国内最多の観光写真コンテスト開催数!口コミをもとにしたランキングや情報など、日本の観光スポットに関する情報はたびかん!
ホーム » チョーわるおやじさんのページ
チョーわるおやじさんのページ
チョーわるおやじさん(非表示・男性・兵庫県)
口コミ投稿数
449件(参考になる:94737回)
画像投稿数
3550件(いいね:77297回)
読者
12人
HP・ブログ
金賞は桃源郷を思わせる「いなべ市農業公園」の梅の園!第143回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は日の出・星空との共演!伊古奈比咩命神社「大明神岩の赤鳥居」第142回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はびわ湖と山々との共演が素晴らしい第1なぎさ公園の菜の花畑!第141回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は紅葉と雪吊りライトアップが素晴らしい「白鳥庭園」!第140回口コミ付き観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はコスモス畑が周辺で咲き誇る「東有年・沖田遺跡公園」!第139回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「東員町のコスモス畑」の夕日や三岐鉄道とのコラボレーション!第138回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は見事な苔の緑と白い渓流のコントラストが美しい奥入瀬の大自然!第137回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は「天空の楽園」とも言われる浮島湿原でエゾシカ親子に…!第136回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水辺に広がる夏の花々が美しい草津市立水生植物公園みずの森!第135回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白黒写真が感慨深い45年ぶりの「薬師寺」!第134回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞はこの時期にしか見られない「八幡平ドラゴンアイ」第133回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は「桜並木と菜の花の共演」秋田県大潟村の菜の花ロード!第132回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は豊頃町 大津海岸の神秘的な光景「ジュエリーアイス」!第130回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
令和の初日の出を中崎展望広場から!第129回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は四日市の工場夜景!第128回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は宝石箱の様な夜景、雲海、イチョウ並木が素晴らしい秩父ミューズパーク!第127回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は日光国立公園内「小田代ヶ原」の紅葉!第126回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は鹿野山九十九谷展望公園から望む絶景!第125回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は福島県・五色沼の中の毘沙門沼、青沼、瑠璃沼!第124回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は微笑ましいタンチョウ親子の姿を写した「風連湖」!第123回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は今年オープンした大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り!第121回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は桜・チューリップ・菜の花などの共演が素晴らしい国営みちのく杜の湖畔公園!第120回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は雨の日でも楽しめる夜のハウステンボス!第119回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銅賞
金賞は若草山の紅葉・日没&夕日・夜景・特殊な撮影方法の山焼き!第116回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白鳥庭園の水面に鏡のように映し出される紅葉ライトアップ!第115回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は千手ヶ浜の日の出と紅葉!第114回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はホテイアオイが咲き誇る本薬師寺跡!第113回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は神戸の夜景と花火の共演が素晴らしいみなとこうべ海上花火大会!第112回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は様々な野生動物が生息する壮大な景勝地 春国岱!第111回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はクリンソウや野生動物が見られる奥日光自然の家!第110回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水田一面に広がるピンク色が圧巻な坂東レンゲまつり!第109回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は彦根城の水堀に沿う桜景色!第108回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は水鏡に写る満開の桜並木が美しい福岡堰さくら公園!第107回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい海と道歩くケラマジカにびっくりな慶良間諸島!第106回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は馬の息遣いが伝わってくる冬のばんえい十勝!第105回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は癒されるレッサーパンダや迫力満点なスマトラトラなど沢山の動物が集う仙台市八木山動物公園!第104回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は色とりどりの紅葉が美しい神戸市立森林植物園!第103回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は国指定重要無形民俗文化財にもなっている栃木県の歴史ある「鹿沼秋まつり」!第102回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は500万本もの真っ赤な彼岸花が美しい埼玉県のひだか巾着田!第101回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
記念すべき第100回口コミ付観光写真コンテストの金賞は「みなとこうべ海上花火大会」です! 金賞
金賞は北海道の天然記念物にもなっている雨竜沼湿原!第99回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は白亜の灯台をバックに出会える天然記念物、迫力の寒立馬!第98回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はライトアップされた福岡タワーと周辺の見事な夜景!第97回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水仙の丘(兵庫県淡路市)で咲き誇るラッパ水仙の花園!第96回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は名古屋市農業センターdelaふぁーむの「しだれ梅まつり」!第95回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は光と音のファンタジックショーおとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華!第94回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は南千倉海岸の元旦初日の出!第93回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は四季折々に美しい表情を見せる霞ヶ浦!第92回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青森県観光物産館アスパムの展望台からの夜景!第91回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は埼玉県の情緒あふれる川越蔵造り通り 川越一番街商店街!第90回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は砥峰(とのみね)高原に広がるススキの草原!第89回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は中禅寺湖の西側に位置する小さな湖「西ノ湖」の紅葉!第88回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は亀岩の洞窟・濃溝の滝の神秘的な光のショー!第87回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はホッキョクグマや沢山の海の生き物が集う男鹿水族館GAO!第86回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋空に生える京都の平等院!第85回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は宮沢賢治童話村の幻想的なライトアップ!第84回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は茨城県の麻生八坂神社で7月末に開催される麻生祗園馬出し祭!第83回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は芦屋サマーカーニバルのメインイベント 花火大会!第82回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はアジサイが見頃な白糸の滝 ふれあいの里 【福岡県】!第81回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は美しい大自然が広がる高原の湖 丸沼!第80回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は様々な種類のアジサイが咲きみだれる茨城県の二本松寺!第79回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩手県三陸海岸の絶景 浄土ヶ浜!第78回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は新緑が鮮やかで美しい京都の南禅寺!第77回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は満開の桜が広がる滋賀県 長浜城!