃の里と呼ばれるところがあります。
毎年、4月上旬から中旬にかけて、山間一帯を約3,000本のしだれ桃が、深紅、白、桃色など色鮮やかに埋めつくします。約1㎞の遊歩道は甘い香りに包まれて「桃源郷」さながらの風景が楽しめます。

豊田市から矢作川を遡り、豊田市役所旭支所を越したあたりで、標識通り右へ曲がり、1㎞強登ると駐車場に着きます。

そこから、しだれ桃の若木に誘われて散策路を行くと、樹齢30年2500本、今が盛りのしだれ桃の花の山が見えてきます。

標高が高いからか種類なのか、まだ桜の大木に花があって、桃の濃いピンクと白の中で、淡い桜の色がいい。
周りは山全体が芽吹いた萌黄色のグラデーション。
素晴らしい景色です。

しだれ桃は、花の観賞用の花桃の仲間です。
地元の方が30本ぐらい植え始めて、次々に有志の方が植えて行ったということです。今では観光客で賑わいますが、あくまで観光地ではなく、生活場ですので、節度を持って見学する必要があります。
※桃畑や畑ほとんどが個人の家屋や庭や畑です。よって中には入れません。
全て散策路からの見学になります。
桃の花の時期は、生活路の車の通行を規制して散策路になっています。
しかし、地元の方の車や宅配便などの車が通りますので、注意が必要です。

開花の一週間だけで、例年2万人弱の観光客が訪れるそうです。
現地の駐車場には、みたらし団子程度の屋台や野菜売り場程度はありますが、食事出来る所やおみやげ屋さんはありません。
ベンチの設置は少しありますので、おにぎり等の持参は出来ます。但しゴミの持ち帰り厳守。
散策路と駐車場に臨時トイレが設置されています。

若木をどんどん植樹しているので、これからもっと素晴らしくなるでしょう。
それにしても、あんな山奥に、よくぞこれほどの桃源郷を作ったと感心しました。

開催日 4月上旬~中旬
※ 開花状況により変更あり。今年の場合4月5日から4月11まで
開催場所 豊田市上中町槇ケ洞
入場料  無料
駐車場  駐車場【しだれ桃の里臨時駐車場】1,000円/台(100円金券付)
【旭総合体育館臨時駐車場】500円/台
車でのアクセス方法  猿投グリーンロード「枝下IC」より県道11号(豊田明智線)を矢作川沿いに明智方面へ
公共交通の場合    豊田市駅からバスで70分(とよたおいでんバス旭・豊田線「小渡」行)
前の5件 次の5件

↑ Page Top