第76回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は桜並木と一面広がる菜の花の共演 余呉川堤の桜!第75回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は光と生き物が共演するアクアテラス錦ケ丘!第74回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はしだれ梅が咲き誇る京都の城南宮!第72回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は山中湖の湖面にも写るダブルダイヤモンド富士!第71回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は夕暮れ時の関空展望ホール スカイビュー!第70回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は大洗磯前神社・神磯の鳥居の正面から昇る日の出!第69回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は舞子公園から眺める瀬戸の海の夕暮れ!第68回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は茨城県の西蓮寺 大銀杏の紅葉!第67回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は滋賀県 金剛輪寺の色鮮やかな紅葉!第66回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は兵庫県 但馬安国禅寺の裏庭で色鮮やかに紅葉するドウダンツツジ!第65回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は標高2000mの高層湿原 鬼怒沼!第64回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は岩木山を望む美しい橋 鶴の舞橋!第63回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は6万本のヒガンバナが埋め尽くす栃木県の美野沢彼岸花公園!第62回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は世界遺産 白川郷・五箇山の合掌造り集落!第61回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は紫陽花と星空が素晴らしい白糸の滝 ふれあいの里(福岡県)!第60回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は知床国立公園内にある”幻の沼”ポンホロ沼!第59回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は福岡県にある壮大な「柳川ひまわり園」の40万本ものひまわりの大輪!第58回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸市立森林植物園のアジサイの花々!第57回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は広大な霧降高原の絶景。見頃のニッコウキスゲと素晴らしい雲海も!第56回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は水郷で知られる潮来市のあやめ園。あやめ咲く中潮来花嫁の嫁入りも!第55回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は神戸市立須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」・・・大噴水も見事!第54回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞はまるで紫のカーテン。丹波篠山・白毫寺の「九尺ふじまつり」!第53回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は雪景色の絶景と屈斜路湖、白鳥を眺める事ができるコタン温泉!第52回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は青土ダム湖近くの「うぐい川」沿いに続く桜並木!第51回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は大阪国際空港の滑走路を間近に見られるエア・フロント・オアシス下河原!第50回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南あわじ市村上邸で見られる絢爛のしだれ梅。ライトアップも幻想的!第49回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は知床国立公園内のプユニ岬展望台から見られる美しき流氷のオホーツク!第48回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は北海道・断崖「象の鼻」から望む流氷のオホーツク海!第47回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は第1なぎさ公園から見る一面の菜の花と比良山系の雪景色のコラボレーション!第46回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は茨城県にあり多くの水鳥が集まる貴重な景色が見られる白鳥の里!第45回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は星空の美しい二見ヶ浦海水浴場。海に佇む夫婦岩や白鳥居も幻想的!第44回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は秋の六甲山。再度公園・修法ヶ原池の色鮮やかな紅葉!第43回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は登山もオススメ!紅葉に包まれ魅力あふれる秋の筑波山!第42回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は日光国立公園内にある「中禅寺湖」。男体山が育む豊かな自然の数々!第41回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は阪神間で最大の規模を誇るコスモスの名所「武庫川コスモス園」!第40回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は北海道の大自然に囲まれた小さな秘沼「キンムトー」の澄み渡る水面と囲む絶景!第39回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は奈良県「本薬師寺跡」から畝傍山に沈む夕日と湿原のホテイアオイ!第38回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は大自然に囲まれた高原の中にある北海道「三の沼」の紅葉と羅臼岳!第37回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は兵庫県立フラワーセンター開催の煌くサマーイルミネーション!第36回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は兵庫県・芦屋サマーカーニバルのメインベント、大迫力の花火の絶景!第35回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は沖縄・竹富島の名所「西桟橋」からの絶景。夕景は見事!第34回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は賑わう神戸市立森林植物園で咲き誇る色とりどりの紫陽花たち!第33回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は白砂浜にエメラルドグリーンとコバルトブルーの海が見渡せる沖縄・宮古島の「砂山ビーチ」!第32回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は初夏・大阪舞洲に期間限定でオープンする約250万輪ものゆり園!第31回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は新緑の高千穂峡から望む幻想的な「真名井の滝」!第30回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はまさに感動!「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれた「感動の径」の四季!第29回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は広い敷地が一面ピンク色の絨毯と化した春の東藻琴芝桜公園!第28回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は淡路夢舞台で開催された「チューリップ アイランドパーティー2014」!第27回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は南伊豆町・青野川沿いで2月に開催される「みなみの桜と菜の花まつり」!第26回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は広大な十勝牧場の自然の数々。爆走するばん馬の雪中運動は大迫力!第25回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は富士山をバックに輝く湖畔の田貫湖冬景色!第24回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「新日本三第夜景」にも選ばれた福岡県皿倉山の100億ドルの夜景!第23回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はサラブレッド銀座駐車公園で見ることが出来るサラブレットたちの写真!第22回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は英虞湾を望む志摩・横山展望台からの絶景とご来光!第21回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は「秋はもみじの永観堂」と言われる紅葉が有名な京都の永観堂禅林寺!第20回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は自然が作った芸術的な氷の造形美が魅力の北海道・冬の「フレペの滝」!第19回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞はライトアップで池に照らし出された楓が幻想的な木曽公園の「逆さ紅葉」!第18回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は西日本一の高さを誇るアーチ式ダムで紅葉の人気スポット「温井ダム」!第17回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は大雪山国立公園内の然別湖で見る「くちびる山」と二つの太陽!第16回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は六甲山系の紅葉のスポットのひとつ「再度公園」の輝く紅葉!第15回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 金賞
金賞は兵庫県の休耕田約5haを使用したコスモス園!種類も豊富!第14回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
金賞は真珠を散りばめたように光り輝く函館山の夜景!第13回口コミ付観光写真コンテスト結果発表 銀賞
慌てず…急がず“スローライフ”の日々を「かみさん」と二人で楽しんでいます。

    四季折々の風景や花々を愛でながら。。。
チョーわるおやじさんのいち押し観光スポット(415件中 1-4件を表示)

祇園白川
チョーわるおやじさんのクチコミはこちら

哲学の道
チョーわるおやじさんのクチコミはこちら

蹴上インクライン
チョーわるおやじさんのクチコミはこちら

いなべ市農業公園
チョーわるおやじさんのクチコミはこちら
前の4件 次の4件

チョーわるおやじさんの投稿画像(3550件中 1-8件を表示)
前の8件 次の8件

チョーわるおやじさんの口コミ(449件中 1-5件を表示)
2名が参考になると回答
祇園白川のクチコミ
2021年04月14日に投稿されました。
3/29 ドラマのロケ地として人気の撮影スポット…白川に架かる『巽橋』を、人の流れが途切れた一瞬を❛パチリ❜...と、一枚撮っておきました・・・!!!
3/29 祇園白川の川辺を美しく彩る“さくら”の並木を・・・!!!
3/29 朱色の玉垣が川辺を縁取り、満開の“さくら”が川面を彩ります・・・!!!
3/29 祇園の芸子さんや舞子さんが芸の上達を願いお参りする小さな祠の〖辰巳大明神〗に寄り添う“さくら”を・・・!!!
3/29 流れる白川の川辺に美しく咲き誇る満開の“さくら”を・・・!!!
3/29 春の良き日、石畳と、朱い玉垣が彩る祇園白川で、前撮りを執り行う幸せそうな二人の後姿を❛パチリ❜...と・・・!!!
3/29 芽吹きかけた“やなぎ”と、満開の“さくら”を、人力車から愛でる親子連れの姿を・・・!!!
3/29 祇園弁財天が佇む広場から白川沿いに美しく咲き並ぶ“さくら”の花々を・・・!!!
千本格子が軒を並べる祇園白川の辺に咲く“さくら”を愛でに!

2021年 3月29日(月)天候:晴れ

 ゆったり...と、流れる白川の辺には約40本あまりの桜が咲き揃い、石畳がつづく祇園花街の春を一層美しく演出していました。

 また、木製で低い欄干の『巽橋』は、祇園の白川を流れる小さな橋で、渡ったその先に進む細い路地は「切り通し」と呼ばれ、千本格子のお茶屋が軒を並べ、情緒あふれる街並みが続いています。

 サスペンスドラマのロケ地として知られる『巽橋』周辺は画になる場所として絶好の人気スポットになっており、多くのアマチュアカメラマンやスマホを翳す若者たちで随分賑わっていました。

 “さくら”が見頃を迎えた当日は、前撮りに...と、川端通から辰巳大明神につづく石畳の道筋には絢爛豪華な花嫁衣裳を身に着けた数十組の新婚カップルさんたちで、とても華やいでいました。

 特に『巽橋』の上は、撮影の出番を待つ新婚カップルで混み合い、順番を待つ新郎新婦は少々疲れ気味のようでした。

 私もその人気の撮影スポッを撮りたくて、カメラを構え∼・∼待つこと数分、橋の上を通る人が途絶えた瞬間を逃さず、やっと一枚撮る事ができました。

     川沿いを‘ぶらぶら’...と散策!

 鴨川に向かって流れる白川に寄り添うように咲く“さくら”が川面に映り、川辺に沿って並ぶお茶屋の板塀が、祇園の風情をほどよく醸し出していました。

 川辺に咲く“さくら”と、芽吹きかけた“やなぎ”の若葉が彩る石畳みの通りに花見観光の客を乗せたの赤い人力車が人目を惹きます。

 立ち止まり、乗っていた親子と一緒に❛パチリ❜...と、一枚撮らせて戴きました。

      歩きつづけます!

 朱色の玉垣が並ぶ『巽橋』の袂を過ぎる...と、〖辰巳大明神』の小さな祠が佇んでいます。

 地域の守り神として崇められているこの祠には、今では祇園の芸奴さんや舞子さんが芸の上達を願う神として信仰されているそうです。

 また、京都の祇園に“さくら”が咲き揃う頃には白川沿いがライトアップされ、趣が異なった妖艶な“さくら”...と、昼間とは違う石畳の街並みが幻想的に映し出されるようです。

 しかし、この近年はコロナウイルス感冒対策のため中止になっているそうです。

   日常の生活に早く戻ると良いのですが…!!
 

 私達は、自然と調和した美しさを兼ね備えた京都の東山で、“さくら”三昧の一日を心行くまで‘ゆっくり’...と、過ごさせて戴きました(*^-^*)

   
2名が参考になると回答
哲学の道のクチコミ
2021年04月12日に投稿されました。
3/29 朝の光に照り映え、美しく川辺を縁取る“さくら”並木を・・・!!!
3/29 流れる小川の水面を薄紅色に染める“さくら”の花々を・・・!!!
3/29 小川に架かる小さな橋...と、風情ある土塀を彩る“さくら”の花を・・・!!!
3/29 散り落ちた“さくら”の花びらにも情緒を感じる哲学の道・・・!!!
3/29 一枝の“しだれ桜”が川面に垂れ下がり、清らかな小川に彩を添えていました・・・!!!
3/2 川辺を美しく咲き並ぶ“さくら”のアーチを・・・!!!
3/29 日本の春を楽しむ外国の家族に出会いました・・・!!!
3/29 落ち着いた空気感漂う“さくら”の並木を撮りつづけました・・・!!!
疎水の分流に沿って咲く“さくら”並木を愛でに!

2021年 3月29日(日) 天候:曇りのち晴れ(黄砂)

 哲学の道は、銀閣寺橋から若王子橋までの1.5㎞を、琵琶湖疎水の分流に沿ってつづいている小径で、京都大学の哲学者「西田幾太郎」先生が思索にふけりながら好んで歩かれていた事から哲学の道と、呼ばれるようになったそうです。

 周辺には銀閣寺や安楽寺、法然寺、永観堂などの名刹や旧跡が点在しています。

 また、この哲学の道は、日本の道100選にも選ばれており、暖かい春になると小径の沿道には約440本あまりの“さくら”が咲き並び、多くの花見客で賑わいます。

 石畳の小径にも春の陽ざしがさし込み、彩る“さくら”の花たちも桜色に輝き始めました。

 人影も疎らな平日の朝、昨夜に降った雨が川の辺に咲く“ユキヤナギ”の花弁を濡らし、その雨粒がキラキラと光っていました。

 さらさら...と、流れる春の小川には素早く泳ぐ小魚が見え隠れし、季節の草花が清らかな流れの小川を美しく縁取っていました。
 “さくら”咲く季節が過ぎ、5月から6月にかけて∼・∼東山の周辺には若葉、青葉が美しく彩り、夜にはゲンジボタルの小さなあかりが川辺を照らします。
 そして、秋には紅葉の錦が水面に映り込み、趣のある風情を楽しむことができます。

 小径には程よい間隔でベンチが設けられており、“さくら”を眺めながら暫くの間∼・∼疲れた足を休めます。

 進む小径と並行して流れる小川には、小さな橋が幾つも架かり、橋の上に立ち尽くし眺める景色は見飽きる事のない情緒ある風景が広がっていました。

       しかし…です!

 以前歩いたこの道沿いには、朱い毛氈を敷いた床几に野点傘が彩る茶屋や、可愛い小物を売る店と、オシャレなカフェが立ち並び、風情ある光景が見られたのですが、新型コロナウイルスの影響で開いている店は殆どなく、少々寂しさを感じました。

 道すがら、小さな子供を抱いた外国の方や、春を彩る風景を撮るカメラマンの人たちとすれ違いながら∼・∼“さくら”が咲き並ぶ小径を歩きつづけ、気が付けば終着の銀閣寺橋の袂まで来ていました。

 小川沿いに咲く“さくら”の小径に木漏れ日がさし、小鳥の囀りを聴きながら・・・心休まるひと時を過ごさせて戴きました(*^-^*)

アクセス
電車、バス:「阪急河原町駅」下車⇒市バス5及び203系統に乗り換え、『銀閣寺道』で下車、東に向かうとすぐです。(このコースがベターのようです)
車:京都駅前~塩小路→川端通→丸太町通→白川通→鹿ヶ谷通りを進み京都市銀閣寺観光駐車場に(その間約20分)
駐車場:1000円/台(乗用車)
3名が参考になると回答
蹴上インクラインのクチコミ
2021年04月10日に投稿されました。
3/29 南禅寺橋の上から眺め観たインクラインを彩る“さくら”の回廊を・・・!!!
3/29 蹴上インクラインの下流に咲く満開の“さくら”...と、南禅寺船溜にあがる噴水を・・・!!!
3/29 思い思いのアングルで咲き誇る“さくら”を撮る姿を❛パチリ❜...と、撮ってみました・・・!!!
3/29 廃線路上立ち尽くし、綺麗に咲いた“さくら”に見入る女性の後姿...と、・・・!!!
3/29 咲き誇る“さくら”の回廊で、純白のウエディングドレス姿で前撮りをする幸せそうなカップルに出会いました・・・!!!
3/29 風格を備えたレンガ造りの蹴上発電所を抱くように咲く“さくら”の花々を・・・!!!
3/29 “さくら”咲く『ねじりまんぽ』の線路上から∼・∼南禅寺につづく遊歩道を“さくら”越しに❛パチリ❜...と、・・・!!!
3/29 戻り道∼・∼『ねじりまんぽ』...と、廃線跡に咲く“さくら”の並木を・・・!!!
ノスタルジックな廃線跡に咲く“さくら”の回廊を散策!

2021年 3月29日(月) 天候:曇りのち晴れ(黄砂)

 明治時代に敷設された全長582m、高低差36mの傾斜鉄道(蹴上インクライン)跡は、びわ湖から京都市内を結んだ琵琶湖疎水の途中に造られた鉄道で、かつては船を乗せた台車が行き来していた廃線跡です。

 蹴上という地名も気になり、ほんの少し調べてみました。

 その昔、牛若丸が奥州藤原氏のもとに旅立つ際、平家の武者が通りすがりに馬が泥水を蹴上げたのが牛若丸にかかり、怒った牛若丸がその武者を切り捨てたという逸話から『蹴上』と呼ばれるようになった...とか。。。


        ~・~・~・~・~・~・~

 私達が訪れた日、京都の街は黄砂の影響でどんより...と、した空模様でした。

 昨夜に降った雨が道路を濡らし、其処かしこに水溜まりが出来ていました。

 南禅寺に向かう道沿いにあるコインPに駐車し、早朝の蹴上インクラインに向かいます。

 既に多くの人たちが“さくら”を愛でに来られています。

 南禅寺橋の上から眺める“さくら”の回廊は、薄紅色に染め上げた美しい姿で私達を出迎えてくれました。

     線路敷きに入ります。

 緩やかな傾斜で真っすぐに伸びる線路敷きには大粒の砂利が敷き詰められ、赤さびた線路と年季の入った枕木が並び、その線路を覆うように咲き誇る約90本の“さくら”のアーチがどこまでもつづいており、別の世界にトリップしてしまいそうな錯覚に陥ります。

 素晴らしい光景が広がるインクラインにはいくつかの入口があり、自由に出入できるようになっています。

 おすすめは、蹴上船溜付近から入り南禅寺船溜に向い散策を始めるのがベター...と、されています。

 早朝の線路敷きには咲き誇る“さくら”にスマホを翳す若者やプロらしきカメラマンの姿も見受けました。
 その中に、純白のウエディングドレス着た花嫁と新郎が前撮りをされている晴れやかな姿が目につきました。

 “さくら”咲く美しい景色を眺めながら線路敷きを進んで行く...と、小さな噴水がある公園に辿り着きました。

 周りを見渡すと、公園の奥に当時を復元した運搬船や、貴重な機材がオブジェのように置かれてありました。

 公園のベンチに座り、綺麗に咲いた“さくら”を見上げながら∼・∼チョットの間休憩をします。

 公園を出、インクラインの側道を少し進むと、『ねじりまんぽ』と呼ばれるトンネルがありました。
 1888年に作られ、レンガ造りで当時の面影を残し、レトロな感じのする小さなトンネルです。
 
 この『ねじりまんぽ』とは、レンガを少しずつねじって積み上げて行く工法だそうで、「まんぽ」というのはトンネルなどを表す方言だそうです。

 後学のため、その『ねじりまんぽ』を通り抜けの体験をし、表にまわり❛パチリ❜...と、一枚撮っておきました。

 満開の“さくら”咲く花回廊をめぐり終え、足早に仕事に向かう人たちを見送りながら『蹴上インクライン』を後にしました(*^-^*)

アクセス
電車:地下鉄東西線「蹴上駅」一番出口を出て徒歩3分
市バス:四条河原町から市バス5番に乗り、「南禅寺」下車、徒歩5分

車:名神高速道路「京都東IC」→三条通を真っすぐ市内方面に約6㎞で蹴上駅周辺着きます。
駐車場:ウエスティン都ホテル京都(東A)地下駐車場
料金:8:00~22:00 ・ 30分/220円(乗用車)
コインP:タイムズ南禅寺
料金:7:00~22:00 ・ 15分/300円(高いですょ)
    
9名が参考になると回答
いなべ市農業公園のクチコミ
2021年03月28日に投稿されました。
3/8 残雪を抱いた鈴鹿山脈を背景に広がる絶景の梅の園を・・・!!!
3/8 見晴らし台~望む絶景をペットと一緒に愛でるカップルの姿も・・・!!!
3/8 高台にある実梅の花園にも紅白の梅の花たちが咲き誇っていました・・・!!!
3/8 散策の小径を遮るように咲き誇る紅白の“しだれ梅”を・・・!!!
3/8 花園の中から望む鈴鹿山脈...と、美しく咲く梅の花々を愛でる人たちの姿を・・・!!!
3/8 小さな水路を挟み…玉すだれのように咲き並ぶ紅白の“しだれ梅”を・・・!!!
3/8 かぼそい枝にいっぱいの花弁を付けてしなやかに咲き誇る”しだれ梅”を・・・!!!
3/8 高台にある駐車スペースから…梅の園を楽しむ人たちの姿を❛パチリ❜...と、撮ってみました・・・!!!
春の息吹と、早春に咲く梅の花々を愛でに!

2021年 3月 8日(月) 天候:曇りのち晴れ

 訪れた日、鈴鹿山脈の山稜付近には、なごり雪がうっすらと、つもり…眺める梅の園には色鮮やかな梅の花々が咲き誇る素晴らしい絶景が目に飛び込んできました。

 三重県の最北部と、岐阜県の県境近くにあるこの公園は、18hrのエコの福祉広場(農業体験とパークゴルフやボタン園)と、38hrの梅林公園との二か所をあわせて農業公園と、言われています。
 地域のシニアの方々が元気に活動できる場として創設され、創造と振興、都市との交流や循環型社会の実現をスローガンに掲げ、四季折々の花広場を整備されているそうです。

 この農業公園の梅林には100種、4500本あまりの紅梅、白梅のしだれ梅が38haの花園にところ狭し...と、咲き揃っています。

    
       梅林の散策に進みます!

 まず最初に向かったのは梅林の全てが見渡せる高台に進み、設けられた見晴台から全景を眺め・・・そして、梅園の甘い梅の香をかぎながら散策路を‘ぶらぶら’...と、歩きまわり∼・∼春の訪れを肌で感じる事にしました。

     ∼・∼高台の見晴らし台から∼・∼

 残雪を抱き、墨絵のように美しい鈴鹿山脈を背景にし、その裾野に広がる梅林には紅梅、白梅、ピンク色のグラデーションに包まれ、まるで友禅染の着物をぱぁっ~と、広げたような華やかな色柄に梅の園が染まっていました。

       息を呑む素晴らしい光景...です!

 園内に入る...と、何とも言えない甘い香りが漂い、紅白の梅花に囲まれた散策の小径がどこまでもつづいていました。
 立ち止まり、見上げれば∼・∼細い枝に花弁をいっぱいにつけた“しだれ梅”の華やかな樹冠の先には、梅花との美しいコントラストが早春の青い空に描かれていました。

 中国の語源に❝桃源郷❞という言葉がありますが、日本では楽園と似たような意味で使われることが多く・・・色とりどりに咲き誇る『いなべの梅園』が、❝桃源郷(楽園)❞そのものに思えました。

 梅園の真ん中あたりには「あずまや」が設けられており、辺りを梅の花たちに包まれた休憩の場所として、多くの人たちで賑わっていました。

 ペットを連れた家族連れも多く、スマホ片手に可愛いワンちゃんを撮ろうと、奮闘されている姿を見るのも楽しいものでした。

 その傍らに設けられた小さくて真っすぐな水路を挟み彩る“しだれ梅”が、❛玉すだれ❜のように美しく咲き並んでいました。

 残雪と、梅の花という情景に季節の移ろいを感じながら、美しい梅の園を‘ぶら~’...と、めぐれば∼・∼春の到来を感じられ、少し心浮立つ思いがしました。


 私たち、東海エリア最大級の梅林公園の絶景を愛で、癒しのひと時を楽しく過ごす事ができました(*^-^*)

追記
この公園では毎年、季節ごとに盛大なイベントが企画されています。
 しかし、2020年と2021年3月に予定されていた❝梅まつり❞と、4月に開催予定の❝ボタンまつり❞は、コロナウイルスの影響で中止になりました。
 『6月上旬の「梅のもぎ取り体験」は開催されるそうです。』(体験料:1000円/約3㎏入り袋付き)

入園料(梅まつり開催時):500円/一人(中学生以上)
駐車場:無料  乗用車・約1000台(数か所に分かれています)

アクセス
大阪、京都から:名神高速道路『関ケ原IC』~国道365号線⇒県道107号線⇒県道606号線を経由してICから約40分
電車(名古屋、大阪方面から):近鉄名古屋線「桑名駅」~阿下善駅から(タクシーで約20分)
15名が参考になると回答
中山寺のクチコミ
2021年03月13日に投稿されました。
3/1 山門をくぐり参道から眺め観た中山寺の美しい風景を・・・!!!
3/1 華やかなで美しい色柄で聳え立つ五重塔(青龍塔)と、彩る白い梅の花たちと・・・
3/1 色鮮やかな朱色の大願塔(多宝塔)を借景に咲き誇る梅の花(思いのままに)を撮ってみました・・・!!!
3/1 白梅の木の枝に仲良く寄り添うメジロたちが可愛くて❛パチリ❜...と、一枚撮っておきました・・・!!!
3/1 梅林の入り口斜面に見頃の紅梅、白梅が…咲き誇っていました・・・!!!
3/1 観音広場の山肌を覆い尽くす梅の花と、周遊の道を進み、咲き誇る花たちを愛で楽しむ人たちの姿も・・・!!!
3/1 観音像の指さす先が中山寺梅林のメイン舞台です・・・!!!
3/1 山の斜面を彩る朱い欄干と、周囲を彩る紅い梅の花を・・・!!!
華やぐ梅の園を訪ねてみました。

2021年 3月 1日(月) 天候:晴れ
 
 格式高い二重の山門(望海楼】の両脇には南北を護る仁王像(阿形、吽形)が睨みをきかせ、北側の面には狛犬が祀られていました。

     門前で拝礼し、境内に進みます。

 広い参道の両側には、山内十二支一代本尊が祀られており、個々の干支の守り本尊にお参りする事ができます。

 参道には安産祈願の若い夫婦や赤ん坊を抱いてお礼参りに訪れた家族連れの姿も見られます。

 立ち止まり見上げる...と、一際目を惹く華やかな色柄の五重塔(青龍塔)と、その傍らには大願塔(多宝塔)が聳え立っています。

 歩道を進み、本堂がある境内に進むには3つの選択肢が
あります。
 健脚の方々は階段を利用し、妊婦やシニア、身障者の人たちにはエレベーターとエスカレータが使用できる優しい設備がありました。

 私は、エスカレーターで境内に進み、華やかな造りの本堂に参拝を済ませます。

 

      ~・~・~・~・~・~・~

 ここで、中山寺の歴史をほんの少し紐解いてみました。
 
    中山寺の創建は不詳とされています。

 伝承による...と、紫の雲がたなびく霊地に聖徳太子が訪れ、その地を開山されたのが中山寺の始まりと、伝えられているようです。

 中山寺のご本尊は、十一面観音菩薩で、安産や子授けの観音様として多くの人たちに敬われています。

 また、このお寺は、昔時...度重なる兵火により多くの堂宇伽藍が焼失したとも記されています。


 安産・子授かりの寺と呼ばれる謂れも少し調べてみました。

 伝え聞く処による...と、豊臣秀吉が長年子宝に恵まれず子授かり祈願に足を運んだところ∼・∼見事、淀君が御懐妊され、秀頼を授かったとされています。
 れ以来豊臣家から帰依されたと言われています。

 また、幕末には中山一位局が中山寺で鐘の緒(腹帯)を拝受され、明治天皇が平産された事により天皇家の勅願所となりました。
 以来、中山寺が「安産・子授かりの寺」として各地から多くの参拝者が訪れるようになったそうです。

      ~・~・~・~・~・~・~

      梅林の口コミに進みます。。。

 多くの堂宇伽藍が建ち並ぶ境内を梅林と書かれた道しるべに沿って進んで行くと、阿弥陀堂の広場から宝塚の街並みを望める展望ブースがあり、その背面には満開の梅の木(思いのままに)が咲き誇り、多くの人たちがスマホやカメラをかざし、早春のひと時を楽しんでおられました。

 梅林に向かう途中、一本の梅の木に数羽の小鳥(メジロ)たちが飛び交っていました。

 カメラを構え鳥たちを追っかけている...と、2羽のメジロが仲良く木の枝に止まり甘い蜜を啄んでいる姿が可愛くて❛パチリ❜...と、一枚撮っておきました。

      梅林に向かいます。・。

 散策路を進む...と、視界が広がったその先に大きな観音像が佇んでいます。
 その観音様が指さす山の斜面には紅梅、白梅が咲き誇る中山寺梅林のメイン舞台...と、なっています。

 すり鉢状になった観音公園広場の椅子に腰掛け∼・∼山肌を覆い尽くす梅の花園を暫く眺めていました。

 丁寧に育てられた紅梅、白梅、しだれ梅の約1,000本が山の斜面を彩り、早春の空にも映えて素晴らしい絶景が広がっていました。

 その広場から梅林を周遊するコースをめぐります。

 山の斜面を縫うように進む遊歩道を登って行くと、沿道に咲き誇る梅の花たちが、花見に訪れた人たちを満開の笑顔で出迎えているようでした。

 周遊するコースの中ほどに朱い欄干が彩を添えており、その周囲には紅梅や白梅の花々が咲き並んでいました。

 緩やかな坂道がつづく周遊路を進んで行くと、公園の一番高い処にあるロマンチックな名称の『星の広場』がありました。
 その広場の一画には藤棚が設けられており、季節が来れば美しい花を咲かすだろうな...と、思いを馳せながら周遊の道をめぐりました。

 山肌に咲く梅の園を十分に楽しみ、散策路を戻ります。


 美しく彩られたお堂や仏塔が建ち並ぶ中山寺の境内と、観音公園に美しく咲き誇る梅林を愛でる事ができ、来年も再び訪ねよう...と、振り返り眺めながら家路につきました(*^-^*)

拝観時間
境内は24時間自由に参拝出来ます。
拝観料:無料です。

梅林公園
入園料:500円/人(梅まつりの開催時)
今年はコロナの渦で梅まつりが中止になり、無料です。
施設:トイレ、休憩所、ベンチは随所にあります。
本堂にはエレベーター及びエスカレーターでお参りできます。
駐車場:お寺専用の駐車場はありません。
近隣にコインPが多数あります。

※ 山門近くに民間の有料駐車ががあります。500円~700円/台

アクセス
電車:阪急中山観音駅から徒歩1分あまりです。
車:中国自動車道「宝塚IC」~国道176号線経由約10分
前の5件 次の5件

↑ Page Top